お茶の子 さん プロフィール

  •  
お茶の子さん: お茶・HPと仲間たち(静岡)
ハンドル名お茶の子 さん
ブログタイトルお茶・HPと仲間たち(静岡)
ブログURLhttp://inouesachiko.blog.fc2.com
サイト紹介文お茶を習っているものです。茶花、茶菓子等関心があります。地域の町づくりにも参加しています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供66回 / 365日(平均1.3回/週) - 参加 2012/05/15 20:20

お茶の子 さんのブログ記事

  • その後のクマガイソウ
  • 我が家ではいただいたクマガイソウの芽が結局枯れてしまい、隣に小さな芽が出ましたが、咲くまでもなく小さな葉が出ただけです。本家の岡部のMさん宅では立派な花が咲きました。来年は我が家でも咲くでしょうか?一応寒冷紗を買ってきて強い日差しを避けるように対策を取りましたがいただいてきた頃のクマガイソウの芽 [続きを読む]
  • 足利フラワーパーク 大藤のすごさ
  • ライトアップの藤を見たくて 3回も足利に来てしまいました。2週間前の23日は大藤は咲いていませんでしたが 今日は素晴らしい。1本の木から これほどまでにたくさんの花を咲かせるには どんな手入れをしているのだろうか?根元の広〜い範囲をふかふかの土で覆い、根のために踏まないで下さいと注意書きがある。それほどまでに根元を大事にしている。それに比べて藤枝はどうであろうか?ここの樹木医の大塚このみ氏が藤枝で秋に [続きを読む]
  • ひたち海浜公園ネモフィラノ丘
  • 素晴らしいお天気に恵まれ、念願だったネモフィラノ丘に行ってきました。雄大 空の青と 花の青と区別がつかないほど美しい景色を堪能してきました。花の開花は人を待っていてはくれません。花に合わせて エイヤー の気持ちがないといい時期に見られません。今回も最終的に決めたのは3日前でした。クラブツーリズムのバスツアーが23日あり申し込んだらキャンセル待ちでした。この日は天気も良いらしいとわかり、この日しかない [続きを読む]
  • 志野茶碗 卯花墻 川端康成千羽鶴
  • 先日の国立上野博物館で久しぶりに志野茶碗にお目にかかれた。というのも、私がお茶をはじめた20代のころは、よくお茶会でももてはやされ、度々手にしたように思う。最近はどういう訳かとんとお目にかかれない。久しぶりに国宝の志野を目にし、ずっしりと重そうな、しかし明るくもある志野にくぎ付けになった。志野茶碗で気になる小説があった。これも若かりし頃読んだ「千羽鶴」の中に確か志野茶碗が出てきて、恋する人が残したそ [続きを読む]
  • 秩父宮記念公園の枝垂れ桜見ごろ
  • 4月15日 秩父宮記念公園のしだれ桜が見ごろになると聞いて、やはりこの時を逃しては惜しいと思い 御殿場まで行ってきました。樹齢130年だそうです。かやぶきの母屋にマッチした絵になる風景です。午前中は蓮華寺池公園での献茶式 その手伝いの後そのままの着物で出かけました。やはり、花の命は短くて・・・この時期を逃してはの思いは強いのです。やはり素晴らしい。毎年同じ時期に咲くとは限らないからこそ 今を逃したくない [続きを読む]
  • 胡蝶蘭 やっとつぼみがとどまって咲きました
  • 今年はたくさんの蕾が付いたのに、ぽとぽと落ちてやっと一つ咲きました。あとかろうじて三つ残っています。落ちたつぼみは10以上。葉と浮いた根に霧吹きで水を掛けていたら しなびた様な葉が少し硬くなり、干からびた様な根も少し太りました。それでようやくつぼみが落ちなくなったようです。ああ うれし。 [続きを読む]
  • 上野国立博物館 茶の湯
  • 待ちに待った茶の湯の展示会が4/11より開催され、東京に行く機会を得ましたので、早速時間を作り上のに行ってきました。満開の桜が出迎えてくれ、久しぶりの天気で外国人も大勢繰り出して、ここが日本かと思い違いをしそうです。いよいよ中に入れば、蒼蒼とした茶碗、香炉、掛け軸、花入れ等々今まで本でしか見たことがないものを実際に目にして、その肌感触や色を確かめることができ、改めて実際に見ることの違いと感動を得てきま [続きを読む]
  • 京菓子 麩まんじゅう
