シカフ さん プロフィール

  •  
シカフさん: シカフ衛星C
ハンドル名シカフ さん
ブログタイトルシカフ衛星C
ブログURLhttp://shikafu.blog.fc2.com/
サイト紹介文ミステリ・ホラー:マニアック=7:3 地味に更新しています
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供106回 / 365日(平均2.0回/週) - 参加 2012/06/08 22:57

シカフ さんのブログ記事

  • 少年探偵. 小路幸也
  • みんなの少年探偵団世間を騒がせる怪人二十面相。帝都新聞の記者・真山は、旧友であり、天才的な頭脳を持つ五圀に、明智小五郎を復活させ、怪人二十面相を共に倒すことを依頼する。一方、告発のため命を懸ける一人の少年が、謎の紳士に救われる。やがえて彼らは明智を中心に立ち上がる。江戸川乱歩生誕120年オマージュ企画第3弾、ついに文庫化!と背表紙にありました。第1弾から読めばよかった......。昭和の香り漂うゆっくり [続きを読む]
  • 代官山コールドケース. 佐々木譲
  • 3日前に川崎市で起きた殺人事件と、17年前に代官山で起きた殺人事件。両事件の現場遺留品から同じDNAが検出された。17年前の事件は被疑者死亡のまま送検、不起訴となっていた。神奈川県警と警視庁にまたがる事件、神奈川県警より先に連続殺人犯を逮捕せよ。水戸部に密命が下された。前作から二年、意外と長いスパンで時が流れているようです。前作の事件をどのように収めたのか。本作を読めばわかると思い、楽しみにしてい [続きを読む]
  • 無印良品の整理収納. 梶ヶ谷陽子
  • 梶ヶ谷家の無印良品収納術/無印良品の収納ベストアイテム/オープンシェルフの収納アイディア/お宅訪問でお悩み解決!収納実例集著者、梶ヶ谷家の間取りから使用している家具や収納術などを細かに紹介しています。無印良品を選んだ理由は、住宅や家具の規格に合うこと、デザインがシンプルなこと、使いまわせることの三つだそうです。ワタクシも部屋の模様替えを検討、無印良品の二つの収納シリーズで迷い、選ばなかった方を多用 [続きを読む]
  • 夜葬. 最東対地
  • 夜葬: 山奥の廃村に伝わる風習。人の顔は神様からの借りものとされ、死後は顔をくりぬかれ、神様に返すものとされた。死者を弔う儀式は必ず夜に行われる。額から顎にかけて大きく破損した遺体が連続して発見される。だが、発見場所はあまりにも離れており、同一犯と仮定し難かった。番組制作会社の新人・三緒は、事件の情報提供者と会うも詳細を聞く前に失踪、後日、顔をくりぬかれた遺体が発見された。三緒たちは事件を追う。だ [続きを読む]
  • 霊峰富士の力. 加門七海
  • 日本人がFUJISANの虜になる理由畏怖すべき山、富士の霊力/富士山は今も活きている!/徐福と秦氏と富士山伝説/「富士講」行者が会得した霊峰の力/富士山の世界遺産の「聖地力」/加門流「神社仏閣の参拝術」観光地としかみていなかった富士山にこんなに不思議がつまっていたとは。不覚でした。現役の富士講行者さんのインタビューも興味深いものでした。それだけではなく、多くの日本の不思議と繋がっていそうです。 [続きを読む]
  • ミネラルウォーター・ガイドブック. 早川光
