ルルママ さん プロフィール

  •  
ルルママさん: ルル紀行
ハンドル名ルルママ さん
ブログタイトルルル紀行
ブログURLhttp://nana7lulu8.blog.fc2.com/
サイト紹介文宮城産の亜麻で手紡ぎと織りに挑戦中ー 愛犬との旅や暮らし、東北のディープな魅力も紹介します
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供84回 / 365日(平均1.6回/週) - 参加 2012/05/31 21:38

ルルママ さんのブログ記事

  • 半綜絖のもじり織(4)波形刀杼で織ってみました
  • 波筬で大胆に織ってみる波形をした板杼は織りの先生に作ってもらいました波筬と呼んでいるけど、波形刀杼 と言うらしい地機で打ち込みに使う刀杼の波形にしたもの刀と名付けられるにふさわしく、刃先は丁寧にやすりが掛けられていてピーンとしている、ほれぼれとするくらい美しいですもじり織に、ランダムに打ち込んでみる亜麻の繊維も軽くねじって入れてみましたこれでもかなり強く打ちこんでいるが、経糸が細いので入らないラン [続きを読む]
  • 半綜絖のもじり織(3)宮城産亜麻の繊維を緯糸に織ってみました
  • 宮城産亜麻から、採取した繊維と紡いだ糸私は右手が腱鞘炎なので、糸を撚ることをセーブしている。。。でもたった今! ハタと思い付いたのだけど〜左手で紡ぐことができるのではないだろうか!やってみよう〜♪半綜絖のもじり織 の進捗状況本紗 と 観音紗 と 空羽の組み合わせ下は中央が 絽(五本絽) になっている部分左側の 観音紗 は経糸(晒のリネン)が細すぎてよくわからないかな〜亜麻は、糸になってしまうより繊維の状態 [続きを読む]
  • 蓼科ビーナスライン(夏ドライブ信州14終)
  • 茅野市から 蓼科ビーナスライン を走るビーナスラインとは、蓼科の山が女神のように美しいということで命名されたとか2体の国宝土偶の呼称「縄文のビーナス」と「仮面の女神」との関連は・・・?土偶の発掘より前に名付けられていたそうで、土偶が後です蓼科湖・北八ヶ岳ロープウェイ・女の神展望台・白樺湖・車山高原霧ヶ峰高原・八島ヶ原高原・三峰展望台・美ヶ原高原・・・車山肩の駐車場からの眺めも抜群かろうじて、富士山が [続きを読む]
  • 縄文遺跡と逆さ八ヶ岳(夏ドライブ信州13)
  • 茅野市の 「尖石 とがりいし 縄文考古館」 を訪れ国宝の2体の土偶 「縄文のビーナス」 ・ 「仮面の女神」 と「アンギン(編布)」 に出会い、世界が広がりましたここ東北にも縄文遺跡が多くあるので、これからの旅の視点も変わりそうです縄文考古館は、約5000年前の 「尖石遺跡」 の中にあり、周辺は公園になっていて竪穴式住居跡があり、住居も復元されています遺跡の名前になった三角錐状の巨石 「尖石」縄文人が石器を研いだと [続きを読む]
  • 縄文のカラムシ布「アンギン」編みとは?(夏ドライブ信州12)
  • 尖石縄文考古館の駐車場の脇に、ネットで覆われて何か、栽培されているようです近付いてみると、カラムシ (苧麻) ですカラムシは、すでに縄文時代の衣服に使われていたと言われています尖石縄文考古館には、再現して展示しているコーナーがありました      「編布」と書いて、「アンギン」と読むのですね俵や菰などを編む手法と同系だとか下は、自生したカラムシで糸を撚り、アンギン編みの手法で制作されたものだそうですベ [続きを読む]
  • 夏ドライブ・信州(11)縄文のビーナス・仮面の女神
  • 「諏訪大社上社前宮」がある茅野市のカラフルなマンホ-ル描かれているのは、八ヶ岳 & 縄文のビーナス ・ 仮面の女神 ・ 竪穴住居旅も最後のメインです八ヶ岳山麓には、今から約5000年前の縄文時代中期の遺跡があり多数の竪穴住居跡とともに、土器や土偶が発掘されています八ヶ岳・蓼科 が見渡せる所に来ましたこの麓に、「尖石 とがりいし 縄文考古館」 があり国宝の2体の土偶を観ることができます(フラッシュなしでの撮影OK [続きを読む]
  • クモの巣アート
  • 仙台は今日で、連続30日間、 雨 。。。梅雨の戻りか、秋の長雨のはしりか、などど言われていますが。。。暑さは苦手だけど、それにしても涼し過ぎる日照時間の少なさも懸念されています7月に、少しだけ 亜麻 の種を蒔いていました釜石のSさんから、9月には花が咲くよ、と教えていただいてのことですが・・・すくっと伸びるはずが、雨に打たれて、どうなるかなあ〜雨の晴れ間に、庭をに出てみたらクモの巣が、水滴で綺麗に浮か [続きを読む]
