いっちゃん さん プロフィール

  •  
いっちゃんさん: 今日の言葉♪愛と希望−私の信仰告白
ハンドル名いっちゃん さん
ブログタイトル今日の言葉♪愛と希望−私の信仰告白
ブログURLhttp://jesus195876.blog.so-net.ne.jp
サイト紹介文キリスト教カトリックのクリスチャンです。 自戒を込めて続けていきたいと思います。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供753回 / 365日(平均14.4回/週) - 参加 2012/05/31 14:14

いっちゃん さんのブログ記事

  • 旧約聖書:箴言・第10章〜第18章から
  • 先日、復興大臣(国務大臣)が辞任しました。マスコミの書いているとおり“おバカ発言”としか言いようがないですね。なぜ、東日本大震災(原発等)で苦しんでいる人達のことを思い遣ることができないのか?一国の大臣がこれでは………誠に残念です。「箴言(しんげん)」は、旧約聖書の中の一書で、紀元前5世紀以前からの“格言集”です。道徳上の格言や実践的教訓を主な内容とし、英知による格言・金言・勧告が集められたもので [続きを読む]
  • 教会日記2017.4.30(カトリック町田教会「主日のミサ」)
  • 今日は、カトリック町田教会で10時30分からの主日のミサに与りました。教会広報紙(機関紙)の編集担当者から依頼されていた各委員会の原稿の整理や確認、あと1/3は督促(怒)!などのため、9時過ぎには教会の司祭(神父)執務室に入りました。今日はミサの終わる前に、新しく着任された林正人神父様に全信徒から歓迎の気持ちを込めて黄色いバラの花束を贈りました。花束を手渡したのは、とってもかわゆい小さな女の子でした!ちな [続きを読む]
  • ベーコンのことば(第4日目)
  • 「過ぎ去ったものは、もはや再び帰らない。賢者は現在と未来について考えるだけで手一杯であるから、過ぎ去った事柄をくよくよ考えている暇がない。」フランシス・ベーコンのことは、「ベーコンのことば(クリスチャン)」2017.4.25をご覧ください。過去に拘ってくよくよしているようでは最高の仕事はできません。ただし、過去の反省をしてその経験を活かすことは大切です。しかし、過去に拘っているようでは前に進めません。ベー [続きを読む]
  • 今日の日記2017.4.29(昨夜のお話し)
  • 「ソフト・シェルクラブ」です。柔らかい蟹の唐揚げですね。美味い!昨夜の話しになりますが、(一昨日に引き続き)豪徳寺にある行きつけのイタリアンのお店で、とってもかわゆい女性とデートでした。いつもの仕事の話し、彼氏の話しに大いに盛り上がりました………毎回、彼氏の話しで盛り上がってもね………複雑な心境ではあります(汗)。が、それが引き鉄(ひきがね)になったか、私一人で白ワインをボトル1本呑んじゃいました [続きを読む]
  • ベーコンのことば(第3日目)
  • 「復讐する時、人間はその仇敵と同列である。しかし、許す(赦す)時、彼は仇敵よりも上にある。」フランシス・ベーコンのことは、「ベーコンのことば(クリスチャン)」2017.4.25をご覧ください。この言葉は、私がいつも肝に銘じている言葉です。復讐(報復)は、聖書にも書かれていますが、神様がなされることであって人間のすることではないのです。そして、何よりも大切なことは相手を“赦す”ことです。本気で心の底から赦す [続きを読む]
  • 「ルルドの泉:聖母マリア様カプセルお守り」のご紹介
  • 高さ4?ほどです。なんか弾丸の薬莢(やっきょう)ように見えますね。【薬莢】銃砲で弾丸を撃ち出すための火薬の容器のこと。通常は真鍮又は鉄製でできています。中筒にルルドの聖母マリア様が入っています。聖母マリア様を外に出した状態です。写真は、先日”珍品コレクター”の友人からいただいた、フランスの「ルルドの泉」付近で売られている「聖母マリア様のカプセルお守り」です。ちなみに、彼はクリスチャンではありません [続きを読む]
  • 今日の日記2017.4.27(新人歓迎会)
  • 今日は、我が課に4月1日付けで配属された期待の超大型新人職員(女性)の歓迎会でした。新人職員、部長、事務部長と課員3人の計6人で行いました。お店は、小田急線豪徳寺駅近くにある私の行きつけのイタリアンのお店です。今は帰りの電車の中です。とっても楽しかったです〜!というか、面白かったと言ったほうがいいのでは(笑い)。それに美味しかったです!よく呑み、よく食べました〜=呑み過ぎ、食べ過ぎです〜(汗)。そろそ [続きを読む]
