ひがしのじり さん プロフィール

  •  
ひがしのじりさん: おとうちゃんの責任、オンナコドモの幸せ。
ハンドル名ひがしのじり さん
ブログタイトルおとうちゃんの責任、オンナコドモの幸せ。
ブログURLhttp://ameblo.jp/higashinojiri
サイト紹介文若者と女性の元気を応援したい。22世紀塾と日本政策学校で学んだ私、いよいよ市長戦に突入です。
自由文自分自身の立候補プロジェクト、話題の維新八策を読む、「サルでもできる?政治家稼業」など、ひとひねりした政治ブログ。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供194回 / 365日(平均3.7回/週) - 参加 2012/05/17 11:47

ひがしのじり さんのブログ記事

  • 建前を戦わせても仕方ない
  • 事情があって、今日は短い投稿とする。日本の言論の特徴として、「建前と本音を使い分ける」ことが、良いことのように言われたりする。 フォーマルな席で本音をぶちまけても、何もいいことはない、それはわかる。 しかし、たとえば議論の場、せっかくの機会に、建前をいくら振りかざしてもこれまた、何も進歩はない。互いに、目指すところは一緒だとかいう、建前の和解をするか、互いの違いを明らかにして、平行線で終 [続きを読む]
  • 仮称「ぶどう党」宣言
  • 昨夜は、書きかけたこのブログをアップするつもりが、女房と、ワインを一本あけて、酔って寝てしまった。 選挙中、「夫婦別人格」と冷たかった彼女にも、結果が出てからは、比較的優しくしてもらっている。選挙中はこのブログも読んでいなかったそうだ。まさに不徳の致すところ、他人でも私のために運動していただいた方がいるのに、申し訳ないことである。そういえば、金曜日、女房が駅で知り合いに会った時にも、よくあ [続きを読む]
  • 市民的チューリップフェア
  • 県内マスコミが一斉に取り上げているが、昨日21日から、となみチューリップフェアが始まった。 はっきり言ってチューリップというのは、存在感のわりに花の時期が短く、住宅の花壇を構成するには、扱いにくい花である。 それでも、このヴィヴィッドな色合い、大きな花サイズは、子供が「はじめて書く花」「名前をおぼえる花」の王者であり続け、球根栽培地として、砺波という地域名を、ちょっとしたブランドに [続きを読む]
  • 富山新聞をほめる
  • 富山県で新聞といえば、戦時下の統合以来、いわゆる「県紙」といわれるK新聞、中興の祖・正力松太郎が射水市出身で、今も北陸本社を高岡に持つY新聞、お隣石川の北國新聞の、姉妹紙であるT新聞、そして名古屋資本で東京新聞も系列になる北陸C新聞、という順にシェアを持ち、全国紙と言われるA新聞もM新聞も、その後塵を拝している。 頭文字にするほどのこともない(^^)ので、以下明示するが、選挙の出馬にともなって、富山 [続きを読む]
  • 再び、「iPoli」でいこう。(富山市議選より)
  • 砺波市議選の分析は、比較的わかりやすくもあるので、逆に後日に回すとして、先に富山市議選について、思うところを書いておきたい。 議員の政務活動費の不正請求・受領という問題のきっかけは、昨年7月、高岡市選出の矢後県議が、印鑑の偽造までして政務活動費を「盗って」いたことがわかったことであった。それ以前から、コソコソと報酬の引き上げを決めていた富山市議会で、「ドン」と言われえていた中川元議長が、取材妨 [続きを読む]
  • 復活の日
  • 私たちの世代には懐かしい、「復活の日」というタイトルは、小松左京の初期の傑作SFを、1980年に角川春樹が映画化したものである。 殺人ウィルスと核ミサイルによって、ほとんど亡んでしまう、人類の話だ。21世紀の今日に至るまで、人類の危機といえば、病原菌に核戦争であろう。その普遍性にあらためて驚く。 今日のブログは、それとは、ほぼ関係ない。携帯電話が復活した、という、軽い話である。 −−−−−− [続きを読む]
  • ご報告と感想
  • 選挙結果について、ご報告と感想のみ。 私の主張、運動、人柄含めて、他の候補の半分の支持しか得られず、549票にて、次点。唯一の落選候補となった。支持していただいた皆さんに、お礼とお詫びを申し上げる。本当にありがとうございました。力及ばず、ごめんなさい。感想としては、何よりも、前回より10ポイント以上低くなった投票率が、残念。(富山市でも5ポイント以上投票率が下がり、ついに50%を切った)&nbs [続きを読む]