  • ミネラルウォーターはなぜ、必要なのか/ミネラルウォーターの賢い選び方/ミネラルウォーター・カタログ/ミネラルウォーターの使いこなし術/「日本一江戸前鮨がわかる本」に続き、どこまでマニアックなのかと思いつつ読みました。想像していた以上の果てに本作はありました。水だけでここまでなんていってしまうと大変失礼ですが、尊敬に価すると思っているんですよ?ワタクシの一番好きなアッサムティーには、ハイランドスプリ [続きを読む]
  • 地層捜査. 佐々木譲
  • 特命捜査対策室: 未解決事件で捜査本部も解散している事案のうち、とくに警視総監が指定した事件について専従の捜査員が再捜査にあたる。時効廃止。警視庁四谷警察署に新宿区の有力者が再捜査依頼に訪れた。15年前に四谷荒木町で起こった殺人事件で、被害者は70歳女性だった。謹慎が解けた水戸部は、第四方面本部(市ヶ谷)特命捜査対策室に配属、退職刑事とともに再調査に携わる。花街の名残のあった、当時の荒木町。もと芸 [続きを読む]
  • 札幌アンダーソング 間奏曲. 小路幸也
  • 札幌市近郊の雪堆積場、収容量の大きさでトップ3のどこかに死体を埋めた。キュウと根来が勤務する北海道警に犯行声明が届けられた。被害者とされる男性の娘に背徳の匂いを感じ取った根来は、変態で天才の春に協力を仰ぐ。この件の背後に山森は絡むのか、その目的とは何か。二人は事件を追う。前作から3ヶ月後の話です。事件が山森に繋がりそうで繋がらない。それが、本当に繋がっていないからなのか、山森の周到な計画で見えてこ [続きを読む]
  • ひとさじのはちみつ. 前田京子
  • 自然がくれた家庭医薬品の知恵ひとさじを寝る前に/もうひとさじは、目覚めのお茶とともに/理想的な非常・保存食/歯を磨こう/大汗かいたら「はちみつ水」/化粧水とお風呂/軟膏と絆創膏/パックとクレンジング/目薬/胃薬/ビタミンCとで見えない敵と闘う/おなかすっきり上記長いので「はちみつ」略してあります、妄想補足して下さい(笑)。はっか油に続きディープなはちみつの一冊です。まさか日本薬局方のはちみつがある [続きを読む]
  • ゲームマスター. 沢村鐵
  • 国立署刑事課 晴山旭・悪夢の夏米軍の銃器横流し事件を追う晴山は、失踪した容疑者の従弟を高校に訪ねた。だがその帰り、警視庁生活安全部を名乗る刑事が晴山に接触。晴山の訪ねた高校には、人の心を押して大量虐殺を引き起こすゲームマスターがいると言う。所轄時代、スランプ続きの晴山が、本庁に引っ張られる契機となった事件です。クランシリーズの主人公、晴山刑事のスピンオフ的作品で、ゲームマスターのクランシリーズに絡 [続きを読む]
  • BACK 猟奇犯罪捜査班 藤堂比奈子. 内藤了
  • 都内。ベジランテボード総合病院で殺人事件が発生し、田中管理官の要請で比奈子達は臨場した。殺害された8名は全て、非公式である受刑者用病棟の入院患者だった。猟奇犯罪捜査班の捜査協力で実行犯は逮捕されるも死亡。だがその後、検視官が示唆したのは「スイッチを押す者」に迫る脅威だった。2016年クリスマスイブから大晦日にかけての、衝撃です。意識していませんでしたが本書の発行は2016年12月なので、意外にリア [続きを読む]
  • テミスの剣. 中山七里
  • 台風の接近に伴う大雨の夜、埼玉県浦和市で不動産業の夫婦が殺害された。刑事として配属されたばかりの渡瀬は、教育係の鳴海とともに被疑者・楠木を確保、激しい取り調べの結果自白した翌年に拘置所で自殺した。それから5年、渡瀬は別件で逮捕した迫水から、不動産夫婦の殺害自供を引き出す。楠木は冤罪だった。そして24年後、出所した迫水が殺害された。二部構成です。新人刑事の頃の渡瀬さんが、冤罪を明らかにするまでが一部 [続きを読む]
