max120 さん プロフィール

  •  
max120さん: max120
ハンドル名max120 さん
ブログタイトルmax120
ブログURLhttp://sunshower21.blog.so-net.ne.jp/
サイト紹介文おいしい新鮮野菜の収穫をめざす試行錯誤の菜園日誌です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供44回 / 365日(平均0.8回/週) - 参加 2012/05/18 20:16

max120 さんのブログ記事

  • 里芋植え付け
  • 知人から譲り受けた里芋・エビイモ。芽がついている。畝づくりの為耕耘。ビニールマルチをかけて完了。夏場の水やりに気を付けなくては。ジャガイモ・インカのめざめ。ビニールマルチから出してくれよと、うるさかったので芽のあたりを割いて取り出す。先っぽがしょぼいけど、何とか直るでしょう。好みの変化で最近好きになったししとう。酒のつまみでは、枝豆より良いかもニンジンが生えそろってきた。2年目となるミョウガ。ゴー [続きを読む]
  • トラクターで耕耘
  • 今日は天気が良いので、トラクターで耕耘。これは、我がトラクターのエンブレム??(下が磁石)酸度計によると6.5度。今まで耕耘の前にアルカリ性にするため必ず消石灰を散布していましたが、以後省略。何故ならホウレン草をのぞくほとんどの野菜はやや酸性を好む事にようやく気付いたからです。耕耘にとりかかると、たちまち寄ってくるセキレイのペア。掘り起こした昆虫を食べにくる訳ですが、トラクターのエンジン音を聞き分けてく [続きを読む]
  • とうもろこし発芽
  • ようやく、とうもろこしが発芽し出した。発芽率80%といったところ。肥料喰いのとうもろこしに近く液肥を散布します。プランターに植えた四季穫りニラも活着し勢いづいてきた。<西洋蜜蜂届く>今年は種蜂が不足気味とかで、1枚減の4枚群到着(減額)。長旅で蜂達も腹が減ったのか花粉パテーも五分の一に。とにかく元気で何より。女王蜂を収容できた証明。吸い寄せられるように中へ入っていく。輸送箱に残った、この娘たちも順次中へ [続きを読む]
  • ゴーヤ植え付け
  • 店頭に並ぶのが年々早くなっている夏野菜の苗。ホームセンター同士が競争しているみたいで、昔からの園芸店は煽られている感じ。今回キュウリに続いてゴーヤを購入した。我が菜園でゴーヤは、定番野菜の一つ。内訳はアバシゴーヤ3、沖縄長れいし3苗。トマトは、「手間のいらないトマト苗」。説明書きによると●芯止まり品種と言い主茎の花房が3−4段で止まる●脇芽を取らずに残すことで収量アップを狙う●真っ赤な色で見た目も鮮 [続きを読む]
  • ニンジン播種
  • ニンジンと青汁ケールの種袋ニンジンのペレット種子ニンジンは、右の2列で水かけ後不織布で覆う。青汁ケールは右から3列目、スジ蒔き。カボチャえびすの種。一粒ずつポット播き。黒キャベツケール。1苗198円也。鳥害対策として枇杷にネットをかける。菜の花にアブラムシ。そろそろテントウムシの出番。 [続きを読む]
  • カボチャ空中栽培
  • バターナッツカボチャ播種同上。今回は、ネット栽培。この方が日光がまんべんなく当たってきれいに出来る。しかも場所とらず。とうもろこしの残り種を播く。二列用のマルチだが、真ん中にマルチ穴をあけて三列にした。ジャガイモ・インカの目覚め。発芽展開しテント状態。暖かな気候になってきたとはいえ、遅霜被害が無いとも限らない。開けるのは、まだ様子眺め。注文しておいた大好きなダリアの球根18種届く。早速植え付け。タン [続きを読む]
  • とうもろこし播く
  • 今年は、とうもろこしに本格挑戦。ゴールドラッシュは、中早生のイエロー品種。ビニールマルチの一穴に2粒ずつ播く。熟期は、83日で高食味タイプの中では早生性。アワノメイガの被害にあう前に収穫できそうな所もいい感じおろし大根、春大根、ビタミン菜播く。こちらは、穴が多目のビニールマルチ。ミョウガの苗植え付け。<蜜蜂の様子>西洋蜜蜂。同上。数がかなり減ってしまった。日本蜜蜂は、温暖な天気なのにこもってばかり [続きを読む]
  • きのこ菌搬入
