SHINGO さん プロフィール

  •  
SHINGOさん: 心景色
ハンドル名SHINGO さん
ブログタイトル心景色
ブログURLhttp://ameblo.jp/maryou-2
サイト紹介文自分の過去に学んだ 感じた事等をつづっています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供112回 / 365日(平均2.1回/週) - 参加 2012/05/31 12:50

SHINGO さんのブログ記事

  • こまめに水分補給を
  • 連日、猛暑が続いていますね。 残念ながら熱中症により亡くなられた方もいるようです。 日中、汗をかいている時は自分でも気がつきますけど 寝ている間でも体内の水分は減少するもの。 こまめに水を飲むことを忘れないようにしたいですね。 本日、東京は比較的涼しいので助かりますが 暑いのが苦手な私は一日も早く秋が訪れてほしい。 [続きを読む]
  • ハレクラニホテル
  • 私は過去に3回、ハワイに行ったことがある。1番最初に宿泊したのがハワイアンモナークホテル、2回目がホリデーイン、そして今から9年前の夏、3回目がこのハレクラニホテル。やはりハレクラニが最高に高級感があり素敵でしたね。着いた初日に食べたビュッフェの味は忘れられません。旅行に行った時の思い出、その良し悪しというのは泊まったホテル(宿)の影響も大きいのではないかと感じております。 [続きを読む]
  • 心が傷つきそうな時は
  • 突然、目の前に暴漢が現れ殴りつけられるという事態にもしも遭遇したら‥ 私ならいきなりの展開に顔にキズを負ってしまうだろう。 ところがもし仮に私がボクサーであったなら 暴漢のパンチを軽くかわし、顔にキズを負わずに済むかもしれない。 それは何故かというと普段、そういう練習をしていたから。 ここでたとえ話ではあるが 目の前に自分の苦手な人が現れ普段、気にしている欠点を言われたとしたら‥ 当然のように心にキズ [続きを読む]
  • 懐かしの月島へ
  • 昨日の夕方、 親しくさせて頂いているNさんと本当に久しぶりなHさんに会うため、 もんじゃ焼きで有名な月島まで足を運ぶ。 実は、月島という所は 私が10年前に退社した広告代理店Sの本社があった場所。 当時のSは自社ビル(写真)でした。 現在は人手に渡っておりますが建物の中は変わっておらず妙に懐かしかったですね。 [続きを読む]
  • 根強い生存説
  • ジェームス・ディーン、マリリン・モンロー、ブルース・リー、マイケル・ジャクソン等若くしてその生涯を終えた多くのスーパースター‥その中でもエルヴィス・プレスリーは彼らと一つだけ異なる点があった。それは死後から現在に至るまでエルヴィスの生存説があるところ。いわゆる目撃情報‥映画「ダイハード2」でもこの噂がセリフとして使われており、かつてはその信憑性のある具体的な証拠が認められた場合は賞金を出すという [続きを読む]
  • 座頭市を訪ねた若者
  • 日本の代表的俳優である勝新太郎さんが亡くなられてから 今年で20年になるのですね。 ある年、香港の映画会社から勝プロダクションに対して まだ無名の若者を売り出したく日本での配給協力の依頼があった。 その若者は座頭市の大ファンであり、 面接と日本刀を購入する目的で生涯一度きりの来日を果たした。 勝さんと向かいあった時、 若者は椅子に座る事もなく直立不動のままだったという。 勝新「おい、名前は何という?」 [続きを読む]
  • 桁違いなプロの実力2
  • 私の知人Fさんにはまだ強い選手ではないが プロのライセンスを所得したボクサーの友人がいた。 ある日、Fさんが友人に呼ばれ誰もいないジムへ行くとリングに上がるよう指示された。 「もしも、3分以内に俺の体に 触れられたらランチをおごってやるよ」 それぐらい出来るだろうといざスタートをしてみると‥ 見事なフットワークに翻弄され指一本触れることなくゲームセット。 Fさんはわずか1分も持たずプロの実力を思い知った [続きを読む]
  • 時の流れを味方に
  • 母親は小さな子供たちを残し天国へと旅立ってしまった。どれ程、無念だったろう‥一人になった父親は自分の肩にかかるであろう今後の重圧を考えると想像を絶するくらい孤独になってしまう。そして何より将来に渡り与えられるはずであった母親からの深い愛情を失ってしまった子供たちの気持ち。どれ程、寂しいことだろう‥大声を上げて泣きたい気持ちにもなるでしょう。ただ、今はあまり深くは苦しみを乗り越えようと考えずに時間 [続きを読む]
  • 銀座博品館劇場へ
  • 昨日、私が前にいた会社の先輩Tさんと銀座博品館劇場まで足を運び、 14時の回に開演する「TAP THE BEST SHOW」を観た。 久しぶりのエンターテインメントショー。 ダンサーとして出演したのが私の友人であるT・Mさん。 他の舞台で魅せる踊りとはまた異なった魅力と感動を与えてくれた。 さすがに本職は違うなぁ‥ 映画版の監督を務めた水谷豊さんの登場もあり、 正に夢のような時間であったと同時に 人間であれば普段 [続きを読む]
  • 小林麻耶さんの役割