  • ぞろりん がったん. 大門剛明
  • 怪談をめぐるミステリー序章/座敷わらし/言うな地蔵/河童の雨乞い/吉作落とし/チロリン橋/ぞろりん がったん内畠拓也は救急救命士、世良耕平という伝奇物の作家の友人がいる。ある夜、世良の義妹から、姉と連絡が取れないと相談を受けた内畠が世良を訪ねると、最新作「ぞろりん がったん」を読むことになり…。序章に振りがあり、各地の怪談を取り入れた短編集が続きます。そして最後はまた、内畠の話に戻ります。短編はど [続きを読む]
  • 雷轟. 押井守 
  • 雷轟: アンティータム 1862/ヤマトステーション 1966PAX JAPONICA 解説篇: 東京要塞化計画(仮)/PAX JAPONICA/『PAX JAPONICA』 の世界観二番機の操縦士醐堂予備中尉は、前方に進出した五式双戦で帰討しながら損傷機を抱えて帰投するという指揮を行い、損傷機も着艦。大尉に昇進した。双戦の対地攻撃を試したかったからなのだが、有志を集い更に作戦を練る。だが、全機出撃した [続きを読む]
  • 鬼の蔵. 内藤了
  • よろず建物因縁帳蒼具の盆は隠れ鬼を厳しく禁じる。禁忌を破って隠れ鬼をした兄妹の、兄は神社のある裏山から異様な遺体でみつかった。その体験を忌まわしく恐れた妹は蒼具の屋敷を村に寄贈。村の活性化のため「道の駅」新設の助成金が下りた。広告代理店に勤務する高沢春菜は現場を訪れ、蒼具の蔵に人間の血液で鬼と書かれた土戸を調査に入った民俗学者に見せられる。そこには、曳き屋師も同席しており、因縁を祓って曳くには調査 [続きを読む]
  • 不協和音. 大門剛明
  • 偶然と必然/箱師の鉄/英雄の偶像/左と右/発火点京都、刑事と検事の事件手帳太秦署の刑事・川上祐介は、自白から黙秘に転じた事件の遺体探しに奔走する。だが、京都地検は不起訴を決める。担当検事は唐沢真佐人、祐介の実弟だった。二人の父親は京都府警の名刑事だったが冤罪を機に失職、真犯人は未だ不明。21年ぶりの再会だが、事件を軸に激しくぶつかり合う。帯に「炎の刑事と氷の検事」とありましたので、硬派な話だと思っ [続きを読む]
  • 決戦のとき. あさのあつこ
  • 光と闇の旅人Ⅲおゆきは、闇の蔵人を追い江戸から時空を超えた銀の太刀を使う星の娘。結祈は、不審な行方不明者が相次ぐ東湖市の名家・魔布家、金の太刀を使う星の娘。闇の蔵人と闘う決意を新たにした二人。だが、結祈の双子の弟である香楽に異変が起きる。一方、警察も被害者の背後を探り、一人の人物を絞ってきた。その人物は香楽の近くに迫っていた。表題の通り決戦です。若者向けの本だから。というわけではないかも知れません [続きを読む]
  • 鍵師ギドウ. 大門剛明
  • ガヴィニエスの金庫/谷中の鍵屋/ルイ十六世の錠前/指名手配犯と手錠の鍵/かっぱの鍵違い/天使長の錠前/鍵師ギドウ福森孔太はヤクザと気付かず、ピッキングで侵入した金庫の金を盗んでしまった。依頼、追われる孔太は飛び降り自殺を図るが心晴に助けられ、谷中の鍵屋、野々村十六堂の天才的鍵師・多聞の元で働くことになった。多聞は鍵師が開けるのは錠前だけではないと言う。そして、多聞が追う?鍵師ギドウ?とは何者なのか [続きを読む]
  • 時空の彼方へ. あさのあつこ