  • ベーコンのことば(第2日目)
  • 「慈悲には、しすぎるということがない。」フランシス・ベーコンのことは、「ベーコンのことば(クリスチャン)」2017.4.26をご覧ください。「慈悲」、それは愛の一つです。愛は無限です。慈悲には過ぎるということは絶対にありません。人間性の根本は心です。心の根本は愛です。それは人を(隣人を)を慈しむからですね。それが慈悲です。「慈悲」という言葉(文字)は、どちらかというと仏教的ですが、キリスト教では「慈しみ( [続きを読む]
  • 「携帯用ミニ祭壇」のご紹介
  • 縦12.3?、横6.3?の大きさで軽量です。内側は布張りで、しっかりきちんと作られています。今日は、「携帯用ミニ祭壇(写真)」のご紹介です。これは4年前に、職場である大学の学園祭でやっていたフリーマーケットで、500円で購入したものです。発見した時は「こんなのがあるんだ!」と一種の驚きがありましたが、磔刑像を見て即決しました。普通に買えば何千円かするのでしょうね。それ以来、地方出張のときは必ず持っていきます [続きを読む]
  • 吹奏楽日記2017.4.25(東京都吹奏楽連盟平成29年度総会)
  • 今日は、仕事が終わってから東京都吹奏楽連盟(略して「都吹連(とすいれん)」)の平成29年度総会(第1回理事会)が開催され、中野サンプラザホテル(会議室)に行ってきました。都吹連は、一般社団法人全日本吹奏楽連盟の11支部の一つです。中学校だけでも加盟600校(団体)を超えており、全加盟団体では1,000団体を超えています。とにかく大所帯な連盟です!都吹連は、6つの部門連盟から構成されています。東京都小学校吹奏楽連 [続きを読む]
  • ベーコンのことば(第1日目)
  • 「知識は力なり。」(Knowledge is power.)フランシス・ベーコン(イギリス:1561年〜1626年)は、キリスト教イギリス国教会(カトリックかもしれない)のクリスチャンで哲学者、神学者、法学者です。「知識は力なり」という言葉で有名ね。このブログに2回目の掲載となります。エリザベス1世の国璽相(こくじしょう)という最高官職を務めたニコラス・ベーコンの息子です。12歳でケンブリッジ大学トリニティ・カレッジに入学し、 [続きを読む]
  • 新約聖書:マタイによる福音書・第6章・第5〜第15節
  • 「祈るときにも、あなたがたは偽善者のようであってはならない。偽善者たちは、人に見てもらおうと、会堂や大通りの角に立って祈りたがる。はっきり言っておく。彼らは既に報いを受けている。だから、あなたが祈るときは、奥まった自分の部屋に入って戸を閉め、隠れたところにおられるあなたの父に祈りなさい。そうすれば、隠れたことを見ておられるあなたの父が報いてくださる。また、あなたがたが祈るときは、異邦人のようにくど [続きを読む]
  • 教会日記2017.4.23(カトリック町田教会「主日のミサ」)
  • 聖堂祭壇前に活けられているお花です。毎週担当者が活けます。ほとんどのカトリック教会は祭壇前にお花を活けています。今日は、町田教会で10時30分からの主日のミサに与りました。終わってから信徒ホールで、毎月第4日曜日の名物「うどんの会」の皆さんが作る美味しいうどん(200円)を町田教会に着任されたばかりの林神父様と一緒に食べました。ところで、新しい神父様といろいろと打ち合わせ・調整しなければならないことがたく [続きを読む]
  • 「XP」のお話し
  • 教会の壁に画かれた「ΧΡ」の文字教会聖堂の祭壇にある「聖櫃(せいひつ)」の扉にも「XP」の文字新約聖書では、救い主の意味であるヘブライ語の「メシア」をギリシャ語で「ΧΡΙΣΤΟ&Sigma(クリストス)」と表現しました。教会の創立当初から、この最初の2文字を組み合わせて、キリストの名前のシンボルとして用いられてきました。つまりXP=イエス・キリストということです。PXとしてパックスとも言います。ヨーロッパでは [続きを読む]
  • 教会日記2017.4.22(カトリック町田教会・新任主任司祭初ミサ)
  • 今日は、4月20日(木)に大田区にあるカトリック大森教会から町田教会に異動された、林 正人(はやし まさと:洗礼名は「使徒ヨハネ」)主任司祭(神父様)の町田教会における「主日のミサ」の”初ミサ”でした。前任者の小池亮太神父様はカトリック小平教会の主任司祭として異動されました。寂しいですね〜。なんだか、福音朗読の後の説教はとっても新鮮でしたね〜。町田教会の信徒は、6年間も小池神父様に大変お世話になっていま [続きを読む]
