saltmoon さん プロフィール

  •  
saltmoonさん: Salty Moon
ハンドル名saltmoon さん
ブログタイトルSalty Moon
ブログURLhttps://saltmoon.wordpress.com/
サイト紹介文自転車の話や目黒・世田谷の緑道ポタリング、写真、旅の話、B級グルメ、釣りの話とか書いています。
自由文4台の自転車を所有しており、都内でのサイクリングや自転車いじりを楽しんでいます。

1台目:黄色い小径車(モールトン・ランドローバーAPB改)

2台目:灰色の折畳み自転車(ブロンプロンM3L改)

3台目:AM-GT MK.II

4台目:AM-NSDP

主に、自転車 小径・折りたたみ自転車の記事を紹介させていただくつもりですのでよろしくお願いします。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供32回 / 365日(平均0.6回/週) - 参加 2012/06/01 01:58

saltmoon さんのブログ記事

  • MKS ALLWAYS Ezy Superio
  • Moulton APB用のペダルを新調した。最近発売された三ヶ島のEzy Superioペダルだ。MKS(三ヶ島) ペダル オールウェイズ イージースーペリア 届いたブツは立派な化粧箱に入っていた。以前は銀色の紐袋に入っていただけのに、だいぶアフターマーケット商品らしくなって感心した。早速、取り付けたのでレビューしてみよう。箱を開けた梱包物はこんな感じです。Ezy Superioアダプターはもちろんの事、ペダルも左右それぞれ区別があります [続きを読む]
  • Modernica CSS
  • 以前、目黒通りのインテリアショップ・モダニカで米国モダ二カ製ESU(モダニカ社製品名:CSCase study Shelving)を購入した事をエントリーしてみた。その後、目黒通りのモダニカさんは、店名をプライウッドに変えてしまい移転してしまいCSSを購入出来る都内のインテリアショップが無くなってしまっていたが、お台場のIDC大塚家具に訪れた際、モダニカ製ESUとEDUを見つけました。カラーオーダーは出来ないものの、流石、大塚家具だ [続きを読む]
  • 今年の一枚
  • 今年、何に一番ハマったかといえば、ミニ四駆だろう。遊んでいる人たちの年齢層が思ったより高めだし、メカやレースのルールが単純故に面白く、ガキンチョどもとも長く楽しめる趣味になりそうである。ミニ四駆は大した投資はしていないが、タイヤセッター、超音波カッター、リューターと加工用の工具を揃えてしまった。今後、エアブラシにも手を出そうかと考えている。模型製作は、子供に戻ったみたいで楽しい。そのうち揃えた工具 [続きを読む]
  • ブロのチェーンテンショナー取付編
  • ブロ純正のチェーンテンショナーホイールと、香港のTi parts workshop製のそれ。Ti parts workshopのホイールはシャフトのメタルベアリングが一体化となってる。やはり造りがいい。Nov Design製チェーンテンショナー交換に辺あたり、KMCの9速チェーンと組み合わせます。うーん、カッコいいのだけど、ディレイラーとチェーンテンショナーホイールが干渉しそうです。たぶん使っているうちに、チェーンテンショナーホイール横側のアル [続きを読む]
  • 今風のマシン制作。
  • ミニ四駆のジャパンカップ東京大会1の結果は、新しく組んだS2シャーシで出走するも1周目のダブルドラゴンでジャンプ後バランスを崩しニューエラターンでコースアウト。ガキンチョも最初のクイックターンとグラインドバンク45の谷間に前後ブレーキが引っ掛かって停車しリタイヤと散々な結果に終わりました。ウルトラバーニングサーキット2016今回のウルトラバーニングサーキット2016も相当の難コースで、出走したミニ四駆レーサー全 [続きを読む]
  • ラジカセのデザイン
  • 過去エントリーで昔からラジカセ好きと記した事があったが、最近レトロなラジカセがアツいとの事でデザインアンダーグラウンドを主催されている松崎順一氏のアンティークラジカセ写真集を購入してみた。ラジカセのデザイン! 増補改訂版 (立東舎)昔の小生はSONY or 松下のブランド至上主義で、その他のメーカを排除していたが、あらためて懐かしのラジカセ群を見ると、三洋、シャープのラジカセデザインは魅力的だと感じた。その中 [続きを読む]