  • 静岡市で毎年恒例の駿河大茶会が開催され、そこに京都からお菓子屋さんが出張販売する。今年は、大好きな生麩の麩まんじゅうを購入した。鎌倉末期に禅僧によりもたらされたという。精進料理に使われる小麦粉から作るグルテンで、もちっとした感触が私にはたまらない。これをお菓子にしたもので、笹に包まれているので、この笹の香りがさわやかだし、防腐剤の役目を果たしているそうだ。冷やして食べれば美味。お茶によく合います。 [続きを読む]
  • 今年の桜in藤枝瀬戸川
  • 明日の4/1.4/2桜祭りが瀬戸川で開催されますが、主役の桜が開きません。ピンクの花色がつぼみからのぞいていなくて、まだまだ固いです。前日の土曜日だというのに寒くなり雨になりそうです。しかし、4/1 上伝馬でャラリーは桜祭りに合わせて、お抹茶の接待をしますので、どうぞお立ち寄りください [続きを読む]
  • 花 胡蝶蘭 コブシ 対策は
  • 今年も花芽を出してくれた胡蝶蘭でしたが、ここまで来てつぼみが黄色に変色し落ち始めました。同じ八の中のもう一つの蘭の芽は大丈夫です。何が考えられるでしょう?霧吹きで水分を補給していますが、ここまで来たらあきらめでしょうか?来年に向けどのような対策が必要か 解らない状態です。Help meですこちらはコブシの花です良く見ると写真のなかほどの花は 充分に花が咲いていません。ヒヨドリにつぼみの頭を食べられて、半 [続きを読む]
  • 御殿場 秩父宮記念公園の雪割草
  • 公園を入ると ヒノキの木立が出迎えてくれます。今日はちょっと肌寒い日、藤枝よりず〜と温度が低いようです。「林の小路」の中に入っていくと 小さな花が咲いていました。良く見ると雪割草と書いてありました。いろんな色があるんですね。かやぶきの風情のある母屋の前には 樹齢130年という枝垂れ桜の木がありましたが、まだつぼみは固く花を見ることはできませんでしたので、良い時期にまた来たいものだと思いましたね し [続きを読む]
  • 藤枝市 花回廊ギネスに挑戦
  • 3月18日、みんなが花を植えたプランターを蓮華寺池公園に並べて、世界一長い花の列の世界記録に挑戦し、ギネス世界記録公式認定員による審査が行われました。その結果、3117.17メートルでギネス世界記録に認定されました。私たちグループ「えだっこくーぱ」もプランターに花を植えて育て、蓮華寺池公園には運び込みました。いろんなグループ、学校、地域が協力しての快挙でしたね。 [続きを読む]
  • 特別展「茶の湯」上野東京国立博物館
  • 4/1〜6/4まで これほどまでに一堂にそろう国宝ぞろいの品々の展示は 37年ぶりだそうです。ということは次の機会には、生きていないということになりそうで。そして鑑定団でにぎわせている4つ目の国宝級曜変天目?いや偽物 その本物国宝 「曜変天目」の稲葉天目が出展される。4/11〜5/7重要文化財の青磁輪花茶碗 銘 馬蹄絆が出される。その他何が出品されるか?一つ一つの品が、バックに歴史をしょっているのが すごい。丸の [続きを読む]
  • 彦根2代藩主 井伊直孝は焼津で生まれ産湯の井戸が中里にある
  • 焼津市中里に、彦根藩2代目藩主井伊直孝の産湯をくんだと言われる「産湯の井」があります。今日行ってみたところ、上の写真のように覆いをかぶせて 作り直してあった。残念下の写真が以前からネットに掲載されていた写真  『彦根藩の初代藩主である父の井伊直政は、徳川四天王の一人と称えられた大名でした。家康が関東に移る際に井伊家も上野国箕輪に移りました。その移動途中の天正18年(1590年)に、この地で直孝が産まれ、 [続きを読む]
  • 舞台芸術公園で「静岡幕末伝」
  • 初めて行った静岡県舞台芸術公園は 日本平動物園を通り越して走ると左側にありました。駐車場から歩いて 階段を降り木立の中を通り過ぎて いくつかの棟を見ながら 上がったり下がったり BOXシアターに着きました。『静岡県舞台芸術公園は、東京ドーム4倍ほどの広さを持つ日本平北麓の緑濃い園内に 、本部棟、野外劇場「有度」、屋内ホール「楕円堂」、稽古場や研修交流宿泊棟等が点在 する静岡県舞台芸術センターの活動拠点で [続きを読む]
  • シルクロードミュージアムin磐田
