いっちゃん さん プロフィール

  •  
いっちゃんさん: 今日の言葉♪愛と希望−私の信仰告白
ハンドル名いっちゃん さん
ブログタイトル今日の言葉♪愛と希望−私の信仰告白
ブログURLhttp://jesus195876.blog.so-net.ne.jp
サイト紹介文キリスト教カトリックのクリスチャンです。 自戒を込めて続けていきたいと思います。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供780回 / 365日(平均15.0回/週) - 参加 2012/05/31 14:14

いっちゃん さんのブログ記事

  • 『明治の東海道を歩いた宣教師 テストヴィド神父書簡集』のご紹介!
  • 今日は、「明治の東海道を歩いた宣教師 テストヴィド神父書簡集」のご紹介です。江戸時代から続いたキリシタン禁令の高札が撤去された1873年(明治6年)、長崎の大浦天主堂にいた“信徒発見”で有名になったプティジャン司教(神父様)は、すぐにパリ外国宣教会の香港事務所の責任者であったオズーフ神父様に、「すぐに司祭15名と資金を送ってほしい!」と電報を打ちました。この要望に応えて送られた司祭たちの1人がテストヴィド [続きを読む]
  • 教会日記2017.8.21(カトリック初台教会「平日のミサ」月曜日)
  • 教会日記2017.8.21(カトリック初台教会「平日のミサ」月曜日)今日は、カトリック初台教会の6時30分からの平日のミサに与ってきました。先週18日(金)以来6回目の訪問となりました。初台教会の詳細は、「カトリック初台教会「平日のミサ」金曜日2017.8.18」をご覧ください。ミサでは、ご聖体を拝領させていただいたことを主(神様)に感謝申し上げ、「主に救いを求める人々に、主の平安をお与えください。貧困にあえぐ人々に、主 [続きを読む]
  • 新約聖書:ヨハネによる福音書・第2章・第1〜第11節
  • 「三日目に、ガリラヤのカナで婚礼があって、イエスの母がそこにいた。イエスも、その弟子たちも婚礼に招かれた。ぶどう酒が足りなくなったので、母がイエスに、「ぶどう酒がなくなりました」と言った。イエスは母に言われた。「婦人よ、わたしとどんなかかわりがあるのです。わたしの時はまだ来ていません。」しかし、母は召し使いたちに、「この人が何か言いつけたら、そのとおりにしてください」と言った。そこには、ユダヤ人が [続きを読む]
  • 今日の日記2017.8.21(今日のランチ)
  • 今日は、豪徳寺の行きつけのイタリアンNo.1のお店でランチです。ポークスペアリブ・ベローナ風+フランスパン2切れ+サラダ+コンソメスープ+グレープフルーツジュースで930円也!このランチはお得感ありです!美味しかった〜!今日は、昨夜のうちに今朝掲載アップするブログ記事を準備できなかったため、今から電車の中で作成します!がんばろ。 [続きを読む]
  • 今日の日記2017.8.20(新神戸駅と清流)
  • 姫路市文化センターでの関西吹奏楽コンクールの視察の帰り、JR新神戸駅で新幹線に乗り換えたのですが、電車を待つ間、なにげなくホームの窓から外を見たら、清流で遊ぶ子ども達が見えました。ものすごく透明で綺麗な水でした。浅いものですから子ども達には丁度いいですね。涼しそうでした!なぜ新幹線の駅の裏に………滝もあるらしい! [続きを読む]
  • 吹奏楽日記2017.8.20(関西吹奏楽コンクール大学の部視察)
  • 「第67回関西吹奏楽コンクール大学の部」8月20日(日)10時から兵庫県:姫路市文化センター大ホール昨日から関西入りし、第67関西吹奏楽コンクール大学の部の視察に来ました。もう5年連続の視察となります。東京と同様にレベルの高い素晴らしい演奏を披露してくれました。さすがは関西の大学吹奏楽です。成績は次のとおりです………あぁ!姫路城の写真撮るの忘れた〜!〈大学の部〉1 龍谷大学吹奏楽部京都府代表金賞2 神戸学院大 [続きを読む]
