賢者テラ さん プロフィール

  •  
賢者テラさん: Eye of the God 〜神の眼〜
ハンドル名賢者テラ さん
ブログタイトルEye of the God 〜神の眼〜
ブログURLhttp://ameblo.jp/eyeofgod
サイト紹介文新時代における預言の言葉。黙示。 現代の常識、価値観では幸せになれない人たちへ。
自由文あるひとつの宗教を熱心に信じてきた著者が、「ほんとうにこれでいいのか?」と考えだしたある時、『降りてきた』言葉を綴っています。宗教がいう神は存在しない。善悪はない。この世界は夢である・・・etc。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供260回 / 365日(平均5.0回/週) - 参加 2012/05/21 18:08

賢者テラ さんのブログ記事

  • 幸福を科学できてない?
  •  最近大きく世間を騒がせた、清水富美加という芸能人の 『出家』 問題。 一人の 「信仰の貫徹」 が、色んな人を巻き込み、迷惑をかけました。 真理を知った者 (自称) や過激な新興宗教特有の便利な言い訳があります。  『真理』 は喜ばれるとは限らない。 この世の 「悪」 は、それを嫌う。 だから、正しいものほど、真理ほど表面上嫌われ、迫害されるものだ。 多くの人から誤解され攻撃されるの [続きを読む]
  • 身もふたもない話、満載・・・
  •  【動画の主な内容】 ①因果はこの世界の真理?? ②利他主義と利己主義、どちらが価値ある? ③テラのメッセージの調理方法(聞き方)  先日、ものすごく久しぶりに読者からのコメントが過去記事についていた。 その昔、発達障害の子 (大人にも使える) 向けの 『声かけ変換表』 なるものに関する記事を書き、頼りきるのは怖いという趣旨のことを論じたことがある。 それに関して、「声かけ変換表は役に立つし必要だと思 [続きを読む]
  • あまのじゃくなわけじゃない
  •  動画が前編、後編に分かれているのは、ただの事故です。(笑) 覚醒者というか、ある程度 「意識の開けた人」 はどういう言動をする傾向にあるか、私なりに勝手に述べています。キーワードは 「この宇宙次元の特徴」であり、「バランス」です。 ヒゲを伸ばしはじめました。 自分では似合っていると思わないのですが、じゃあなぜ?その理由は、動画の中で! 次回放送は、2月9日 (木) 夜8時からです。   【業務連絡の [続きを読む]
  • 白黒気にする人はお呼びでない
  •  【動画で語っている主な話題】 ・厄年をどう考えるか ・心理学は要らない子かどうか ・正しい、間違っているの使いどころ  ・これからは心の時代、なんて言ってる根拠は? スピリチュアルTVでの次回放送は、2月2日 (木) 夜8時からです。 【業務連絡のコーナー】 ①賢者テラ・大阪定期講座、常時受講者受付中!  『スピ・テラ (寺) 小屋』  【内容紹介】    テラさんからのメッ [続きを読む]
  • 勉強できない子どもをもった親は不運か
  •  ある読者様に、『勉強のできる子どもをもった親はラッキーで、できない子をもった親はアンラッキーだということでしょうか』 と聞かれまして。そのことに対するおおまかな答えです。  動画は、後半ちと辛口です。 放っておいていいのですが、ちょっと 「分かった気になって悟りや目覚めを語っている人たち」 を揶揄してみました。あまりにもおかしかったからです。 案の定ですが、動画に 「下げ」 コメが [続きを読む]
  • あけましておめでとうございます
  •  あけましておめでとうございます。 スピTVは、今後朝の放送はなくなり、夜8時からの放送のみとなります。 子どもが二人とも保育園に入り、その送り迎え担当のためです。  気が付いたら、自分がテラなどと名乗ってスピ活動していたことを、忘れていました。 本当に、普通人 (?) と化している自分を発見し、面白かったです。 こうも忘れてしまえるものかと、感心しました。 みなさんも、カネと労 [続きを読む]
  • 今年もありがとうございました
  •  今年は、ブログ毎日更新が終わるという節目を含んだ変化の年でした。 今改めて思うのは、真のスピリチュアル教師はメッセージの内容でもなく人でもなくー 『時間』 だと思いました。 時間だけが、「化けの皮」 をはがしてくれます。 一時はあれだけ本気だった。あれだけ 「これが真実だ」 と思った。 でも、年月は残酷です。5年、10年して依然として残っているのは 「生活」 です。 生きなきゃいけないこと [続きを読む]
