葵良縁センター さん プロフィール

  •  
葵良縁センターさん: 千葉の結婚相談所 葵良縁センターの婚活ブログ
ハンドル名葵良縁センター さん
ブログタイトル千葉の結婚相談所 葵良縁センターの婚活ブログ
ブログURLhttp://ameblo.jp/aoiryouen/
サイト紹介文仲人の平山でございます。 誠実なマツチングに心がけ結婚を親身にお手伝いさせていただきます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供207回 / 365日(平均4.0回/週) - 参加 2012/06/03 16:15

葵良縁センター さんのブログ記事

  • 「お人柄重視」なのに「プロフィール重視」になる矛盾
  • 「お人柄重視」なのに「プロフィール重視」になる矛盾 表題をもっと詳しく言い直すと、パートナーに求めるのは「お人柄」重視の筈なのに、男性は「お写真重視」「ご年齢重視」の二拍子。 女性は「お写真重視」「ご年齢重視」に加え、「年収重視」「学歴重視」の四拍子ときます。 プライベートで知り合い、やがて恋愛感情へと発展したならば、男女とも上記の事など気にならなくなるのに、はなぜでしょう…。&n [続きを読む]
  • ご注意:女性が見ている爪と靴…
  • ご注意:女性が見ている爪と靴… 女性が男性に求める事の上位に、「清潔感」があります。 お見合い相手であってもなくても、女性がつい見てしまうのが、男性の「爪」と「靴」です。 この二つで、清潔感の度合いを計り知るのです。 他の指はきちんと短く手入れされているのに、小指の爪だけ伸ばしている方が時々いらっしゃいます…。 仲人が先日乗ったタクシーの運転手さんの小指さんも、長い爪でし [続きを読む]
  • 一代目へお花を
  • 一代目へお花を 母の日を忘れていたわけでは御座いませんが…。 遅れましてすみませんと、母へお花を贈りました。 言い訳させて頂けるならば、システム上の大きな問題があって、忙しく余暇が少なかったし、週末は一歩も外へ出れなかったし、メール対応が先週はうんとあって追われてしまったし。 日曜日に、センスの良い姉から、可愛らしく美しいお花の宅配便が届いた時には慌てました〜。 「あなた [続きを読む]
  • 「モテる女性の共通点・母の日にちなむ」へのご質問回答
  • 「モテる女性の共通点・母の日にちなむ」へのご質問回答 先日のブログ「モテる女性の共通点・母の日にちなむ」をお読みいただきました方から、ご質問コメントを頂きました。ご興味を持ってお読みいただいている事を、本当に有難く思います。 「モテる女性=丸ごと自分を受け止めてくれるような女性…というのは、結局のところ男性にとって都合がよく、甘やかすということ」 といった内容のご質問でした。 仲人 [続きを読む]
  • メールはラブレター?②母の日に寄せて
  • メールはラブレター?②母の日に寄せて 昨年の今頃の話を一つ。 彼は葵で一番の照れ屋さんでした。 苦労して一つの会社を立ち上げ、軌道に乗せ、寝る間も惜しんで職務を全うしてきた苦労人の経営者です。 彼は、女性からそこそこモテるタイプのダンディで気前の良い、優しいお人柄。そんな彼が、仲人に白状したのです。お母様はご自分にとって別格の女性と。 今では成功者の彼ですが、青年期には両親の期 [続きを読む]
  • モテる女性の共通点・母の日にちなむ
  • モテる女性の共通点・母の日にちなむ 葵には、モテる女性が複数いらっしゃいます。 「モテる」とはどういう基準かというと…お見合い後に「交際希望」のお返事をたくさん頂ける方です。 女性側の回答はというと、必ずしも「交際希望」ではないのに、とにかくお相手からは「是非交際を」との申し出が多いのです。 時には、お見合いのその場所で、「是非お願いします」と、直々に告白されたり、次のデートを半ば [続きを読む]
  • いつもほっぺにたこ焼きを
  • いつもほっぺに たこ焼きを 初夏らしいお天気が続きましたが、明日は雨模様です。皆様、お元気ですか? さて、この週末も、たくさんのお見合いが組まれております。 お見合いの秘訣は、なんといっても「プロフィールの写真通りの印象で臨む」ことです。 加えて、笑顔は必須。 でも、「本当に結婚できるのかな…」とか様々な婚活に対する不安が、お見合い中ふとやってきて表情が曇ることがあります [続きを読む]
  • GWを振り返るの巻
