日誌係 さん プロフィール

  •  
日誌係さん: 日本酒感想日誌
ハンドル名日誌係 さん
ブログタイトル日本酒感想日誌
ブログURLhttp://osakasj.blog.fc2.com/
サイト紹介文飲んだ日本酒の備忘録。どっちかというと生のお酒が好き。おりがらみ、直汲み、熟成酒などが多めかな?
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供219回 / 365日(平均4.2回/週) - 参加 2012/05/24 21:46

日誌係 さんのブログ記事

  • 米鶴 純米吟醸 超しぼりたて28BY
  • 先日から一部で話題の米鶴。元からシッカリしたお蔵元ですが、一喜に在籍していた矢崎杜氏か移籍して2造り目かな?3年目くらいにチェックしようともってたんっだけど、思ったよりも早く来たね。ただ、矢崎杜氏のお酒はある程度わかっているので。(参照:矢崎杜氏、おそらく一喜最後の作品、某酒店から惜別のメッセージが肩張りに)盛り上がった時もスルーしていたんだけけれど。たまたまツイッター見てたら、このお酒のことが流れ [続きを読む]
  • 月不見の池 一石亀口SP たかね錦 28BY
  • お気に入りのツキミズ。冬季限定商品、一石亀口のSPです。五百万石ver.もあるようですが、これはたかね錦ver.。磨き55でアル添なので特別本醸造規格か、酵母はG9。中取り、直汲み、おりがらみだそうで、瓶底には雪のように綺麗におりが積もっています。brut type、という情報が入っていたので、3か月ほど氷温で寝かせました。おりの量はちょうどいいくらい。うすにごりってほど少なくもないし、どろっとするほど多くもなく。撹拌し [続きを読む]
  • 澤屋まつもと 守破離 秋津山田錦 西戸1561-2
  • どうもテンション上がるお酒がなかなか無いんですよねえ。コレ外れたら大人しくしばらく休みます。いっそ秘蔵のゆきの美人1999でもあけて引退します。先日やったShuhari2014の上位版。前回のは東条産特上山田錦2014でしたが。これは東条秋津の西戸1561番地2号の畑でとれた山田錦のみを使用。一部では偉大なヴィンテージとの声も上がっている2014年産、26BYでそれは前回のものと同じです。酒屋からの案内では3年熟成となっていまし [続きを読む]
  • 花巴 水もと 純米 直汲みにごり 26BY
  • あんまりね、真剣に飲むテンションじゃないので。昨年末に拾ってきたデッドストックをネタ的に。去年やって好印象だったのは花巴水もとの木おけver.でした。今年は水もと×水もとな貴醸酒も出てましたね。これは直汲みにごりver.の26BYです。つまり2年熟成。穴あき栓になっていますが買ってきて以降この3か月か4か月はセロテープでふさいでいます。たぶんさほど効果はないと思われますが。しかしどうなってるんでしょうね。とても [続きを読む]
  • 残草蓬莱 純米吟醸 Queeen 槽場直詰生原酒 28BY
  • 今年2本目の残草蓬莱です。前回は緑ラベルのにごりでしたが、非常に良かったですね。もう1本、去年の純大を寝かせているので、それもそのうちやる予定です。そういえばつい先日こだまさんのブログ経由で知ってびっくりしたのは、杜氏の菊池譲氏が移籍したんですってね。ここは蔵元の大矢さんも一緒に造っていたので、大きな問題はないと思うのですが。それにしても菊池杜氏の移籍先が、協会10号発祥の明利酒類ってのが面白い。残草 [続きを読む]
  • 七水 純米吟醸55 上槽初日限定直汲み 28BY