  • 世の中を なに嘆かまし 山桜
  • 世の中を なに嘆かまし 山桜花見るほどの 心なりせば「紫式部集」 (紫式部) より 昨日15日、土曜日、朝からお昼過ぎにかけては、源氏物語を読む会(紫友会)の、朗読会だった。谷口美都江先生は、東京ご出身。柳瀬地区の公民館長もされながら、高岡市内の高校で、古文を教えていらっしゃる。亡くなられたご主人が、富山法科大学の教授だったということで、お住まいは、柳瀬地区の古民家をリフォームしたものだ [続きを読む]
  • ぶっちゃけ
  • 一日一本、というブログ更新のペースなので、たぶんこれが、選挙期間中、最後の記事になるかと思う。 いまさら、新しい主義主張もないので、4月14日(金)のことを、日記風に記しておく。書いているのは15日朝だが、14日に書いたものとして、「今日」「明日」などの言葉を使わせていただく。 −−−−−−−−−−−−−− 選挙期間も、今日を入れて2日限り。朝から、カッコよさげなブログを書いてはいても、ぶっ [続きを読む]
  • ひょっとしたら、政治が変わるかもしれない。
  • 熊本の最初の地震から、今日の夜で1年である。16日未明、さらに大きな地震が多くの人の命を奪った。日本じゅう、どこでも、大きな地震が起こりうる、怖いのは一回の揺れだけではない、ということを、あらためて知らされた大災害であった。−−−−−−−−−−−−−−4年半前の市長選では、2041人もの方々に、票をいただいた。(語呂合わせをしたので、よく覚えている)有効投票の約8%で、100万円の供託金も返ってこなかった [続きを読む]
  • チルドレンファースト、だから、選挙運動しない。
  • このブログを読んで、最初のポスター貼りを手伝ってくださった方が、貼り換えもしてやろうと、乱立激戦真っ最中の、富山市からいらっしゃった。あんたも、がんばんなさい、みんな一日30回ぐらい街頭演説してるわよ、とおっしゃる。 ありがたいことである。だが、いわゆる選挙運動は、しない。 保育園や高校が一緒だった女性が、訪ねて来てくれる。4年半前の選挙の時にも来てくれて、それ以来だという。以前は選挙事 [続きを読む]
  • 書いてないことを、読み取るべし
  • ポスターの件で選挙管理員会に行ったら、選挙公報が積んであったので、1枚もらってきた。政策以前の主義やら、他候補との違いやらを訴える、私のような者は、「異端」だ。 たいがいは、「希望あふれる」(夢・文化・心・絆)「元気な」(活力・豊か・魅力・振興)「住みよい」(安心・安全・便利・やさしい)などという、キモチのいい言葉を並べ、砺波市のため、がんばります、と書いてある。 市長の公約や、市の総合計 [続きを読む]
  • ポスター貼り、いい話と悪い話。
  • 選挙ポスターに関して、いい話と悪い話がある。 いい話の方から書く。 昨日夕方、なんとか告示日に、ポスターをほぼ貼り終えた、という話を書いた。 実は、旧庄川町で何枚かは、昨日のうちに終わらず、今朝になってしまった。 原因は、ポスターを貼ってくれるといった方が、風邪をひいたため。 無理することはない、残りは私が貼る、とメッセージしたのだが、 「明日になれば、熱も下がってるだろ [続きを読む]
  • 選挙公報
  • 新聞折り込みなどで、各家庭に配られるであろう選挙公報、あらかじめ、原稿を出してあるので、ここで、公表しておきたい。レイアウトは自由だが、A5版、ハガキ2枚ほどの大きさなので、書けることは多くない。言いたいことの多くをはぶいた。写真は、腕を伸ばしての「自撮り」なので、肩がすぼまっていてヘンテコ。髪もぼさぼさ。ポスターの写真と、かなり違う。(^^) あれもこれも宝田流と、わらってお許しいただき [続きを読む]
  • 告示日ご報告
  • 午後5時を過ぎて、何の連絡もないので、今回の砺波市議選、定員18人に19人の戦い、ということになったかと思う。 昨夜は、富山でインテリアコーディネータークラブの総会・懇親会に出て、今朝は、6:00からのチューリップ朝市に出店していたので、テレビも新聞も見ておらず、村岡氏の立候補断念?辞退?のことは、朝市に来ていた新聞記者さんに、教えていただいた。昨日はさんざ困ってみせたが、なんのことはない、やはり私が [続きを読む]
  • 困ったもんだ
