サーフィン初心者 さん プロフィール

  •  
サーフィン初心者さん: サーフィン初心者上達の秘訣
ハンドル名サーフィン初心者 さん
ブログタイトルサーフィン初心者上達の秘訣
ブログURLhttp://kisakihama.miyachan.cc/c3953.html
サイト紹介文サーフィン天国、宮崎からお届けするサーフィン初心者のためのスクールブログ。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供76回 / 365日(平均1.5回/週) - 参加 2012/06/08 21:57

サーフィン初心者 さんのブログ記事

  • (その2)ショートボードかロングボードか
  • 6月9日からポルトガルで開催されていた、 WSLヨーロピアンLQS第2戦「ロングボード・プロ・ガイア」。ロングボードでもこれほどのマニューバー(攻めるサーフィン)ができることを見せてくれました。しかし、一般のサーファーにとってはこの波は無理です。つまり...ロングボードでは無理波に乗る以前に、沖に出るのが至難。ロングボードは板が重くて大きいのでデカ波に揉まれるとその衝撃はかなりのものがあります。ハワイのノ [続きを読む]
  • ショートボードかロングボードか
  • 宮崎の木崎浜でNSA(日本アマチュアサーフィン連盟)主催によるジュニア大会が週末にありました。この大会は今年から「オリンピックカップ」の冠が付いています。大会を運営する側としては身震いするほど感動しているに違いありません。長年の悲願だったはずですので。波はヒザ腰。おそらく宮崎はこの木崎浜以外ではサーフィン可能な場所はなかったはずです。しかもショートボードが走るのは広大な木崎浜の中でも数か所だけ。そ [続きを読む]
  • 実質的ナンバーワン日本人プロ選手の年収とは
  • 大原洋人プロはJPSA(日本プロサーフィン)でチャンピオンになったことはありません。しかし、今や日本人としてダントツのナンバーワンであることは誰もが認める存在となりました。もう、大野マーの時代は過去のものとなったのです。上の動画は直近のものでして、ムラサキスポーツとスポンサー契約した際に収録されたインタビュー。この中でプロサーファーの年収について具体的な話をしています。推測するに、おおよそ1000 [続きを読む]
  • 第二次ロングボード・ブームがやってきた?
  • NALU (ナルー) 2017年 07月号 [雑誌]価格:1620円(税込、送料無料) (2017/6/9時点)ロングボード専門誌として生き残ってきたNALU(ハワイ語で「波」という意味)は昨年からショートボードも扱うようになりました。そのNALUが、あらためてロングボード特集のようです。湘南や千葉ではロングボード人気が再び高まっているらしく、それを称して「第二次ロングボードブーム」...と銘打っています。でも私が思うに、第一次ブームはイ [続きを読む]
  • プロサーフィンの鷹 〜 井上鷹
  • 2017JPSAロングボードの第3戦が千葉の太東で行われています。これは宮崎の野生児、井上鷹(16歳)がハングテンでスコアメイクしているところです。彼はショートとロングでプロテストに挑戦していましたが、今年の第1戦(バリ、クラマス)でまずはロングボードのプロになりました。ラウンド5ではベテラン選手に対して全く尻込みせず、どうどうのラウンドアップをしています。昔、テレビアニメで「グランプリの鷹」というの [続きを読む]
  • パドルアウトからのテイクオフ
  • はらさん、いつもブログ楽しく拝見させていただいております。以前サ−フィンEブック、ステップアッププログラムを購入させていただきました大阪の●●と申します。何度か質問させていただきまして恐縮です。今回は瞬時の方向転換についてご指導いただきたくメ−ルさせていただきました。アウトにパドルしていて目の前に乗れそうな波が来た時にクルりと180度方向転換する場合、プロは瞬時に方向転換しています。自分もやってみる [続きを読む]
  • なぜショートボードのノーズは尖っているのか
