サトゥ さん プロフィール

  •  
サトゥさん: バリ島ワルン総ざらえ・うまいもん探しの旅
ハンドル名サトゥ さん
ブログタイトルバリ島ワルン総ざらえ・うまいもん探しの旅
ブログURLhttp://ameblo.jp/cewecantik02/
サイト紹介文バリ島在住ワルンマスターのサトゥが総力を挙げてバリ島の美味しい100円ランチを食べまくります♪♪♪
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供82回 / 365日(平均1.6回/週) - 参加 2012/05/14 11:59

サトゥ さんのブログ記事

  • 帰バリ便で格安航空券の罠に嵌る
  • 元カノに、「野際陽子に似てるね。」 と言って猛烈にキレられた経験のあるサトゥです。 特に女性には、ある程度同世代の人に例えなければならないと痛感した出来事でありました。 キーハンターとか、(主演は小川真由美さんでしたが)アイフル大作戦など、 当時の人気ドラマを知らない世代にとっては、 似てるといわれてもレア過ぎてピンとこないかもしれませんな。 謹んでご冥福をお祈りします。 サテ、日本での布教活動(バ [続きを読む]
  • 居酒屋どつぼ
  • 辛いときにいつも心に響く座右の銘。 おさきマッフラー! 実家にあったコミックでそのページを探しました。 懐かしいですね。 ちょっとシュールですが・・・ この漫画によって何度もどつぼから這い上がったサトゥです。 もちろん理想の女性が花村紅緒だということはいうまでもありません。 そんな理想に近い女性が働く居酒屋さんに行ってきました。 旭川の歓楽街、36街(さんろくがい)と呼ばれているエリアにある松木ビ [続きを読む]
  • 旭川で美味しいラーメン店 つるや
  • 道北の米処、当麻町の平野ファームからサトゥです。 今回は田植えを通じてバリ島の良さを伝えるために、 バリ島の愛の伝道師という身分を隠して田植えを手伝いにやってきました。 天気が良いと大雪山を見渡せる景色の良い当麻町にそびえ建つ、 美術館のような素敵で立派なおうちに住む平野さんは、 インターネットで自分の田んぼで育てた有機米などの販売もしているITをも凌駕する農家さんです。 という事で、今回最新式の田 [続きを読む]
  • 旭川でたこ焼きの美味しいお店 OJ
  • ら、ら〜ららららら〜ら♪・・・ 農業が盛んな中富良野で農作業を手伝いながら、 バリ島からの愛の伝道師として農家の皆さんに、バリ島の良さを熱く語っているサトゥです。 たまねぎ畑での苗の植え付け作業ですが、雨や風が吹くと非常に肌寒いです。 そんな困難に立ち向かいながら、得意になってバリの事をネタにスベッている四月下旬の昼下がり。 一緒に作業している仲間から、美味しいたこ焼き屋があると聞いてやってきました [続きを読む]
  • 100円ランチFILE:243 ワルンアロマ
  • また日本に戻っております。サトゥです。 ゴールデンウィークを実家で過ごすのは10年ぶりでしょうか。 日本に戻る前に最後の晩餐というか、帰国前の100円ワルンということで、 ヌサドゥアのローカルエリアにあるワルンタバナンへ行ってみました。 ナシチャンプルを買って、さあ帰ろうかと思ってふと見ると、そこにはピザを焼くおじさんの姿が目に留まりました。 ピザ屋さんとは思えないお店の外観。 普通のワルンとしてみて [続きを読む]
  • バリ島スイーツFILE:20 マダム・スス・ジェラート
  • バリズーの新しいアクティビティ、Breakfast with orangutan。オランウータンと朝食を食べるというこの企画。ひと波乱起きそうな予感がしますが、いかがでしょう?サテ、天気の良い日が続くバリ島。タマングリヤで散髪をと思っていましたが、床屋にいつものおじさんが見当たりません。出直そうとバイクにまたがると、その横を茶髪でミニのワンピが良く似合う女性が通り過ぎ、子供服のブティックに入っていくのが見えました。ブテ [続きを読む]
