奥武蔵の山人 さん プロフィール

  •  
奥武蔵の山人さん: 奥武蔵 ウォーキング トレッキング
ハンドル名奥武蔵の山人 さん
ブログタイトル奥武蔵 ウォーキング トレッキング
ブログURLhttp://mkaifuu.blog.fc2.com/
サイト紹介文奥武蔵でウォーキング・トレッキングを楽しんでいます下手な工作、稚拙な好奇心“歩”は副作用の無い万能薬
自由文山野、河川沿いなどを歩けばボケ気味の頭に少しは良い刺激があるかも知れない。そう思ってやってみると、なかなか面白い。始めた頃の想い ↓↓↓
http://mkaifuu.blog.fc2.com/blog-entry-8.html
健康になる!歩くだけそれも楽しくローコストだ。何も難しいこたあないのです。テキトーでいいんです。思ったときに思った方向へ歩くだけ、好きなだけ歩けばいいんです。


参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供70回 / 365日(平均1.3回/週) - 参加 2012/06/03 00:03

奥武蔵の山人 さんのブログ記事

  • 源流_名栗川〜荒川河口までを辿る「平井大橋〜」ダイジェスト
  • 源流_名栗川〜荒川河口までを辿る「平井大橋〜」ダイジェスト2017年2月25日15:51 我、河口に到達せり203 この杭は何なのでしょう。鈍い頭の私には、この杭の意味が解けないのです。しかし、間合いと寂び具合、風車・・・そして透明度の高い水との絡みが素晴らしいじゃあないですか。◇ 時間を見つけては 源流・名栗川 から 河口・荒川 までの川沿いを歩いています。 そのことは時折他の記事中にも記しておりました。 [続きを読む]
  • 源流-名栗川〜荒川河口までを辿る「満開の桜−旧中川〜」ダイジェスト
  • 源流-名栗川〜荒川河口までを辿る「満開の桜−旧中川〜」ダイジェスト2017/02/252017年2月25日15:51 我、河口に到達せり134 時間を見つけては 源流・名栗川 から 河口・荒川 までの川沿いを歩いています。そのことは時折り他の記事の中に記しておりました。今回は「満開の桜−旧中川から平井大橋」付近までを簡単に記します。前回は⇒ 源流_名栗川〜荒川河口までを辿る「堀切橋〜旧中川」ダイジェスト130 木下川水門・き [続きを読む]
  • 慈雲寺橋(市野川)付近をさまよってみる(短)
  • 慈雲寺橋(市野川)付近をさまよってみる(短)2017 02 20920 お洒落な水門カフェ!!(市野川−埼玉県比企郡吉見町)四面が綺麗なガラス格子の水門・機械室です。眺めは良いしこのままカフェにしてもよさそうですね…暖かい日が多くなったと思ったら関東地方の今年の春一番は2月17日(気象庁発表)だったようでここをさまよった日も暖かく、川縁には緑、川面には光と春の兆しを窺うことができました。345号線907長閑なところで [続きを読む]
  • 仮称「飯能大河原線_橋梁」新設工事−2左岸をさまよう
  • 仮称「飯能大河原線_橋梁」新設工事−2左岸をさまよう679 左岸の橋台工事は終わっているのでしょうか。前回は主に右岸(大河原側)から見てみましたが、右岸を見れば右岸も気になり見たくなります。岩根橋を渡り、上流の川縁に降りて左岸を見てみます。667 名栗川の冬季、水量は少ないですが綺麗に澄んでいます。668 左岸の橋台669 これくらいは登って行けそうですが…怪し過ぎます。右岸の工事関係者の方に登攀許可の申請し [続きを読む]
  • 仮称「飯能大河原線_橋梁」新設工事−1橋台
