くまねこくん さん プロフィール

  •  
くまねこくんさん: くまねこくんのどんぐり日記
ハンドル名くまねこくん さん
ブログタイトルくまねこくんのどんぐり日記
ブログURLhttp://karoto.blog.fc2.com/
サイト紹介文日々の暮らしの中で感じたこと、映画の感想などをマイペースで…。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供34回 / 365日(平均0.7回/週) - 参加 2012/06/06 18:14

くまねこくん さんのブログ記事

  • ☆映画『愛と哀しみの果て 』を観て
  • やっと春らしい陽気になりました。今年はいつになくお花見がしたい気分で、桜の開花を待ち望んでいます。今度の日曜日だったらお休みなのだけれど、まだ早いだろうな〜。☆『愛と哀しみの果て』 原題:Out of Africa  (1985年・米)監督:シドニー・ポラック 主演:メリル・ストリープ、ロバート・レッドフォード、   クラリス・マリア・ブランダウアー 、マイケル・キッチン他原作:アイザック・ディネーセン 小説『アフリ [続きを読む]
  • ゴチャゴチャ、ぐちゃぐちゃ
  • しばらくブログをほったらかしていたので、そのうち忘れ去られてしまうかな〜。もともとない根気がこの頃ますますなくなってしまって、集中力というものがありません。唯一、集中できるのは映画館で好きな作品を観ているときくらい。まぁ仕事のときは頭が仕事モードに切り替わってくれるので、なぜだかテキパキできるのですが、家に帰ったとたんどうしようもないほどにやる気がでなくてほとほと困っています。今の課題は家の中を片 [続きを読む]
  • ☆重くて深い…映画 『沈黙ーサイレンスー』
  • 重くて深く、見終ってから、人間とは…?と考え込んでしまう映画でした。現在の世界を覆う、排他的な空気にも通じるものを感じました。☆『沈黙ーサイレンスー』 (2017年公開・米) 1/22観賞   監督:マーティン・スコセッシ   原作:遠藤周作   主演:アンドリュー・ガーフィールド、リーアム・ニーソン、アダム・ドライバー      窪塚洋介、塚本晋也、浅野忠信、イッセー尾形、小松菜奈、笈田ヨシ 他  『江 [続きを読む]
  • 10年日記〜未来はいずれ過去になる
  • はるか昔、小学生の時に日記の宿題が出て以来、時々日記を書く習慣があります。中学生になって赤い素敵な日記帳を買いました。「アンネの日記」に感化されて日記にニックネームをつけて書いていました。その頃はコンプレックスの塊だったので、いつも悩み事を書き連ねていたように思います。すでに親に処分されて恥ずかしい過去は消えてなくなりました。 (ヨカッタ!)その後はどの程度書いていたか記憶があいまいです。今も、そ [続きを読む]
  • うららかな年の初めに…
  • 今年のお正月はうららかな日和で、気持ちまでのんびりしました。こんなに穏やかな天気のお正月は久しぶりのように思います。はてさて今年はどんな年になるのか。いろいろ気をもむことの多そうな公私ともに忙しい年になりそうで、今から少々構えています。とにかく体調だけは気をつけて元気に乗り切りたいな〜。ここのところ、過剰サービスや働きすぎが話題になっています。やっと気づいたか…との思いです。お店は365日夜遅くまで [続きを読む]
  • ☆今年観た映画〜ひと言感想
  • いろいろあった一年でしたが、今年もたくさんの作品を映画館で観られて満足です!記憶から抜けてしまわないように、ブログに書けなかった作品のひと言感想を書いて今年の締めくくりにします。2/17 『黄金のアデーレ 名画の帰還』(2015年)      ナチスに奪われた名画を取り戻すために、オーストリア政府を      相手に返還訴訟を起こした女性の実話。過去と現在が交差しながら      実によくできた映画。主人 [続きを読む]
  • 生きるかなしみ
  • 〜『生きるかなしみ』〜これは、何年も前に買った本のタイトルです。脚本家であり作家でもある山田太一さんが佐藤愛子、柳田國男、水上勉など15名の著名な方たちの随筆を抜粋して編んだものです。(ちくま文庫)「生きるかなしみ」〜この言葉の響きに惹かれて手に取りました。戦争や差別などの大きなかなしみ。自分にしかわからない小さなかなしみ。自分のまわりで起きる様々なことを見ていると、何度もこの言葉が浮かんできます。 [続きを読む]