  • 100円ランチFILE:242 ピザ&スラビ
  • 長年の間、母親の血液型がB型だと思っていたのですが、どうやらA型らしいです。 自分の記憶に自信が持てなくなりつつあるサトゥです。 我が家のルーツを紹介すれば、ブログネタになりそうな話題が豊富ですが、 わざわざ我が家の恥を晒すのも忍びないですが、考え中です。 近所に新しく出来たピザ屋さんをご紹介します。 ここは以前荒れ果てたお化け屋敷のような廃墟でしたが、 何か工事を始めたなと思っていたらピザ屋さんにな [続きを読む]
  • バリ島レストランFILE:61 ハードロックカフェに行きました
  • 今の気持ちを素直に文字におこすと、「カレーうどんよありがとう(*^▽^*)最高です」サトゥです。知人がバリ島まで遊びに来てくれました。しかもお食事に誘っていただきました。3日間の滞在ということで到着早々ホテルへお邪魔しましたよ。宿泊先はパンタイクタにあるハードロックホテ〜〜ル。ロビーの横に併設されているカフェにステージがあって、そこではすでにお馴染みのヒット曲をプレイする現地のバンドが熱演していました [続きを読む]
  • 日本へ一時帰国その最終日の過ごし方その3
  • 知人の誕生日パーティに行ってきました。シガラジャ出身なので集まった友人の方たちも同郷の人かなと思ったら、ほぼ仕事関係(旅行関係)の社長さん達が多かったです。マリンスポーツの会社のスタッフと話をしたら、「値段を安く設定すると給料も少なくなるから駄目!」といった説教じみた話をされたり、隣に座るだみ声のおっさんの土地転がしの話を延々と聞かされ、そんな話の5%も理解できずにもんもんとした時間を過ごしました [続きを読む]
  • 日本へ一時帰国その最終日の過ごし方その2
  • バリ島のスーパー・ココマート。24時間営業なので夜中にビールやつまみを買うことが多いのですが、レジで必ずいわれることが、「アダ・ラギ?」とか「タンバ・ラギ?」などなど、、、「他に買うものは?」的な、主にタバコ等を指していう気を利かせたサービスのようなマニュアルなのでしょうが、タバコを吸わない者から言わせると、これにいちいち返事をすることに非常にストレスを感じます。店員に罪はありませんが、上手い言い [続きを読む]
  • 日本へ一時帰国その最終日の過ごし方その1
  • 連日の深酒が身にしみる年頃のサトゥです。それにしても、バリ島の空港周辺の渋滞にはまいりますなあ。渋滞でバイクですら動かず、待っている間にすぐ頭の上を飛行機が時間差で2機通り過ぎました。日本をたつ前日は札幌入りし、次の日の早朝にJRの始発で新千歳空港に向かいます。その日はZepp SapporoでLoudnessのライブがあり、行こうかどうしようかと悩みつつ友人のE田氏に連絡すると、ひとこと、「南3西2の居酒屋ななふ [続きを読む]
  • 一時帰国でマイナンバーの通知書受け取りと転出届け提出
  • 北国の猫は逞しい。マイナス15度の中で越冬、、、その険しい表情が過酷さを物語っていますね。以前から気になっていたマイナンバーの通知書。バリ島移住の際に日本にあるマイホームの処分の見通しが付かなかったため、住民票をそのままにしてバリに渡航したこともあって、出さなければならない転出届けをほったらかしたままの状態を長年続けてしまっていました。そういう経緯があったため、住民票の住所に届けられていたであろう [続きを読む]
  • 一時帰国で運転免許証の更新
