竹下明伸 さん プロフィール

  •  
竹下明伸さん: 日刊しまの食卓
ハンドル名竹下明伸 さん
ブログタイトル日刊しまの食卓
ブログURLhttp://ameblo.jp/a-takeshita/
サイト紹介文壱岐島(いきのしま)・長島(ながしま)・小値賀島(おぢかじま)・福江島(ふくえじま)での暮らしの記録。
自由文壱岐島(いきのしま)・長島(ながしま)・小値賀島(おぢかじま)・福江島(ふくえじま)での暮らしの記録。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供903回 / 365日(平均17.3回/週) - 参加 2012/05/19 09:55

竹下明伸 さんのブログ記事

  • オオイヌノフグリの花。
  • (写真)オオイヌノフグリの花。きょうみつけた10数種類の花のうち、名前のわかったもののなかでいちばん印象的だった花、オオイヌノフグリ。小さくて青い花びらのなかの、紫色の筋の根もとあたりがなんともきれいです。そんなかわいらしい花とは裏腹に、名前は一風変わっています。「オオイヌノフグリ」はそのまま言い換えれば、「大きな犬の睾丸」。近縁種の種子が犬の睾丸に似ていたことから、こう名づけられたそうです。 [続きを読む]
  • カタバミの花。
  • (写真)カタバミの花。小さな黄色い花が特徴的なカタバミ。夜になると葉を閉じて、放射冷却によって熱が逃げるのを防ぐそうですが、その葉が半分になったようにみえる様から、「カタバミ」と呼ぶようになったとのこと。いっぽう花は、花粉を運んでくれる虫の訪問が少ない雨の日には開かないそうです。その可憐な見た目の裏に隠された、生きていくための精巧なメカニズム。なかなかおもしろい植物です。 [続きを読む]
  • ドクダミの花と葉。
  • (写真)ドクダミの花と葉。草を刈ると、独特の香りをまき散らすドクダミ。何度刈ってもまたいつの間にか芽を出すその生命力に、少し煩わしさを感じてきましたが、奥さんがお茶として利用するようになってからは、少し見方が変わってきたように思います。アップでみると、葉のまわりの赤い縁取りに、なんだか少し妖艶な色気を感じます。 [続きを読む]
  • ノアザミの花。
  • (写真)ノアザミの花。裏山の斜面に群生しているノアザミです。アザミには「ノアザミ」のほか、「トネアザミ」「ノハラアザミ」「キツネアザミ」などの種類がありますが、春に咲くのは「ノアザミ」だけだそうです。いま、そこかしこでものすごい勢いで咲き誇るノアザミ。その生命力になんだか勇気づけられます。 [続きを読む]
  • ゲンゲ(レンゲ)の花。
  • (写真)ゲンゲの花。いままで、あまりおいしくない植物、あるいは食べられない植物にはほとんど興味がありませんでしたが、日々家のまわりで咲くいろいろな花たちをみていると、せめて名前ぐらいは知っておきたいなと思うようになりました。ということで、きょうから少しずつ、身近でみつけた花や木についてまとめていきたいと思います。第一弾は、以前から知っていた「レンゲ」ですが、正式名を「ゲンゲ」というのははじめて知り [続きを読む]