  • 大仏さん、こんにちは!
  • 爽やかな季節になりました。10月16日、久しぶりにおにぎりを持ってちょこっとお出かけしました。大船から湘南モノレールに乗って“湘南深沢駅”で下車。モノレールなんて、上野動物園のちっちゃいのに乗って以来で、子どもみたいにワクワクしました。歩いて20分くらいで、JRのパンフに載っていた夫婦池公園に着きました。約330年前の江戸時代天領の頃に代官(成瀬五佐衛門重治)が 笛田村に灌漑用水として掘らせた池だそうです。 [続きを読む]
  • ☆生きるとは? 映画『生きる』&『いまを生きる』
  • 昨日は何か月ぶりかの真っ青な空!秋晴れの一日でした。夜には丸いお月様が輝いて(今日が満月かな?)、自転車走らせながら空ばっかり見上げていました。そんな日は、「あ〜、生きてるっていいなぁ」って思います。2本とも、“午前十時の映画祭7”で観てきました。☆『生きる』 (1952年・東宝) 9/15観賞   監督::黒澤明   主演:志村喬、小田切みき 他もう60年以上前の黒澤作品です。生気のない表情で無気力に毎日の [続きを読む]
  • 久々に夢中で読んだ本♪ 『夏への扉』
  • ここのところ2か月に一度帰省する新幹線の中が私の唯一の読書タイムです。いつも文庫本を2〜3冊持っていくのですが、きっと根気がなくて飽き性なのでしょう。どれもこれもを読みかけにしたたまま次の帰省にはまた別の本を持っていくものだから、中途半端に放り出した本がごまんとあります。本当にだらしない性格だな〜と思います。今回も3冊持参して、その中の1冊が、先日たまたま本屋で目にして購入した『夏への扉』 (ロバ [続きを読む]
  • ☆妄想映画??『団地』
  • 秋晴れにはまだ遠いけれど、ちょっぴりお日様が顔を出したので、久しぶりに洗濯物を外に干せました!今月は仕事が少なかったので暇さえあれば映画館通いをしています。収入が減って、出費が増えて、いかがなもんかな〜とも思いますが、まぁいいか…。☆『団地』  9/12観賞  監督:坂本順治  主演:藤山直美、岸部一徳、石橋蓮司、大楠道代、斎藤工 他2週間限定の上映でした。藤山直美さんと岸部一徳さんの主演と聞いただけで [続きを読む]
  • ささやかな夏休み〜『メアリー・カサット展』
  • いつのまにやら夏もあとわずかとなりました。台風10号の進路が気になりますね。先週の日曜日は(21日)は久しぶりのお休みでした。朝から晩までなんにも用事がない日って、なんて幸せでしょう ??貴重な休日、家に居たら暑さに耐えるだけで終わってしまいそうなので、思い切って美術館に出かけることにしました。『メアリー・カサット展』〜9/11まで横浜美術館で開催中メアリー・カサット(1844〜1926)のことを今回はじめて知り [続きを読む]
  • オリンピックの楽しみ方
  • オリンピックもあと一週間となり、テレビでは連日にぎやかな報道。普段はあまりテレビを見ないのですが、たまたま実家に帰省していたので開会式を少し見ました。実に様々な国や地域からの参加者、たった一人とか三人とか難民選手団の十人とか、入場してくる選手達の嬉しそうな表情に和みました。小さな国や地域の選手の活躍ぶりも報道してくれるといいのになと思います。日本の選手たちの活躍は嬉しいですが、メダルには関心が持て [続きを読む]
  • ☆題名が好きだな〜♪映画『ハリーとトント』
  • 梅雨が明けて4日、夏・なつ・ナツです!毎日真っ青な空と入道雲。夕立。空ってこんなに青かったんだ、久しく見ていなかったな〜。でも青い空を見ていると、この空につながる遠い国のことを考えてしまいます。どうか人々の、のどかな日常が脅かされることのないようにと。☆『ハリーとトント』 (1974年・米) 午前十時の映画祭7で 6/21観賞  監督:ポール・マザースキー  主演: アート・カーニー、エレン・バースティン [続きを読む]
  • ちょっといい日♪
  • 日付が変わったので、すでに昨日のことになってしまいましたが、ちょっといい日でした。人ってほんのささいなことで心が温かくなったり落ち込んだり…。わずかな失敗やちょっとしたひと言で気が滅入ることもあるけれど、人とのコミュニケーションがうまくいったときはちょっとウキウキします。私の勤めているグループホームの方が、ここのところ不安が強くなって入院されています。一度退院されたのですが、しんどくなってすぐまた [続きを読む]