ヒッター7777 さん プロフィール

  •  
ヒッター7777さん: まるでダメな男の日記
ハンドル名ヒッター7777 さん
ブログタイトルまるでダメな男の日記
ブログURLhttp://hitter7777.blog.fc2.com/
サイト紹介文 このブログでは趣味のゲームや読書感想など非生産的な駄文を書き連ねていく予定です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供366回 / 365日(平均7.0回/週) - 参加 2012/06/07 13:31

ヒッター7777 さんのブログ記事

  • 第1844回 ヒストリエ 10巻
  • 岩明均 「ヒストリエ 10巻」  紀元前338年。 ボイオティアのカイロネイアで行われた、マケドニア王国対アテナイ・テーバイ連合軍の会戦。 マケドニア王フィリッポス2世率いるマケドニア軍は斜線陣(ロクセ・ファランクス)を敷く。 先鋒はスキタイ流くさび陣形を組んだアレクサンドロス王子だが、彼にはほんの僅かだが「先が見える」能力があった。 いやいや、アレクサンドロス王子の一騎駆けは怖すぎます。バケモノ [続きを読む]
  • 第1843回 シン・ゴジラ クライマックスver.
  • 「シン・ゴジラ」ムービーモンスターシリーズ ゴジラ2016 クライマックスver.   迫力があるじゃないですか! しかし、ソフビならこの2倍のサイズが欲しいところである。    第2形態、第3形態、凍結Verとこれで4種類ですね。 背ビレはクリアパーツです。 昔のゴジラの尻尾って、もっとトゲトゲがあったような気がするなあ。   全高17cmではちょっとサイズが小さい感があるので見送りかな。 [続きを読む]
  • 第1842回 ブラインドサイト(上)
  • ピーター・ ワッツ 「ブラインドサイト(上)」 BLINDSIGHT 『SFが読みたい! 2014年版』で「ベストSF2013 海外篇」第2位。第45回星雲賞海外長編部門を受賞作。 グリニッジ標準時間2082年2月13日、午前10時35分。 地球を覆った65,536個の“ホタル”のような光を放つブローブにより、地球は1m単位でスキャンされた。 2ヶ月後、“ホタル”が発信した信号を追跡した結果、カイパー・ベルトのバ−ンズ=コール [続きを読む]
  • 第1841回 絶対可憐チルドレン(11)
  • 椎名高志 「絶対可憐 チルドレン」48巻 ZETTAI KAREN CHILDREN 《黒い幽霊(ブラックゴースト)》のギリアムが仕掛けた精神汚染は徐々に《B.A.B.E.L.》内にも浸透していく。 隔離された観測所を脱出した皆本と賢木たちは、『蕾見文書』の助言(アドバイス)と、真木を取り返そうとする兵部の力を借りて反撃にでる。 だが、それすらもギリアムの見越していた罠であった。                    蕾 [続きを読む]
  • 第1840回 海軍士官クリス・ロングナイフ 7
  • マイク・シェパード 海軍士官クリス・ロングナイフ 7「勅命臨時大使、就任!」 Kris Longknife:UNDAUNTED 前巻でクリスと死闘を行なったコルテス大佐は、そのままクリスに雇われてしまいました。(笑) クリスたち偽装調査船ワスプ号御一行は人類宇宙の辺縁リム星域を越え、未踏査領域の使えるジャンプ・ポイントを調査していた。 既に滅んだらしい複数の種族が百万年〜二百万年前に作り上げたジャンプ・ポイント網は、跳んで [続きを読む]
  • 第1839回 北条早雲/豪談 後藤又兵衛
  • 永井豪「北条早雲/豪談 後藤又兵衛」 これも未読だった作品を1冊に纏めてくれました。ありがたや。  ・北条早雲 北条早雲ってヒッターはよく知らなかったんですが、応仁・文明の乱(1467年-1477年)の頃ですか。 日本の戦国時代の幕開けですな。 「下剋上」というのはこの人から始まったようなもので、室町幕府の申次衆(奏聞を取次ぐ役目)であった伊勢新九郎盛時は、戦乱に明け暮れる京を離れ、6人の仲間と共に東国鎌倉 [続きを読む]
  • 第1838回 幼女戦記(8)
  • カルロ・ゼン「幼女戦記 6 Nil admirari 」 前半 ネタバレあらすじです。 第壱章 冬季作戦「限定攻勢プラン」  Winter Operation,"Limited Offensive" 統一歴一九二六年十一月末。冬将軍という敵が現れた。 「自治評議会」と「帝国軍」の合同部隊は、連邦のゲリラ討伐に成果を上げ始めていた。 しかし、不凍液の不足により戦闘車両は半数以上が動かなくなり、歩兵大隊の火器は凍結する。 「サラマンダー戦闘団」とし [続きを読む]
