HaScasa さん プロフィール

  •  
HaScasaさん: 注文住宅 HaScasa 設計スタッフ ブログ
ハンドル名HaScasa さん
ブログタイトル注文住宅 HaScasa 設計スタッフ ブログ
ブログURLhttp://www.hascasa.com/blog/
サイト紹介文埼玉・千葉・東京の注文住宅 HaScasa(ハスカーサ)・グローバルホーム(ポラスグループ)のスタッフブログ
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供40回 / 365日(平均0.8回/週) - 参加 2012/05/17 11:12

HaScasa さんのブログ記事

  • 建築見学 〜ホキ美術館〜
  • お久しぶりです。設計の下平です。今回は以前に行ったホキ美術館を紹介します。ホキ美術館は日本初の写実絵画専門美術館として、千葉県千葉市に2010年にオープンした新しい美術館です。 近くには千葉市でも最大級の公園「昭和の森」もあり、閑静な場所に建っています。 越谷市からだと少し行きにくいかもしれませんが。。。設計は日建設計さんで、この建築は2011年の日本建築大賞に選ばれているものです。地上1階、地下2階で、鉄筋 [続きを読む]
  • じぶんち:③ 〜模型でイメージ共有〜
  • なぜ夜な夜な模型作りに励むのか・・・「なんか、熱っぽくプレゼンしてくれるのはいいけどイメージが湧かない。」・・・でた。 嫁の快心の一撃。 いくつもの角度からのパースを作成してもらって見せているのに。そもそも簡単にイメージ出来るような提案なんかしないし。そこには本来得られる感動なんて無いし。と、ぶつくさいいつつもホワイト模型を作ろうと立ち上がる。久々にハンズへ赴き、スチレンボードやウレタンボード、ス [続きを読む]
  • 【完成現場紹介】I様邸 〜3階建てビルトインガレージ〜
  • 皆さん、こんにちは。 設計の青木です。 今回は、4月末にお引渡しをさせていただいたI様邸をご紹介させていただきます。 デザインは三次さんで、私が詳細設計を担当させていただきました。 建物の概要をお話ししますと、南西の角地に建つ3階建ての専用住宅で、1階はビルトインガレージとトレーニングスペース、2階はLDKに水回りを配置し、3階は個室があります。外観は、この写真からお分かりになる通り、シンプルモダンで [続きを読む]
  • じぶんち② 〜キッチンと収納〜
  • なんとなくのゾーニングが見えてきました。 人の動きに合わせて視線の先の広がりをつくっていくことと、その方向をコントールする場所とのルール付けをすること。しかし、フレームが組みあがると同時に不安要素が湧き上がってきました。 嫁を考察。① 積む積む置く置くオープンキッチンとしたいとのことなので、主役となるキッチン候補の提示。僕は現在のキッチンの様子を思い浮かべてみます。一般的な家庭とは違い、使用頻度はか [続きを読む]
  • 階段について
  • こんにちは。設計の小林です。今回は住宅を構成する要素の一つである「階段」について書いてみます。今日では平屋建ても流行りではありますが、階段というのは住宅を計画する上で大切なキーワードとなります。自分の今まで撮った写真の中で幾つかご紹介します。この写真のポイントは手摺子です。こちらの手摺子は鉄で出来ていて、中間部のねじれがデザインとなっています。手摺子は階段では必然的に一定間隔で入るものなので、ちょ [続きを読む]
  • 東大門デザインプラザ 〜韓国ソウル〜
  • こんにちは、設計の宮里です。 今回は韓国ソウルの東大門デザインプラザをご紹介します。 建築家は「アンビルトの女王」の異名を持つ、ザハ・ハディッド氏。「アンビルト」というように、デザインが凄すぎて建てられないと言われますが、新国立競技場もぜひ見てみたかったですね。 さて、東大門デザインプラザですが、まずはそのスケール感と形に圧倒されました。(自分のカメラでは収まりきらなかったのでお借りします。。) [続きを読む]
  • 【完成現場紹介】M様邸 〜店舗併用住宅〜
  • こんにちは!設計の内村です。今日は先日お引渡しをさせていただいた、店舗(理容室)併用住宅のご紹介です! まずは外観です! 外観はスタイリッシュなフォルムですが、全体の色を薄いブルーとし、アクセントをホワイトのお色で設定しています。 薄いブルーは奥様のアイデアでしたが、建物全体が明るくナチュラルな印象になりました!個人的にはとてもいい組み合わせだと思います。 店内はレンガの壁面貼りと古材を使用したカ [続きを読む]
  • かたちのないもの