  • 去年ブログ仲間がご紹介していて、飲んでみたところ非常に好印象だった七水。直汲みとかないかな〜なんて言っていたら、そのものズバリな商品が。全然チェックしてなかったんですが、読者さんにコメントでお知らせいただいたのであわてて購入。みなさんありがとうございました。スペックとしては前回のものと同じ、雄町55の純吟です。前回ちょっと熟しぎみだったので新酒はどうでしょうか。せっかく上槽初日限定となっているので、 [続きを読む]
  • 外飲み:櫛羅(大阪、裏なんば・千日前)
  • 用事があって大阪いってきましてね、せっかくなのでお店で飲んできました。裏なんばという、難波駅の北あたりのエリアが、いま大阪で熱いらしくて。最近は女の子向けの雑誌なんかでも特集されたりしてるんだって。こじゃれた洋食の店も多いんですが、日本酒は日本酒バースタイル、というか立ち飲み系が多いみたいです。いくつかハシゴしようとおもったんだけど、ハシゴ酒が嫌いでね。どうもめんどくさくなって1件目で腰をおちつけ [続きを読む]
  • 豊久仁 純米大吟醸 吊るし 本生 28BY
  • 福島の豊圀(豊久仁)です。蔵についてはやや紛らわしいところがあるので、前回の記事を見ていただければ。純米のおりだったと思いますが、夏だったかな、秋口だったかな。程よい味のりと五味のバランス、質感のよさで印象に残っています。大きい蔵でもないし有名な蔵でもないんですが、9年連続金賞だそうです。五百万石50の純大です。3パターン、荒走り、中取り、そしてこの吊るしとありました。吊るしは蔵出し50本の限定だそうで [続きを読む]
  • 悦凱陣 純米吟醸 赤磐雄町50 無濾過生 26BY
  • 久々に悦凱陣でございます。家でやるのは3年ぶりだそうで。実は昨年末にちょこっと香川県に行きまして。金刀比羅宮に登ってきたのですが、その際にちらっと蔵元を覗いてきました。別に見学してきたわけでもなく、本当に前を通っただけなんですけどね。せっかくなんで末尾に画像を乗っけておきました。今回は雄町50の純吟を選んでおります。26BYで2年熟成、蔵出しが1年前となっています。購入店は熟成酒にも理解があり、しっかりし [続きを読む]
  • 長陽福娘 純米吟醸 直汲み生 吟醸酵母 山田錦 28BY
  • 大変申し訳ない話ですが、今期はちゃんと全部飲み切るということにはこだわってません。特に1升瓶がたまってくると、なかなかね。3日で1升のみ切れるくらい進むお酒なら飲み切ってます。それに至らないのであれば残します。で昨日若波をあけたばっかりですが、次いきます。若波は美味しかったんで今日もちゃんと飲みますけどね。予告通り、長陽福娘の純吟山田の直汲み。山口9E酵母じゃなくて、吟醸酵母verのほう。長陽は年初から、 [続きを読む]
  • 若波 純米酒 生酒 28BY
  • 九州シリーズ(提供:うらの酒店)、最後です。久々の若波。あまり生を出さない蔵ですが、生が良いという話を酒屋からもちらほら聞いていたところ。コメントでもおすすめ頂いて、ちょうどよい機会でしたので。純吟の方もあって、普通であればそっちなんですが、コメントいただいたのがこっちだったのであえて。磨き65の純米となると自分ではあまり手を出さないスペックなので、ありがたい話ではあります。お米は福岡の寿限無なんだ [続きを読む]
  • ほしいずみ 純米 澱がらみ 28BY
  • 今年もね、このお酒はやっとかなきゃいかんでしょう。ほしいずみです。地元向けの定番っぽい火入れは軒並みスルーして、流行りっぽいのは一通り網羅しました。意外とつかみどころのないお酒ですが、このお酒は去年素晴らしかったので今年も期待です。日本酒ブログ仲間(?)のまるめち氏もいい点つけてるので、間違いないハズです。1升と4合の違いはあるんですが、去年のものと比べ少しおりが多めですね。スペックは同じですが、数 [続きを読む]
