DATAのTADA さん プロフィール

  •  
DATAのTADAさん: TADA地震火山予知研究所
ハンドル名DATAのTADA さん
ブログタイトルTADA地震火山予知研究所
ブログURLhttps://blogs.yahoo.co.jp/yqh00732
サイト紹介文神奈川県西部から電磁波により搬送された音波の観測(世界初)により地震予知をいたします。
自由文2015年には日本地震学会の秋季大会では世界初となる地震予知手法を発表し、2017年5月1日には、東京大学にて東京大学地震研究所主催(文部科学省後援)の「次期計画検討シンポジウム」にて発表しました。
2016年度の的中率は、マグニチュード6.0以上(予知期間が1週間程度の超過を含む場合)では、国内が85.7%で、海外が98%という結果を残すことが出来ました。

参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供192回 / 365日(平均3.7回/週) - 参加 2012/06/03 00:03

DATAのTADA さんのブログ記事

  • 南海トラフの続報
  • ●メルマガにて「南海トラフ」の続報を更新いたしました。期にステルス予兆(地震耳によるアナログ予兆を捕捉しており、「警戒警報」を発令しておりますが、カメハメ波形(長波帯の電波から音波を抽出する手法)デジタル予兆の状態をメルマガにてお知らせいたしました。今後も続報を配信する予定しておりますので、メルマガの登録をして、受信及び購読できるようにしてください。 [続きを読む]
  • 海外地震情報の更新と火山噴火予知結果
  • ●メルマガにて「海外地震情報」の更新を行いました。●7/24にロシア(カムチャツカ半島)シベルチ山が噴火(噴煙 11500〜12000m)いたしました。この噴火に関しては、メルマガの「火山情報」にて7/8-7/27の期間で予知していたNⅥ_V59:北西方面(国内:九州【阿蘇】〜関東甲信越地方/海外:ロシア、イタリア等)が該当予知になります。神奈川観測点からの距離は約2900kmですが、波形形状の違いにより、国内の火 [続きを読む]
  • 南海トラフの情報配信について
  • ●内閣府は、南海トラフの前兆4現象(①南海トラフの東側で大地震が発生/②前震と考えられる比較的大きな地震/③東日本大震災前に観測されたような現象を多数観測/④東海地震予知の判定基準とされる、プレート(岩板)間の異常な滑りなどがみられるの4通りを具体的な情報配信例とし、7/23の記事には、「予測情報の配信を工夫したい」の題目で、震源域に「割れ残り」が有った場合、「西側の発生確率は3日以内に10%程度」と発 [続きを読む]
  • トルコヘM 6.7の検証
  • ●7/21にトルコ(ボドルム)沖へM 7.6の地震があり、ギリシャとトルコで2人死亡、200人が負傷したとのことです。お亡くなりになられた方へ「ご冥福をお祈りいたします」この地震に関しては、6/25に4号機が捕捉していたアフリカ〜ヨーロッパ間の周波数が該当することが分かっておりましたが、観測開始から初めての周波数であったことで、震源域を特定できなかったことと、想定マグニチュードが5.8±0.5であったこと [続きを読む]
  • ステルス予兆発生による警戒警報
  • ★サプライズ予知:複数の周波数域(3つ)のステルス予兆(地震耳)が発生したため、カメハメ波形(音波解析法)ではまだ波形は途絶えてはおりませんが、経験則記録による方向性から西日本の予兆と断定できることと、周波数の高さから国内と断定できることから「南海トラフ」の予兆と断定いたしました。通常の地震と予知期間は30日と長くなりますが、一応念のため「警戒警報」を発令いたします。強い揺れにより倒壊するような家 [続きを読む]