  • 仮称「飯能大河原線_橋梁」新設工事−1橋台663 新しい橋台を作っています。稚拙な好奇心から…橋台とは何か◇橋、その構造を羽倉橋(荒川)で説明します。稚拙な好奇心によって何十キロもの川沿いを歩き、幾多の橋梁を研究した成果、やっと解り掛けてきました。 ⇒(源流(名栗川)〜河口までを辿る そんな大それたことを言っていますが、素人は知労途、全くあてになりません。橋台:橋の両端、(両側、両岸など)桁が道路へ取っ [続きを読む]
  • 畑トンネル−1廃道をさまよってみる
  • 畑トンネル−廃道をさまよってみる2016/10/15888 役目を終えてから三十年近くが経過した畑トンネル五十年以上も前になりますが、私はここを時折り自転車で通っていました。この「畑トンネル」はニュータウンの開発に合わせ、東側に隣接して「*1(新)青梅飯能線」が開通したため、その役目を既に終えました。◇下の写真876 および Webによると旧・東京都道・埼玉県道28号青梅飯能線 下畑ー大河原開通:1910年3月31日閉鎖:1996 [続きを読む]
  • 源流(名栗川)〜河口までを辿る「新荒川大橋〜千住新橋」ダイジェスト
  • 源流(名栗川)〜河口までを辿る「新荒川大橋〜千住新橋」ダイジェスト2017/01/27268 岩淵水門・赤水門 10:38ここは「お聴きすると単細胞の私にとって、非常に複雑怪奇なところです。 新河岸川が隅田川になって、隅田川は荒川からも水をもらって、以前は荒川だった? 放水路だった川が荒川になって…アララ、何がナンだか」隅田川も生い立ちを見ると難解で⇒ 隅田川 WP私の貧弱なCPUとメモリーでは理解も記憶も困難です [続きを読む]
  • 2017 初春、足の向くままに−3 日和田山〜巾着田
  • 2017 初春、足の向くままに−3 日和田山〜巾着田2017/01/03799 日和田山(305m)頂きからの東の展望鉄塔が林立し日高市ならではの風景が広がります。いったい何基あるのでしょう。稚拙な好奇心の私は数えきれないほどの鉄塔に感動です。(稚拙な好奇心は間違いなく単細胞でもあります)前回は⇒ 2017 初春、足の向くままに−2日和田山807 二の鳥居〜巾着田誰が見ても、どうっていうことのない写真です。ところがこれを撮る [続きを読む]
  • 2017 初春、足の向くままに−2 日和田山
  • 2017 初春、足の向くままに−2 日和田山2017 01 03781 二の鳥居・金刀金比羅神社(微かにスカイツリーが見えました)前回は⇒ 2017 初春、足の向くままに−1 高麗峠〜738 あいあい橋 10:56残念ながら、山の神のご意向でこの橋は渡らずに巾着田の東縁から北縁へ周り天神橋を渡ることに・・・741742冬の柔らかな陽の中、なんとも懐かしいな風景を見ながら巾着田の外側を進み、広い道路にでて左に折れると天神橋です。743 天神橋 [続きを読む]
  • 第3回_飯能アルプス会議−1 2017/01/15
  • 第3回_飯能アルプス会議−1 2017/01/152017年1月15日(日)18:00〜市民会館102会議室・170115 あの、間違えておりませんよ〜ここは「好日奥武蔵」です。いきなりの カタイ画像 と タイトルで「あれ違う所へきたかなあ」ナンテって思った方が いらっしゃるかも知れませんが…ここはいつもその辺をさまよっている奥武蔵の山人・好日奥武蔵です。じつは昨年から「飯能アルプス意見交換会」なるものが始まり、当方にたまたま [続きを読む]
  • 2017 初春、足の向くままに−1高麗峠〜
