伊東佳美 さん プロフィール

  •  
伊東佳美さん: ピアニストのためのアレクサンダーテクニーク
ハンドル名伊東佳美 さん
ブログタイトルピアニストのためのアレクサンダーテクニーク
ブログURLhttp://ameblo.jp/piano-tonica/
サイト紹介文身体の構造に基づいた無理のないピアノ奏法を紹介しています。目からウロコ!な記事満載!
自由文ピアニスト、アレクサンダーテクニーク教師の伊東佳美です。身体の構造とピアノの構造を学び、考え、実験して より良い奏法、楽にやりたい音楽ができるような奏法を提案しています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供111回 / 365日(平均2.1回/週) - 参加 2012/06/04 20:48

伊東佳美 さんのブログ記事

  • バージョンアップ
  • この三連休は、イギリスから初来日されたアレクサンダー・テクニーク教師のセミナーを受講しています。 ピアノの先生といっても教えることも教え方もさまざまです。 同じように、アレクサンダー・テクニーク教師も人によってまるで違ったりするのです。 初めての先生の初めてのやり方を観て、考え方を聞いて、納得したり驚いたり。 今日は自分がアクティビティーを受けて、またまた発見がありました これまでわかっていて、やって [続きを読む]
  • 鍵盤を押す?!
  • ピアノを弾くことは、鍵盤を「押す」ことだと思っていらっしゃる方が多いようです。 ピアノは、鍵盤がある程度の速度で下がれば音が出るしくみです。 押して鍵盤を下げることもできます。 重さを乗せて下げることもできます。 一曲につき何千回?何万回?何十万回??もの作業です。 どちらが楽でしょうか? これが「脱力して弾くと楽だよ」という考え方のもとなんですね。 そのためには腕の重さを取りもどなさないと!(前回のブ [続きを読む]
  • 腕の重さはどこへいった?
  • あっという間に3月になっておりました更新が滞っていてごめんなさいm(_ _ )m 私が継続セミナーとして開催しているものに「マッピングセミナー」と「テクニックセミナー」があります。 マッピングセミナーは「体のしくみを学んでそれをピアノ演奏に生かそう!」という目的です。 テクニックセミナーは体の構造から考えて無理のない、でも理想の音楽をするために必要なピアノのテクニックを学んでいただくためのものです。 そのどち [続きを読む]
  • テクニックもバージョンアップしませんか?
  • 今年からマッピングのクラスが増えて、月に3回 同じテーマについてレクチャーしています。 第1回目は「手」 みなさん手について、よく見てて、それなりに知っているつもり…だけれど、誤解がたくさんあります そもそも5本指のうち親指は違うとは思っているけれど、あとの4本は同じだけ筋肉があるって思ってたり… え…違うの そうなんですよ〜 ピアノを弾くために使う筋肉の多くが腕についています。 そして、その筋肉の数が指 [続きを読む]
  • 筋肉がうまく使えない理由
  • 和音などで強い音を出すときに使うと有効な筋肉は「広背筋」です。 「広」い「背」中の「筋」肉…つまり背中にある大っきな筋肉です。 え〜?!背中の筋肉でピアノが弾けるの?!と思った方 そうなんですよ〜 広背筋は本来の働きとしては腕を動かす筋肉なんです。 鉄棒にぶら下がったり、ボート漕ぎのときに使われる筋肉です。 上腕を一瞬すばやく引くと広背筋を使えている場合にはとても速くそれができます。 ピアノを弾く動きと [続きを読む]
  • 強い音を出すためのレシピ
  • 強い音や弱い音を出すのがうまくできないという方が、少なからずいらっしゃるので今日はそのことについて書きますね。 そもそもピアノという楽器で音の強さを変えるために必要なことは… 何度も書いているように 「打鍵のスピード」ですよね。 重さとか気持ち?!とか「弱い音のときには身体を小さくする」と答えた子どもさんもいらっしゃいましたが…(^^; 音の強弱は「鍵盤が鍵盤の底に達するスピード」のみで変わるのです。 で [続きを読む]
  • 弾きやすいように弾くと
  • 先日のレッスンでのこと。 仕上げ段階の曲で、まだ弾きにくそうに見える… なので、聞いてみた。 「ここ、もっと時間かけて(間をとって) 弾くのは嫌いですか?」すると「えっ?間をとっていいんですか?弾きにくいけど、2拍子を意識して弾いてたんです…」「じゃあ弾きやすいように、たっぷり間をとって弾いてみてください。(やりすぎで)おかしかったら言いますから」で…弾いてもらうと、とても自然で美しい!そのことを伝えると [続きを読む]
  • 座り方(体幹部)を変えるとこんなに…
  • 今日は京都でマッピングセミナーの第5回目(最終回)でした。 テーマは「呼吸・全体」です。 呼吸のことでも間違った認識をされている方がとても多いです。 昨日のホルンのレッスンでは、呼吸のしくみを正しく知るだけで、吹きやすさや音がとても変わりました 今日はピアノを弾くことで、体全体を使っていることを体験していただきましたよ たとえば姿勢。 背が低いとどうしてもこんな風になってしまう… 「ピアノとの距離」「椅 [続きを読む]
