ヒッター7777 さん プロフィール

  •  
ヒッター7777さん: まるでダメな男の日記
ハンドル名ヒッター7777 さん
ブログタイトルまるでダメな男の日記
ブログURLhttp://hitter7777.blog.fc2.com/
サイト紹介文 このブログでは趣味のゲームや読書感想など非生産的な駄文を書き連ねていく予定です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供366回 / 365日(平均7.0回/週) - 参加 2012/06/07 13:31

ヒッター7777 さんのブログ記事

  • 第1911回 風雲児たち 幕末編 第29巻
  • みなもと太郎「風雲児たち 幕末編」(29) 「大蔵谷回駕事件」と「寺田屋事件」、そして「日向送り」と、薩摩藩メインの巻でした。 まだ倒幕への道は長いのですね。 この「寺田屋事件」の詳細が実にすばらしい。 このあたりで薩摩藩強硬派はほとんど粛清されてしまうのですね。 そして文久二年(1862年)、島津久光の上京により「文久の改革」が始まるのは次巻ですね。                カラー口絵の「 [続きを読む]
  • 第1910回 アオイホノオ 17巻
  • 島本和彦 「アオイホノオ」 17巻               なるほど、漫画家と原作者の関係がよく解りました。(笑) 編集部は危ない漫画家さんをちゃんと把握しているんですね。               「風の戦士ダン」はヒッターも持っていますが、このような制作秘話があったとは当時の読者にも想像できないでしょう。(笑) しかし、この初連載作品が後の雁屋哲作品に影響を与えていくとは、島本先生も思ってい [続きを読む]
  • 第1909回 探偵が早すぎる 上
  • 井上真偽「探偵が早すぎる 上」 ヒロインの十川一華(17)は父の死により莫大な遺産を受け継ぐ。 その資産額は5兆に達した。 故人となった十河瑛(48)は素封家の大陀羅勝光(98)の隠し子であったが、勝光にはほかに男女合わせて7人の子供がいた。 大陀羅勝光は病床につき、余命は長くはないが、一華にとっては直系の祖父である。 一華が亡くなればその財産はどうなるのか? 亡き父の一族たち、亜騰陀、朱鳥、六強 [続きを読む]
  • 第1908回 掟上今日子の裏表紙
  • 西尾維新 忘却探偵シリーズ98「掟上今日子の裏表紙」 今回は長編ですね。 表の表は表というフレーズは初めて聞きました。(笑) 血のついた凶器を持っていたので強盗殺人の現行犯で逮捕された今日子さん。 目覚めたばかりで状況のわからない今日子さんを取り調べたのは、かつて隠館厄介くんを冤罪で送検寸前まで追い詰めた警部だった。 最速の探偵に容疑をはらされたことで、今日子さんには一目置いている警部だが、今回のケ [続きを読む]
  • 第1907回 すこしふしぎな小松さん
  • 大井昌和 「すこしふしぎな小松さん」 「バーナード嬢、曰く。」「今日の早川さん」の新刊が出ないので、SF女子成分に飢えていた今日この頃。 待望のコミックが出ました。 やはりアーサー.C.クラーク、アシモフ、ディック、ハインラインを押さえるのは基本ですね。 OGの提督(42歳)はやはりペリー・ローダンを読破しているのでしょうか。                  出てきた書籍は 都市と星、天冥の標シリ [続きを読む]
  • 第1906回 エルフを狩るモノたち2 9巻
  • 矢上 裕「エルフを狩るモノたち2」第9巻      Those Who Hunt Elves Two 裸族は脱が〜す!(どうやって?) 町が裸族だらけになったら、「エルフを狩るモノたち」は出番がありませんね。(笑) 呪文の欠片も6こ集まって、残りはあと1つ。 しかし、麻衣が掘り出した古代遺跡は、あらゆる魔術、呪文を消去するアンチマジックの城だった。 このままでは送元呪文も消滅してしまう。 麻衣を攫った謎の青年の目的は?   [続きを読む]
  • 第1905回 魔界都市ブルース(8)
  • 菊地秀行 魔界都市ブルース「ゴルゴダ騎兵団」 意外と菊池秀行作品に登場していなかった《ロンギヌスの槍》。 あとがきにあるようにヒッターも志茂田景樹さんの「聖槍(ロンギヌス)の呪い」シリーズで知ったような覚えがある。 十字架に架けられた聖人を貫いた二本の槍を巡る攻防戦が始まる。                    せつらさん、刺されちゃいましたが、大丈夫ですか? [続きを読む]
  • 第1904回 艦これプレイ(20)
