tenpu_word さん プロフィール

  •  
tenpu_wordさん: 中村天風の言葉
ハンドル名tenpu_word さん
ブログタイトル中村天風の言葉
ブログURLhttp://tenpu0201.blog.fc2.com/
サイト紹介文中村天風先生の元気が出る言葉をあなたに!天風流成功哲学、真の幸福について、悟りへの道、十牛図の解説
自由文「天風哲学は積極性をもって人生に生きよという教えであります。だから、欲を捨てろなんて、そんな消極的な、できないことは大嫌いだ、私は。欲望にはね、苦しい欲望と、楽しい欲望と、二つあるんだよ。叶わない欲望を心に描くと苦しいんだ。 」
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供361回 / 365日(平均6.9回/週) - 参加 2012/06/05 21:47

tenpu_word さんのブログ記事

  • 06/24のツイートまとめ
  • tenpu_word 神人冥合 ― 神というものと人間とは、人間の心に従って、きわめて微妙に結び付くようにできてるということを知らなければいけないんですよ。ですから、それを知ってやりさえすりゃ、わけなく結びついちまう。 06-24 20:18 適者生存の生き方にそむくというのは、ひらったい言葉で言うと、人間でありながら、人間らしい生き方をしてないということだな。 06-24 14:18 この宇宙霊というものは、人間の心で思ってる、 [続きを読む]
  • 06/23のツイートまとめ
  • tenpu_word 神人冥合というのはね、大自然のもつ神秘の力を十分に自分のものとして、人間の心の働きを超特的に向上して、自己の人生を万物の霊長としていかんなく確保しようというのが目的です。 06-23 20:18 「箱根山 かごに乗る人担ぐ人 してまた そのわらじを作る人」ここだよ。自分ひとりが満足して、自分ひとりで、やれ嬉しいの、悲しいの、やれ楽しいの、偉いの、俺は悟ってるの、悟らないの、いや安心してるの、安泰だ [続きを読む]
  • 06/22のツイートまとめ
  • tenpu_word 自分にまだ偏った気持ちがあったり、執着があっちゃ駄目だ。「あるがまま」というのは、自我の偏見、執着から離脱して、本然の自性がはっきりと煥発されたものが「あるがまま」だもん。 06-22 20:18 あなた方だって修養を貫徹してごらん。救ってあげようと思わなくても、救っちまうから。この人に教えてやろうと思わなくても、分かっちまうから。 06-22 14:18 我々が修行するのも、学問するのも、仕事をするのも、 [続きを読む]
  • 06/21のツイートまとめ
  • tenpu_word 『十牛訓』とは、第八図までは世の中の人の役に立つための自分を作る用意のための修行で、九、十図に至って初めて利他、他人のために生きる命ができると、こういうわけです。 06-21 20:18 『十牛訓』の「入てん垂手」・・・布袋さんが袋をぶら下げて店に入ってきた図なんだ。これは、常に誠と愛でひたすらに、人の世のためになることを言ったり、行って、実際に人生を生きてる人の姿だと、こう言っていい。終始一貫、 [続きを読む]
  • 06/20のツイートまとめ
  • tenpu_word 昔の諺にも、「大賢は愚のごとく、大人は小児のごとし」というのがある。ヨガの教えでは、「哲人、赤子のごとし」と言ってる。まだまだ私にはなれない、赤子には。 06-20 20:18 人生の出来事は何でも、突いてくる刀と同じように、「受けな、流すべし」で、相手にしないこと。そうすると、向こうの方で自分でつまずいてよろけちまうだけなんだ。 06-20 14:18 悟って終わってしまえば、悟らない時と同じだと。悟らな [続きを読む]
  • 06/19のツイートまとめ
  • tenpu_word 『十牛訓』の「返本還源」・・・修養もしつくして、本然に返るということ。これは難しいことだけどね。悟って悟って悟りつくして、もとの本然の世界に返ったんだ。本然の世界とは、何の塵も汚れもない、清浄無垢の姿が本来の姿だよ。何にもないんです。 06-19 20:18 かすがあったり、臭みがあるのは、まだそこに煩悩がある証拠だろう。本当にできてる人っていうのは、そこに臭みもなければ、なーんにもない。ただの人 [続きを読む]
  • 06/18のツイートまとめ
  • tenpu_word だから、ここまでくると、もう迷いもなけりゃ、悟りもないの。聖人も凡夫も善人も悪人もないんです。ことごとくを超越している。一切の悟り臭い嫌なにおいもなけりゃ、いわんや浮雲のような煩悩もない。 06-18 20:18 迷いがないと悟りがないんだよ。さっき言ったね、悪があるから善があるんだ。善があるから悪がある。そうだろ。迷いがないと悟れないんだ。迷いがあるから悟りってやつがあるんだ。 06-18 14:18 『 [続きを読む]
  • 06/17のツイートまとめ