  • 光と闇の旅人Ⅱおゆきは母と裏長屋で暮らしている。母は闇をとても恐れ、おゆきにも厳しく夜の外出を禁じていた。ある日、同じ長屋に住む子供が死体で発見されたことを機に二人は引っ越しを重ねる。やがて、おゆきは母が恐れる闇と闘うことを決意する。そして、母から告げられたおゆきの出生。彼女もまた星の娘だったのだ。結祈の家に現れた白い猫おゆきもまた、星の娘でした。彼女が何故、猫に姿を変えたのか、現代に現れたのか。 [続きを読む]
  • シャーロックホームズの十字架. 似鳥鶏
  • 強酸性湖で泳ぐ/争奪戦の島/象になる罪通称ホームズ遺伝子保有者を識別、拉致するために行われる不可能犯罪。直人は、保有者である妹・七海と共に機関が仕掛ける罠と対峙する度、戦う覚悟を重ねる。だが、機関はその覚悟を嘲笑うかのような策を仕掛けてきた。集められた保有候補者たちが覚醒する前に、直人は全てを解決出来るか。不可能犯罪のトリックが有りか無しかは、些細な事である気がしてきました。チームもそれぞれ立ち位 [続きを読む]
  • 光車よ、まわれ!. 天沢退二郎
  • 激しい雨の日の朝、一郎は遅れてきた同級生が大男のばけものに見え、驚く。相手にそれを気付かれた一郎は追われ、龍子を中心とした仲間達に助けらる。そして、龍子から 《水の悪魔》が事件を起こしている。その正体に気付きだした自分達も狙われる。《光車》を探して戦わなくてはならないと告げられる。1973年に単行本刊行、87年に文庫本刊行、2004年に復刊、加筆・修正の後、2008年に文庫本として刊行された新装版 [続きを読む]
  • 暗き夢に閉ざされた街. あさのあつこ
  • 光と闇の旅人Ⅰ中学一年生の結祈は、東湖市の旧家・魔布家の長女。曾祖母、母、双子の弟・香楽と暮らしていた。だが、血に染まったかのような禍々しい赤い空を夢に見た日から、結祈の生活は一変する。曾祖母から時空の狩人として闇の蔵人と闘う運命である星の娘だと告げられたのだ。若者の本から若者のシリーズを選んでしまったので若者の本が続いています。引っ込み思案で優しい女子が、闘わなければならない運命を知り、悩みます [続きを読む]
  • 黒揚羽の夏. 倉数茂
  • 両親が離婚する?その話し合いのため、母方の祖父の家である東北の田舎に預けられた千秋、美和、颯太の兄弟。台風が過ぎた朝、3人は地図をつくるため町を探索する。美和の視界に映った不気味な女の姿、数十年の時を経て訪れる少女たちの失踪。過去と現在を繋ぐ真相に千秋たちは迫る。青春の一夏のお話。両親の離婚の話し合いのため、田舎に隔離された三兄弟。ホラーなのかミステリなのか。あ、これも絡んでくるのか。などなど、楽 [続きを読む]
  • 日本一江戸前鮨がわかる本. 早川光
  • 江戸前鮨の楽しみ方 基本編/江戸前鮨の楽しみ方 実践編/江戸前鮨 基本のネタを知る/江戸前鮨の名店案内/真説・江戸前鮨の歴史想像以上にマニアックな一冊でした。まず、食べ歩いて自分の好きなお店を見つけ出す。しかし、そのままでは終わらせず、新しい店の開拓やその店の旬の時期など使い分ける。ワタクシの財布事情では難しいですね。ですが、今迄あまり食べようと思わなかったコハダと穴子を食べたくなりました。 [続きを読む]
  • 八獄の界. 三津田信三
  • 死相学探偵 6今週末にバスに乗れば、黒術師のもとに連れて行く。黒捜課の刑事・曲矢が、黒術師がネット上の崇拝者たちを集めようとしていると俊一郎に知らせに来た。しかも、俊一郎に潜入しろと言う。仕方なく所定の場所に行き、バスに乗り込む俊一郎。だが、バスは黒術師の結果か事故の衝撃か、異空間に行ってしまう。黒術師との直接対決はないのですが迫って来てる感があります。予想以上に俊一郎に焦点が合っているので、次は [続きを読む]