  • こんにちは、インテリア担当の福田です。 お引渡しをしたお客様のお宅について書きます。 インテリアを担当させて頂いて、お客様のご要望を伺いながら空間を作り上げていくお仕事の中で、壁紙・照明・カーテン・置き家具はご予算の中でご提案してご採用いただくことが多いのですが、このお客様はリビングにソファでなく、背もたれクッションを置きたいというご要望を頂きました。 ※この画像は造作ソファです。背もたれクッショ [続きを読む]
  • じぶんち① 〜ゾーニング〜
  • 散々見て回り、選んだ土地は「通勤」や「駅徒歩〜」の条件を外し、僕ら家族が休日にどれだけ心地よく過ごせるかに焦点を絞りこんだ結果、ちょっと・・・なかなか僕の職場からは遠いけれど、それ以上のものを得られると判断して、K市の公園を目の前にした旧区画整理地の一画となりました。駅からもいい運動になるくらい遠く、郊外なだけに周囲に高い建物もなく余白の多い土地建物の関係が出来ています。この住宅地の景色を乱さない [続きを読む]
  • アムステルダムを訪れて
  • こんにちは設計の多田です。今回は、先日訪れたオランダのアムステルダムについてご紹介します。 オランダと言えば、風車とチューリップが広がるのどかな風景がイメージされますが、首都のアムステルダムは現代建築の宝庫です。 こんな形の集合住宅や こんな形の橋 こんなに屋根が飛び出した美術館まで 構造設計者としては、見てるだけで謎の焦燥感に駆られます...もちろん現代建築だけでなく、旧き良きオランダ建築もたくさん [続きを読む]
  • 【完成現場紹介】K様邸 〜半平屋モダン〜
  • こんにちは設計の石引です。最近完成したK様邸をご紹介します。 外観は、2階の屋根が1階まで長く延びてくる半平屋となっており、その天井高さの違いから生まれる空間を勾配天井とすることで、明るく開放的なリビングとなっております。 床材はナラの無垢フローリングを採用。 中間には木調の大梁を設け、梁の下面だけでなく上面にも照明を設置し、木目調の天井を照らします。 内装は、ナチュラルな木目と白系の壁紙でシンプル [続きを読む]
  • 【完成現場紹介】I様邸 〜南欧デザイン〜
  • お久しぶりです、設計の竹島です。今回は最近完成した、洋風住宅をご紹介したいと思います。 まず、私の間取りの考え方ですがいかに、平面計画(家の形)をシンプルに出来るかという事です。今回の住宅にも同じ考え方で計画しました。 ごらん下さい、この外観 建物の形状はシンプルにして、バルコニーで印象付を行い、屋根の形もシンプルな切妻にしました。この形の方が何年たっても古臭くなりませんし、経年変化が楽しめると思い [続きを読む]
  • UNDER CONSTRUCTION〜工事中の街〜
  • みなさん、こんにちは。 HaScasaの設計担当、浅井です。所用があり、渋谷駅の東口方面を訪れました。東口方面に降り立つのは久しぶりでしたが、相変わらずの工事中。公共施設が絡む現場は、使用しながら現場を進めるという難易度の高い作業です。ゼネコンさんの苦労がうかがわれます。 で!工事もいよいよ佳境にさしかかっているようで、246の掛かる歩道橋あたりは新・旧・仮設歩道橋が入り乱れ、ちょっとした空中巨大迷路になって [続きを読む]
  • 住民参加のかたち
  • こんにちは。設計の小林です。今日では、建築やまちをつくる際に、住民の意見を取り入れたり、参加を促したりして、独り善がりなものにならないようにする取り組みが見られます。それについて、いくつか紹介したいと思います。 一つ目は駅舎です。建築はコンペによって決まったのですが、その後住民とのワークショップが開かれ、一丸となって作られました。ワークショップの実施自体はよくあることですが、特筆すべきところは、建 [続きを読む]
  • 【完成現場紹介】O様邸 〜Vivie ZEH仕様〜
  • 設計の齋藤です。 今回は完成したお宅のご紹介です。 施主のこだわりがたくさんつまったかわいいお家ができました。 こちらの建物のベースとしてはHaScasaのVivieという商品でZEHの性能まで高めた住宅となっています。 計画当初は洋風の建物だと太陽光パネルを多く載せるのが難しいのでZEHは難しいかな?とも話していたのですが、屋根型を工夫して5.2kwの太陽光パネルを載せることができました。 外壁はHaScasaでおなじみの白い [続きを読む]
  • 畳について
  • 皆さん、こんにちは。設計の青木です。 久々の登場で、多少緊張気味です。 ここ数年、お客様のプランを見ると、和室を見かけることがとても少なくなりました。 リビングに続くタタミコーナーは比較的目にしますが、本格的な和室は、ここ数年無かったように思います。このまま和室は無くなるような気がして、少し寂しい気持ちです。ただ、タタミコーナー的なものは残っていくことでしょうね。 そこで今回は、少し畳についてお話 [続きを読む]
