teahattori さん プロフィール

  •  
teahattoriさん: 中国茶・英国紅茶クラス 新百合ヶ丘近く
ハンドル名teahattori さん
ブログタイトル中国茶・英国紅茶クラス 新百合ヶ丘近く
ブログURLhttp://ameblo.jp/teahattori/
サイト紹介文新百合ヶ丘近辺、王禅寺東1丁目の中国茶・英国紅茶クラスです。1〜6名迄の少人数制。  
自由文中国と英国駐在時にそれぞれのお茶を学び、昨年夏までアメリカワシントンDCにて4年半、中国茶・英国紅茶を開催してまいりました。

昨年の帰国に伴い、日本でもお茶クラスを再開いたします。どうぞお気軽にご参加ください。

中国茶、英国紅茶 いずれかでもご参加いただけます。
詳しくはウエブサイトをご覧ください。 
https://sites.google.com/site/chinaukus/

参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供39回 / 365日(平均0.7回/週) - 参加 2012/05/14 17:33

teahattori さんのブログ記事

  • ティーテーブルの贅沢なお花
  • 今日のお茶クラスは、英国紅茶篇でした。いつもテーブルには、紅茶、中国茶のクラスに関わらず、何かしらお花を準備します。今日は、それに加え、クラスにお越しくださった方が、お庭からバラのお花を持ってきてくださいました。その贅沢さといったらありません!個々のお花もとても綺麗ですが、なんといってもこのボリュームです!イングリッシュ、フレンチ、そして日本の種のバラのミックスです。お庭はどんなにか素敵なことで [続きを読む]
  • 中国茶 最終回 無我茶会
  • 先日は、中国茶クラスのベーシック最終回の無我茶会の実習をしました。皆さん、無我茶会という茶会の方式を初めてお聞きになられる方ばかりで、とても興味を持って体験して下さいました。お茶は各自でお選びいただきました。これが毎回そのクラスの特徴がでてとても面白いのです。今回は皆さん個性が光る方々でバラエティーに富んだ物をチョイスしてくださいました。茶杯手前から、鳳凰単そう、蒙頂甘露、月光白、大禹嶺 で [続きを読む]
  • 中国緑茶は美味しい!今年の龍井茶、碧螺春
  • 昨日は、岩咲ナオコ先生の茶禅草堂で月1回の評茶のお勉強の日。毎回惜しげも無く貴重なお茶を数種類ご準備くださるのですが、今回はまた希少で貴重な龍井茶。明前で獅峰を上まる所で作られたお茶。溜息がでてしまいます。香り高く、リラクゼーション効果を実感できます。中国緑茶はグラスに入れて茶葉の美しさも鑑賞できます。これは碧螺春。小さな産毛がある美しい茶葉は、お湯の中に投入するとさらっと落ちて行くのがまた美しい [続きを読む]
  • ティーテーブルのお花たち
  • いつもお茶クラスの時にささやかながらティーテーブルのお花を飾ります。紅茶の時は可愛らしく、中国茶の時はシンプルに。お花はテーブルを華やかにするだけだなく、カンバセーションピースにもなります。お茶クラスにお越しになられる方はお花が好きな方が多く、詳しい方もいらっしゃるので、色々と教えていただく事も多く、またそれが楽しみにもなります。ご自宅のお庭で育てたお花を持ってきてくださる事もあり、そんな時は本 [続きを読む]
  • 愛用していた電熱炉
  • 永年愛用していた、愛着ある電熱炉が壊れてしましました。これは、炉の上面と、やかんの底面の両方の接触部分が金属になっていて、炉のスイッチを入れることによりやかんを沸かします。決して洗練されたお道具をではないけど、とても愛着、想い出のあるものなのです。10年前、ワシントン自宅でお茶クラスをはじめる時に、アメリカで購入したものなのです。台湾製ですが。夫の転勤でイギリスからアメリカに引っ越して4ヶ月後に始め [続きを読む]
  • 煎茶道お茶会 「花会」
  • 茶禅草堂の岩咲ナオコ先生による、お茶会へ行って参りました。今回は、お煎茶道のお茶会です。場所は、薬師寺東京別院。五反田駅から徒歩10分程。五反田公園の坂道を通り抜けていくのですが、今日は桜が満開。お茶会名の、「花会」に相応しい美しさ。道々で、お茶会への気分が高まります。お茶会が始まる前に写真を撮らせて頂きました。私は玉露の席に入らせていただきましたが、何時も岩咲先生のお点前の美しさは、見とれてしま [続きを読む]
  • 桜アフタヌーンティー コンラッド東京
