街知の箱☆アシモ さん プロフィール

  •  
街知の箱☆アシモさん: 街知の箱(まちのはこ)
ハンドル名街知の箱☆アシモ さん
ブログタイトル街知の箱(まちのはこ)
ブログURLhttp://mattibako.soreccha.jp/
サイト紹介文山口の商店街にあるレンタルボックス♪個性光る商品やイベント等をお伝えします☆オーナー様募集中!
自由文街知の箱では、ハンドメイドだけでなく、アンティーク、リサイクル、アウトレット品も並んでます。販路開拓や宣伝のために、お店の商品を置く方、ここを足がかりに独立された方もいらっしゃいます!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供307回 / 365日(平均5.9回/週) - 参加 2012/06/03 18:55

街知の箱☆アシモ さんのブログ記事

  • ロシアで米国ブランド♪
  • こんばんは!フィウミチーノ空港は混雑していましたが、時間に余裕を持って搭乗ゲートに着きました。実は搭乗する際、ちょっとしたトラブルがありましたが、無事に飛行機に乗れました。(このトラブルについて知りたい方は、お気軽にお尋ねください) ローマから帰りもモスクワ経由でしたが、モスクワでの乗り継ぎの待ち時間が3時間以上あったので、シェレメーチエヴォ国際空港を探検してみました。免税店はウォッカやウィスキー [続きを読む]
  • 空港★大混雑♪
  • こんばんは!搭乗手続きが予想以上に早く終わったので、ちょっと空港内をウロウロしようかと思いましたが、念のために次の保安検査へ行こうと決めました。そしたら、保安検査場前の踊場が大混雑していました。日本人の添乗員さんが、団体さんに「横入りされるでしょうが、ひるまず前進してください」と忠告していました。もう列なんてできていない団子状態でした。私は、検査のために既にコートを脱いでいたので大丈夫でしたが、ダ [続きを読む]
  • フィウミチーノ空港に到着♪
  • こんばんは!観光客があまり使わないようなローカル線の鈍行列車は、車体にスプレーペイントの落書きがあったりして、今まで使っていた列車とはガラッと違い、少し薄汚い感じでした。しかし、利用時間が通勤時間帯だったので、中は混雑していました。列車は、問題なくサン・ピエトロ駅から5分位でトラステヴェレ駅に着きました。そこから乗り換えですが、フィウミチーノ空港駅行きのホームを探すのは簡単でした。電光掲示板もある [続きを読む]
  • 朝から階段昇降♪
  • こんばんは!サン・ピエトロ駅の地下道を通っていくと、ホームへ上がる階段が見えてきました。フィウミチーノ空港駅に行くには、トラステヴェレ駅(Roma Trastevere)で1回乗り換えをしないといけないので、その方面へ行くホームも見つけました。しかし、券売機が見つからない。地下を隅々歩いても、ホームに上がってもそれらしい機械がない。乗ろうと思っていた電車の発車時間は近づいていたので、現地の人を捕まえて、どこで切 [続きを読む]
  • 最後の朝食♪
  • こんばんは!帰国便が午前11時発だったので、デボラが7時に朝食を用意してくれました。こんな朝早い朝食を頂くのは私一人だけなのに、クロワッサンやハムやチーズなどがズラッと並ぶ豪華な食事でした。更に、目の前でカプチーノも作ってくれました。朝食は宿の共有ラウンジで食べましたが、ゲストルームが隣接していたので、声や物音で他のゲストたちを起こさないよう気をつけました。デボラは空港には2時間前に着けば大丈夫と言っ [続きを読む]
  • 最後の夜は情熱的♪
  • こんばんは!サン・ピエトロ大聖堂の後は、サン・ピエトロ広場やバチカン周辺のお店やサンタンジェロ城を見に行きました。しかし、日が落ちてから、急に雨が降り出しました。その時、運悪く傘を持っていなかったので、バチカンから屋根がある場所まで走っては、次の屋根がある場所に走るということを繰り返して、なんとか濡れ鼠にならずに宿(Il Pontefice)までたどり着きました。宿が近くて良かった!最後の夜のお部屋も、広くて [続きを読む]
  • サン・ピエトロ大聖堂♪
  • こんばんは!サン・ピエトロ大聖堂は、素晴らしかったです。大聖堂の内部は、ミケランジェロやベルニーニなどの巨匠たちが創作した芸術作品でぎっしりと装飾が施されていて、まるで美術館でした。正直なところ、バチカン美術館より感動しました。ただ、その前に見学したローマのサン・ジョバンニ・イン・ラテラノ大聖堂より素晴らしかったかと言われると、甲乙つけがたいです。どちらも歴史の重みと荘厳な雰囲気を味わえました。た [続きを読む]
  • バチカン美術館♪