  • tenpu_word 忘牛存人の境地というのは、心の中に何もない、純一無雑の境涯なんです。修行の極致に入りし人には、常に胸の中に一物のこだわりがない。毀誉褒貶、さらに意図せず。束縛もなけりゃ、苦しみもなきゃ、楽しみもない。生死を超越している。怒る人もなければ、怒らせる人もなく、となる。 06-17 20:18 修養に一生懸命努める人が今まで熱心に求めていた真実の人生が、今まさにその人と一体になった。チャーンと寝ても起き [続きを読む]
  • 06/16のツイートまとめ
  • tenpu_word 何となく定まりのない心持ちで、ただもう物質だ、金だという外物にのみ囚われて、そしてその日暮らしをしてるのが当たり前だと思ってる。それを考えずにいる人が幸福な人なんだ。現在を楽しんでる人。 06-16 20:18 病になってる者は、病が治りたいと思う気持ちよりも、現在もうすでに病が治った気持ちになりなさい。もっと分かりやすい言葉で言えば、出来てないことを出来た格好にしちまうんだ、頭の中で。そうすると [続きを読む]
  • 06/15のツイートまとめ
  • tenpu_word やっぱり、その道はその道を知った者から説かせることが一番いいんです。 06-15 20:18 「騎牛」、いわゆる牛に乗るという意味、すなわち人間の求める正しい獲物とは何だろう。人間の欲しいと思う正しい獲物とは人生真理だもん。人生真理をその心が完全に捕え得て、一致してる時のことなんだ。 06-15 14:18 人生の本当の幸福というのは、病と煩悶と貧乏、この3つがないことだ。そういう不幸は、もう私にはないんだ [続きを読む]
  • 06/14のツイートまとめ
  • tenpu_word 心身統一法の方で言うと、もうちゃーんと日々の人生が、あえてたいして注意しなくとも、また努力しなくても、知らない間に心身の統一の正しい境地に生きられるようになったというところなんだ。 06-14 20:18 『十牛訓』の「騎牛帰家」・・・今までなっかなか手なずけることのできなかった荒牛も、次第しだいに飼い主の思うように馴れてきて、もはや背中の上に乗って、のんびりと笛を吹いて、牛とともに楽しみながら家 [続きを読む]
  • 06/13のツイートまとめ
  • tenpu_word 「解することは易し、相続すること至難なり」・・・「相続」って、財産相続じゃないよ。悟りを開くことは易しいんだけど、それをズーッと続けていくことは難しいというんだ。 06-13 20:18 『十牛訓』の「牧牛」・・・心身統一法の方で言うと、たとえ人生の真理を知って、その根本要素である心の積極化を現実にするために、煩悩、いわゆる雑念妄念を除き去りえてもだよ、長い間の悪ーい生活の習慣は、しばしば不意にパ [続きを読む]
  • 06/12のツイートまとめ
  • tenpu_word 『十牛訓』の「得牛」・・・心身統一法の方で言うと、さて、私の教えを一通り聞き、実際方法もやるにはやったが、やった時だけは分かったかのように思ったのもつかの間、健康や運命上の出来事が新しく顔を出してくると、どうも全部が自分のものに完全になっていないように思う。 06-12 20:18 『十牛訓』の「得牛」・・・これはね、ようやく苦心惨憺の結果、牛を捕まえたんだよ、牛を。捕まえたには捕まえたんだけれど [続きを読む]
  • 06/11のツイートまとめ
  • tenpu_word 『十牛訓』の「見牛」・・・さっきは跡を見たんだったね。ところが、今度は牛を見たんだ。牧童が探し求めて、苦心に苦心を重ねて、ようやく牛の半身を見つけたところなんです。 06-11 20:18 『十牛訓』の「見跡」・・・牛を尋ね求めて、山、また山と探し回って歩いた牧童が、どうやらやっとのことで、とある谷川のほとりで牛の足跡を発見したとこなんだ。 06-11 14:18 七情にも淫があり、六塵にも色があり、五欲に [続きを読む]
  • 06/10のツイートまとめ
  • tenpu_word 私はこう考えてる、感謝を感じたときの心が本当の喜びなんだと。私はあなた方に何よりも感謝をまず考えよと教えてるでしょう。 06-10 20:18 『十牛訓』の「尋牛」・・・一人の牧童が、牛を尋ねて深い山の中にわけいっている状態。何とかもっと人間らしい生き方をしたいんだけれども、どういうふうにしたら本当に人間らしい生き方ができるんだろうということを考えだした、一番初めの気持ちをかたどったものだ。 06-1 [続きを読む]
  • 06/09のツイートまとめ
  • tenpu_word 学者や宗教家が、その時代の便宜に順応するために作った古臭い道徳観や、理屈にとらわれた倫理観を断然排斥する。賛成しないのであります。 06-09 20:18 人を喜ばせて、自分がまた、その人とともに喜ぶということが一番尊いことなんだ。 06-09 14:18 楽しいと思う心は、どんな辛い、苦しいことがあっても、それを辛い、苦しいと思わないんであります。楽しいという心のあるときには、辛い、苦しいという心は同居さ [続きを読む]