  • ラフロイグ16年 200周年記念ボトル
  • 実は僕はあまり長い時間飲んでいられるタイプではありません。なので休日だとか、あるいは正月なんかでも1日飲むということはまずないのですが。あまりにヒマなので今日は行けたらダブルヘッダー行ってみようかな。というわけで2017春ウイスキーシリーズ後編。選んだのはアイラの王さまラフロイグ。バイセンテナリー(bicentenary:200周年)を記念してリリースされたいくつかのボトルの中から免税店向け16年。いいですね、エステ [続きを読む]
  • 寒北斗 辛口純米酒 shi-bi-en 冬 無濾過生原酒 28BY
  • 少し間が空きましたが、西の関、福田に続く九州シリーズです。うらの酒店さんを通販で利用したので。これメインではなかったんですが、ちょうどコメント欄からおススメされましてね。僕はあまり知らなくて、去年出した30 VISION CULTIVATEで知ったくらいなんですが。雄町サミットかなんかで優等賞にはいったのかな?地元ではかなりの定番銘柄のようです。今回はshi-bi-enというシリーズからこの時期に出た生原酒。“辛口”純米酒と [続きを読む]
  • ティーリング ザ・リバイバル13年 カルヴァドスカスクフィニッシュ
  • ぶっちゃけ美味しくなかった十四代を早々にぶんなげ、レマコムにいっぱいの日本酒も無視してウイスキー。ティーリングでなんでヴィンテージリザーブじゃなくてこれなんだよバカ!!と自分でも思うけど、高いんだもの。日本酒がある以上、ウイスキー飲むのってせいぜい月イチ。半年たっても飲み切れないし、そのころには違うの欲しくなるから、買うのに勇気がいるのよ。前にやったニッカのブレンダーズスピリットもまだ8割のこって [続きを読む]
  • 十四代 角新大吟醸 本生 28BY
  • no.690かな?だいぶコンディションあがってきました、俺のね。抜歯後も気にならなくなってきた。昨日休肝して体調もバッチリ、今日からは通常営業で行けるはずです。たまりにたまっているのでペースを上げて、時にはバッサリ斬りすてつつ参りましょう。十四代の角新大吟です。コイツ何を突然いまさら十四代はじめんたんだ、と思われてる方もいるかもしれません。まあ1年くらいはいいでしょう、集中講義で再確認、ということで。而 [続きを読む]
  • 菊鷹 雄飛 純米吟醸 おりがらみ 28BY
  • 菊鷹です。ここまで4本やって、2勝1負1引き分けというところでしょうか。山廃純吟静岡酵母>若水純米>山廃純米8号>山廃純吟熊本酵母、の順です。詳しくはタグ使って昔の記事見てください。26BY の雄飛(静岡酵母)が好きだったんですが、コロコロ変える造り手なんですよ。去年は山廃純吟は9号と熊本酵母の発売で、静岡酵母はなくなってしまいました。でこれまで純吟は山廃でだしてたのを、今回雄飛を速醸にしました。ニューアイ [続きを読む]
  • 東洋美人 地帆具 大吟醸 槽垂れ 28BY
  • これそろそろ飲まないとマズいね、もう2月も終わりだし。まだ去年のIPPO愛山もあるのになに買ってんだよ問題。東洋美人です。東洋美人はブログでは案外やってないなあ。外では散々飲んでいるんだけどね、それこそベスト3に入るくらい。去年かな、お店でやったIPPOの槽垂れ、直汲みのほうだったかおりのほうだったか忘れたけど、が抜群の出来で。それを今年は買おうかと思っていたけど、それもつまらないので同じ槽垂れのこれを。地 [続きを読む]
  • 福田 純米吟醸 無ろ過生原酒 28BY