  • 今年の目標は
  • 今年の抱負、目標…などをずっと考えたりしていたのだけれど、まだ「本気!」になることが見つからず… ちょっとちょっとぉ〜!と思いつつ、仕事や勉強、練習、実験をしている年始です。 昨年の目標の一つは、国際アレクサンダー・テクニーク協会の認定教師となることでした。 授業に参加したり、個人レッスンを受けたり、日々練習を重ねて、準備をしました。そして半年の間に数回の試験にチャレンジして認定をいただくことができ [続きを読む]
  • 肘を張り出す原因は
  • 昨日の記事で取り上げた「肘を張り出すような腕の動き」について さて、どうしてこんな大きな動きになるんでしょうか? 原因のひとつは 「手首が固まっているから」です。 手首は本来はとても動きやすい構造です。 動きやすいはずの手首が固まるということは、固めるような使い方をし続けた結果なのです。 「手首が動かないように」「手首をできるだけ動かさないで」 のような指示を受けたことはありませんか? このようなアドバ [続きを読む]
  • 動きを見る〜レッスンの質を上げるために〜
  • 新年あけましておめでとうございます今年もピアノ演奏やレッスンに役立つような情報を書いていきますね ピアノを弾くことだけでなく、何をするにしても、身体の使い方(癖?)は人それぞれです。 ピアノは猫が歩いても音が出る楽器なので、鍵盤をある程度の速度で下げれば、それなりに弾けるわけです。 なので… 体の使い方を勉強することなく(あるいは、体の構造などを無視したような使い方で)努力と根性で、なんとかやってきた [続きを読む]
  • 今年もお世話になりました
  • 今年も残すところ数時間となりました。ここを訪れてくださったみなさま、一年間ありがとうございました。 今年を振り返りますと 1月からアレクサンダーテクニークの学校(母校)で毎週クラスを担当することになり、ピアノに限らずいろんな方々とレッスンして、私自身も学びを深めることができました また、東京でも定期的にセミナーを開催することとなり、多くのピアノを弾く方、教える方々とご一緒に実験して学ぶことができまし [続きを読む]
  • 今年のクリスマス
  • クリスマスですね〜みなさん楽しい時間を過ごされるのでしょうね 私はこの3連休、朝から晩まで勉強三昧です アレクサンダーではなくて、新たな分野です。ピアノ演奏や指導に大いに活用できそうです〜〜またみなさんにシェアできるように、しっかり学んできますね 今年のセミナーは、今週月曜に全て終了しました。 数えてみたら、一年間で66回もセミナー&勉強会をやっていました! 自分でもびっくりです 多くのみなさんにお会 [続きを読む]
  • 脱力の基本は
  • 昨日は脱力セミナーでした。 今回は参加者も少なくて、みなさんがそれなりに腕の力を抜くことができたので、ピアノを使って実践できました。 腕の力がぬけたら、指の骨に腕の重みを乗せることをやるのです。 うまくバランスがとれたら、腕の重さを一本の指に乗せられますよ。 みなさん「腕がこんなに重かったなんて!」 とその重さ、圧に驚かれていました。 手首が動くことによって、その重さを他の指に乗せかえていく(重心移動 [続きを読む]
  • ピアノを弾くために必要な力って?
  • 以前、脱力スペシャルセミナーにご参加くださった方からのご質問。 「脱力ができたらピアノを弾くために力は必要ないんですね!じゃぁピアノを弾く時に必要な力って何ですか?」 そうなんです。 それほど強い音を出さないでピアノを弾くのならば、力は必要ないんです! レッスンやセミナーなどで観察していると、多くのみなさんが「がんばって」弾いていらっしゃる。 力入れたり固めたり… それらの多くは、それをやめてもピアノが [続きを読む]
  • セミナーの感想とお知らせ
  • 先日はピティナの横浜コレーゲステーションによんでいただいて、ピアニストのためのアレクサンダーテクニークの講座を行いました! 初めは静かな反応だったのですが、時間が経つにつれてだんだんと質問も出てきて、見やすい場所へ移動したり、やってみたい!と前へ出てきてくださったり…と、みなさんとても積極的に参加してくださって、楽しく充実したセミナーとなりました。 あれこれやりすぎて、時間が足りなかったです ご感想 [続きを読む]
  • できるようになるために
  • 生徒が理解して、できるようになるために先生方はいろんな工夫をされていることと思います。 セミナーに参加して勉強したり、生徒に合った教本を使ったり、グッズを使ったり… そんな努力をしても、なかなか伝えることがうまくいかないことの一つが「脱力」ではないでしょうか? 先生自身が本当に脱力が出来ていても、それを教えるのは難しかったりします。 それは「正しいこと」として教えられてきていることが、脱力の邪魔になっ [続きを読む]
  • 弾かないと衰えるのはここ?!