  • 2017 初春、足の向くままに−1高麗峠〜2017 01 03733 あいあい橋(高麗川・巾着田)1月3日、新年の穏やかな陽の下、体の鈍(なま)りを少しでも食い止めようと、足の向くままに高麗峠から日和田山を軽く歩いてみました。◇観光案内所(飯能市飯能・武蔵ヶ丘)9:45−高麗峠−あいあい橋−天神橋 −日和田山−巾着田−ドレミファ橋−高麗峠−観光案内所・武蔵ヶ丘14:50687 国道299号沿い・観光案内所付近9:45690 高麗峠入 [続きを読む]
  • 2017 初日の出をさまよう−2 飯能の街、阿須丘陵から
  • 2017年 初日の出をさまよう−2 飯能の街、阿須丘陵から2017 01 01 8:44669 八高線鉄橋(阿須の山に上がって)前回は⇒ 元日をさまよう−1671名栗川、成木川の出合いを後に加治橋〜阿須の交差点付近〜阿須丘陵に上がってみました。ここは昨年の2月、日光の山々が見えたところです。今回は朧気ながらそれらしい感じは見えましたが、雲か山か確かなことは分かりませんでした。* * *2016年2月、阿須丘陵から日光の山が見えまし [続きを読む]
  • 2017年 初日の出をさまよう−1 名栗川〜
  • 2017年 初日の出をさまよう−1 名栗川〜2017/01/01567あけましておめでとうございます。新しい年のスタートです。さて、皆様のブログを見よう見まねで始めからお陰様で五年になろうとしています。自分にとっては思わぬ程の永い善戦になってきました。これも訪問をして頂きました方々、リンク先の方々、コメントを頂きました方々・・・惜しみなく時間を削って頂いた大援軍、皆様のお陰であります。感謝の念に堪えません。本年の皆 [続きを読む]
  • 2016 年末ダイジェスト 皆様 お世話になりました。
  • 2016 年末ダイジェスト 皆様 お世話になりました。926 みどり橋(成木川)付近の残光6 11/26年末、巷の慌ただしいなか今年はどう云う訳か諸事が、手際よく終わりそうです…穏やかな天候に恵まれたこと永年のことでやっと手抜きの術を体得したこと…そんな感じなのでしょう。しかしながらブログのほうは毎年のことですがやり残しが積まれ月日も経ち、腐ってしまったものが沢山有ります。それでここでは冬に歩いた一部を記し20 [続きを読む]
  • 奥多摩湖、紅葉の北岸を登ってみる−2
  • 奥多摩湖、紅葉の北岸を登ってみる−22016 11 12736前回は⇒ 奥多摩湖、紅葉の北岸を登ってみる−1 奥多摩湖の北岸を登った時の画像です。前回に続いて簡単に並べてみます。巷ではとっくに冬至を過ぎ、大晦日から新年の準備に忙しいなか、当ブログはまだ秋がまとわりついています。738739741743745747748750751753755756757758761762763まだまだ上に行けるようなのですが、午後から所要があるためにこの辺で下る道を選ぶことに [続きを読む]
  • 奥多摩湖、紅葉の北岸を登ってみる−1
  • 奥多摩湖、紅葉の北岸を登ってみる−12016 11 12730時季外れ…毎度のことで と、毎度言ってしまいます。671先月(11月12日)以前から気になっていた奥多摩湖の北岸を登ってみました。ここは山梨へ行く途中の休憩地点として駐車場を利用するのですが、湖岸と北側の山に植えられた春の桜、夏の緑、秋の紅葉が素晴らしいものでした。ただし何時も一時の立ち寄り的な場所としての利用ばかりで、気にかかる北側の斜面から山側に登っ [続きを読む]
  • 尾瀬、天空の楽園アヤメ平をゆく-3(終回)
  • 尾瀬、天空の楽園アヤメ平をゆく-3(終回)2016 10 02(日)805 尾瀬の天気は変わりやすいですね。前回は⇒ 尾瀬、天空の楽園アヤメ平をゆく-2792 富士見峠 1885m 12:45雨上がりの道のせいか、出入り口の登りと下り部分で手間取り、鳩待峠から約3時間もかかって富士見峠に到着です。時刻は12:30。昨年の秋にて閉じられた富士見小屋。その前に他のグループを含めて30人程がいたでしょうか、当方も混ざって昼食休憩です。796 [続きを読む]
