日誌係 さん プロフィール

  •  
日誌係さん: 日本酒感想日誌
ハンドル名日誌係 さん
ブログタイトル日本酒感想日誌
ブログURLhttp://osakasj.blog.fc2.com/
サイト紹介文飲んだ日本酒の備忘録。どっちかというと生のお酒が好き。おりがらみ、直汲み、熟成酒などが多めかな?
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供220回 / 365日(平均4.2回/週) - 参加 2012/05/24 21:46

日誌係 さんのブログ記事

  • 秀鳳 純米大吟醸 山田錦 無濾過生 28BY
  • 久しぶりに秀鳳、純米大吟醸山田錦の無濾過生です。縁もゆかりもない余談ですが、久しぶりに新政のやまユのリリースがあったようで。改良信交の27BY、1年半熟成だそうです。残念ながら我が家には同じ改良信交のコスモス26BYジカジュクver.があるので買うことはないでしょう。( ・´ー・`)どや?本編に戻って秀鳳。華やか系+ガスありとまさにド本命のお酒で、バリエーションも多いのでもうちょっとやっていきたいんですけどね。今回 [続きを読む]
  • リクエストがあれば開けます
  • 冷蔵庫の整理がてら在庫確認。とくべつ大したお酒があるわけではないですが、最近買ったもの〜飲むタイミングを逸したもの、秘蔵古酒まで。リクエストがあれば開けますよ。最近買ったやつ。ストック用の1升瓶。菊鷹のハミングバードうすにごりだけは今年の。あとは去年のかな。左の秀鳳と根知男山は今年の。新政の頒布会用のやつとかNEXT5のやつとかもはやなんで買ったのかも謎。こっちは秘蔵古酒。古酒好きならたぶんどれ飲んで [続きを読む]
  • 松の司 大吟醸 出品酒 28BY
  • 松の司の大吟醸、出品酒で結果的に金賞受賞酒となりました。今期いまさらですが素晴らしさに気付いた松の司です。後ろの2本はこの間デッドストックを入手したブラックアゾラの2008&2009。まあ高級ラインの造りは十二分に上手な蔵なのですが、受賞に関しては2009年以来とのこと。独自の目指すものがはっきりとある蔵なので、出品酒にフォーカスした造りをしていなかったのでしょうけど。あーあと最低半年は寝かせないと、という蔵 [続きを読む]
  • 杉勇 夏大吟 生 28BY
  • 杉勇の大吟醸、夏ver.です。御徒町のふくはら酒店さんで、もともと杉勇の出品酒と同じ醪の大吟醸をオリジナルで売っているんです。数年前に飲んで超コスパと味わいに太鼓判だったのですが、久しぶりにそのことを思い出し、御徒町に行ってきました。今回は夏バージョンの大吟醸。山田錦35で、おそらく14度台まで加水してるんですね。火入れはしておらず生酒です。たぶん醪は出品酒とは違うんじゃないかな、とくに触れてないし。あま [続きを読む]
  • 流輝 白桃色 純米吟醸 無ろ過生 28BY
  • 流輝(るか)、白桃色です。鍋島オレンジがあまりにもひどかったので2本目。群馬県のDQNネーム日本酒こと流輝、冗談ですよ(笑)日本酒フリークの界隈では有名な変わり種商品。協会赤色清酒酵母という、自然に赤い色がでる酵母を使ってます。また数値的にも日本酒度が極端に低く、酸度が高いという甘酸っぱ系のお酒。上記だけだとイロモノ臭が半端ないけど、味わいの評価も高いんですよねえ。むかしはもっとピンクで、ももいろとして [続きを読む]
  • 鍋島 純米吟醸 五百万石 オレンジラベル 生酒 28BY
  • なんと!鍋島オレンジです。純米吟醸五百万石の生酒。個人的にもかなり今更感があったのですが、なぜか興が乗ってしまいました。鍋島でいえば雄町や山田錦のほうが好きなんですけどね。それらに比べると香り甘み控えめで食中酒よりなイメージですがどうでしょう。最近は妙に高級商品ばかりバリエーションが増えて中吟はぱっとしないという鍋島さん。華やか系ではなくてちょっと落ち着いたところに行きたいという気持ちもあるようで [続きを読む]
  • イアンマクロード チーフタンズ ザ・シガーモルト1997 19年
  • イアンマクロード社の“チーフタンズ”シリーズから、シガーモルト。3本目になるらしい今回はオロロソ・シェリー・バット、55.7度の19年モノ。中身は前回と同じくダフタウンの野獣(?)ことモートラックのようです。そんなにウイスキー欲の高まっていなかった年末年始のファークラス良ボトルラッシュをスルーしてしまいまして。お手頃価格でいいシェリーなんかないかなと思っていたところに救世主として登場したボトル。手に入っ [続きを読む]