  • スピリチュアルTV・動画更新(12月22日)
  •  ※次回放送は、12月28日(水)夜8時です。  【業務連絡のコーナー】 ①賢者テラ・大阪定期講座、常時受講者受付中!  『スピ・テラ (寺) 小屋』  【内容紹介】    テラさんからのメッセージ発信や質疑応答に留まらず、講座参加者のみなさんお一人お一人にアウトプットしていただく 「公開セッション型セミナー」 です。    脱・その時だけ気持ちい [続きを読む]
  • スピリチュアルTV・動画更新(12月15日)
  •  ※次回放送は、12月21日(水)朝8時です。  【業務連絡のコーナー】 ①賢者テラ・大阪定期講座、常時受講者受付中!  『スピ・テラ (寺) 小屋』  【内容紹介】    テラさんからのメッセージ発信や質疑応答に留まらず、講座参加者のみなさんお一人お一人にアウトプットしていただく 「公開セッション型セミナー」 です。    脱・その時だけ気持ちいいスピ [続きを読む]
  • 無理に分からなくてもいい幸福論
  •  前に投稿したメッセージの文中に、私は 『スピリチュアルは、人の不幸を前提として存在している』 ということを書いた。「幸せになりたい」 ということは、裏を返せば 「今幸せではない (少なくとも幸せだと胸を張って言いきれない)」 ということの表明でもある、と。 医者は人を治すのが使命だが、本当にこの世界から病気が根絶してしまったら困る、という (医者たちは認めたがらないだろうが) 隠されたホンネ [続きを読む]
  • 小説の登場人物紹介 (その1)
  • 【登場人物案】 ●主人公 クレア・アサギリ (邦名:朝霧クレア)  日系カナダ人。女性、高校1年生、16歳。 長身、ブロンドのロングヘア。(見るからにいかにもな金髪)瞳はブルー。 日系人のわりに、見かけに日本人らしいところがなく、言わなければ生粋の欧米人に見える。 カナダで双子の赤ん坊が捨てられており、その片方。(姉妹) 発見時、添えられていた手紙に 「この子をよろしくお願 [続きを読む]
  • スピリチュアルTV・動画更新(12月7日)
  •  ※次回放送は、12月15日 (木) 朝8時です。   【業務連絡のコーナー】 ①賢者テラ・大阪定期講座、常時受講者受付中!  『スピ・テラ (寺) 小屋』  【内容紹介】    テラさんからのメッセージ発信や質疑応答に留まらず、講座参加者のみなさんお一人お一人にアウトプットしていただく 「公開セッション型セミナー」 です。    脱・その時だけ気持ちいいスピリ [続きを読む]
  • 高い精神性は世界を救わない
  •  保険の宣伝が、最近やたら目につく。 生命保険。学資保険。ガン保険。自動車保険。 今日見たCMのキャッチフレーズでは、「え、まさか!その時のためにー」  スピリチュアルで嫌われるのは、「恐れを煽る」 ことである。 意識が現実を作るというので、心に恐れを抱くからそれがそのまま現実化すると考える。 その理屈だと、恐れさえなければその悪いことは起きない、ということになる。 だから、ス [続きを読む]
  • 六龍が飛ぶ
  •  最近映画館に足を運ぶことが減り、逆にTVドラマを楽しみに見ることが多くなった。 日本のドラマも熱いが、韓国ドラマにも面白いものがある。 『六龍が飛ぶ』 という作品が面白い。 途中までだが、見始めたら止まらない面白さ。(もちろん個人差があります) 高麗末期に、新しい国づくりのために戦った六人の英雄の生き様を描いている。 政治駆け引きの面白さ、先読みしにくい意外な展開、テキトーではない本格 [続きを読む]
  • 世代を超えて伝える是非
  •  Q.  テラさんは、ご自身の確信や境地に関して,お子さんに伝えるご意思はありますか? もし伝えるなら、いつ、どの時期に伝えますか?(子どもの年齢)  A.  伝えません。 むしろ、関心をもってほしくありません。 反対すらするかもしれません。  私が中学生の頃、ある友人がエホバの証人をやっていた。 本人が独自に見出し選んだのではなく、親が熱心な信者なのであっ [続きを読む]
  • チャネリングになぜ価値があるのか