  • 汐留にある、コンラッド東京でアフタヌーンティーへ行ってきました。期間限定の桜アフタヌーンティーとあって予約が一杯だったそうですが、お席の位置があまりよろしくないのですが、、と便宜をはかって席を作ってくれたそうです。ずっと前になりますが、息子と2人でロンドンへ行ったとき、雪の為に飛行機がキャンセルになり、3泊も延泊しなくてはならなくなり、時間ができたので、ダメモトで翌日のランガムホテルのアフタヌーン [続きを読む]
  • ティールームで頂くお茶
  • 帰国して今回いただいたイギリスでの紅茶について振り返っています。今回は、ロンドンのホテルでのラグジュアリーなアフタヌーンティーは行かず、主にカントリーサイドの素朴なティールームばかりでお茶を頂いたのですが、総じてお茶自体が美味しかったです。湖水地方はお水が美味しいからかしら?イギリスを発つ前、ヒースローに向かう途中でリッチモンドの町から少し外れた所にあるピーターシャムナーサーリーのティールームで [続きを読む]
  • 美味しい!イギリスの朝食
  • イギリスの朝食は美味しい!と私はお茶クラスの時に食べ物の話題になった時、つい熱弁してしまいます。なので今回もいただいた朝食の写真を撮ってきました。フルイングリッシュブレックファースト。カンバーランドソーセージはハーブが効いて美味。今回湖水地方でいただいた全てのフルイングリッシュブレックファーストには、写真手前の揚げたパンのスライスがついてきましたが、地方の特徴かな?スクランブルエッグなどと合わせ [続きを読む]
  • 湖水地方Kendal のFarre's Tea and coffee House
  • 湖水地方には、小さな村や町が点在していますが、その中で最も大きい町がケンダル。小さなビレッジにはないけれども、ここにはハイストリートにあるようなお店が揃っいます。その町にある、湖水地方でのお茶の有名店、Farrer's Tea and Coffee House でお昼をいただきました。ジャケットポテトでトッピングはツナ。おいも自体が美味しいので、こんな大きくてもあっという間に食べてしまいます。お茶は、お店のオリジナルブレンド [続きを読む]
  • カントリーサイドのティールーム
  • 気温の感覚で数日前に冬の湖水地方にきています、と書きましたが、もう春ですよねー。イギリスの湖水地方にもスノードロップが咲いているのを見て、春の訪れを感じを実感しました。コンサバトリーの室内では、スイセンのお花も鉢植えで咲かせていました。今回もカントリーサイドの滞在が多いのですが、良い事は可愛らしいティールームを見つけやすいこと。車での移動が多いのですが、「TEA ROOM 」というサインを頻繁に目にします [続きを読む]
  • 元祖のスティッキートフィープディング
  • 湖水地方の北部、Ulswater 湖のほとりにあるSharrrow Bay というホテルに滞在しています。ヴィクトリア時代の建物を戦後買い取り、当時はカントリーハウスホテルとして開業したそう。湖に面した広大な敷地に点在する建物が客室と、メインの建物のレストラン、ダイニングルーム、ドローイングルームからなります。お部屋もとても素敵!惜しげなくアンティークが飾ってあり、でも温かさを感じる居心地の良い空間。お部屋の窓からは [続きを読む]
  • 冬の湖水地方 に来ています。
  • 完全なオフシーズンですが、イギリスの湖水地方に来ていています。想像通り、雨、雨、雨のお天気。ガーデンなどの観光名所は、まだオープンしていないところも多い、、。でも意外と楽しんでいます。湖水地方に来るなら、必ず行きたいティールームナンバーワンの所でも、そんなに待たずに入れます!湖水地方の南にあるGrange over sands にそのティールームはあります。Hazelmere cafe and bakery かつてベストティープレース [続きを読む]
  • 今週のお茶クラス アフタヌーンティー
  • 今日のお茶クラスはアフタヌーンティーでした。またお越しくださった方が写真を撮ってくださいました。ベーシックコースの最終回にあたるこのクラスでは、ご自身で色々なティータイムをクリエイトできる事をターゲットとしています。それで、今回の皆様は小さなお子様がいらっしゃる方々でしたので、チルドレンズティーパーティーのテーブルをご提案させていただきました。そしてメインは、アフタヌーンティーの試食。楽しいお話 [続きを読む]
  • Happy Valentine's Day?