  • GWを振り返るの巻 今年のGWは、本当にお天気に恵まれました…。 きっと、お見合いやご交際も、気分的に明るく臨めたのでは…と思っております。 葵のGWは…新しい出会いがあったり、お悩みを一緒に考えたり、嬉しい報告があったり、その嬉しさに悲鳴をあげそうになったり、悲しいお知らせを一緒に嚙み締めたり、本当にくるくると目まぐるしい、幸せな忙しさに追われ、充実しておりました。 中には、ご都合 [続きを読む]
  • 結婚に繋がる連絡の頻度
  • 結婚に繋がる連絡の頻度 いよいよGWも最終日。 晴天に恵まれた今年のGWでしたが、皆様楽しい思い出は出来ましたでしょうか?? GW前半にお見合いをして交際に繋がった方の中には、日を空けずに再会が叶った方もいらっしゃるでしょう。とても幸運な事です。 結婚してゆくカップルが、どれくらいの頻度でデートをしているかというと…ほぼ毎週です。 もしも日が空いてしまいそうなら、スキマ時間を活 [続きを読む]
  • 婚活に女同士の友情などない
  • 婚活に女同士の友情などない 「結婚相談所」のイメージは、昔と今とでは随分とイメージが変わりました。 「婚活」という言葉の誕生と共に、結婚相談所は気軽で身近な存在となり、登録をしてお相手を探す事は普通の選択肢になっている時代です。 「僕(私)は、婚活しているんだ」と、公言している方だって珍しくありません。 女性はお喋りだから、シングル同士が頭を寄せて婚活座談会になる事もあるでしょう。 [続きを読む]
  • 結婚しなさい!うるさい親戚がいない悲劇
  • 結婚しなさい!うるさい親戚がいない悲劇 人は、若ければ若いほど、人生の終わりについて考えることはナンセンスだと考えがちです。 まだ若い自分が、病気になったり、介護が必要になった親の世話をするなんて、現実的に想像する事ができないでしょう。 親御さんが元気なうちは、美味しいご飯をお母様が作って待ってくれると思うし、たまには、ご両親やご兄弟総出で旅行へ行ったり、お食事に行ったり…子供の [続きを読む]
  • 彼に合わせる優しい女性①お洒落上手をやめた交際
  • 彼に合わせる優しい女性①お洒落上手をやめた交際 その女性様は、葵のお勧め通り、きれいなパステルカラーのブラウスやコート、女性らしいラインの美しいスカート等々をお召しになり、見事お洒落上手さんに変身を遂げた、スタイル抜群の可愛らしい女性です。 彼女のご婚約予定となった男性様は、素朴で真面目で優しいお人柄。 おしゃれには、別段興味はなさそうです。 彼女は、数回目のデートの時、「も [続きを読む]
  • デートを楽しい空気にするために
  • デートを楽しい空気にするためには 交際中は、お互いに自分と相性が合うか合わないかを見極め合う期間でもあります。 慎重になり過ぎて、ついかしこまってしまい、なかなかお相手との距離を縮められなかったりすることもありますね。 でも、一緒に居る時間が楽しいと思われなくては、交際はちっとも進展しません。「可も無く、不可も無く」な印象が続くばかり。 それでは、足踏み状態の交際を打破するにはどう [続きを読む]
  • メールはラブレター
  • メールはラブレター 先日、ご婚約間近の女性様がご来室。 おっとりとした優しい雰囲気と、控えめなのにユーモアのセンスが抜群の、スラリとしたアラフォー美人さんです。 ご結婚していくカップルの皆さんがそうであるように、彼女も毎日メールをやり取りしておりました。 また、毎週日曜日は必ずデートをしていて、いつしか「日曜日はデートの日」と固定化。散策するようなスポットに、沢山お出掛けしたそうで [続きを読む]
  • 葵の葉牡丹花盛りの巻
  • 葵の葉牡丹花盛りの巻 冬の間、玄関先に植えた葉牡丹が花盛りを迎え、ご来室の皆様を元気に出迎えております。 それほど日差しに恵まれた環境ではないけれど、にょきにょきと良く育ち、菜の花に似たお花を付けました。 仲人は、葉牡丹たるもの、葉っぱのままかと思っていましたので、びっくりです。 黄色は幸せを呼ぶカラー。 玄関先に黄色があるだけで、何だか元気で明るい気持ちになりますね。 黄 [続きを読む]
  • 結婚相手を落とす絶妙なタイミング
  • 結婚相手を落とす絶妙なタイミング ご結婚してゆくカップルさんの多くは、たった数回のデートで「運命の人はこの人かも!」と感じるものです。 そこへ、絶妙なタイミングで男性からの誠実なアプローチがあると、結婚への意思に拍車がかかります。 つまり…落ちるわけです。 結婚は、恋愛でもお見合いでも、「拍車」なしにはできません。 なら、その「拍車」って、いつ、どんな風にすればいいのでしょう&n [続きを読む]
  • 「お話しが合う方」だけを決め手にしてはいけない