  • サーフボード ラハイナ / LAHAINA 6’8 ファンボード グレー 初心者から中上級者まで価格:47900円(税込、送料無料) (2017/5/21時点)これはサーフィン初心者向けの、いわゆるファンボードです。ファンボードの定義については以前語っていますのでここでは割愛するとして、こんなにノーズが尖ったもの(ショートボードの形状)と...ファンボード 6'8 《SCELL》サーフボード 赤●ビギナー&セカンドボードにお勧め|FCS対応 トラ [続きを読む]
  • サーフィンがスポーツニュースで報じられない理由
  • 東京オリンピックの正式種目に決まってからスポーツクライミング(ボルダリング)の大会結果はスポーツニュースでよく報じられるようになりました。しかし、同じく東京オリンピックの正式種目となったサーフィンはどうでしょう。ぜんぜんニュースで取り上げられないですね。この違いはいったい何なのか、私なりに考えてみました。まず、一番の理由はボルダリングは見ていてわかりやすいことにあると思います。だからニュースにしや [続きを読む]
  • サーフィン馬鹿の少年は大人だった
  • JPSAロングボード開幕戦(バリ島クラマス)でハングテンのノーズライディングをきめる選手。宮崎のダイヤモンド伊比井がホームポイントのTAKA、まだ若干15歳です。みごと本戦ラウンドの2回戦を勝ち上がって念願のプロ資格をゲットしました。意気揚々と海から上がってくる様子は実に嬉しそうでした。TAKAは学校よりも海を選び、同世代の少年たちが勉強や部活動をしているのをよそに毎日サーフィン漬けの生活を送って [続きを読む]
  • エネルギー節約型のパドリングとは
  • SURFIN' LIFE (サーフィンライフ) 2017年 5月号 / サーフィンライフ編集部 【雑誌】昨年、突然の廃刊となったサーフィンライフ誌が編集スタッフを刷新しての復活を果たしました。今後は隔月の発刊となるようです。といっても、内容は特に目新しいものはありません。ネットでは見ること知ることができない情報を掲載しないと、またすぐに廃刊になってしまうのは目に見えています。この復活最初の号で、私が注目したのはパドリングを [続きを読む]
  • やっと気づいたレールサーフィン
  • JPSA(日本プロサーフィン連盟)の2017ツアーがバリ島クラマスから始まりました。本戦前のプロトライアルでは合格ライン(12ポイント以上)を出してみごとプロ公認を得た選手がいましたが、小笠原由織(16歳)選手もその一人でした。7.25ポイントを出したときに見せたカービングターン。しっかりレールが入っている美しいターンです。これまで日本のプロサーフィンは派手なトップアクションばかりに点数をつけてい [続きを読む]
  • ターンもクローズドスタンスで
  • WCT2017の第2戦はオーストラリア西海岸のマーガレットリバー。昨年世界チャンピオンになったジョンジョン・フローレンスが今季初優勝しました。このショットはファイナル(決勝戦)で9.63ポイント(ほぼほぼ10点満点)をだしたときのファーストターンです。レイバックで大きなスプレーを上げるこのターンはもはやジョンジョンのお家芸。で、ここで注目してほしいのはスタンス(両足の形)です。なぜジョンジョンのターン [続きを読む]
  • 魅せるサーファーは手足が長い
  • 2017年シーズンのWCT第2戦はオーストラリアの西海岸、マーガレットリバー。前年度ワールドチャンピオンのジョンジョン・フローレンスは引き続き絶好調です。下のシークエンスはジョンジョンがラウンド3で見せたカービングターン。後ろ足加重から前足加重への切り替えは世界最高の見本といえるでしょう。前足をピンと伸ばすと後ろ足が曲がり、自然に後ろ足加重となります。          ↓ターンのフィニッシュでは [続きを読む]
  • 安定したテイクオフのために
  • すごいですね。ジムにミスターテイクオフを持ち込んでサーフィンの陸上練習する中根さんです。購入いただいた方には無料レッスンが付いていますが、近々で宮崎まで来れない方には動画を撮って送ってもらっております。さっそく見させていただいて下記アドバイスをさせていただきました。はらです。見ましたが、とても上手いです。ノーズが少しパタパタしていますので、しっかり接地させて浮かないようにしてください。実際の波では [続きを読む]
  • サーフィンでボーナスをもらおう!