  • 尾瀬、天空の楽園アヤメ平をゆく-2
  • 尾瀬、天空の楽園アヤメ平をゆく-22016 10 02(日)762 木道の先に燧ケ岳が待ち受けます。前回は⇒ 尾瀬、天空の楽園アヤメ平をゆく-1ブログの更新がだいぶ滞っています。今年のことは出来だけ持ち越さずにとは思ってはいるのですが、性格でしょうか物事を丁寧に行う…いや全く違いますね。ただグズグズしているだけです。例年に倣い「下手の考え休むに似たり」を忠実に実行しているわけです。754 しかし考えてはいますよ。今年 [続きを読む]
  • 尾瀬、天空の楽園アヤメ平をゆく-1
  • 尾瀬、天空の楽園アヤメ平をゆく-12016/10/2(日)「アヤメ平です」いつもながらだいぶ時季を外し、既にふた月以上が過ぎましたが、毎度のことで…748今回のルート鳩待峠−鳩待通り−横田代−中原山−アヤメ平−富士見峠(往復・約13km)723秋になって天気が安定したら久しぶりにアヤメ平に行こうと思っていた。9月の中旬から現地の空模様を調べていたが、台風のラッシュでいつまで待てばいいのかいの状態であった。一昨年、尾 [続きを読む]
  • 飯能アルプス(飯能エコツアー)−3スルギ〜子ノ権現〜帰路
  • 飯能アルプス(飯能エコツアー)−3スルギ〜子ノ権現〜帰路2016/10/16(日) だいぶ前のことですが・・・078 子ノ権現(天龍寺)の境内に前回は⇒ 飯能アルプス(飯能エコツアー)−2板屋ノ頭〜六ツ石ノ頭〜前回の続き・・・飯能アルプスを進みます。「六ツ石ノ頭」で小休憩をした後、スルギ〜根ノ権現062 だいぶ年季の入っている指導標です「するぎ」の部分は読めますが、他の部分は判読不明…11:39するぎ到着、小休憩。063 錆び [続きを読む]
  • 11月の初雪・・・2016  (短)
  • 11月の初雪(短)2016 11 24907 あさひ山展望公園予報通りの11月の初雪でした。報道によると都心では11月の初雪は54年ぶりとか、都心での積雪は気象庁が観測を始めてから(140年以上)初めてのこと…901 遠方に多峯主山(飯能大橋から)16:08903予想はされていたものの前夜の気温からこれほど降るとは思ってもいませんでした。908910912 川苔山−棒ノ嶺−日向沢ノ峰当地は24日の未明から降り始め、午後になっても止む気配がな [続きを読む]
  • 錦秋の名刹、能仁寺・撮影実習に混ざってみる
  • 錦秋の名刹、能仁寺・撮影実習に混ざってみる2016 11 19(土)810毎回、飽きずにシャッターを押すだけの写真を並べています。諺に「下手な鉄砲数撃ちゃあ当たる」があります。しかし私の写真は何枚撮っても全くその気配がありません。日頃シャッターンの無駄押しを得意としていますので撮っただけ「下手な写真 数撮り損じ」=「ゴミ画像」の量産化に成功しているわけです。ところが「無駄押し」から脱出を図る絶好の機会を得まし [続きを読む]
  • 飯能アルプス(飯能エコツアー)−2板屋ノ頭〜六ツ石ノ頭
  • 飯能アルプス(飯能エコツアー)−2板屋ノ頭〜六ツ石ノ頭2016/10/16(日)N035 飯能アルプス「板屋ノ頭」近く前回は⇒ 飯能アルプス(飯能エコツアー)−1吾野駅〜板屋ノ頭今回のルートは逆打ちですから進行方向右手が北側、左手が南側になります。吾野駅から歩き始めて約1:30ほど経過しました。前坂を過ぎ、鉱山の発破の注意看板やお地蔵様を過ぎると、左手にお墓が見えてきます。022 10:07お墓は旧原市場村地区の方のものだそ [続きを読む]