  • 「お話しが合う方」だけを決め手にしてはいけない お見合いでお話しが弾むと、「話が合って楽しかったです、是非交際を」といった結果が生まれます。 それでも、お相手からはNG回答が来る場合がありますね。 なぜでしょうか それは、お相手があなたのお話しに合わせてくれたからです。 つまり、お見合い上手なんですね。 あなたがお話ししやすいように、会話を振り、相づちを打ち、的確な質問をし [続きを読む]
  • 自分に合う人が分からなくなったら
  • 自分に合う人が分からなくなったら たくさんの方とお見合いをしてしまうと、自分にはどんな方が相応しいのか分からなくなってしまう事があります。 婚活を始める前は、「理想のお相手は?」の質問にすらすら答えられていたのに、いざ沢山のパートナー候補者に会ってしまうと、分からなくなってしまうんですね。 お人柄はいいけど「なにか違う」とか、お写真通りステキだけど「なにか違う」とか憧れの職業の方なのに [続きを読む]
  • 儚いからこそ愛される桜
  • 儚いからこそ愛される桜 土曜日の強風で、桜も散ってしまいました…残念。 桜って、見上げて溜息がでるほど美しい時期が、短く儚いからこそ愛されるのかもね。 水曜日の定休日に、目黒川沿いの桜を観に行って参りました。 途中、花びらで埋め尽くされた川面が‥。 美しいピンクピンクピンク。 思いもよらず幻想的な景色に感動。 全ての婚活生の皆様が、次の桜の見頃には、素敵なパ [続きを読む]
  • フラれるのが怖い〜婚活を躊躇する理由①
  • フラれるのが怖い〜婚活を躊躇する理由① フラれるのが怖くて、婚活を躊躇する方がいらっしゃいます。 お申込みをして、会った事のないお相手から「ごめんなさい」の回答を貰うのが怖い…とか、 お見合いして、一時間位お話したお相手に、「ごめんなさい」と結論を出されるなんて、やっぱり無理…とか。う〜ん、そのお気持ちも分かります。 「フラれたくない心理」ってなんでしょうね。 仲人は、こ [続きを読む]
  • 照れくさい症候群、プロポーズに頑張るの巻
  • 照れくさい症候群、プロポーズに頑張るの巻 50歳まで秒読みの初婚男性は、既に2月にご成婚退会しておりました。 お相手は30代の控えめで可愛らしい女性です。 問題なく、仲良くご成婚退会したのですが、実は女性の中にはわだかまりがあったようです。 一緒に暮らす準備も整い、いざ結婚生活開始の具体的な日程を決めようとした時、「わたし、きちんとプロポーズされていません」と、ぴしゃりと言われたから、 [続きを読む]
  • 女は愛嬌〜浅田真央選手に学ぶ誰からも愛される理由
  • 女は愛嬌〜浅田真央選手に学ぶ誰からも愛される理由 雨の多い春ですね。 昨晩発表された真央ちゃんの引退ニュース…いつかはそうなると分かっていても、やはり残念です。でも、このニュースに彼女の走りきったスケート人生を再び思い返し、感動を貰っているのは、私だけではないでしょう。 もう、彼女が氷上で世界中の注目を集めることはないけど、間違いなくスケート界の伝説スケーターと化すはずです。 「フ [続きを読む]
  • 春だ、婚活だ!!
  • 春だ、婚活だ!! 花冷えの週末でしたが、婚活中の皆様お風邪など召されていませんでしょうか?? 満開の桜で迎えた月曜日、そろそろ新人さんとか、異動で新顔となった方々の歓迎会の季節でもありますね。 婚活を始めると、皆様決まってキラキラ輝き出します。 ご自分を変えようと努力し成果が出るのでしょう。 髪型やお化粧を変えてイメージチェンしたり、男性でしたら、清潔感が溢れだしたり、お [続きを読む]
  • 自分に自信のない「どうせ」は幻滅ワード
  • 自分に自信のない「どうせ」は幻滅ワード 日頃、謙虚な気持ちを抱くのはとても大切な事です。謙虚な気持ちを持っている方は、お話ししていても、控えめで素直なお人柄を感じ、居心地も良くなります。 でも、お見合いの席では、ちょっと間違えると、自分に自信のない幻滅な言葉に変化する事もあるから、気をつけましょうね。 例えば、「どうせ僕(私)なんて」といった、卑屈で劣等感満載な言葉は、お相手に幻滅されて [続きを読む]
  • 話を聴いてくれる人がいるということ
  • 話を聴いてくれる人がいるということ 今日辺りから、仕立てたばかりの新品スーツに身を包んだ、ピカピカの新人さんを、所々でお見かけすることでしょう。 春ですね。 仲人は新卒後、とあるメーカーの人事部で「人事のお姉さん」をしておりました。 携わっていたのは、社内研修。4月は毎年、入社式を終えた新入社員をぞろぞろ引き連れ、郊外のホテルで泊りがけの「新入社員研修」のスタートを一緒に切っていま [続きを読む]