  • 小林麻央さんが闘病生活の末、 非常に残念ながら その短い生涯を閉じられました。 海老蔵さんはもちろんのこと、5歳と4歳の子供たちの今の心境を考えると言葉もありません。 私はあまり歌舞伎の世界を詳しくは知らないので 成田屋さんの伝統から見た海老蔵さんの再婚の必要性とかは全く分からないのですが‥ 二人の子供たちの今後の精神的ケアの部分では 麻央さんの実姉である小林麻耶さん。 彼女が可能な限り二人 [続きを読む]
  • Peaceful Easy Feeling
  • 1970年代の半ば、日本ではアメリカ西海岸のブームが起こりました。若者向けの雑誌である「ポパイ」が創刊され、UCLAのTシャツも大流行する。音楽業界も例外ではなくウエストコーストロックというジャンルが確立されました。その代表的グループはやはりイーグルスであろう。西海岸の風を感じさせてくれるこの曲が私は大好きです。 [続きを読む]
  • キリンワールドバスケットボール
  • ずっと昔、若かりし頃‥ 私のいた広告代理店が仕切ったスポーツイベントです。 当時の私は セールスプロモーション部にいた。 内容はアメリカの大学チームを招聘し日本との国際親善試合を行うというもの。 大会が始まる一週間前にPRを兼ね アーカンソー大学・チアリーダーの女の子5人を先に来日させて 日本初の「チアリーダーコンテスト」を池袋西武の屋上で開催する。 日本のダンス部にいる多数の女子高生が参加し, [続きを読む]
  • 絶対に聞いてはいけない疑問
  • スポーツ新聞社に勤める Nさんがプロレス担当になった日、 今後の試合に関して行われる記者発表に出席するため アントニオ猪木さんのいる会社へと向かう。 そこで話の内容を聞いていたNさんは疑問点を質問した。 「シリーズを隔て、チャンピオンである 猪木さんの防衛戦が2回予定されていますが もし最 [続きを読む]
  • 初めての失敗
  • ずい分と昔になるけど社会人1年生になったその日、 上司宛の外線を受けた私は電話保留音を押し、 「○○さん、何番ですか?」と叫んだ。 しかしその後、別の上司からはその事でお叱りをうけてしまう。 「○○さんの内線番号を 君が自分で確認し、 ○○さんへ転送しなければダメだよ」 これは私が社会人として初めて経験したミスである。 今の時代、外部の取引先とも携帯電話で [続きを読む]
  • ハッピーバースデー、マリリン
  • マリリン・モンローがもし生きていたならば‥今日が91歳の誕生日です。不幸な環境で育ち愛情ある家庭に憧れていた半面、皆の注目をあびていないと満足が出来ない性格のようでした。子供時代、自分の父親は男優クラーク・ゲーブルだと本気で信じていたという説もある。もしかするとショービジネスの世界以外では生きられなかったかもしれませんね。そんな‥運命を感じます。そして亡くなられてから半世紀以上が経過しても彼女の [続きを読む]
  • よだかの星
  • 今月2日に紹介した本「銀河鉄道の夜」の中に 「よだかの星」という 短編小説があります。 よだかは心優しい鳥ですがとても醜いがために他の鳥からはイジメられています。 ある日、鷹から「つかみ殺してやる」と脅されたことがキッカケでよだかはある一大決心をする。 弟に最後の別れを告げた後に夜空を飛び、お星さま達に向かって 「あなたの星に行かせて下さい」とお願いし続けたの [続きを読む]
  • 砂に消えた涙
  • 昔、テレビ東京で「おはようスタジオ」という朝の帯番組がありました。私が広告代理店に入社した頃、生CMの収録で放送局に行くと元アイドル歌手で現在は介護士でもある北原佐和子さんがこの曲(日本語バージョン)を歌っていました。この女性の失恋ソングを初めて聴いた私はいい意味でショックを感じた。多くの歌手がカバーしてきたのも分かる気がしますね。 [続きを読む]
  • 悲しみの中での気づき
  • 人生の中で直面する一番悲しい出来事は何だろう。 会社をリストラされた、 愛する人からフラれる、 信用している人に裏切られた、 後、自業自得ではあるが刑務所に入れられてしまった、等 色々とありますよね。 私はやはり‥ 愛する家族の死ではないかと考えます。 今、その事に直面していなくとも将来のそれを思い描いた時、 皆が感じるであろうその悲し [続きを読む]
  • いじめの問題点
  • 思春期は悩みを多く抱える年頃。 残念ながらいじめによる少年少女の自殺報道を目の当たりにすることが多いです。 「担任の先生は何をしていたのか」という批判が必ず出るが、 教師だって完璧な人間ではなく本音では生徒の好き嫌いもあるだろう。 それに何よりもまずはいじめる子を持つ親の家庭教育の問題でしょう。 「いじめられる側にも原因がある」 [続きを読む]
  • TAP THE BEST SHOW
  • 私の友人であり 踊りの先生でもあるT・Mさんが 6月26日(月)から 6月28日(水)まで 銀座博品館劇場で開演する「TAP THE BEST SHOW」にダンサーとして出演いたします。 この舞台はタップダンスを取り入れたエンターテインメントショー。 あの水谷豊さんもゲスト出演す [続きを読む]
  • 道端に落ちている小銭を拾え
  • もしも道端に札束が落ちていたら交番に届けなくてはならない。 ところがほんの小銭が落ちていた場合はどうか‥ 批判を恐れずに言えばそれはいただいてもよいのではないか? ただし、その小銭を必ず使用するという条件がある。 何かを買うなり募金箱に入れるなりする。 そうすれば日本の経済、 社会福 [続きを読む]