  • ゲーム「艦隊これくしょん」  期間限定イベント「出撃!北東方面 第五艦隊」が終わった。 【前段作戦】1「出撃!大湊警備府」 甲作戦でクリア。  【前段作戦】2「艦隊集結!単冠湾泊地へ」 甲作戦で挑むも霞・改二乙が轟沈してショックで寝込む。 乙作戦に落とすがラスボスが硬くて、丙作戦にしてクリア。 【前段作戦】3「艦隊抜錨!北方防備を強化せよ!」 丙で輸送作戦はクリア。ラスボスは時間切れで削れきれずタ [続きを読む]
  • 第1903回 幻想ギネコクラシー2
  • 沙村広明「幻想ギネコクラシー」2巻 短編集第2弾である。 軍傅(いくさづたえ) うーん、まさかSFだったとわ! 男性にとって未来は儚いものなのですねぇ。 幻想ギネコクラシー 道連道 ヒッターもメガネ女性が好きです。 イプシロンの使者 結局、はずれシュークリームは二つあったんですね? ホモ・ロフェス(胎動篇) ホモ・ロフェス(祖母回顧篇) ホモ・ロフェス(地に満ちよ彼らの命篇) 牛から進化した人類の [続きを読む]
  • 第1902回 屋形越え編3
  • 迫 稔雄 「嘘喰い」第46巻 ネタバレがあります。 「ハンカチ落とし」第1回戦表 C(チェック)側 班目獏 D(ドロップ)側 切間創一 C側のチェック失敗。1分間の臨死。 第1回戦裏 C(チェック)側 切間創一 D(ドロップ)側 班目獏(臨死1) C側のチェック成功。切間創一+24秒 第2回戦表 C(チェック)側 班目獏(臨死1) D(ドロップ)側 切間創一 C側のチェック成功。班目獏+25秒。  [続きを読む]
  • 第1901回 静粛に、天才只今勉強中! 4巻
  • 倉田 江美「静粛に、天才只今勉強中! 新装版」 4巻 テュイルリー宮殿陥落により国王ルイ16世は逮捕され、国民議会は解散。新たな議員選出の選挙が行われる。 ジョゼフ・コティは故郷ナントの代表議員としてパリに向かった。 国民公会は穏健派(ジロンド)が多数を占め、マクシミリアン・ロペスピエールの急進派(モンターニュ)、そしてチフス・ド・ラ・ブルトンヌの属す中間派に分かれていた、 コティはとりあえず優勢 [続きを読む]
  • 第1900回 小説 四畳半神話大系
  • 森見登美彦 「四畳半神話大系」 アニメ「四畳半神話大系」の時に書いたが、注文していつもの如くそのうち読む本の山に積み置きしていた。 このところ森見登美彦ブームがヒッターの元に再来したようで読み始める。 アニメは全11話で10のパラレルワールドに話を広げていたが、原作の世界は4つである。 第一話 四畳半恋ノ邪魔者 映画サークル「みそぎ」に入った私 第二話 四畳半自虐的代理代理戦争 樋口師匠の弟子にな [続きを読む]
  • 第1899回 ゴブリンスレイヤー 5
  • 蝸牛くも「ゴブリンスレイヤー 5」 長編第4作。 至高神に愛されし大司教(アークビショップ)《剣の乙女》から依頼されたのは、家出をして冒険者となった令嬢剣士の行方の捜索。 初心者冒険者の令嬢剣士は北の山へゴブリン退治に向かったらしい。 小鬼殺し(ゴブリンスレイヤー)はいつもの如く女神官、妖精弓手、鉱人道士、蜥蜴僧侶とともに雪山に向かう。 そこで彼らが見たものは、いやに統率の採れた小鬼(ゴブリン)ど [続きを読む]
  • 第1898回  BLAME! THE ANTHOLOGY
  • 原作:弐瓶勉  九岡望 (著), 小川一水 (著), 野崎まど (著), 酉島伝法 (著), 飛浩隆 (著),  「BLAME! THE ANTHOLOGY」 「BLAME!」世界のトリビュート先品集。 遠未来。無秩序、無限に増殖を続ける巨大階層都市があった。 過去に起きた「災厄」で、都市を管理する《ネットスフィア》に人類がアクセスする権利が失われ、正規の《端末遺伝子》を持たない人間を排除しようとするセーフガード、人間の《端末遺伝子》を狙う珪素生物 [続きを読む]
  • 第1897回 変身忍者嵐 X(カイ)
  • にわのまこと (著), 石ノ森章太郎 (原作)「 変身忍者嵐 X(カイ) 」 にわのまことさんの絵がかっこいいっすね! 時代は江戸幕府初期。「関ヶ原の戦い」が始まろうとしている場面。 徳川秀忠は真田昌幸の上田城を落とせず、遅参しようとしていたが、そこに佐助を名乗る血車党の化身忍者が潜入する。 化身忍者を上回る力を持つ変身忍者として、ハヤテは徳川秀忠との友誼に応えられるのか。                   [続きを読む]
  • 第1896回 ペリー・ローダンNEO
  • ペリー・ローダン NEO 2017年7月から8ヶ月連続で、リメイク版第1シリーズ"Vision Terrania" 全8巻が刊行される。 西暦2036年。米国、ロシア、中国の三大国が宇宙開発を競う中、NASAの宇宙飛行士であるペリー・ローダン少佐は月面に出現した地球外生命体とコンタクトすべく月面に向かう。 という現代向きの設定変更ですな。 これは単巻だとすごく薄そうなのだが、現行版の4巻くらいまで? Ⅰ: Vision Terran [続きを読む]