  • 長陽福娘 山廃特別純米 無濾過生 直汲み 28BY
  • 長陽福娘の山廃の直汲みです。あんまりワインだウイスキーだばっかりいってると、なんだよアイツと言われちゃうのでね。アクセス数も下がって行っちゃうしさ。ただ最近はそんなにお酒自体を毎日飲まなくてもいいかなという気がしてきて。まー昔は家かえって酒飲まないと寝れないし、何したらいいかわかんないよなんて言ってましたけどね。ほどほどに、飲みたい気分のとびっきり良い酒を飲むというのが良いですね、たぶん。寝たい時 [続きを読む]
  • 最近の入荷
  • 正直言うとさいきん日本酒買ってないという日本酒ブログにあるまじき告白。すぐ飲む用の在庫は秀鳳くらい。そろそろ何か夏酒でも見繕わないと。誰かおすすめを教えてください。かわりにモルトの方の入荷がありました。1本買うと欲しくなっちゃって立て続けに買ってしまった。日本酒ブロガーが始める本格モルト、ボトラーズ篇。始まりません、嘘です。左から・イアン・マクロード チーフタンズ ザ・シガーモルト1997 19年・コン [続きを読む]
  • シャトー・レオヴィル・バルトン 1996
  • 今日はシャトー・レオヴィルバルトン1996、日本酒ブロガーが始める本格ワイン第4回だと思います。ブルゴーニュ2本やって、ボルドー右岸のメルロー主体やって、今回はボルドー左岸のカベルネソーヴィニオン主体のということで。ちょうどいい塩梅のがお安く出ていたのをお知らせいただいたので迷わず買いました。赤ワインはとりあえずこれで少しお休み。赤ワイン以上に全く何も知りませんが、次は2本か3本程度白ワインをやる予定です [続きを読む]
  • 古伊万里前 純米大吟醸 SurfStyle 28BY
  • 今日は先日のんだ古伊万里前から純米大吟のSurfStyle2017です。まあ先日のは火入れの割とスタンダードな商品ということで小手調べ程度でこっちが本命。と思っていたら、モノクロームプラスという新商品がつい先日リリースされてましたね。このサーフスタイルも雄町50の純大なんですが、そのモノクロームプラスも雄町の純大らしいんですね。詳細不明ですが何か関連があるかもしれませんね〜同タンクの薄濁り部分みたいな。特約も多 [続きを読む]
  • あべ FOMALHAUT 生 2017
  • 僕の中で去年一番ブレイクしたお酒といっても過言ではないあべです。今年はすでにいくつか商品が出ていたんですが、あまりそそられるものが無くてね。なんかみんな本筋からのアレンジ的な商品説明なんだもの。去年の純吟と純大の直汲みがよかったので、とりあえずソレ待ちでいいかなと。出なかったらまた考えますが。その代わりに新商品が出ていたので買ってみました。去年SPICAという白麹を使った商品をやりましたが。★(スター [続きを読む]
  • 櫛羅 純米 無濾過生 kodamaTuning 27BY
  • 手持ちのお酒でどうもイメージ合うのが無くて、これを開けることにしました。純米と純吟をどっちも1升で買っていたのでレマコムを圧迫していたのもあって。詳しくは去年の記事でも見てください。以下、販売店コメントから抜粋。−米の甘味、特有の酸味、そしてかすかな苦味のバランスが絶妙−軽い熟成感の中に煌く複雑な味わいがこの蔵を代表する味わいのひとつと個人的に考えています昨年の篠峯、櫛羅を飲んだ経験から言うと全面 [続きを読む]
  • 天吹 裏生酛 純米吟醸 生原酒 28BY
  • なんかコレ超速で売れてますね。みんな大好き天吹、最近飲んでないけど華やか系では実力ある蔵ですよね。大吟系は特に良いと思います。一世を風靡して最近は少し落ち着いた?花酵母だけど。やっぱり造り手によって上手い下手があって、まあ香り系がダメなら無理にとは言いませんがその辺は感じてほしい。花酵母というと有名なのは東の来福、西の天吹。個人的には来福が合わない(マズいわけじゃなくて、どうも香りがあんまりよく感 [続きを読む]
  • 千代緑 純米大吟醸 SP 無加圧甕口 28BY
  • 僕がガスのあるものが好きなこともありますが。千代緑は美酒ひしめく秋田でもかなり注目の蔵だと思っています。これ、SPとなっていますが限定とかではなくて、そういう名前のお酒なんです。新酵母×無加圧甕口なシリーズで、秋田酵母No,12、MS3、R-5、このSPとあります。去年MS3はやってます。ちょっとラインナップがだいぶとっ散らかってきたtので、そろそろ整理したほうが良いよ。今回はこまち酵母スペシャルという酵母。秋田県 [続きを読む]