  • アリューシャン列島ヘM 7.7とペルーへM 6.4の検証
  • ●7/18にアリューシャン列島ヘM 7.7の地震がありました。この地震に関しては、7/18のブログの中で記載したロシアヘM 6.2とは別に予兆が現われていたことが判明いたしました。過去記録より、ロシア〜アラスカの周波数は3つあり、1つは今回の震源域とは全く違う距離のため、該当いたしません。残る2つの周波数を調べたところ、今年に入って4回予兆が発生しており、そのうちの1回が今回のM 6.2と類似する予兆で、4/1 [続きを読む]
  • ロシアへM 6.2と諏訪之瀬島噴火の検証
  • ●7/17に「諏訪之瀬島」で噴火がありました。この噴火に関しては、7/14にブログにて予知していたNⅤ_S66:西日本方面(小規模噴火)水蒸気爆発予兆発生が該当予知になり、予知より3日後の噴火という結果になりました。今回は、御嶽山の波形形状と類似した角ばった形状でしたので、水蒸気爆発といたしました。これにより、前回の「西之島」(900km)などが予知できることから、長波帯の電波の方向性による観測範囲は、約1 [続きを読む]
  • 国内外地震情報とサプライズ予知
  • ●メルマガにて「国内外地震情報」の更新を行いました。サプライズ予知:NⅣ_S61:山形県〜青森県周辺へM 4.3±0.5(震度4前後)           NⅠ/MⅠ_S62:北海道(東部)へM 5.1±0.5(震度4前後) NⅠ_S63:福岡県〜大分県周辺へM 4.8±0.5(震度4前後) NⅠ_S64:奄美沖縄へM 5.5±0.5(震度3前後)P.S.神奈川県の沿岸部の南 [続きを読む]
  • 海外地震と火山噴火情報の更新
  • ●メルマガにて「海外地震と火山噴火情報」の更新を行いました。7/7に福島県沖へ震度4(M 4.8)の地震がありました。この地震に関しては、5/17-7/13の期間で予知していたNⅠ_J341:福島県周辺へM 7.3±0.5(津波警報)が該当地震になりますが、震源域が海溝より内陸に近づいたため、北米プレートの荷重によりマグニチュードは減衰したようです。P.S.神奈川県の浸水エリアへの「南海トラフのお知らせ」(托鉢) [続きを読む]
  • 海外地震情報の更新とフィリピンヘM 6.5の検証
  • ●メルマガにて「海外地震情報」の更新を行いました。●7/6にフィリピンにM 6.5の地震があり、家屋の倒壊により、少なくとも1人が死亡10人が負傷したとのことです。この地震に関しては、周波数と距離の関係から、5/31に予兆を捕捉し、メルマガにて6/1-6/21の期間で予知していたNⅢ_W321:台湾周辺へM 6.3±0.5が該当予知ということが分かりました。約1カ月を経て発震となったため、予知期間をオーバーしたこ [続きを読む]
  • エクアドルへM6.0と九州及び北海道へ震度5弱の検証
  • ●7/1にエクアドル沖へM 6.0の地震がありました。この地震に関しては、周波数と距離の関係から、ブログのサプライズ予知にて6/1-7/10の期間で予知していたNⅤ_S53:南米(トリニダードトバコ)周辺へM 5.8±0.5が該当予知になります。被害は無かったようです。●7/1_23:45に北海道(胆振地方中東部)へ震度5弱(M 5.3)の地震がありました。この地震に関しては、ブログのサプライズ予知にて6/27-7/12の期間 [続きを読む]
  • ニュージーランド北方沖へM 6.0×2回
  • ●6/29にニュージーランド北方沖へM 6.0が2回発生いたしました。1回目(3:20)2回目(16:03)この地震に関しては、メルマガにて6/28-7/12の期間で予知していたMⅠ_W329:ニュージーランド周辺ヘM 6.9±0.5が該当予知になります。太平洋プレート上で周波数の競合する北半球方面のアラスカなどに反応が現われていたため、対面に位置するニュージーランドに予兆が出ているものと断定し、予知情報を配信した [続きを読む]