  • 今シーズンのサーフィン世界ツアー(WCT)がオーストラリアのゴールドコーストでいよいよ始まりました。この写真で見えている岩場の付近がスナッパーロックスというサーフポイントでして、ここが大会のメイン舞台となります。第2ラウンド(敗者復活戦)の第11ヒートでは日系人の二人が対戦しました。これは母親が日本人のコナー・オレアリーがテイクオフしたところ。岩のすぐ先で波が割れ、海岸線に沿って波はブレイクしてい [続きを読む]
  • 現実的なサーフボードの選び方
  • 今回ミスターテイクオフを購入させていただきました●●と申します。当方サーフィン初めて5か月程度ですが仕事の関係で行けて月3回ほどしか海に行けず、テイクオフがなかなか上手くいかずに悩んでいるところです。ボードは地元のサーフショップで見立てて頂いた6'6"のショートタイプです。身長179センチ体重68キロなのですが、ミスターテイクオフはスタンダードかそれともEvoシリーズか、どちらの方が今後のトレーニン [続きを読む]
  • ガッテン!サーファーの日焼け対策
  • NHKの「ガッテン!」で驚くべき研究内容が放送されました。肌を美しく保つために必要なコラーゲンについて、コラーゲンそのものを食べても人によっては間違いなく効果があるというのです。これまでは「コラーゲンを食べても胃腸でタンパク質に分解されるので意味がない」とされていました。「人によっては」というのがミソなのですが、皮膚表面が明らかなダメージを受けている人には効果があるそうです。ほとんどの場合はシミや [続きを読む]
  • 15年のブランクからサーフィンライフを再起するために
  • マレーシアという小さな新興国が今大きな注目を集め、多くの取材陣でごった返しています。しかし、そこで暮らす人たちの生活は意外なほど平穏なんだそうです。マレーシアにはこんな屋外ウェイブプールがあって、サーフィンを始める初心者の方には嬉しい国でもあります。屋外のウェイブプールはサンウェイラグーンと呼ばれるテーマパーク内にあります。以前は制約があったようなのですが、現在ボード持込でサーフィンが出来るかどう [続きを読む]
  • 【重要】サーフィンのブーツ 選び方
  • 【送料無料】 FCS エフシーエス サーフブーツ ウィンターブーツ 冬用 STW2 3mm サーフィン用ブーツ サーフィンブーツ かっこいい かわいい おしゃれ 【あす楽対応】サーファーにとって一年で最も厳しい季節、真っただ中。2月は海水温度が最も低くなるので海に入るのが辛いですよね。ここ宮崎では手袋(グローブ)までする人はいませんが、ブーツを履く人は少なからずいます。かく言う私もその一人でして、このブーツ↑を履いてお [続きを読む]
  • ロングボード初心者は必見
  • ショートをやっていてロングライドができない人は、是非ロングボードをやってみてください。とりあえず、岸まで乗っていく快感を知ってほしいのです。ショートに戻ったときに、そこから新たなステージに行けるはずです。木崎浜の南側はロングボーダーばかりのポイントになっていて、先日は小波ながらオフが吹くロングには絶好のコンディションでした。ロングボードはショート以上にオフショアが大事なんです。ロングボードはどんな [続きを読む]
  • 野生のサーフィンを見た!
  • 宮崎の日南市には全国的に見ても指折りのサーフポイントが点在しています。しかし、そのほとんどはリーフブレイクの上級者オンリー。そんな中、宮崎市にほど近いダイヤモンド伊比井はビーチブレイクでビギナーOKのポイントです。ただ、海底の砂の形状が目まぐるしく変わるため、日によってはビギナーはテイクオフすらできないときもあります。撮影をしたこの日がそうでして、見た目にはやさしそうなのに海に入ってみると超難しい [続きを読む]
  • クロスステップ オリジナルTシャツ
  • ハワイに行ったとき幸運にもケリア・モニーツのCM撮影現場に遭遇しました。そのとき見たケリアのロングボードサーフィンにインスパイアされてクロスステップというデザインを心の中で温めてたのですが、ようやく商品化することができました。クロスステップ・レディースTシャツ(マルチカラー)価格:2800円(税込、送料無料) (2017/1/21時点)クロスステップ・レディースTシャツ(ユニカラー)価格:2800円(税込、送料無料) (20 [続きを読む]
  • サーフィンで沖に流される危険性
  • オーストラリアのBulli ビーチで波に乗るサーファー。先日、ここでサーフィンしていた日本人男性が沖に流されて遭難しました。一晩を海上ですごすことになった男性は偶然にも外洋を航行していた輸送船に救助され無事だったそうです。Bulli ビーチはシドニー近郊にあるサーフポイントでして、アクセスが容易なので外国人にも人気がある場所です。上から見ると、波のあるエリアと波のないエリアがよくわかります。波のないエリアは水 [続きを読む]