  • 磐田に古民家を改造したシルクロードミュージアムという美術館があると聞いていってみた。入口を見れば、きれいに管理された日本庭園を持つ古民家で、シルクロードとはちっと違うが、1階は、人間国宝の方々の作品が見られる。私達4人のために丁寧に説明して下さった。圧倒されながら2階に行くと、シルクロードから発掘されたたくさんの品が所狭しと並んでいて、こちらも丁寧な説明で時代や背景がよくわかる。ゆっくり堪能して出て [続きを読む]
  • 台湾「脱原発」成立 改正電事法可決 2025年までにゼロ
  • 2011年日本の福島の原発被害で もっとも多くの寄付をしてくれた台湾。200億円だそうです。その台湾では 「脱原発」が成立しました。市民が決めたと言っています。被害を受けた日本ではどうでしょう?いまだに手の付けられない福島の原発に対して、私達日本市民はどう考え どう訴えているのか台湾の人たちは、日本の福島を見て 脱原発を決めた。当事者の私たちは?政府は再稼働を推進している・・・・・これでいいのかな [続きを読む]
  • DMMから重要なお知らせ
  • Webサービスの利用履歴があり料金が発生しています。至急ご連絡下さい。窓口XXXXXXXXと電話番号が書かれており、もしや場所検索をしていたので こんなところに行ってしまったかと 気になり電話をしてしまいました。「まずかったな」と思いましたが、スマホからお金が引き落とされるようには設定してないので、代金がかかるようなことはないだろうと思いましたが、auに寄って見ました。すぐに対応して下さり、そのSMSの画面を見せ [続きを読む]
  • すみだ北斎美術館 
  • すみだ北斎美術館が2016年11月に開館したと聞いたので ちょっとの時間があり訪問しました。アメリカの雑誌「ライフ」で「この1000年で最も偉大な功績を遺した世界の人物100人」に選ばれた唯一のにほんじんが北斎です。と個々の館長の言葉です。まずここの建物が斬新です。そして展示物もいまどきのITを駆使してわかりやすく説明がされています。北斎のアトリエが再現されているのですが あまりにリアルで 今にも動きそうな筆先 [続きを読む]
  • パソコン講座の講師
  • 今日はうれしいことがあった。シニアパソコンのグループが、藤枝の公民館で初心者ワードを教えています。今日はワード講座の4回目で、チラシづくりをしましたが、タイトルを入れ その下には写真の挿入と図形の雲の形の中に写真を入れる 吹き出しをつけるなどして、アルバム作りとなりました。講座修了が後、「今日は楽しかったよ」「こんなものが作りたかったんだよ」「ゆっくり教えてくれて しかもみんながわかるまで待ってく [続きを読む]
  • 我が家の犬が 2017-1-6逝く
  • 14年9か月生きたbettyシーズー犬が4日ほど飲まず食わずが続いて6日の午後7時50分に息をひきとりました。あまり手を掛けず、散歩もきらいな犬でしたから、本当に楽な犬でした。今年の夏は首が曲がり、口が水のところに届かず3日ほどお医者さんに通いましたが、これは老衰という話でした。それから、覚悟していましたが、亡くなると何かが欠けた空虚感は否めません。 [続きを読む]
  • 可睡斎のお雛様1200体以上 ボタンの花 
  • 可睡斎は徳川家康ゆかりのお寺。和尚様が「コックリ 家康は眠るべし眠るべしと言ったとか それで可睡斎。すごい広いので迷路の様で この雛段飾りにたどり着くのが大変でした。見事なお雛様 1200体はあるそうですが、ありとあらゆるスペースにはお雛様が飾られ圧巻。廊下にも窓の下にも。藤枝市岡部の柏屋の等身大お雛様もここに出張しておりました。つるし雛も今年から飾られているようです。なんといっても可睡斎はボタンで有 [続きを読む]
  • 江戸城無血開城 アーネストサトウの役割byNHK
  • 2017-1-1 NHKのザ・プレミアム 時空超越ドキュメンタリードラマ「江戸城無血開城」が放映されました。主人公はアーネストサトウ、幕末のイギリスの通訳官で 深く志士たちや幕臣の侍と交流を重ねた。人脈がすごい。山岡鉄舟が1868年3月9日に 静岡とうゆやで西郷隆盛に、勝海舟から預かった書面を渡し、直談判しお膳立てをした話から3月13・14日の勝・西郷会談にもっていって江戸城無血開城がなった。と思っていたが・・・い [続きを読む]