  • 晩酌はカロリーオフの焼酎を呑んでいるサトゥです。 呑んでも呑んでも酔いません。 サテ、3月某日の朝9時半頃、新千歳空港からJRに乗って札幌駅に到着しました。 到着後の朝食は恒例の松のやさんの朝の定食メニュー。 ロースかつ定食(400円)+生ビール小ジョッキ(150円)。 いうことないクオリティ。 バビグリンに対抗できるのは、これでしょう。 &n [続きを読む]
  • 一時帰国前の最後の晩餐
  • 無事日本に到着しましたが、ついでに寒気を持ち込んだようなサトゥです。 今朝の最低気温がマイナス7度と結構寒いです。 バリ島最後の晩餐は何にしようかなと思ったら、ポークリブが食べたくなったので、 近所のワルンマニスへ行きました。 でかいですが非常にお得なお値段5万ルピア。 日本ではこのサイズでこのお値段では食べられないでしょうからということで。   [続きを読む]
  • 3月も1ヶ月一時帰国します
  • 生後1週間で目が開いたノースリーブちゃん。 心配ではありますが、この子を残して3月は1ヶ月日本に戻ります。 チケットを予約した時点でタマの妊娠・出産については思いもしませんでした。 世話については前回同様に近所の人に頼みますが、 かわいい盛りの姿を見られないのが残念。 元気に成長した姿を再び見られることを切に望みます。   [続きを読む]
  • ワルンワルンがリニューアル 再訪問FILE:3
  • インドネシア人は言いたいことをそのままど真ん中に投げ込んできます。 一人でワルンに行けばたまに言われるのが、 「友達いないの?」 まあこんな程度なら全然当たっているので問題ありませんが そうかと思えば、自分には嫁さんが4人いるという自慢話を聞かされたりするのも迷惑な話。 一番新しい4番目の妻との間に出来た子供よりも、 最初の妻との間に出来た子供の孫の方が年上だったり。& [続きを読む]
  • ソシアリータがリニューアル 再訪問FILE:2
  • 日本からバリに戻って直ぐにしたかったこと・その2。 アイロンを使っての裾上げ。 けれども肝心のアイロンを持っていないサトゥ。 ヌサドゥアの地元向けのスーパー・ハルディスの電気売り場へと向かいました。 店員オススメは写真右黄色の35万ルピア(3,000円強)のもの。 アイロンというのは云わば凶器にも成りうる怖い存在(やけど、火事など)なので安物は避けたいのですが、、、、&nb [続きを読む]
  • 3年ぶり3度目のタマの出産
  • 年をまたいで日本へ帰国した際に、 近所のシガラジャ出身のバリ人の方に犬と猫の世話を(有料で)頼みました。 犬と猫どころか、家の掃除や、そのままにしてあった洗濯物のアイロンがけまでしていただいて、 ダーリンの気分まで味わえるとは思ってもみなかったサトゥです。 感謝感激雨あられです。 ただ、イブから2週間ほど、猫のタマ(バリ猫メス推定4歳半)が脱走したという報告がありました。 [続きを読む]
  • バリ島100円ランチFILE:240 ナディ・ジャヤのバビグリン
  • 斜め向かいの家に住んでいて朝、昼、夜にサトゥの姿を確認するとやってくる、 『にゃん次郎』(勝手に命名)。 モフモフした毛布をモミモミするにゃん次郎。 ・・・通常、特に雨季にはこんな分厚い毛布は必要ないバリ島ですが、 風邪をひいた時や、夜窓を開け放ったまま寝たときには寒いので重宝します。 かさばって重たいのですがわざわざ日本から持ってきました。 「 [続きを読む]
  • バリ島100円ランチFILE:238 Oishii Fried Chickenが美味しい件
  • 先日の暴風雨で木が倒れ、車を直撃して大渋滞したジンバランからサトゥがお贈りします。 タマングリヤでも照明ポールの根元が腐って2本が倒れ、電線が垂れ下がっておりました。 道路にあるたくさんの穴も連日の風雨と車の往来でさらに深さと大きさを増していって、 通行に支障をきたしているので、タマングリヤの奥に住む住人には、 ほぼ陸の孤島を思わせるような生活を強いられております。 &nb [続きを読む]