  • 古伊万里前 純米吟醸 山田錦 火入れ 28BY
  • 佐賀県の古伊万里前です。今年すごく良い、過去最高だ!という声をそれぞれ違う筋からいくつか聞いていて。近所の酒屋行ったら出遅れてもう生が無かったので火入れを買ってきました。今日のんで美味しかったら追加で他の買います。いやその前に面白そうなスペックのがあったので記事書きながら1本買っちゃいました。まあこれは火入れだし小手調べということでね。リューセックもあるし、AFSもひと口残してるからさ。つか今見たら4 [続きを読む]
  • シャトー・リューセック2005
  • もっと先にやらなきゃいけないような基礎教養的なワインはたくさんあると思うのですが。基本的に甘口が好きで日本酒をやっている人間なので。貴腐ワインの良い物を一度はやってみたいなあと思っていたのでした。貴腐ワインもいろいろあるようで、フランスボルドーのソーテルヌ、ハンガリーのトカイ、ドイツのアウスレーゼなどなど。今回知ったのは貴腐とアイスワインは似てるけど違うのかあということ。これが良かったらそのうちア [続きを読む]
  • 木戸泉 AFS オールドリザーブ
  • ウチのブログでは登場回数多めの木戸泉です。10年来の知人が近所に住んでいて、なんかね。いや味わいも好きなんですよ。初めての人は白玉香から入るといいと思います。個人的には変わり種の古酒に注目していてます。今回はついにAFS、のオールドリザーブ。この深いアンバーな色が素晴らしいですね。梅酒ではないですよ!AFSはこの蔵お得意の高温山廃仕込みの、多酸、強烈な甘酸っぱ系なお酒です。いまでこそそういったお酒も増えま [続きを読む]
  • 高尾、ふたたび
  • 去年登山を始めて、備忘録代わりに記事にしていたのですが。もはや誰もおぼえていないでしょうね。去年の10月に男体山に登って以来、お休みしておりました。冬山やるのはアホでしょ。やってもいいけど死んでもいいって人じゃないとね。低山だってちょっとふらっとして崖から落ちれば死んだっておかしくない。そういうものだと思って行ってますよ自分は。特にソロだしね。栃木で山岳部が雪崩に……って事故がありましたが。そもそも [続きを読む]
  • 黒澤 きもと純米酒 直汲生原酒 Type-7 28BY
  • モウカンさんとこで話題になってたお酒。僕のツイッターのほうでも流している人がいたりして。ほんと皆さんよく見つけてくるね〜。終わりなき新規発掘のたびにいささかお疲れ気味の僕です。この黒澤もまったく知りませんでした。同じ長野の瀧澤(鼎のとこ)と混同しちゃったくらい。美山錦65の生もと、協会7号で直汲み。長野っていうとあんまり山廃・生もとの蔵って多くないイメージで。それこそ美山錦を長野酵母で華やかに、みた [続きを読む]
  • 亀甲花菱 純米吟醸 山田錦 生原酒 28BY
  • 亀甲花菱もずいぶん久しぶりですね。4年ちかくやってませんでした。たぶんあんまり美味しくなかったんでしょうね。見てみると8月に生原酒をやってるのでその辺もあったのかもしれません。中川さんの別誂え、赤ラベルです。いくつか種類がありましたが、久しぶりなので王道の山田錦50を選びました。そういえば最近、とくに新しい銘柄試したいなってのもそんなにないんですが。すっかり忘れていたのが豊明。これはだいぶ前からやろう [続きを読む]
  • 風の森 純米しぼり華 愛山 28BY
  • ワインは知らないことを学ぶ楽しみがあって、少し続けていこうと思いますが。日本酒もちゃんとやりますよ。風の森の愛山です。去年からの新商品だったと記憶しております。去年はうっかりやりそびれてしまいました。寝かせようかなとも思ったのですが、なんとなく気分だったのであけてみます。愛山80ですね。当然無濾過生で、酵母は協会7号系です。まあイマドキ風の森を飲んだことがないなんて日本酒フリークもいないと思うので。 [続きを読む]
  • シャトー・トロタノワ 1999
  • とある百貨店にて、1本5万ボルドー今飲めるやつという条件で出てきたのがこのワインです。正確には5万程度でというつもりだったのですが、5万までととられたのか、税込みで4万ほどのようです。以下うんちくの受け売り。ボルドー右岸、ポムロールの代表的シャトーなんだって。右岸だからメドックの格付けには入ってないんだけど、評価は高いんだよー。それはシャトー・ペトリュスと似てるからなんだって。シャトー・ペトリュスと同 [続きを読む]