  • この一年、ピアノを弾く時間がとても少なくて(数週間も練習できてない時もあったりして!)さすがにやばい!と思っていたのね。 私がやっている奏法だと「弾く」ための筋肉というのは、日常生活で使っている筋肉とほぼ同じなので、弾かなくても弾けなくなるということはほとんどなく、音(の響きや音色)も遜色ないんだけれど 長期間弾かないと衰える感覚がある。 それは… 指を開く&閉じる感覚! 指がどれくらい開くとどの鍵盤 [続きを読む]
  • 動きやすいところは動かしていいんじゃない?!
  • ここ数年、ピアノの指導をされている方に対してレッスンをすることが多いのですが、多くの方のお悩みの原因が 「手、手首を固めて指(だけ)で弾こうとしていること」にあるようなのです。 エアーピアノをやってみてもわかるように、指をしっかりと動かそうとすればするほど、手首は動きません。 反対に、手首を動かそうとすると、指はそれほど動きません。 手首が固まる(固める)と腕が痛くなる原因となります。 手首の上下の動 [続きを読む]
  • トリルはこの指使いで!
  • 「トリルがうまく弾けない」というお悩みをよく聞きます。 以前にも書きましたが、 隣の指(1の指を除く)は、手の中にある指の骨が腱で繋がっているために、動きにくいです。 2と3の指についている手の中の腱は手首に近いところなので、比較的マシですが、3と4と5の指の腱はそれよりも指先に近いので、当然動きにくいです。 なので、トリルを弾きやすくするには、まずは「指使いを見直す」のが身体のためにも一番いいです。 いろい [続きを読む]
  • 身体は思った通りにやろうとする!
  • 自分の身体は、自分が思っている(考えている)とおりにやろうとしてくれます。 たとえそれが無理なことでも。 「五十肩でこっちの腕が上がらないんです」という方が時々レッスンにいらっしゃいます。 そんな時には、腕の仕組みをお話しします。 ・腕は鎖骨から動く・肩甲骨も腕と一緒に動く これを動きやすい方の腕で、実際に腕や鎖骨、肩甲骨の動きを確かめてもらいます。 骨格模型やアプリで動きを説明したりもして… 動きが自 [続きを読む]
  • 脱力と筋感覚の関係
  • セミナーのご依頼を受けると「何が知りたいですか?」とリクエストを伺います。 細々したテクニックや音色の作り方のこともあれば「脱力を生徒にどうやって教えたらいいか?知りたいです」とおっしゃることも多いです。 オクターブの連打や指を速く動かす、スタッカートを美しく弾く、音を揃える、響きの豊かなフォルテやホールの端まで届くピアニシモを出す…などなどのテクニックは、すぐにその場でお教えしてできることです。 [続きを読む]
  • 椅子の位置が大事な訳
  • いつもブログを訪問して下さってありがとうございます(o^^o) まず体調についてはご心配をおかけしておりますが、順調に快復に向かっていますので、ご安心下さい。 みなさんのお心遣いに感謝します。ありがとうございます(*^^*) ライブコンサートを楽しみにして下さった方々には大変申し訳ありませんでした。 心に残る名曲と愉しいおしゃべりの時間をご一緒したかったのですが…とても残念です(u_u) また企画しますので、それまでお [続きを読む]
  • ライブ中止のお知らせ
  • 11月5日(土)に予定していましたライブコンサート体調不良のため、中止とさせていただきますm(_ _)mチケットご購入して下さいました方、私に直接お知らせくださいm(_ _)minfo@yoshimiito.jp090-9162-9362払戻し手続きをさせていただきますm(_ _)m大変申し訳ありませんが、よろしくお願いいたします。 [続きを読む]
  • アレクサンダー・テクニークセミナーって?
  • 昨日のセミナーは「ピアニストのためのアレクサンダー・テクニーク」でした。 はじめにアレクサンダー・テクニークの概要をお話するのですが、国によってはこのレッスンは保険適用なんですよ〜とお伝えしたら、びっくりされていました。 イギリス、オランダ、ドイツ、アメリカでは医師の診断書があれば、アレクサンダー・テクニークのレッスンは保険適用なんです。 それほど、医学的に効果があると認められているのです。 それくら [続きを読む]