  • 沖縄の城(グスク)跡
  • こんにちは、設計の宮里です。今回は、昨年訪れた沖縄の城(グスク)跡をご紹介します。沖縄に行ったら、首里城を訪れたことがある方は多くいらっしゃると思いますが、世界遺産にも登録されている別の城、座喜味城跡をご紹介します。 最も特徴的なのが、この緩やかな曲線を描く石垣です。 「城の石垣」と聞いて多くの方が想像するのは、角があり、上にいくほど急勾配になるもので、一般的に攻めてくる敵から、城を守るためです。 [続きを読む]
  • インテリア雑貨でワクワク
  • こんにちは、インテリア担当の福田です。先日、自由ヶ丘のインテリアショップに行ってきました。 自由ヶ丘は家具屋さんなどのインテリアショップが多くて有名な街ですが、その中で、インテリアの小物をたくさん取り扱っているDULTON(ダルトン)というお店をご紹介します。 駅から徒歩5分で行ける距離にとても素敵な外観が見えます。 この巨大アーチが外観にインパクトを与えていました。海外の雑貨屋さんのような佇まいに吸い [続きを読む]
  • 居心地の良い場所
  • こんにちは、設計の多田です。 私事ですが、昨年息子が生まれまして、休日は家族でお出掛けするのが日課になっています。 ですが・・・、なかなか子ども連れでゆっくりできる場所が少なく、お出掛けする場所に困っていました。 そんな悩ましい問題に直面していた私にとても魅力的なメッセージが飛び込んできました・・・!! これは行くしかない!ということで、日暮里にある「ひぐらしガーデン」さんにお邪魔してきました。 [続きを読む]
  • プチリフォーム(DIY)〜 壁一面に木の板を貼る(塗装編その1)〜
  • 設計の加賀です。 前回に引き続き、和室のDIYについてお話ししたいと思います。 前回では壁全面に板を貼ったところまで紹介しました。みなさん続編を楽しみにしていたでしょうか。 今回は壁の塗装編です。 無塗装の無垢の杉板に塗装しようと思います。 塗装するにあたり、私一個人の意向では実行できないので、一番の障害である妻に相談させていただきました。 話をすると妻は現状の塗装していない壁面を気に入っていたみたいで、 [続きを読む]
  • 【完成現場紹介】M様邸−モダン−
  • こんにちは設計の石引です。今回は、最近お引渡ししたM様邸をご案内致します。 外観は白いモダンなデザインで、1階にはシャッター付きのビルトインガレージがあります。 玄関に入るとまず目に飛び込んでくるのはブルーの鉄骨階段!ササラ桁をジグザグにカットした、俗にいう「稲妻階段」です。 2階に上がると、階段吹抜け廻りもガラス付きの手摺が廻っています。M様邸には猫ちゃんがい [続きを読む]
  • 竹富島 〜アルミサッシと冷蔵庫〜
  • みなさん、こんにちは。 HaScasaの設計担当、浅井です。今回は私の大好きな南の島のお話。 〜竹富島〜沖縄県の八重山諸島、その中核をなす石垣島の沖合にその島は浮かんでいます。集落の家々は人の背丈ほどの石垣で囲まれ、漆喰で固められた赤瓦の伝統的工法の民家が多く残されています。 生け垣代わりに植えられたブーゲンビリアが咲く、とても美しい沖縄の伝統的な集落が保存されている島です。  [続きを読む]
  • 【完成現場紹介】Y様邸 〜平屋〜
  • 美術館のような平屋のお家が出来ました。 ・・・しかし、実態は、、、完全なる大人たちの遊び場・・・ そのメンバーたるやワールドワイド(様々な国のお友達)・・・ご主人のあてのないオーストラリア旅行の武勇伝は今でも忘れられないくらい面白おかしく(かなり危険をはらんだ旅の物語)、そんなご主人への奥様の絶妙な突っ込み。打ち合わせもそこそこに「関係ない話をしている時 [続きを読む]
  • 【境目】
  • はじめまして。設計の小林と申します。今回は建築の魅力の一つについてテーマを課して書いてみます。タイトルの「境目」についてです。私は図書館、美術館、博物館などを訪れるのが好きなのですが、展示される作品は勿論、それらを内包する建築の形態美にも圧倒されることが多いです。 例えば、こちらの建築は対向する山の風景を映し出していて、一体とした風景の連続性を生んでいます。それだけではなくて、建築の緩やかな稜 [続きを読む]
  • 【建築史シリーズ】第2回 『都市のオフィス街』
  • こんにちは!設計の宮里です。 私の好きな建築史の分野から第2弾です。 今回は、都市のオフィス街について。 江戸時代が終わり、明治新政府の課題の一つが官庁街の建設と市街地の改造でした。それは、閉鎖的な城下町を近代都市に相応しい解放された都市にすること。そんな中、丸の内、京橋、銀座、築地と、現在の都市の中心市街地で大規模な大火が発生し、「都市の不燃化」に向け、動き出しました。 具体的に [続きを読む]