おき3号 さん プロフィール

  •  
おき3号さん: ニッポン風めぐり紀行
ハンドル名おき3号 さん
ブログタイトルニッポン風めぐり紀行
ブログURLhttp://kazemeguri.blog.fc2.com/
サイト紹介文鉄道旅行、バイクツーリング、まち歩き、珍スポット訪問を中心とした『旅に生きる日々』を綴るブログです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供129回 / 365日(平均2.5回/週) - 参加 2012/05/24 13:32

おき3号 さんのブログ記事

  • 宇多津
  • 宇多津町の道の駅「恋人の聖地 うたづ臨海公園」までやってきました。本活動最後の訪問地でしたが、よりによって定休日でスタンプが押せないという悲劇に見舞われました…。しかし、瀬戸内臨海に建つ道の駅からは瀬戸大橋と瀬戸内のしまなみが望めます。内陸を走る国道11号線から一山越えると一直線に道の駅まで到達できるのですが、山を越えて宇多津の町へと下る時の風景はなかなかのものでした。視界が一気に開け、宇多津の町と [続きを読む]
  • 国営讃岐まんのう公園
  • ここは大変思い出深い場所です。2009年の日本一周のとき、出発してまだ一週間くらいの時に此処を訪れたのですが、駆け出しの私はそれまで野宿に躊躇いをもっていました。キャンプも初心者同然だったのですが、岡山から高松にフェリーで上陸し、四国でのはじめてのキャンプが国営讃岐まんのう公園でした。とてつもなく広大な国営公園内にあるキャンプ場で、宿泊したのが五月下旬でしたから、新緑が美しかったこと、夜には近くにある [続きを読む]
  • 讃岐うどん遍路〜谷川米穀店
  • 国道438号線 まんのう町川東。かねてより目をつけていた「谷川米穀店」を訪ねます。平日のみの営業、しかも10:30〜13:30の三時間しか営業しないという訪問困難な物件なので、優先的に訪ねたかったのです。山間の川の流れるすぐそばにある立地も美しいです。発注品は「冷たい(小)」。150円です。温冷大小を口頭で伝えると、わずか15秒ほどで供されました。何ものってないうどんだけをもらい、醤油をかけて青葱や薬味を入れていただ [続きを読む]
  • 難読局名
  • 県道39号線で、まんのう町川東方面へ向かっています。その道中の、枌所(そぎしょ)簡易局にて局印をいただきます。枌所とはこのあたりの地名だそうで、対応していただいた方によれば、枌というのは赤飯などを入れる木箱らしく、その製造が盛んだったことからついた地名だそうです。勉強になります。 [続きを読む]
  • アンバサ
  • 四国ならではの飲料といえば「アンバサ」を外すことはできません。昔は私の地元でも買えたので、おそらく全国販売されていたのでしょうが、現在では四国でしか見かけなくなりました。何故四国なのかは謎ですが、高松港近辺を歩き回って疲れた身体には、この乳酸菌飲料の甘さは格別です。 [続きを読む]
  • (三日目)旅の真髄
  • おはようございます。どんより曇り空の高松の朝です。昨晩は高松築港の「鳥源」との出会いにより、思い出深い高松の夜になりました。もしあのとき、高松港まで足を延ばさずにホテルに直帰していたら、妥協して近場の別の店に入っていたら、ここまで記憶に残る出来事にはならなかったでしょう。自分の足で稼ぐことで見える景色や出会いが生まれる、そんな旅の真髄・旅の原点に触れたような気がしました。さて、本日は活動最終日です [続きを読む]
  • 琴電に揺られ帰宿
  • ほぼ諦めかけていた高松夜の部でしたが、「鳥源」の出現により思い出深いものになりました。活動後に詳述しますが、高松の飲み屋街からは離れた高松築港地区の住宅街にあり、事前に下調べしなければまず辿り着けないでしょう。散歩の途中に偶然にも見つけたのは本当に幸運でした。高松港の心地よい潮風に包まれて、ほろ酔いのなか琴電に乗って帰宿します。 [続きを読む]
  • 高松の居酒屋巡り
  • 満を持して高松の街に繰り出したは良いものの、日曜ということで定休の店が多く、これという店にありつけません。今夜は巡り合わせが悪かったのだと割りきって、早々に引き上げることにしました。宿は瓦町にとったのですが、散歩がてら高松港まで海風を浴びに散歩して、琴電に乗って帰るつもりだったのですが、高松築港の一角で偶然にも興味深い店に遭遇し、引き寄せられるように入店しました。ということで、高松築港の「鳥源」へ [続きを読む]
  • 高松到着
  • 道の駅を順調に制覇しながら、本日の目的地である高松に到着し、只今投宿しました。明日も一日休みを取っているので、明日の活動に備えて今夜はホテルで休みます。心配していた天気も思いの外悪くならず、小雨の時間帯がほとんどでした。15:00以降はすっかり雨もやみ、道路も乾いています。活動に影響のない程度の悪天候だったのは幸いでした。高松の街に宿泊するのは初めてで、ゆっくり街を歩いた記憶もありません。日曜の夜なの [続きを読む]
  • 大山牧場のジャージー牛乳