  • 06/08のツイートまとめ
  • tenpu_word あなた方みたいに、当分は死なないだろうとのんきに考えてる人間の頭の中には出てこない考え方かもしれない。けれどね、人の命、まことに、「明日ありと思う心の徒桜、夜半に嵐の吹かぬものかは」というのが本当のことだもん。 06-08 20:18 人生を理論的に難しく考えて苦しむよりは、率直に喜びのときをできるだけ多く、いかなる場合にも、心か肉体かどちらかに味わわせて生きることを人生生活の主眼とするのが、どう [続きを読む]
  • 06/07のツイートまとめ
  • tenpu_word 本を読んで一生懸命に考えるという研究じゃなくして、ただ先生と朝晩一緒にいるときに、冗談口たたいたり、まじめになったり、時によるとひやかされたりする言葉の中から教わる会得なんですからね。しょっちゅう一緒にいて、ゴタゴタやっている間に研究になるわけなんだな。 06-07 20:18 文明民族の多くは、ただもう目に見える物質だけを人生解決の唯一のものであるように考えて、肝心かなめの心というものをいつもな [続きを読む]
  • 06/06のツイートまとめ
  • tenpu_word この真理と真実とを絶対に信じ、常に高潔なる理想を心に抱くことに努めよう。さすれば、宇宙真理の当然の帰結として、必ずや完全なる人生が作為される。今ここに、この天の理を自覚した私は、何という恵まれた人間であろう。否、真実、至高至福と言うべきである。無限の感謝があるのみである。 06-06 20:18 神の定めた約束通り、その想像の中から正しい人生設計を現実化する気高い理想を作り上げよう。人の生命は、常 [続きを読む]
  • 06/05のツイートまとめ
  • tenpu_word 私は、今まさに喜びと感謝に満たされている。それは、神は人間の心の中に想像という特別の作用を与えて下されているからである。そして、神は常に我々を我々の想像する観念通りの世界へと真実に導き入れるべく、その準備を尽くされている。 06-05 20:18 よろしく健康想像と同様に、金をつくって、人の世のために尽くす仕事をしようと、こうなりゃ本物だ。また、そうしなかったら、その人にどんなに金ができても、その [続きを読む]
  • 06/04のツイートまとめ
  • tenpu_word 理想に到達しないあいだにも、その理想を意志しているところに、もう限りない、人の知らない幸福が来やしない?それが本当の幸福なんだぜ。あぁあるから幸福だ、こうあるから幸福だって幸福は、崩れやすい幸福なんだ。 06-04 20:18 この世、この時、この際、人間に生まれてきたのは、人の世に役立つために生まれてきたんだと、こう考え方を変えたらどうだ。 06-04 14:18 ああ、病になって幸せだなぁ。私をもっと尊 [続きを読む]
  • 06/03のツイートまとめ
  • tenpu_word 「積極観念の養成」の第四番目、何だろう?第一が「内省検討」だったね。第二が「暗示の分析」だったなあ。第三が「交人態度」、人と交わるときの態度。第四番目、何だろう。「苦労厳禁」だったね。 06-03 20:18 絶えざる創造への活動がもたらす自然結果を「成功」と、こう言うんだよ。わかった?絶えざる創造への活動。 06-03 14:18 凡夫、つまり普通の悟りを開かない人間というものは、しじゅうこの肉体を自分と [続きを読む]
  • 06/02のツイートまとめ
  • tenpu_word とにかく、人の世のためになることを何かしらねぇ、しじゅう心がけよう。心がけるつもりになりゃ、いざという時にすぐそういう気持ちになれる。だから、理想はどこまでも高潔なものでなけりゃいけないと言ってるのはそこなんです。 06-02 20:18 理想はよしんばその理想するところに到達しなくっても、絶えずその理想へ意志するということ ―いい言葉だな― 絶えずその理想へ意志するという気持ちを変えないことが、そ [続きを読む]
  • 06/01のツイートまとめ
  • tenpu_word 今まさに、こういう悩み、苦しみ、こういう出来事、これはこれから先の私をより高く向上せしめよう、進歩せしめようとする宇宙本体のお慈悲だ。まだ相変わらず昔みたいな下らない人間か否かをお試し下されようとしている試練だと考えたら、たとえようのないありがたさ、うれしさが心に感じてこない? 06-01 20:18 苦しみが多い、悩みの多い中に生きて、心がそれに少しも引きずられないで生きているときに、人間の生命 [続きを読む]
  • 05/31のツイートまとめ
  • tenpu_word 痛くても苦しくても、生きていることをなぜありがたく思わんか。 05-31 20:18 徹底的にしょっちゅう自分の心をきれいなものに、清らかなものにしておくことを心掛けなきゃ駄目だよ。 05-31 14:18 いかなる場合があっても、宇宙本体と自分は一緒に、しじゅう離れずにいるんだという、この崇高なる気分を心の生活の根本条件に入れなさい。 05-31 08:18 [続きを読む]