  • バレンタインデーの今日は、ティータイム実践コースのクラスでした。メインは、ヴィクトリアサンドイッチケーキの実習なのですが、焼き時間を利用して、紅茶を淹れる実習と、カップケーキのデコレーションをしていただいてます。カップケーキは、私の好物のレッドベルベットカップケーキ。ワシントンに住んでいた頃は、人気のお店、Georgetown Cup Cake というお店に並んで買っていました。見た目の可愛さもさることながら、クリ [続きを読む]
  • ティーテーブルのお花 ボケの花
  • 今日のお茶クラスのにお越しくださった方が、お宅の御庭から、ボケの花を切って持って来てくださいました。なんとも春を連想させる明るいお花。こんな花木がお庭にあるなんて、羨ましいですね。一輪挿しに挿したら、中国茶のセッティングをしたい気持ちにかりたてられましたが、今日は英国紅茶の時間、、しかもこんなに寒いのに、アイスティーの実習でした。でも心配をよそに、アイスティーの実習、盛り上がりました。アイスミル [続きを読む]
  • 今日のお茶クラス 英国紅茶の歴史と茶道具
  • 今日のお茶クラスは、英国紅茶のヒストリーと茶道具の変遷、という内容でした。時代をたどりながら、古いお茶道具の写真や、数少ないですが、私のコレクションをご覧いただきました。今日はご参加くださった、Sさんが写真を送ってくださったので、久しぶりにクラスの様子をプログに書いています!感謝!ティータイムには、ヴィクトリアサンドイッチケーキ。お茶は、ヴィクトリア期のアンティークのカップでお出ししました。後方に [続きを読む]
  • 今週のお茶クラス
  • 今週のお茶クラス、最終回のグループの方々がいらっしゃました。お茶クラスにグループでご参加下さる方々は本当に仲の良い方々ばかりで、一緒にいる私もいつも温かい気持ちで終える事ができます。お茶の魅力は、そんなささやかな素敵な時をクリエイトしてくれる事なんだなー、といつも思います。だから、やっぱりお茶はやめられないのです。皆さんから、プレゼントをいただきました。その中のお花は、ご参加くださったお花の先生 [続きを読む]
  • 平凡なティータイム、。でもそれでいい
  • コミュニティーのボランティアで、落ち葉まみれになって掃除したり、故郷の両親の事を想ったり、愛犬ミミが誤飲したものを出させる為に、腸内環境整えるサプリ飲ましたり、お芋食べさせたり、胃腸の働き良くする為に散歩しまくったり、、そして、その、物、が出てきた時には喜んだり、。そんな事ばかりに時間を費やした時は、何故か沈んだ気持ちになるけど、でも、冬の晴れ間に、ささっとランチを作り、お庭でティータイムができ [続きを読む]
  • 昨日のクラスは、ダージリン
  • 昨日のクラスは、紅茶編のダージリンをしました。タイムリーに、今月上旬には、マカイバリ日本総代理店の石井代表による講座に行ってきましたので、早々に今年のオータムナルをご紹介する事ができました。又、その講座の時にお話しいただいた、ダージリンの現状などもお伝えできたとおもいます。その時の講座の時の話しに戻りますが、マカイバリの石井代表の他にゲストとして、フードジャーナリストの山本洋子さんのお話しも伺う [続きを読む]
  • 神農祭に行ってきました。
  • 今日は、湯島聖堂で開催された、神農祭へ行ってまいりました。神農像が安置されている神農廟が一般に公開されるのは、一年のうちこの日だけ。お茶に関わる人々にはとても有難いお祭り事です。式典の後は、講堂にて、岩間真知子先生の講演を聴講させて頂きました。タイトルは「茶と医薬 神農と陸羽を中心に」喫茶の祖の神農伝説の謎などを、想像を絶するほどのご研究により、紐解いて説明してくださいました。1時間以上に渡り、ノ [続きを読む]
  • お茶クラスの日に
  • 月曜日のお茶クラスは、ティータイム実践コースで、皆さんにそれぞれヴィクトリアサンドイッチケーキを焼いていただきました。焼き時間の間は、ケーキに挟む、レモンカードを作っていただき、紅茶を淹れる実習。そして、今回も予め焼いておいたカップケーキと、シュガーペーストで作っておいたお花などでデコレーションしていただきました。いつもここが私の楽しみなんです。素材は同じでも仕上がりに個性がでてとても楽しいんで [続きを読む]
  • お茶クラス 中国茶 緑茶篇
  • 昨日お茶クラスは中国茶。緑茶のご紹介をさせていただきました。中国茶といえば、日本で好まれているのは、ウーロン茶や、プーアル茶かなと思います。しかし中国での生産量、消費量共にトップなのは緑茶なのです。ところが日本では、その認識度すら低いように感じます。製法の違いもありますが、日本茶と中国緑茶の味わい、楽しみ方は異なります。なので、少しでもその美味しさを感じていただきたい!と緑茶のクラスは私にとって [続きを読む]