  • 香川県に入り、現在地は道の駅「みろく」です。地元の大山牧場がパン&カフェの店を出していて、揚げたてのカレーパンと共に、ノンホモのジャージー牛乳をいただきます。パックや瓶ではなく、その場でタンクから注いでくれる本格的なもので、しかもパンと一緒に頼むと100円引きになります。ほんのり甘くて味の濃い、非常に美味しい牛乳でした。これだけでは飽き足らず、ジャージー牛乳ソフトに加え、お土産用のカスタードミルフィー [続きを読む]
  • 徳島完訪
  • 阿波市の国道318号沿い。道の駅「どなり」訪問をもって、徳島県完訪となりました。ちなみに当方携行の2009年のマップルでは、道の駅に隣接して御所温泉観光ホテルという物件が掲載されていますが、残念ながら廃業していました。 [続きを読む]
  • 神山の温泉
  • 吉野川に別れを告げ、山間の神山町に入りました。「ホテル四季の里&癒しの湯」にて風呂に入ります。宿泊施設も併設している温泉です。循環湯ではあるものの加水しておらず、湯に浸かるとぬめり気とツルツル感がよく分かります。湯上がりも肌のすべすべ感が持続して実に気持ちがよいです。これで500円なら満足です。湯上がりは、もちろんすだちドリンクを一杯。さて、今日一日はどうにか天気がもってくれましたが、風呂上がり外に出 [続きを読む]
  • すだちアイス
  • 池田からは吉野川に沿って東進。かつて海運で栄えた町を繋ぎながら、今回の活動の主題でもある道の駅スタンプラリーを展開しています。現在地は美馬市脇町。道の駅「藍ランドうだつ」にて、地元特産のすだちを使ったアイスをいただきます。私は柚子、かぼす、すだちといった緑柑橘系が大好物なのですが、さっぱりした冷たい氷菓を口にすると暑さも引いていきます。 [続きを読む]
  • 大歩危・小歩危
  • 四国随一の景勝地 大歩危・小歩危を訪ねます。吉野川の急流にはあちこちに吊り橋がかかっており、心地よい風に吹かれて下を眺めているだけで涼しくなります。沿岸を走る土讃線は観光列車が走り、ラフティングを楽しむ人たちの声が響き渡ります。 [続きを読む]
  • 祖谷渓
  • 池田から国道32号線で高知方面に南下し、さらに下川交差点から県道32号線へ入りました。マップルではお奨めルートとして紹介されていますが、見通しの悪い狭路が続きしんどいです。視界の開ける絶景地点もそう多くはありませんが、見所といえばやはり小便小僧でしょうか。 [続きを読む]
  • 徳島県立池田高等学校
  • 野球の「やまびこ打線」で全国に名の知れた池田高校を訪ねます。校舎は池田の町の中心にありますが、高台に建っているため、列車通学の生徒は長い階段を登らなくてはなりません。階段を上がりきった場所がちょうど正門前。ちょっとした東屋とベンチが置かれているのですが、ここから池田の町を一望できます。学校帰りの池田高生の憩いの場であり、青春の舞台になっているのかもしれません。夏の県予選を直前に控えた野球部をはじめ [続きを読む]
  • 郵便料金値上げ
  • 阿波池田郵便局にて風景印の押印をいただきました。それはいいのですが、郵便料金の値上げにともない、押印できる切手の最低額が10円上がり62円になってしまいました。わずかな金額ですが、積み重なれば大きな負担大です。風景印はやみくもに押さず、取捨選択する必要がありそうです。ただし、桜色と桜の絵柄の新62円切手のデザインに関しては実に見事です。 [続きを読む]
  • 鴻ノ池SA
  • 山陽道をさらに二時間走り、倉敷JCTから四国方面に折れて早島インターを過ぎました。現在地は瀬戸大橋手前の鴻ノ池SAです。ここで夜明けまでしばしの仮眠をとります。おやすみなさい…。 [続きを読む]
  • 広島北インター
  • 益田から国道191号を南進し、広島北インターから広島自動車道に入線しました。現在地 久地PAにて休憩をとります。ここまで約二時間強の道のりでした。国道191号線は交通量皆無ですこぶる快適。気温18℃前後の涼しい空気に包まれて窓を全開にして走ると、蛙の大合唱が聞こえてきます。そして、これより先は高速を利用して一気に距離を稼ぎます。 [続きを読む]
  • (1日目)出発
  • 活動の始まりは前日の夜から…。ということで、早速出発します。翌朝までに四国に上陸できれば問題ないので、適宜休息を入れつつ気ままに歩みを進めます。 [続きを読む]
  • 四国スタンプラリー 〜徳島・香川篇
  • 昨年10月以来となる、道の駅のスタンプラリーの活動のため四国へ行ってきます。土日に加え、月曜日を休みにすることができたのは幸運でした。序盤に徳島県内での活動もありますが、今回の主戦場は香川になります。そして、香川といえば讃岐うどんは外せません。土日は休みの店舗も少なくなく、県外客で込み合うのが常ですが、平日休みを取得できたので月曜日に重点的に廻ろうかと考えています。連日の快晴が続き、空梅雨の様相を呈 [続きを読む]
  • 呑処巡礼 十番 〜松本 しづか
  • 松本城の程近く、大手町に店を構えるのが『しづか』である。入り口の扉を開けると、物腰の柔らかそうな女将さんが迎え入れてくれ、カウンターに通された。カウンターが10席ほどにテーブル席もそこそこの数がある。さらに奥には団体用の大部屋もあるようで、私が入店して以降、予約を入れてある来店客が次々と大部屋に通されていった。まだ早い時間であったためカウンターはそれほど混んでいなかったのには救われた。大人数が収容 [続きを読む]