  • 第1837回 ムダヅモ無き改革
  • 大和田秀樹「ムダヅモ無き改革」 前から気になっていたのだが、市内の古書店で発見して即購入。 ・ムダヅモ無き改革 全16巻 ・ムダヅモ無き改革 麻雀外交全記録 ・アンソロジーコミック ムダヅモ無き第二次改革 なんと18冊セット2千円であった。  すべての国際問題を麻雀で決着をつけるという各国首脳の熱い闘い。(すいません、まだ本編、読んでません(笑)) 「ムダヅモ無き改革 麻雀外交全記録」から 第1章日 [続きを読む]
  • 第1836回 子供たちは狼のように吠える 2
  • 地本草子「子供たちは狼のように吠える 2」 朝倉セナ、19歳。 軍警察という表の勢力と、ヤクザという裏の勢力を相手に、相棒の狼(ヴォルグ)・ニカと共に戦った少年。 ふたりの噂はサハリン島の混血の少年たちの憧れとなり、未成年の子供で作られる北サハリン最大の犯罪組織『少年団(ピオネール)』設立の礎となった。 中華系、ロシア系マフィアやヤクザたちとの抗争を繰り返し、4年後、セナは一流の殺し屋となっていた [続きを読む]
  • 第1835回 静粛に、天才只今勉強中! 2巻
  • 倉田 江美「静粛に、天才只今勉強中! 新装版」 2巻 貴族、僧侶、第三身分(平民)からなる国民議会(三部会)招集を求める高等法院(パルルマン)と、高等法院抜きで財政改革を推し進めようとする国王側。 軍隊を出して司法制度改革を強行すると、高等法院議員を守ろうとするグルノーブル市民が衝突する。 フランス王国はほぼ国庫が底を尽き、国に金を貸していた貴族たちも連鎖して破産していった。 離婚した夫から贈られ [続きを読む]
  • 第1834回 子供たちは狼のように吠える 1
  • 地本草子「子供たちは狼のように吠える 1」  朝倉セナ、14歳。北海道の最北端、宗谷岬から40km離れたサハリン(樺太)島のユジノサハリンスク(豊原市)郊外、日本人居住区に暮らす少年。 人口の8割が外国人労働者で占められ、年間の犯罪件数も世界トップクラスになる危険地帯・日本領サハリン島。 その島で経済的実力者である父を持つ少年は、まだこの先の自分の運命を知らない。 近未来のもうひとつの歴史。サハリ [続きを読む]
  • 第1833回 コミック版 ゴブリンスレイヤー
  • 蝸牛くも×黒瀬浩介「ゴブリンスレイヤー」1,2巻 1巻が出たとき、買うかどうか迷って保留していたのだが、2巻が出たので購入することにした。 ちょうど原作小説1巻分ですね。 おお、原作の内容に忠実ですねえ。 あんな場面やこんな場面はシフトにしているかと思いきや、陵辱シーンはそのまんまです。 これはアニメ化時に厳しいですね。(笑) 妖精弓手さんにゴブリンのハラワタをこすりつける時の女神官さんの目が怖いで [続きを読む]
  • 第1832回 瑠璃と料理の王様と 4巻
  • きくち正太「瑠璃と料理の王様と」4巻  前巻からの続きの鯛めしのお茶漬け。 夏の冷やし茶漬けは是非食してみたい。 続いて秋刀魚の七輪焼きと魳の干し焼き。 そしてメインの豚の角煮ですね。 どれも非常に美味しそうです。 川反女子のお茶目な面が見れました。                次巻予告がとても楽しみな内容なので待ち遠しいっす! [続きを読む]
  • 第1831回 幼女戦記(7)
  •  CD買いました!  毎晩、聴きながら寝るのだが、ヒッターは寝つきがよすぎて最後まで聴けない。(笑)カルロ・ゼン「幼女戦記 5 Abyssus abyssum invocat」 後半 ネタバレあらすじです。 第肆章 長距離侵攻作戦       Long Range Assault Operation 統一歴一九二六年十月七日。 一度に十名もの隊員の損失を出した第二0三航空魔導大隊は、補充もままならないまま、無為の日々を送っていた。 しかし、航空艦隊 [続きを読む]
  • 第1830回 螺旋のエンペロイダー(2)
  • 上遠野浩平 「螺旋のエンペロイダー Spin2」 The Emperoider Spin2 "Gravelly Empire" 謎の能力を持つ才牙虚宇介、才牙そら兄妹と、姉・志邑咲桜の能力《ティピカル・コラプス》を引き継いだ志邑詩歌を狙う『統和機構』の合成人間たち。 だが、その勢力は複数組あるらしい。  虚宇介の能力の底を測る戦闘用合成人間ブルムベア&パンター。 どこからかのの指令で兄妹調査命令を出した久嵐舞惟(ホルニッセ)。 能力名は《 [続きを読む]