  •  先日、記事を読んだ方からメールが寄せられた。 アメリカのトランプ氏に関して私が述べたことについての内容だった。 あなたが、あまりにもお分かりでないようなので、教えてあげますというものだった。 その人物は、どうもアメリカ在住で、かつ政治の世界に無縁ではない立場にいらっしゃるようだった。世間的に流布している 「トランプ怖い」 の情報や噂は、根も葉もない、と。 自分は立場上誰よりもちゃんとし [続きを読む]
  • スピリチュアルは突き詰めてしまうと要らない子に
  •  Q.  神がゲームをするために制限された世界を作りプレイをしているのはなんとなくわかりました。しかしゲームをプレイする目的は、楽しむためや暇潰し等を想像しますが、一元性の世界ではその考えが出る理由がわかりません。 面白い ? つまらない 暇 ? 忙しい 上記の発想は二元性の世界観に思います。    A.  あなたのように考える人が出て来るから、スピリチュアルがキライなんです。 & [続きを読む]
  • 新小説について①
  •  タイトル: 現時点で未定  【内容紹介】 ほんのさわりだけ  カナダのバンクーバーで、二人の赤ん坊の捨て子が見つかった。 産着に縫いとられた名前らしき文字だけが、二人が誰であるかの唯一の手掛かり。 一人は、Clare Asagiri。もうひとりは、Lilith Yuunagi。 この二人の赤ん坊は、一卵性双生児…つまり双子であることが判明。 捜索するも、親探しは難航。結局、養護施設に預けられ [続きを読む]
  • 全米は泣かない
  •  映画の宣伝のあるある。 『全米が泣いた』 『〜を超えて、興行収入1位!』   当たり前だが、全米が泣くわけがない。 でも、「みんなは泣かないぞ!調べたんか!」 といちいち突っ込む人はいない。   これは、「それだけ泣ける映画ですよ」 ということが言いたいんだな…  そのように、好意的に寛容に理解できるから、映画製作側もそのような 「誇張された言葉」 を宣伝のために言えて [続きを読む]
  • これまでありがとうございます
  •  思えば、これまで 「毎日更新」 を守りぬけてきたのも、ひとえに 「うしろの百太郎」 ならぬ、何者か分からない情報主のおかげでした。(それだって究極には自分なわけですが) 今日、お読みくださっている皆さまに、お知らせがあります。  ①今後、このブログは不定期更新となります。  閉鎖はしません。 これまで、与えられるインスピレーションをもとに毎日メッセージを掲載してきましたが、 [続きを読む]
  • 自分の都合でしか物を見れないのが個の限界
  • 第七の天使が、その鉢の中身を空中に注ぐと、神殿の玉座から大声が聞こえ、「事は成就した」 と言った。   そして、稲妻、さまざまな音、雷が起こり、また、大きな地震が起きた。それは、人間が地上に現れて以来、いまだかつてなかったほどの大地震であった。   あの大きな都が三つに引き裂かれ、諸国の民の方々の町が倒れた。神は大バビロンを思い出して、御自分の激しい怒りのぶどう酒の杯をこ [続きを読む]
  • 必要は真理の母
  • イエスはそこを立ち去って、ユダヤ地方とヨルダン川の向こう側に行かれた。群衆がまた集まって来たので、イエスは再びいつものように教えておられた。   ファリサイ派の人々が近寄って、「夫が妻を離縁することは、律法に適っているでしょうか」 と尋ねた。イエスを試そうとしたのである。   イエスは、「モーセはあなたたちに何と命じたか」 と問い返された。 彼らは、「モーセは、離縁 [続きを読む]
  • 女帝
  •  この漫画との出会いは、ヒマでしょうがない時だった。 マックのハッピーセットがほしい子どもを連れて行ってあげると、食事が済めばキッズコーナーにある大型の遊び場コーナーがあるため、すぐには 「帰ろう」 と言ってくれない。 子どもが一通り遊んで納得するまで、多少はこどもを監督するものの基本的にはヒマである。 ヒマをつぶしたい。頼れるのは、スマホくらいしかない。 ニュースを見るにも、私は朝かな [続きを読む]
  • 断絶
  • 「ところで、あなたたちはどう思うか。 ある人に息子が二人いたが、彼は兄のところへ行き、『子よ、今日、ぶどう園へ行って働きなさい』 と言った。 兄は 『いやです』 と答えたが、後で考え直して出かけた。 弟のところへも行って、同じことを言うと、弟は 『お父さん、承知しました』 と答えたが、出かけなかった。この二人のうち、どちらが父親の望みどおりにしたか。」  彼ら (祭司長 [続きを読む]