  • 教会日記2017.8.20(カトリック夙川教会「主日のミサ」日曜日)
  • 今日は、カトリック夙川教会の7時からの主日のミサに与りました。この夙川教会は、私が所属する町田教会で、教会の運営委員としてご一緒させていただいている、とても清楚で美しいご婦人が所属されていた教会(お隣の芦屋教会にも所属)なのです。また、町田教会に所属していた作家の故遠藤周作氏は、少年時代にこの夙川教会のミサに与っていたそうです。今日はミサに与りながら、遠藤周作少年に想いを馳せました。現在は、梅原彰 [続きを読む]
  • 聖マザー・テレサのことば(第4日目)
  • 「主祷文(主の祈り)を祈り、その祈りをそのまま生きようとする時、私たちは聖性への道に導かれるのです。主祷文(主の祈り)の中には、すべてが入っています。神に対する道、自分に対する道、そして隣人に対する道」聖マザー・テレサの詳細は、「マザー・テレサのことば 2016.8.30」をご覧ください。「主の祈り」は、キリスト教で一番大切な最も重要なお祈りですが、このマザーのお言葉で、毎日お祈りしている割には、あまり考 [続きを読む]
  • 教会日記2017.8.19(カトリック尼崎教会「主日のミサ」土曜日)
  • 今日は、兵庫県尼崎市にあるカトリック尼崎教会でして日のミサに与りました。主任司祭は、聖ザベリオ宣教会のジョヴァンニ・デリア神父様です。ミサでは、ご聖体を拝領させていただいたことを主(神様)に感謝申し上げ、「主に救いを求める人々に、主の平安をお与えください。貧困にあえぐ人々に、主の恵みをお与えください。病に苦しむ人々に、主の癒やしをお与えください。」とお祈りしてきました。明日は早起きして、カトリック [続きを読む]
  • 吹奏楽日記2017.8.19(関西入り!)
  • 今、新横浜駅から東海道新幹線に乗りました。新大阪駅に向かいます。明日、兵庫県の姫路市文化センター大ホールにおいて開催される関西吹奏楽コンクール大学の部を視察するため、前日の今日のうちに関西入りします。今夜は尼崎市にあるカトリック尼崎教会での18時30分からの主日のミサに与り、終わって大阪市に戻って宿泊ホテルで関西学生吹奏楽連盟のS理事長と東京都大学吹奏楽連盟の理事長を務める私との東西理事長によるトップ [続きを読む]
  • 聖マザー・テレサのことば(第3日目)
  • 「毎日、聖体拝領をする時、私は聖体の中にいますイエスに、二つの気持ちをお伝えします。一つは、今日まで私を護ってくださったことへの感謝のですね気持ち。もう一つはお願い。祈ることを教えてください。」聖マザー・テレサの詳細は、「マザー・テレサのことば 2016.8.30」をご覧ください。私は、ご聖体拝領の感謝は申し上げておりましたが、「祈ることを教えてください。」とはお願いしていませんでした。私も「お祈りするこ [続きを読む]
  • 教会日記2017.8.18(カトリック初台教会「平日のミサ」金曜日)
  • 今日は、カトリック初台教会の10時30分からの平日のミサに与ってきました。2016年12月10日以来、5回目の訪問となりました。初台教会のパンフレットには、「カトリック聖アルフォンソ初台教会」となっています。聖アルフォンソは、レデンプトール会の創立者です。1948年に、カナダからレデンプトール修道会の3人の司祭が来日し、1951年に初台にあった戦火から焼け残った蔵を修道院兼教会として設立したことに始まります。教会の敷地 [続きを読む]
  • ロザリオのお話し(その22)