  • 終わらない改良という名のミニ四駆弄り
  • いつか使おうと思っておいたJapan Cup系パーツを使いブラストアローを仕上げます。軽量な樹脂のMAシャーシに入れ替え、譲ってもらったカーボンバンパーに替え、中空シャフトをシャフトチェッカーで選別し、ホイールを真円加工して、中径ローハイト・ハードタイヤを履かせました。ローラー構成を変え後ろはゆとりピン打ちを採用してみました。ボディを載せるとこんな感じ。このブラストアローは細かな加工を施しているにしてもGUPポ [続きを読む]
  • ハイレゾ対応ラジカセ
  • 少し前の話になるがT芝から懐かしきAurexブランドの復活とハイレゾ対応ラジカセが発売された。東芝といば、Aurexオーディオの他にT芝ブランドでもBOMBEATとかデカい高級ラジカセを販売していたので楽しみにしていた。TOSHIBA Aurex TY-AH1000実物を量販店の展示で見たが、ハッキリ言って音以前にプラッチッキーで質感がイマイチ。視聴する前にアウト!という感じでした。残念。。。価格を倍になってもいいから金属パーツや樹脂を使 [続きを読む]
  • 16 ANTARES DC Left
  • 小生が初めて購入したベイトリールは、シマノの初代アンタレスだった。ビカビカにコーティングされたボディ。8800系DURA ACEに似たプロダクトデザイン。しかし、スプール回転が良すぎる為、少し力んでキャストしただけで酷いバックラッシュを起こしてしまい使い難かった。前モデルからDCブレーキを採用していたが、今年モデルチェンジされDCが改良されキャスコンが隠されシマノらしい尖ったデザインで再登場していたが、左ハンドル [続きを読む]
  • 釣りってやっぱり楽しいです。
  • 子ども達と、バス釣りに房総や茨城へ行っても釣果がパッとしないので、どうせ難しいなら地元多摩川のスモールに目を付けてみました。限られた時間、場所、タックルを駆使した多摩川スモールマウスバス釣行ですが、楽しいですね。三度ほど早朝に多摩川へ釣行してみて、なんとなく、ぼんやりとイケそうな場所と釣法が分かって来たような気がしますが、もっと通わなくては、最初の一尾を手にするのは難しそうです。ボーズでも一番の収 [続きを読む]
  • モールトン展とモールトンミーティング
  • 週末、青山のモールトン展とモールトンミーティングへ出かけて来ました。モールトン展は、モールトン自転車の歴史的なモデルの一つ一つををじっくり鑑賞出来たり、Dr.AMが王室から授かった勲章に至るまで貴重なアイテムが展示され充実した展示内容になっていました。マラソンとかSレンジとか実車を展示できるのも日本に実車が良好な状態で保管されているからこそできるのでしょう。2010年開催のアレックス・モールトン自転車展のイ [続きを読む]
  • ブラストアロー
  • Japan Cup用にS2シャーシのマシンを組んでいるが、先日、えのもとサーキットでミニ四駆専用工具を手に入れたのと、Japan Cup 2016記念モデルに付属されているスーパーハードローハイトタイヤを見て、これらを活用すれば、初号機のブラストアローでも小生的にはイケるんではないかと思い始めた。もちろんイケるというのは、試合に勝てるマシンになる訳では無く、今よりも少し速く出来る意味である。スーパーハードローハイトタイヤ [続きを読む]
  • ミニ四駆カリスマショップ
  • 不思議なものでミニ四駆を始めてから、その関連の事に縁が出てくる。急きょ仕事で高尾に行く事になった。その帰り京王高尾駅の改札で地図を見ると、ミニ四駆専門店が地図にあった。「えのもとサーキット」どこかで聞いた事のある屋号である。スマホで調べてみると、ミニ四駆の聖地みたいなショップらしい。昼休み代わりに立ち寄ってみた。狭い店内に、ぎっしりとミニ四駆GUPやパーツが壁一面に架けられている。ところどころレアパ [続きを読む]
  • これもコダワリ
  • やはり、乗り物プラモはパイロットとコクピットは、精一杯細かな塗装を行うのが子ども時代からの儀式です。これをやらないと、キットが完成しないというか、魂が入らないように思えます。以前エントリーした自転車のリフレクターみたいなものです。他人のミニ四駆のドライバーフィギュアヘッドを塗装していますが、これは自分の練習の為です。塗装は数こなさないと上手くならないのですが、1/32スケールのフィギュアは小さく塗りに [続きを読む]