  • 福田、長崎の新勢力?です。長崎も結構酒蔵あるんですね。壱岐の焼酎蔵の横山五十はやったし、あとやっときたいのは六十餘洲くらいかな。古くから貿易港として栄えた平戸のお酒。歴史は古く元禄元年(西暦1688)創業。福田は21BYからの新ブランドで、蔵元さまの息子兄弟が中心となって作っているとか。お兄さんは農大卒、もはやお決まりのパターンですね。麹山田錦、掛レイホウで磨き55。純吟無濾過生です。香りは控えめかな。ほん [続きを読む]
  • 西の関 First Flower 限定直汲 中汲み 特別純米生原酒 28BY
  • 16日に親知らずを抜いたんですが、これが難儀してましてね。もう6日もたつのにまだジンジン痛いし、まだちょっと腫れてるし。ご飯も食べにくいのですが、さすがにそろそろお酒を飲んでいかないと在庫がね。前日から飲んでないのでもうまるまる1週間飲んでいないし。調べてみるとこんなに飲んでいないのは、1年半前に扁桃炎になって以来。しかしそれ以来風邪ひいてないんですね〜体がそんなに強くなくて毎年一回くらいは寝込むので [続きを読む]
  • 根知男山 プレミアム雪見酒 純米吟醸生 28BY
  • 今年は、ほんとにここ数年で良かったお酒をきっちり再確認していこうかなと。で、26BYかな、良かった根知男山のプレミアム雪見酒です。基本的に静かな旨口で、それも熟成をやる蔵ですが。これは例外的にジューシーな味わいの商品です。2年前はそのギャップと質感にやられましたが今年はどうでしょうか。根知谷産五百万石一等米55、無濾過生です。含むとふわっと軽く、またサラッとしたタッチ。すべすべ美肌に、スイートな甘みがあ [続きを読む]
  • 三連星 純米 直汲み 28BY
  • no.684あーやっとできましたねこのお酒。本来であれば何年もまえにやるべきでした。お世話になってるうえも酒店さんで、むかしかなり大規模なブラインド試飲会をやっていたんですよ。参加者が点数つけて、それをきちんと集計して発表までするという。何回か参加しました。その中で他の人が良い点つけるけど、自分はイマイチだったのがくどき上手。逆に、自分は結構いい点つけて、他の人よりも評価高いかな?と思っていたのが三連星 [続きを読む]
  • 町田酒造 ましだやコレクション 28BY
  • 全く本編と関係ないんだけど、今月発売のdancyuみたよ。相変わらずクソの役にも立たないセンスない特集だったな。だいたい巻頭記事が『日本酒を相撲にたとえたら。』ってもう意味がわかんねーよ。。いったいどの層を想定しているのか、何がしたいのか、ばっかじゃないのかね。挙がってる銘柄も記事内容も全く持ってセンスなかった。でも世の中上には上がいて、年末にでてたサライの日本酒特集はまさにキングオブうんこ。『筋の通っ [続きを読む]
  • 松の司 純米吟醸 あらばしり 28BY
  • no.682なんかピントが合ってないな。でも良いじゃないですか銀の袋、遮光的な意味でも実利あるし。何回も言ってるけど、馬鹿の一つ覚えみたくカラフルな箔押ししてる蔵より全然いい。袋を取ってもちょっとアースカラーっぽいような配色に“生”の緑の文字がいいじゃないですか。センスのいい蔵ですよね。えー前置きが長くなりました。昨年末にブラックアゾラを飲んで素晴らしく良かった松の司です。基本的には寝かせの蔵なので、こ [続きを読む]
  • 十四代 純米吟醸 槽垂れ おりからみ28BY
  • no.68130になったことですし(全く関係ないけど)、ここらで十四代の復習でも。前も言いましたが、十四代は基本お店飲み。双虹龍月とか七垂二十貫なんかのほうが飲んだこと多くて。ミドルクラスをあまり飲んだ頃が無いんですよね。で新酒の時期ってことで、基本は火入れの多い蔵元ですが、生の酒を2本手配しております。今回の槽垂れおりと、角新大吟の2本です。まずは槽垂れのおりからみ。おりがらみじゃなくて、おりからみなのは [続きを読む]