  • 今日ご紹介するロザリオは、韓国製の木製ミニ・ロザリオです。十字架ににハングルが書かれていますが、「第44回国際(世界)聖体大会」と書いてあります。これは、1989年に、当時の教皇ヨハネ・パウロⅡ世が主宰して、韓国のソウルで開催された国際(世界)聖体大会を記念して作られたミニ・ロザリオですね。珠が大きいので、ロザリオの祈りを唱えている時の、珠を手繰る(たぐる)感触が何ともいえません(笑)。【手繰る】糸・綱 [続きを読む]
  • 教会日記2017.8.17(カトリック八王子教会「平日のミサ」木曜日)
  • 今日は、カトリック八王子教会の7時からの平日のミサに与ってきました。ミサでは、ご聖体を拝領させていただいたことを主(神様)に感謝申し上げ、「主に救いを求める人々に、主の平安をお与えください。貧困にあえぐ人々に、主の恵みをお与えください。病に苦しむ人々に、主の癒やしをお与えください。」とお祈りしてきました。6時20分です。誰もいないお御堂です。ロザリオの祈りをしました。ミサは7時からです。また、15日(火 [続きを読む]
  • 聖マザー・テレサのことば(第2日目)
  • 「救われるためにどうしたらよいでしょうと尋ねる人があったら、私の答えは神様を愛することです。そして、何よりもまず祈ること。」聖マザー・テレサの詳細は、「マザー・テレサのことば 2016.8.30」をご覧ください。マザーのお言葉のとおりです。やはり主(神様)を心から愛して祈ることですね。説明はいりません。この言葉は、クリスチャン共通の言葉です。 [続きを読む]
  • 聖マザー・テレサのことば(第1日目)
  • 「生活の中にいろいろなことが入りこむので祈れない、という言い訳をする人たちがいます。そんなことはあり得ません。祈るために、仕事を中断する必要はないのです。仕事を祈りであるかのようにし続ければよいのです。黙想をいつもしている必要もなければ、神と語っていることを意識することも必要ありません。どれほどそれが素晴らしい体験であるにせよ、大切なのは、神と共にあり、神と共に生き、神のみこころを自分のものとして [続きを読む]
  • 「聖務日課」のお話し
  • カトリック中央協議会出版の『教会の祈り 新しい聖務日課』です。聖務日課(せいむにっか)とは、カトリック教会で用いられる祈祷(祈祷書)のことです。「第2バチカン公会議」までは全世界でラテン語で唱えられており、聖職者(司祭等)や修道者などが用いるものという位置づけでしたが、典礼改革によってすべての信徒のための祈りとするように改められ、各国語に翻訳されて用いられています。日本では『教会の祈り 新しい聖務 [続きを読む]
  • 教会日記2017.8.14(カトリック小金井教会「平日のミサ」月曜日)
  • 今朝は、カトリック小金井教会の6時30分からの平日のミサに与ってきました。昨年の8月12日以来、約1年ぶり2回目の訪問となります。JR武蔵小金井駅北口から徒歩約15分のところにあります。これで7日連続ミサに与ってご聖体拝領をしたことになります。8月に入って9回目のミサ(ご聖体拝領)となりました。カトリック小金井教会です。聖堂への玄関です。小金井教会は、福音史家聖ヨハネ布教修道会(女子修道会)の敷地内にあって、社 [続きを読む]
  • 旧約聖書:詩編・第38編
  • 「主よ、立腹してわたしを責めないでください。憤ってわたしを懲らしめないでください。まことにあなたの矢がいくつもわたしに突き刺さり、あなたの御手がわたしの上にのしかかり、あなたの逆鱗に触れて、わたしの肉にはまともなところがなく、わたしの罪のゆえに、わたしの骨には健やかなところがありません。まことにわたしの数々の罪悪は、わたしの頭を越え、荷物のように重くて重くて耐え切れません。わたしのいくつもの傷は、 [続きを読む]