  • 第1829回 カレーの基本
  • 枻出版社「カレーの基本」 書店を彷徨いていたら目に入って即買い。 ヒッターも昔は各種スパイスを調合してルウを作ったり、肉を長時間煮込んだり、市販のルウのブレンドをしたり、カレーには目がない。 けっこうコダワリがある方で「北インド風」「南インド風」よりは「欧風」カレーが好きだ。「タイ風」はスープとしては良いが、やはりご飯と一緒に味わいたい。 ナンはあんまり好きではない。 しかし、掲載されているカレー [続きを読む]
  • 第1828回 信長の忍び 11巻
  • 重野なおき 「信長の忍び」11巻 アニメ2期決定、おめでとうございます! 本編の方は10巻で朝倉・浅井が滅びましたが、まだまだ難敵の本願寺勢と武田勝頼が残ってます。 朝倉義景の娘・三位(さんみ)殿が腹黒すぎますねえ。(笑) 千鳥の宿敵、武田くノ一の千代女も健在です。 11巻のメインは長島一向一揆です。 ここから「長篠の戦い」に時代は向かっていきます。                  アニメ1期は2 [続きを読む]
  • 第1827回 前田利家
  • 永井豪「前田利家」上下巻 前にSPコミックス全3巻で出されたものの新編集版ですな。買っていなかったので丁度良かった。 前田利家 上 天下無敵!槍の又左 前田利家 下 決戦!本能寺   幼名・犬千代と呼ばれ、猿と言われた秀吉とともに織田信長を支えた武将。 本作は「本能寺の変」の後の「末森城の戦い」までを描いています。 同年代の甥、前田慶次郎利益も登場。 永井豪さんの戦国ものコンビニ本は結構買っていた [続きを読む]
  • 第1826回 大宇宙を継ぐ者(49)
  • ペリー・ローダン Nr.1065〜1068 533巻「超ヴィールス」 Die Superviren/Gesils Punkt 534巻「回転海綿との邂逅」 Am Rand des Nichts/Rückkehr in die Hölle   惑星ロクヴォルトで異人キウープと謎の少女スリマヴォが戦ってから4ヶ月。スリマヴォは姿を消したままで、キウープは研究を再開していた。 《ヴィールス・インペリウム》の再構築は進んでるらしい。 ある日、新たな要求がキウープから出された。直径 [続きを読む]
  • 第1825回 鬼平犯科帳
  • 池波正太郎原作・さいとうたかを作画・久保田千太郎脚色 「鬼平犯科帳」100巻 いつの間にか100巻になっていた。 これでヒッターの蔵書で100冊を超えたのは ・こちら亀有公園前派出所 200巻 ・ゴルゴ13  183巻 ・ミナミの帝王 140巻+ヤング編9巻 ・刃牙シリーズ 128巻 ・ジョジョの奇妙な冒険シリーズ 118巻 ・はじめの一歩 116巻 ・美味しんぼ  110巻(なぜか111巻「福島 [続きを読む]
  • 第1824回 幼女戦記(6)
  • カルロ・ゼン「幼女戦記 5 Abyssus abyssum invocat」 前半 ネタバレあらすじです。 第零章 手紙   Letter to the Home メアリ・スーが実家に送った手紙。 何処にいるのか。何を食べているのか。内容は全て検閲され、一部は黒く塗られている。 彼女は今、何処にいるのだろうか。 第壱章 快進撃      Rapid advance 統一歴一九二六年八月二十八日。 東部方面最前線に配置されていた「サラマンダー戦闘団」に [続きを読む]
  • 第1822回 幽霊なんて怖くない
  • 山本 弘 BISビブリオバトル部 2「幽霊なんて怖くない」 Who's afraid of Ghosts 表紙はメールマガジン部の流冥弐久寿。 本編も空ちゃんと武人くんの交互の視点で語られていきます。 今回のテーマは〈恐怖〉と〈戦争〉です。 1.「少しでもお祖父さんの気持ちに近づけるんじゃないかって」 夏休み合宿という定番のシチュエーションが行われたのは、造り酒屋の広大なお屋敷を持つ埋火武人(うずみひ たけと)の実家。 あ [続きを読む]
  • 第1821回 銀河帝国興亡史3
  • Seldon Project (著), サイドランチ (編集), 久間月慧太郎 (イラスト), アイザック・アシモフ (原作)「銀河帝国興亡史3 ファウンデーション対帝国」 3巻を出してくれました。最後までやってくれそうですね。 本巻は第2部「ファウンデーション対帝国」の前半「将軍 The General」です。 豪商ホバー・マロウの時代から40年。 帝国最後の名将ベル・リオーズ将軍は帝国辺境の惑星シエナに伝わる“暗殺者”と“魔法使い”の噂 [続きを読む]