  • こんばんは!バチカン美術館の攻略法や見るべき作品群を色々な人がネットに載せていますが、個人的に事前準備の中で「やってて良かった」と思った2点を申し上げます。1点は美術館のチケットをオンライン予約したこと。これは年末年始の訪問なら必須でしょう。もう1点は、予約後にダウンロードしたPDFファイルの中に館内の地図があり、それを印刷し、ネットで薦められた順路と押さえておきたい作品名を展示エリアの横に記入しておい [続きを読む]
  • バチカン入国・出国・再入国♪
  • こんばんは!お部屋はまだ清掃中との事でしたが、私もバチカン美術館の予約時間があったので、宿で頂いたコーヒーを飲んで一息ついてから直ぐに、バチカン市国へ向いました。宿から徒歩10分位でサン・ピエトロ広場に到着しました。そこには、もの凄い数の人達がいました。その奥にあるバチカン美術館へ向うと、バチカン市国の国境である城壁の外に出ました。つまりイタリアにまた入国したら、その城壁沿いに入場待ちの行列ができて [続きを読む]
  • レトロな体験♪
  • こんばんは!バスを降りて徒歩数分で宿に着きましたが、今回の宿もマンションの中にありました。マンションの玄関口で宿のインターホンを鳴らしたら、女性の声が聞こえました。名前を告げたら、カチッと入口の鍵が開く音が聞こえたので、中へ入りました。閑散としたロビー、吹き抜けの高い天井、辺りを見渡していたら、外から男の人が駆け足で入ってきて、エレベーターで4階へ行くよう教えてくれました。すぐに入口が施錠されるか [続きを読む]
  • 【初】アスキーアートの店名♪
  • こんばんは!本日はとっても忙しかったので、申し訳ないのですが、旅行記の続きは明日書きますね。実は本日、初出店さんがいらっしゃいましたので、その作品をご紹介します。2wayクリップ付ダリア赤系つま(※)みみさんです。店名通り、つまみ細工を作られます。※ ∩ ∩(=∧・∧=)が正式な表記です。改行されたアスキーアートの為、環境によって正常に表示されない場合があるので、付属のアイコンを代用しております。m(_ _)m [続きを読む]
  • ローマ★バスの旅♪
  • こんにちは!バスにはスリが多いという事なので、荷物から手を離さないよう気を張っていましたが、意外にバスの旅は楽しかったです。徒歩とは違う角度で共和国広場やヴィットリオ・エマヌエーレ2世記念堂などが間近に見えて、ちょっと感激しました。車内でも、生のイタリアを垣間見ることができました。例えば、混雑した車内で女性や子供やご老人を差し置いてシレっと空席に座った中年男性がいて、「騎士道の国でも自分勝手な男性 [続きを読む]
  • 人類みな兄弟♪
  • こんばんは!新年で聖地バチカンへ行くバスはギュウギュウ詰めでした。バスでは、刻印機に近くにいる人達が自然とボランティアとして、乗客から切符を受け取り、刻印してくれていました。優しい♪ でも、刻印のない切符が発覚すると、切符よりはるかに高い罰金を取られるから、皆腕を伸ばして必死でした。実は私、ローマでトラムに乗ったとき、車両の全ての刻印機が壊れていて、刻印できなかったことがありました。最後の車両の最 [続きを読む]
  • 小雨の中、ローマへ♪
  • こんばんは!翌朝は、8時39分の特急列車でローマに戻る予定でした。フィレンツェは朝から小雨が降っていて、この旅行で初めて折り畳み傘を使うことになりました。イタリアの冬は雨が降りやすいと聞いていたので、用意していましたが、できれば使いたくなかったですね。しかし、傘を使わないと風邪を引きそうな、やっかいな小雨でした。更に、布のスーツケースを引いていたので、ビシャビシャにならないよう、できるだけ屋根の下を [続きを読む]
  • 3月のNo.1♪
  • こんばんは!食いしん坊の私、お腹がペコペコでも、あちこちでメニューの内容やショーケースの食べ物を見てどこで食べるかを吟味しました。色々と回って、ケースに新鮮で美味しそうなピザが並んでいたBlack Bar(ブラック・バー)で食べることにしました。目の前に美味しそうなピザやパニーニが並んでいて、ついつい一人でピザスライスを2枚、パニーニを1つ頼んでしまいました。ここが一人旅の難点で、相方がいればシェアできて色 [続きを読む]
  • あわやディナー難民♪
  • こんばんは!予想外の危機とは、元日と日曜日が重なり、あわやディナー難民になりかけたことです。先ずは、当時トリップアドバイザーで1位だったSandwichicを訪ねました。イタリアのサンドウィッチ、パニーニ専門店だから、元日でも開いているかな?と思ったら、なんと閉まっていました。 次に、日本人シェフがいるイタリア料理店、Trattoria Accadi(トラットリア・アッカティ)に向かいました。実は両方、ドゥオモから離れてい [続きを読む]
  • ミケランジェロ広場の肝は♪