  • 前からきのこ菌が野菜栽培に良いという事は、聞いてはいました。たまたま知人がMきのこさんを紹介してくれてこのほど軽トラック(1t)に積んで運んでもらった。量もあったので三往復分。一部には、キノコがでているものも。耕耘機で攪拌。ここは、ニンジンを播種する予定。<3月まき野菜の種播く>イタリアンナスを播種。ミニトマトもポット播き。<目下の花>フローレンスフェンネル蜜蜂が寄ってくるボリジ。椿菜の花ボケミモザ [続きを読む]
  • 春ジャガ植え付け
  • じゃがいも・インカの目覚め(種芋)3kg購入。縦に二つに割る。そして天日に乾かす。今回草木灰は省略。植え溝の底に芽を下に、切り口を上に向けて置き土をかぶせる。そうする事で強い茎だけが地上部に伸び病虫害に強くなるとか。最後にビニールマルチで覆う。芽が出て存在を主張する時期になったらカッターを入れて出すつもり。ただ霜の関係もあるのでタイミングが問題。まっ、何とかなるでしょう。今年は、たわわに実ったシーク [続きを読む]
  • 秋ジャガ収穫
  • ジャガイモ・ニシユタカ。株から少し離れたところにスコップを入れて株を下から持ち上げるようにしたあと株元を手で堀リ、イモを探して収穫する。株元の土寄せが足りなかったイモが緑化。これは廃棄。8株からの収穫。まずまずかな。<ビタミン菜種まき>ここ暖地での播種は、ぎりぎりセーフ。マルチ穴にバラ播く。種2袋なので、2畝でも十分足りました。蜜源目的のレンゲの葉出てきた。大雑把にバラ播きしたのでムラ気味だが最終的 [続きを読む]
  • 蜜蜂内検
  • <西洋蜜蜂>ここへ来て、かなり数は減ってきた。でも今年は、何とか越冬させるつもりです。花が少なくなってきたので、花粉パテの出番。巣枠の上に置く。喜んで食べてくれるかな〜。<日本蜜蜂>朝陽が当たって暖かくなるとせわしなく出入りする。中には花粉団子をつけて戻ってくる蜂もいる。一応砂糖水を皿に入れて置いてみたが舐めていたのは2匹程度だった。こちらは12月初めからでも良いかな。やはり日本蜜蜂は、可愛い。西洋 [続きを読む]
  • 干し野菜
  • 干し野菜ネットを活用。商品にならない訳あり次郎柿をスライスしてネットに入れる。そして上段は、大根、ニンジン、カボチャ。干す事でより甘みが凝縮され、野菜の味が濃くなる。ボケの花枇杷の花が開く。寒咲菜花第一号。タンポポ。新たに購入した花ユズ。近所の農家からもらった籾殻と米ぬかをプランターに入れる。それに油カスを加えた。発酵を促進させる為EM菌を混ぜてボカシ肥をつくる。この後、念の為虫の産卵防止にブルーシ [続きを読む]
  • トマト移植
  • ニンジンの畝で除草していたらトマトの苗を数本発見。中には2?位の実が着いていたのもある。花芽付きも。オットこれは、余計な害虫。駄目もとで各プランターに15株ほど移植してみた。成育適温は夜間気温13〜18℃度が必要とか。わき芽はとり1本ごと支柱をたてた。果たしてエシャロット。1球で数本に増える所が嬉しい。玉ねぎも順調。九条ネギ。早急に土寄せせねば金時ニンジン。促成の為液肥をかける。葉ニンニク。同じく液肥 [続きを読む]
  • 秋ジャガ芽かき。ID:0308p8
  • 秋ジャガ・ニシユタカが込み入ってきたので遅いけど芽かき。1本にしてイモの発育を促進。シャクシ菜が生えそろう。同じ日に播いた水菜も。ホウレン草の種。固い殻を一晩水に浸けて、芽を出安くして置く。<牛糞堆肥搬入>隣り市の牧場から2tトラック満載(8000円也)搬入。臭いは無く、サラサラ。発酵していて湯気。これはふかふか土壌に良いかも。6カ所に分けておろしてもらう。スコップですくって広げる。この後、トラクタ [続きを読む]
  • フェイジョア近く収穫
  • フェイジョア順調。イチジク ザ・キング。今だに小さな実も着いているがこのまま完熟まではいかないと思うが。枇杷の蕾。白菜は、害虫の被害大。フンを発見。葉を押し分けるとやはり夜盗虫。隣りには青虫。大根には、カブラハバチ。幸い青首大根は葉の小被害だけで根はいずれもブロッコリーは、青虫やバッタの被害があったものの何とかセーフ。21日に播いた雪白体菜、水菜、春菊が一斉に発芽。朝鮮朝顔垣根に絡みついた昼顔。ライ [続きを読む]
  • 白菜の代わり?