  • 夏ドライブ・信州(10)諏訪大社
  • 長野オリンピックの開会式で初めて知った「御柱祭」その祭事がある諏訪大社は、上社と下社の二社に分かれていてそれぞれに二つずつ、四か所にお宮があるのですね御柱は四つのお宮の四隅に4本ずつ、計16本ありました諏訪湖の南側に、上社の本宮と前宮諏訪湖を挟んで北に、下社の春宮と秋宮安曇野を南下して、まず北側の 下社 しもしゃ 春宮 はるみや へ四隅には、7年ごとに建て替えられる四本の柱昨年「御柱祭」があったので、 [続きを読む]
  • 夏ドライブ(9)安曇野のガラス美術館と温泉に癒されて〜♪
  • 安曇野はスルーするつもりでした前に黒部ダムに来た折、わさび園や美術館巡りをしていたのでーところが急きょ、今夜の宿が安曇野になったのです昨晩は道の駅にP泊しましたが、なにせキャンピングカーのようにはいかなかった〜よく休めず疲れが取れなくて、やっぱり宿に泊まろうということになったのです朝一番、アリスのおかんさんから教えていただいていた宿を検索してみましたシーズン中で、金曜の夜なのにーなんと予約が難しい [続きを読む]
  • 夏ドライブ(8)信濃大町「北アルプス国際芸術祭」no.2
  • < 東山エリア>の鷹狩山山頂へ 空き家になった古民家二軒がアートな空間になっていました一軒目の内部は、漆喰で曲線形に塗り固められていて、白い洞穴に入っていく感じ    所々、柱や欄間など、元の民家の一部が覗いています楕円に切り取られた開口部からは、大町市街や雪残るアルプスの山々が目の前にー 隣りの古民家には、折り紙作家の布施知子さんの作品が展示されていました布施さんは、私も持っていますが、折り紙の本 [続きを読む]
  • 夏ドライブ(7)信濃大町「北アルプス国際芸術祭」no.1
  • 158号線を松本の手前で北上し、安曇野を抜けて 信濃大町 に来ましたこの地を舞台に 「北アルプス国際芸術祭」 (2017.6.4-7.30) が開催されていたのです現代アート好きの私には欠かせませんまず、信濃大町駅の観光案内所に行って、情報をもらいパンフレットを手に入れました5つのエリアに渡って、40近いインスタレーションやパフォーマンスが催されています初めに向かったのは、駅前にある、インフォメーションセンター大会グッ [続きを読む]
  • 夏ドライブ・信州(6)風穴の里・みやま織り
  • 「道の駅 風穴の里」 は、松本方面への帰り道158号線沿いにありましたここで一休憩、施設は観光案内や売店の品揃えなど充実しています この太鼓橋を渡ると、風穴が見学できるということで行ってみることに昔、街道だったという道を歩いて行くと見学用の風穴小屋があり、中に入ると温度はナント5℃(写真の温度計は私たちが入ったら1℃上がってしまったのだ)お酒などいろいろ貯蔵されています片側一面に石が積み上げられています [続きを読む]
  • 半夏生(半化粧)
  • 旅行記は小休止して我が家の庭から、一服の涼を感じさせる、爽やかな植物を紹介します半夏生 はんげしょう時候では夏至から11日目のこと(今年は7月2日)を、半夏生というそうですが、その頃に穂のような花が咲くことから、名付けられたとか上の葉っぱが、半分だけ白くなるので半化粧 とか 片白草 とも言われているそうです苗を一株買って植えたものが殖えました地下茎で殖えるそうです今日から8月、今でも咲き続けて庭を涼や [続きを読む]
  • 夏ドライブ(5)上高地vol.2穂高連峰と梓川
  • 今日も快晴穂高の山々梓川 沿いに、河童橋へ清らかで澄んだ、梓川 の水の流れ川底の小石が見えるほど透明です[高画質で再生]上高地の梓川の清流[広告] VPSあれに見えるが、河童橋ですねまずは記念撮影  穂高連峰と梓川は、本当に絵になりますね7/22(土)「BSプレミアム」で涸沢からの生中継がありました上高地から6時間登った所ですが、山小屋やテントにはたくさんの人たちがいました番組の中で、穂高に魅せられ穂高だけを撮っ [続きを読む]
  • 夏ドライブ(4)上高地vol.1大正池と田代池
  • 上高地はマイカー規制されているので、沢渡に車を停め朝6時台のバスに乗り換えて、大正池バス停で降車梓川沿いを河童橋に向かって歩き始めました朝早かったので、大正池には朝もやがたちこめていました向こうには穂高の山々が見えますどんどん明るくなってきて、焼岳に陽の光が当たってきました昨日新穂高ロープウエィで岐阜側から眺めた山、今朝は反対側(長野)から見ています大正池は、大正4年(1915)に大噴火した焼岳の溶岩が [続きを読む]