  • 今朝の新聞見たら、若い現職の山本くんが、事前審査を済ませて出馬の意向らしい。 現職の先生方、気楽な無投票でいこうと思っていたのに、私が出て選挙になるというものだから、 引退意向の若手を引っ張り出して、きっちり、うるさそうな二人を落としてしまえ、ということにした?ようだ。 ご苦労なことである。 そして、地元の迷惑たるや、いかばかりか。 さぞかし、懸命に運動され [続きを読む]
  • シリア空爆
  • 昨日昼のニュースで、アメリカのシリア空爆を知った。国際問題、軍事問題については素人同然だが、日本という国がアメリカのやることだからと無条件に先制攻撃を認めることは、核兵器廃止条約の協議に参加しないのと同様、「売国的」態度だと思っている。 以下、日本政策学校の同窓でfacebook友だちの、某氏の投稿を、4つ並べておく。私の思いも、彼と同じである。1.【集団的自衛権行使はまだか?】逆説的提案アメリカのシ [続きを読む]
  • 選挙運動しない
  • あれよあれよという間に、告示の3日前である。 選挙公報の原稿は、ワードで作った。ポスターは、前回の選挙の残りを貼る。あとの選挙運動はしない。選挙期間中の活動は、このブログを書く程度にしようと思っている。そういう意味では、4年半前の選挙の時には禁じられていた、「ネットを使っての選挙運動」が許されたことに、大いに勇気づけられている。 とにかく、選挙運動は、しない。選挙事務所は自宅を届けてある [続きを読む]
  • 怒りと恐怖
  • 2週2会場にわたって、「浪江町消防団物語 無念」というアニメーションの上映会を行った。 2会場とも、各2回の上映に、計40人ほどずつ、ご来場いただいた。浪江町から県内に避難している、という方にもおいでいただいて、黒字というわけにはいかないが、まあ、やった甲斐はあったかと思っている。 ただ、反原発や安全保障や解釈改憲の問題で、一緒に活動している方から、この映画に関する批判がけっこうあった。& [続きを読む]
  • いまさら、ではありまするが。
  • 選挙の話である。親しい方が、北日本新聞の記事を読んで、「選挙出るの?」と電話してくださる。なぜ立候補するのか、その理由だけ申し上げて、「選挙運動はしないので、特に何もお願いすることはない」という。正確に言うと、選挙運動は、ゼロではない。選挙広報に、自分の思いを掲載していただくのと、4年半前のものの使いまわしで恐縮だが、ポスターを貼る。このポスター、掲示板が市内127ヶ所にある。一人で貼っていては [続きを読む]
  • 浦之島は、賛成しない。
  • このブログの名前でもある「東野尻(ひがしのじり)」は、砺波市を21に分けた「地区」のひとつであり、砺波市に合併する前の「村」の名前である。JRの駅名でもある。 人口2000人、自治振興会と公民館を持っている。 村の中心にあって、私も出た小学校は、30年以上前、砺波南部小学校に合併・移転した。その時独立して残されていた東野尻幼稚園も、この春、南部こども園に合併して移転した。 幼稚園だった建物は、 [続きを読む]
  • 越中福光麻布ギャラリー(と、福光温泉)
  • 2015年から、機織り機(地機=じばた、とか居座機=いざりばた、とかいわれるもの)を作らせてもらったり、(参考:越中麻布復活プロジェクト・その2)その展示・体験場所ということで、福光町小院瀬見の古民家を再生して、カーサ小院瀬見 と名付け、ツリーハウスづくりなどさまざまな活動に参加したりしてきた。 今年のはじめ、麻織りについては、「越中福光麻布」という本が桂書房から出て、いったん「まとめ」となった [続きを読む]
  • 伏木コミュニティセンター
  • アニメーション映画「無念」の上映のために、新しい、伏木コミュニティセンターを訪れた。 実は、上映を予定していた2階の大会議室に、「暗幕」がないことが判明。 下の写真のように、立派な、投影用のスクリーンがあるので、まさか暗くならないなんて想定外。 すっかり安心していたのだが、窓のロールスクリーンを下ろしても、この明るさ。映画は、無理だ。 いやいや、おいおい。何のための投影スクリーン [続きを読む]
  • 無能の能
  • ソクラテスのいう「無知の知」は、かつて原典にあたる機会を得て、まさに、哲学や宗教の根源だと感心した。 いま、「無能の能」ということを思っている。 言うまでもなく、一人の人のできることに限りがあり、だからこそ、人を頼まねばならず、ゆえに成し遂げられることに価値がある、そういうことである。自分自身の卑小な話で恐縮だが、注文家具をする業者は、日本じゅう、町ごとにいる。自分も、何でもできるような [続きを読む]