  • シャクシ菜とも呼ばれ、茎が純白で広い地域で栽培されている。秋株は大株にして霜に合わせて漬物にする−とある。ビニールマルチに播種。まだ余地が出来たのでサラダ水菜と大葉春菊を播く。3日前に播いた菜花(寒咲花菜)に、早くも双葉。早春には、つぼみを食べられるし、花は蜜源として一石二鳥金時ニンジン成育中。紫蘇。茶色く種らしくなってきた。これだけあれば来年は、種も苗も購入する必要なし。籾殻が手に入ったので、ミョ [続きを読む]
  • 柿色づく
  • 次郎柿。今年は、よく実った。近く高枝鋏で収穫。イチジク ザ・キングも。緑の状態で熟すのでカラスが気付かない<農作業>ひまわりの種を収集し、立ち枯れ茎、根などを処分してから、トラクターで整地(1000?)。同所へレンゲの種4?を播く。来春の蜜源として期待。こちらは、別の畑400?。トラクターで整地後畝を造る。つるなしいんげん播く。100均でどれでも2袋100円の種コーナー。中でも春菊と水菜をチョイス。 [続きを読む]
  • 畑の様子 2
  • 白菜、虫害があるけど何とか順調。ブロッコリー(プランター)。株間が狭いので込み入ってきた。バッタが、よくとまっている。見つけ次第捕殺。大根。間引きして1本立にする。九条ネギ(プランター) 留守したせいでスムシとスズメバチにやられた西洋蜜蜂の巣枠。残る西洋蜜蜂2群と日本蜜蜂の1群の計3群は、外敵に注意し必ず越冬させるつもり。巣箱の底は、スズメバチにかみ殺された蜜蜂(一部)と巣の残滓。巣箱から出てきたスズメ [続きを読む]
  • 畑の様子
  • 露地植えの九条ネギ。葉ニンニクの発芽はまばら。ホーム玉ねぎは、まずまず。エシャロットジャガイモ・ニシユタカ<トラクター>念願のトラクター購入。やはり耕運機に比べ利便性は十分。1200?と800?の2地点はこれで耕耘します。それぞれの一部に蜜源としてレンゲの種を播きます。<目下の花>トケイソウ(時計草、パッションフラワー)。今年は咲きそうもないと思っていたが、いくつか咲いていたので一安心。サフラン。 [続きを読む]
  • 秋ジャガ植え付け
  • ニシユタカ植え付け。収穫は11月末。姫とうがん1号。まだ15?程度。みそ汁に入れたりしますが、あんかけが一番おいしいとの事。試してみます。レモン。例年1〜2個しかならないのに、今年はいきなり10個も成った。<白菜>一見上手く成育してると思いきや。茎を切られている。これは、根切り虫の仕業。根元をほじるといたので捕まえて潰す。葉の芯には、夜盗虫が。全く油断も隙もあっもんじゃない即、つまみ出して潰す。九条 [続きを読む]
  • 秋冬野菜に着手
  • 大根の発芽率は良いですね。そろそろ二本立てに。乾燥九条ネギ。ホーム玉ねぎ植え付け。雑草対策として新たにビニールマルチ2畝布設。葉ニンニク。焼いてポン酢で食べるとおいしい。酒の共に最適。ほぎしたら40球ありました。植え付け。エンシャロットも植え付け。五寸ニンジン播種ホウレン草播種ツルムラサキにオンブバッタ。拙ブログに訪問いただきましてありがとうございました。(本日は疲れたので亀に寄りかかってまどろむ [続きを読む]
  • 目下の畑
  • パッションフルーツ・エドリス(時計草)。今春、苗を植え付けた。まきひげがブロックに絡まって旺盛に成長。反対側へも伸びている。ただ実の方は2個付いただけで当て外れ。来年に期待しよう。姫とうがんに花。地這えキュウリが根付く。ゴーヤは、花がたくさん付き、例年になく収穫が続きそうだ。<今日の収穫>ゴーヤと終盤のキュウリ。<害虫>百日紅の枝にいたイラガ。うっかり触れるとハチに刺されたような鋭い痛みを感じる。見 [続きを読む]
  • 白菜植え付け
  • ミニ白菜。露地にビニールマルチを敷いて植え付け。この後、夜盗虫やバッタ対策として寒冷紗をかけた。ツルムラサキが伸長。草丈の割に葉が小さい。緑色のツルムラサキの方が葉が大きい。こちらは、あと少しで収穫。ブロッコリー根付く。イチジク・ザ キング。緑のままで完熟なのでカラスも気が付かない。それともマネキンの案山子君が昼夜見張っているからか。皮ごと食べれて糖度は十分。ミョウガとナス。ナスは株が弱くなってき [続きを読む]