  • こんばんは!夕方のラッシュに巻き込まれましたが、なんとかバスは夕暮れ時に小高い丘の上にあるミケランジェロ広場に着きました。アゼルバイジャン人の女の子のお蔭で退屈はしませんでしたが、結構な時間を要しました。多分バスを使わず、駅から歩いて行けそうでしたが、坂道なので、楽をしたい方や足腰が悪い方にはバスをおススメします。夕方の広場は、たくさんの車や人がいて非常に混雑していました。先ずは、レプリカのダヴィ [続きを読む]
  • シエナからこんにちは♪
  • こんばんは!サンタ・マリア・ノヴェッラ教会の後は、銅製のダヴィデ像があるミケランジェロ広場に行くことにしました。なぜなら、イタリア人とフィレンツェの観光名所の話をすると、「ミケランジェロ広場は行くべきだ!」とよく言われたからです。サンタ・マリア・ノヴェッラ駅に戻ると、元日の日に考えることは皆一緒のようで、かなりの人がそこでミケランジェロ広場行きのバスを待っていました。しかし、バスが時間通りに来ない [続きを読む]
  • 商魂たくましい♪
  • こんばんは!ピサからフィレンツェに戻ってきて、「さて、どこに行こうか?」と思いました。なぜなら、2日間(正確にいうと1日と1/4)で行きたいところは全て制覇していたからでした。元日ということで、開いてない観光地もあるので、選択肢は少なかったです。先ずは、駅名にもなっているサンタ・マリア・ノヴェッラ教会に行くことにしました。駅から見える地味な茶色の外観と違い、反対側の正面は、白と緑の幾何学模様で装飾され [続きを読む]
  • 天然記念物の桜も♪
  • こんにちは!本日は、旅行記を一旦お休みしてお知らせがあります。この度、弊店は、実験的に4月から6月の平日の営業時間を11時から10時に変更してみます。平日は朝早くから行動する方が多いなぁと感じて早2年。ようやく重い腰を上げた次第です。 平日1時間早くするだけですが、単純計算で月2日分ほど多く働くことになります。ブログ読者様はご存知かと思いますが、結構遅い時間まで働いていますよね、私。 ただ、新しいお客様の [続きを読む]
  • さよならシエナ♪
  • こんばんは!実は、ローマの宿で「ピサは2時間位で観光できるから、午後は特急でベニスに行くべき」と言われました。「いやいや、ベニスは寒いし、数時間しか滞在できないだろうから、慌てて観光したくない」と断りました。そしたら、言われた通り2時間位でピサ観光が終わりました。お昼をピサで食べようと思っていましたが、元日であまりに町が静かだったので、さっさと駅に戻りました。フィレンツェへの切符を買った後、「もしか [続きを読む]
  • 支えるのはケンカの元?
  • こんばんは!ピサの斜塔から出たときは、お昼前だったと思いますが、広場は観光客でいっぱいで、「あれ、いつの間に?」と思いました。朝ゆっくりできる11時台から観光客が増えてくるのかもしれません。多くの人達が斜塔での定番、支えるポーズで撮影しようと奮闘していましたが、微調整が結構大変そうで、ケンカ気味のグループもいました。そして、ピサの斜塔がある広場には、斜塔や大聖堂以外にも、洗礼堂、墓地、美術館2つがあ [続きを読む]
  • あの傾きを体感♪
  • こんにちは!ピサの斜塔を実際に上ってみたら、想像以上に傾いていました。らせん状の階段を上って行くと、塔の中心の方に自然に体が引っ張られたり、反対側の外壁側に体が引き寄せられたりしました。つまり、塔が傾いている方向に体が傾いてしまいました。なので、両腕を横に広げて両壁に手をつきながら、ふらふらする体を支えながら上りました。まるでビックリハウスの中を歩いているみたいでした。でも、フィレンツェのクーポラ [続きを読む]
  • 2月のNo.1♪
  • こんにちは!ピサセントラル駅には10分位遅れて到着し、ピサの斜塔の予約時間まで1時間ちょっとある感じでした。駅前にはまだバスが到着していなかったので、そのままピサの斜塔まで歩いていくことにしました。さすがに元日の朝、もの凄く静かでした。駅を背にして真っ直ぐ歩いてくと、アメリカの近代アーティストのキース・へリングが最後に描いた壁画が左に見えてきました。「あれ、この道で合っている?」と思い、たまたま歩い [続きを読む]
  • ヤンチャそうでも紳士♪
  • こんにちは!慌てて飛び乗った電車は、予定時刻より遅く出発しました。 走った後の動悸も落ち着いてきたので、「今のうちに駅で買った生理用ナプキンを使おう!」と思い、トイレに行きました。そしたら、思いのほかトイレが汚い。そんなに切羽詰っていないので、綺麗なトイレを求めてトイレ行脚を始めました。車内は空いていましたが、何両移動してもなかなか「これっ!」というトイレに巡り合いませんでした。そしたら、顔中ピア [続きを読む]