  • 夏ドライブ・信州(2)逆さ乗鞍岳&白骨温泉
  • バスで山を下り、「休暇村 乗鞍高原」に戻りました休暇村の横の道を入ると、ほんの300mのところに牛留池があります木道脇の湿地には、大きく成長した水芭蕉の葉っぱこの辺は、日本屈指の水芭蕉の群生地なのですね牛留池に到着、東屋から乗鞍の山々が見えます池には、山が逆さに映り込んでいます途中、ワンコ連れの人に会いましたバーニーズマウンテンドックのミィルウちゃんとてもお利口さんで、はにかんだような笑顔が素敵でした [続きを読む]
  • 夏ドライブ・信州(1)乗鞍岳へ日本一高いバス停
  • 7月12日から16日まで、4泊5日で信州へ行ってきました乗鞍、穂高、上高地、安曇野、大町、蓼科・・・天候に恵まれ、とても素晴らしいものでした山はワンコが入れないところが多く、ルルを残して行くのが忍びなく躊躇していましたが今回は思い切って、「警察犬訓練所」に預けて出かけてきました(修行も兼ねてー)長野には、登山が趣味で移住したというルルの姉妹アリスちゃん一家がいていろいろアドバイスをいただいていまし [続きを読む]
  • ルルと訪ねた花咲く宮城の亜麻畑〜♪
  • 家の畑の一隅に、亜麻の花が咲き始めたのを機に県内唯一の亜麻畑(採種用)も咲いていることだろうと、出かけました去る6月24日の早朝広い畑に近付くにつれ、淡い青紫色が点々と目に飛び込んできましたしばらく見学していると、この土地を貸しているという方がやってきてお話を聞くことができましたなんと、亜麻の花たちは、今朝初めて咲いたのだそうです今年は遅くて、昨日までは咲いていなかったとのことラッキー♪以前は蕎麦 [続きを読む]
  • 60年前に亜麻の花を詠んだ北海道の女流歌人のこと&今日は「亜麻まつりin当別」
  • 息きれて苦しむこの夜もふるさとに亜麻の花むらさきに充ちてゐるべしこの歌の作者は、中城ふみ子 さんといいますカズの従姉で、長く北海道に住んでいたことがある歌人のMさんからたしか亜麻のことを詠んだ歌があったよと、教えていただいて図書館から、この方の歌集や評伝を借りてきて読んでみました中城ふみ子さんは、1922年(大正11)生まれ1954年(昭和29)に、32歳で早逝しています乳がんで、2つの乳房を喪失し [続きを読む]
  • 我が家の畑に亜麻の花が咲きました〜♪
  • 早朝、畑の一隅、ミドルグリーンの上に、淡くパステル調の青紫色が浮かぶように見えてきます朝に咲いて昼には散る、半日だけの花毎日次々と、もう2週間も咲き続けています釜石のSさんからいただいた亜麻の種を蒔いたのは、4月半ば毎朝たくさん花が咲き、魅せられていますやさしく 上品な 花 亜麻そそとして りんとして癒しの色、癒しの花色に癒され、花に癒されていますいいねにほんブログ村 [続きを読む]
  • 薔薇の名前「ピエール・ドゥ・ロンサール」
  • 薔薇は何万種類もあるそうで、古今東西の著名人の名前が多くつけられていますリリー・マルレーンとか、クリスチャン・ディオールとか クイーン・エリザベスやミスター・リンカーン、プリンセス・ミチコなどなど・・・ その人に因んだり、捧げたり、と尊敬の気持ちが込められています 一昨年訪れた函館の公園には、平和を願って名付けられたという“スーヴニール・ドゥ・アンネ・フランク” という名前の薔薇がありました そして、 [続きを読む]
  • リトアニアのお土産〜♪
  • リトアニアといえば、リネン (亜麻)ですが・・・以前、輸入雑貨店で購入した、リネンの手織りのテーブルセンターリトアニアのリネンの糸も持っていますが、ちょっとグレーっぽく感じますこの度、リトアニアを旅行してきたという友人から、お土産をいただきました(彼女は織りをしません)これがいただいた、お土産下の方に注目、小さな石が散りばめられています琥珀 ですリトアニアは、琥珀 の産地 としても有名なのだそうです日 [続きを読む]
  • 「リトル・チャロ」(東北編) 福島の桃にまつわる物語♪
  • Eテレの英会話シリーズ 「 リトル・チャロ 」     リトル・チャロ       カノンママとチャロチャロは、その名の通り、茶色と白色のワンコです(でもチャロはいつまでも子犬のままだね)ルルも茶白実は、カズがチャロに模様が似ているからと選んだのです子犬の頃(5年前)のルル 震災後に放映された番組は、チャロが東北各地を旅して周る物語です福島では、おなかをすかせたチャロが、おばあさんから桃を食べさせても [続きを読む]