  • 第1895回 機龍警察 [完全版]
  • 月村了衛 「機龍警察 [完全版]」POLICE DRAGOON 完全版ということで購入して読む。 まあ、内容は前に書いたので割愛。 変更点は全体を3つの章に再編したこと。固有名詞の追加、改変。文章の加筆改稿ですね。  2巻以降の内容との統一感を出すためということだが、2巻目の「機龍警察 自爆条項」の完全版が昨年出版された。 こちらも文庫化を期待してます。                既刊 1.「機龍警察」⇒「機 [続きを読む]
  • 第1894回 ダマシXダマシ
  • 森博嗣 Xシリーズ⑥「ダマシXダマシ」Swindler Xシリーズ最終話。 SYアート&リサーチ社を訪問した若い女性が依頼したのは、婚姻届けまで出した恋人の行方。 勧められて作った銀行口座に預けた金は、全部引き落とされていた。 依頼を受けた小川玲子は、アルバイトの真鍋瞬市とともに調査を始めるが、どうやら他にも同様な被害者が居るらしい。 しかし、調査中に対象者は死体で発見される。               [続きを読む]
  • 第1892回 コミック版 幼女戦記
  • 東條 チカ (著), 篠月しのぶ (企画・原案), カルロ・ゼン (原著)コミック版「幼女戦記」 「幼女戦記」の新刊が出ないので禁断症状が出たヒッターはコミック版を大人買いしてきた。 おお、コミック版はこれはこれで面白い。 こういうアレンジも良いですな。アニメではだいぶ話を端折られたので、こういう詳しい内容が読めるのはファンとしては嬉しいです。                       コミック5巻は小説2 [続きを読む]
  • 第1891回 クロノリス
  • ロバート・チャールズ・ウィルスン 「クロノリス−時の碑−」 The Chronoliths 西暦2021年、夏。 底辺の直径が400m以上、高さ100mを超える円柱がアジア各地に出現した。 都市部近郊に現れた際は、出現時のエネルギーで都市は壊滅した。、 周囲の影響を全く受け付けず、酸もレーザーも受け付けない。 スペクトル分析は不可解な結果を示す物体は。その物質特性だけでなく、もっと不可解な謎を持っていた。 台座に [続きを読む]
  • 第1890回 美女と竹林
  • 森見登美彦 「美女と竹林」 2003年に在学中にヘンテコ小説でデビューした氏の私小説的エッセイ。 締め切りに追われて、かなり苦労して書いているというのが手に取るようにわかる。(笑) しかし、「竹林」ネタでよくここまで書けるものだ。 病院の待合室で読んでいたら、笑いを抑えるのに必死だったヒッターである。 ロン毛の大男が文庫片手にニヤニヤしているのは薄気味悪い。 おや、「聖なる怠け者の冒険」にでてきた恩 [続きを読む]
  • 第1889回 大宇宙を継ぐ者(52)
  • ペリー・ローダン Nr.1069〜107368 535巻「テラナー抹殺指令」 Tötet die Terraner!/Gefangene der Materie 536巻「中継基地オルサファル」 Zwischenstation Orsafal/Karawane nach Magellan   テラナーたちと接触した《物質暗示者》ダルゲーテン(darghetischen)たちは、その友好的な対応から超越知性体《ゼト=アポフィス》の命令に疑問を持ち始めていた。 知的生物の住む惑星を核攻撃させるようなものが、善な [続きを読む]
  • 第1888回 エコープラクシア (下)
  • ピーター・ ワッツ 「エコープラクシア 反響動作(上)」 ECHOPRAXIA and THE COLONEL いまだに有人宇宙船〈テーセウス〉のテレマター・ドライブへエネルギーを送り続けている〈イカロス衛生網〉。 メインエンジンを囮として地球からの追撃を振り切った宇宙船《茨の冠》は、エネルギー補給とエンジン組立のため〈イカロス〉に立ち寄った。 しかし〈イカロス〉内部で発見された異性体〈ポルティア〉は知性体なのか?それとも人 [続きを読む]
  • 第1887回 高天原探題
  • 三島浩司「高天原探題」 買い置きの山から掘り出す。 突如、世界中に不意に現れる土塊。そこから現れた“そこに誰かが存在していることを意識させなくなってしまう”能力持つ人間・《玄主》。 そして、見た人を行動不能にさせる《不忍(シノバズ)》と呼ばれる存在の出現。 人間の「動機」を奪う《不忍(シノバズ)》に対応するため結成された「高天原探題」のメンバーさえ、油断をすれば《不忍(シノバズ)》を倒すという動機 [続きを読む]