  • 祈りの言葉(詩篇の祈り)
  • 旧約聖書:詩篇・第69章から抜粋・第17〜第22節・第30節イエス・キリストもこの旧約聖書の「詩篇(しへん)」で祈っておられました。旧約聖書という名称は、キリスト教の聖書(キリスト教は旧約聖書と新約聖書を合わせて聖書)が確定した以降の名称であって、当時も現在もユダヤ教の聖書のことです。ですからユダヤ教では旧約聖書とは言わず、ただ聖書という名称です。この詩篇の祈りですが、私の場合は苦しい立場に立たさ [続きを読む]
  • 「シンデレラ」のお話し
  • 皆さん「シンデレラ」はご存知ですよね〜有名ですからね。知らない人はいないと思います。「シンデレラ」は童話で、その主人公の名前ですね。仏語で「サンドリヨン(仏: Cendrillon)」、和名では「灰かぶり姫」又は「灰かぶり」となっています。グリム兄弟による「アシェンプテル」、シャルル・ペローによるものがよく知られています。でも、グリム童話(原作)は、他の童話も含めて残酷な記述があることで有名ですね。このシンデ [続きを読む]
  • 今日の日記2017.4.20
  • 今日は、午後半休をいただき仕事を早退しました。自宅と隣接する市道(いつの間にか私道!)の敷地境を市役所の担当者が再測量するために………隣の家の敷地境が違っているため、撤去する予定のフェンスとブロック塀の確認などの立会いをするためでしたが………わが家はまったく関係なかったのでした。41坪は守られました〜(汗)。立会が終わり、夕飯時(ゆうはんどき)まで随分と時間がありましたので、教会に届ける書類を持って [続きを読む]
  • 三浦綾子のことば(第5日目)
  • 「愛とは、なすべきことをなす意志なのです。情に流されるのが愛だとまちがわないでほしいのです。」『小さな郵便車』から三浦綾子さんは、プロテスタントのクリスチャンで作家です。詳しいことは「三浦綾子さんのお話し(クリスチャン)2017.4.11」をご覧下さい。か「愛」は、たくさん種類があって大変です(汗)。隣人への愛、真心の愛、恋愛の愛=下心?、略奪する愛(怖―い!)などなど。しかし、どれもこれも感情はあります [続きを読む]
  • 吹奏楽日記2017.4.19(東京都吹奏楽連盟常任理事会)
  • 今日は、仕事が終わってから東京都吹奏楽連盟の平成28年度最終の常任理事会が、中野サンプラザホテル(研修室)で開催されましたので出席してきました。今は帰りの電車の中です。審議内容は、来週25日(火)に開催される平成29年度総会に提出する、「平成28年度事業報告書」、「平成28年度決算報告書」、「平成29年度事業計画案」、「平成29年度一般会計・事業予算案」等の審議でした。また新しい年度を迎えます。音楽・吹奏楽を愛 [続きを読む]
  • ロザリオのお話し(その8)
  • 久しぶりにロザリオ・コレクションのご紹介です!指輪のように指に入る小さなミニ・ロザリオです。オレンジ色がとても鮮やかなのが気に入っています。先月、カトリック相模原教会の主日のミサに与った折に、教会の聖品販売所で買い求めました。ネコの画かれた青い箱は、チョコレートが入っていた箱です………とっても美味しかったですよ! [続きを読む]
  • 「聖墳墓教会」のお話し
  • 聖墳墓教会(せいふんぼきょうかい)の外観大規模な修復工事が終わった小さな聖堂「エディクラ」聖墳墓教会の断面図 白い十字架はイエス・キリストが磔刑された場所イエス・キリストの遺体が安置されたと伝えられる、エルサレム旧市街の「聖墳墓教会(せいふんぼきょうかい)」内にある小さな聖堂「エディクラ」の大規模な修復作業が3月20日(月)に終了しました。今回の修復作業は、昨年の5月末から専門家らによって行われ、「キ [続きを読む]
  • 三浦綾子のことば(第4日目)
  • 「若い時に肝に銘じた言葉というものは、その人の一生に大きな影響力を持っているものである。」『あさっての風』から三浦綾子さんは、プロテスタントのクリスチャンで作家です。詳しいことは「三浦綾子さんのお話し(クリスチャン)2017.4.11」をご覧下さい。若い時に出会った言葉は本当に大切です。自分の“人生の羅針盤”になりますからね。私は「人の為に為す(ひとのためになす)」という言葉が人生の羅針盤になっています。 [続きを読む]