  • 海外地震情報の更新とサプライズ予知
  • ●メルマガにて「海外地震情報」の更新を行いました。★サプライズ予知:NⅠ_S60:北海道(南部)周辺へM 5.3(震度5弱前後)を追加いたします。P.S.南海トラフのお知らせ(托鉢)を行っております。現在、平塚の沿岸地域と相模川の周辺をスクーターで巡回しておりますが、季節は「梅雨」のため、晴れ間のみの巡回になります。学校関連は、夏休み前までにお知らせしたいと思っております。 [続きを読む]
  • 長野県南部へ震度5強(M 5.7)の検証
  • ●今朝の7:02に長野県南部へ震度5強(M 5.7)の地震がありました。この地震に関しては、6/15のブログにて6/15-6/25の期間でサプライズ予知していたNⅥ_S56:長野県北部周辺へM 3.7(震度4前後)が該当予知になります。予知期間は丁度良い感じでしたが、マグニチュードの算出を間違えてしまったようです。長野県周辺にお住まいの方と5万人の予知ファンの皆さまには、お詫びを申し上げます。 [続きを読む]
  • グァテマラへM 6.8の検証
  • ●6/14のM 6.9に引き続き、6/22にグァテマラへM 6.8の地震がありました。家屋や道路に被害があり、4人の負傷者が出たとのことです。この地震に関しては、メルマガにて6/19-7/4の期間で予知していたNⅥ_W326:メキシコ〜ニカラグア周辺へM 6.3±0.5が該当予知になります。 [続きを読む]
  • 海外地震情報の更新と南海トラフの続報
  • ●メルマガにて「海外地震情報」の更新を行いました。●6/20に豊後水道へ震度5強(M 5.0)の地震がありました。この地震に関しては、メルマガの「国内地震情報」にて5/28-6/26の期間で予知していたNⅤ_J342(J339の延長):九州地方(熊本県/日向灘/伊予灘)周辺へM 6.4±0.5が該当予知になります。豊後水道で発生した地震では過去最大震度とマグニチュードであったようです。(ヤフー天気、災害)ホームペ [続きを読む]
  • 国内地震情報の更新とサプライズ予知とシンポジウム
  • ●メルマガにて「国内地震情報」の更新を行いました。★サプライズ予知:MⅠ_S58:ロシア(クリリスク〜カムチャツカ半島)周辺へM 5.8±0.5とNⅤ_S59:中国(Chihe)安徽省北東部周辺へM 5.7±0.5を追加いたします。P.S.昨日、東京大学地震研究所にて「地震発生予測と大震法及び地震防災研究」のシンポジウムが開催されましたので、参加させていただきました。数日の期間で新幹線を止める予知技術はありま [続きを読む]
  • 海外地震情報の更新と火山噴火
  • ●メルマガにて「海外地震情報」の更新を行いました。再び「津波警報」を発令いたしました。●サプライズ予知にて6/1-6/15の期間で予知していたNⅣ_S54:小笠原諸島方面に小規模噴火予兆発生は、6/6に西之島で溶岩流が発生し、噴煙で接近不能状態とのことです。P.S.南海トラフのお知らせ(托鉢)を行っております。現在、三浦市、横須賀市、葉山町、鎌倉市、藤沢市、小田原市まで完了し、茅ケ崎市を巡回中です。藤沢市を巡 [続きを読む]
  • グァテマラへM 6.9の検証とサプライズ予知
  • ●6/14に中米のグァテマラへM 6.9の地震がありました。教会の一部が崩壊し、1人が負傷したとのことです。この地震に関しては、メルマガにて6/1-6/16の期間で予知していたNⅣ_W320:メキシコ周辺へM 6.7±0.5が該当予知になります。★サプライズ予知:NⅥ_S56:長野県北部周辺へM 3.7(震度4前後)と、NⅥ_S57:鳥取県周辺へM 4.6±0.5(震度4前後)を追加いたします。 [続きを読む]