シカフ さん プロフィール

  •  
シカフさん: シカフ衛星C
ハンドル名シカフ さん
ブログタイトルシカフ衛星C
ブログURLhttp://shikafu.blog.fc2.com/
サイト紹介文ミステリ・ホラー:マニアック=7:3 地味に更新しています
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供105回 / 365日(平均2.0回/週) - 参加 2012/06/08 22:57

シカフ さんのブログ記事

  • 鍵師ギドウ. 大門剛明
  • ガヴィニエスの金庫/谷中の鍵屋/ルイ十六世の錠前/指名手配犯と手錠の鍵/かっぱの鍵違い/天使長の錠前/鍵師ギドウ福森孔太はヤクザと気付かず、ピッキングで侵入した金庫の金を盗んでしまった。依頼、追われる孔太は飛び降り自殺を図るが心晴に助けられ、谷中の鍵屋、野々村十六堂の天才的鍵師・多聞の元で働くことになった。多聞は鍵師が開けるのは錠前だけではないと言う。そして、多聞が追う?鍵師ギドウ?とは何者なのか [続きを読む]
  • 時空の彼方へ. あさのあつこ
  • 光と闇の旅人Ⅱおゆきは母と裏長屋で暮らしている。母は闇をとても恐れ、おゆきにも厳しく夜の外出を禁じていた。ある日、同じ長屋に住む子供が死体で発見されたことを機に二人は引っ越しを重ねる。やがて、おゆきは母が恐れる闇と闘うことを決意する。そして、母から告げられたおゆきの出生。彼女もまた星の娘だったのだ。結祈の家に現れた白い猫おゆきもまた、星の娘でした。彼女が何故、猫に姿を変えたのか、現代に現れたのか。 [続きを読む]
  • シャーロックホームズの十字架. 似鳥鶏
  • 強酸性湖で泳ぐ/争奪戦の島/象になる罪通称ホームズ遺伝子保有者を識別、拉致するために行われる不可能犯罪。直人は、保有者である妹・七海と共に機関が仕掛ける罠と対峙する度、戦う覚悟を重ねる。だが、機関はその覚悟を嘲笑うかのような策を仕掛けてきた。集められた保有候補者たちが覚醒する前に、直人は全てを解決出来るか。不可能犯罪のトリックが有りか無しかは、些細な事である気がしてきました。チームもそれぞれ立ち位 [続きを読む]
  • 光車よ、まわれ!. 天沢退二郎
  • 激しい雨の日の朝、一郎は遅れてきた同級生が大男のばけものに見え、驚く。相手にそれを気付かれた一郎は追われ、龍子を中心とした仲間達に助けらる。そして、龍子から 《水の悪魔》が事件を起こしている。その正体に気付きだした自分達も狙われる。《光車》を探して戦わなくてはならないと告げられる。1973年に単行本刊行、87年に文庫本刊行、2004年に復刊、加筆・修正の後、2008年に文庫本として刊行された新装版 [続きを読む]
  • 暗き夢に閉ざされた街. あさのあつこ
  • 光と闇の旅人Ⅰ中学一年生の結祈は、東湖市の旧家・魔布家の長女。曾祖母、母、双子の弟・香楽と暮らしていた。だが、血に染まったかのような禍々しい赤い空を夢に見た日から、結祈の生活は一変する。曾祖母から時空の狩人として闇の蔵人と闘う運命である星の娘だと告げられたのだ。若者の本から若者のシリーズを選んでしまったので若者の本が続いています。引っ込み思案で優しい女子が、闘わなければならない運命を知り、悩みます [続きを読む]
  • 黒揚羽の夏. 倉数茂
  • 両親が離婚する?その話し合いのため、母方の祖父の家である東北の田舎に預けられた千秋、美和、颯太の兄弟。台風が過ぎた朝、3人は地図をつくるため町を探索する。美和の視界に映った不気味な女の姿、数十年の時を経て訪れる少女たちの失踪。過去と現在を繋ぐ真相に千秋たちは迫る。青春の一夏のお話。両親の離婚の話し合いのため、田舎に隔離された三兄弟。ホラーなのかミステリなのか。あ、これも絡んでくるのか。などなど、楽 [続きを読む]
  • 日本一江戸前鮨がわかる本. 早川光
  • 江戸前鮨の楽しみ方 基本編/江戸前鮨の楽しみ方 実践編/江戸前鮨 基本のネタを知る/江戸前鮨の名店案内/真説・江戸前鮨の歴史想像以上にマニアックな一冊でした。まず、食べ歩いて自分の好きなお店を見つけ出す。しかし、そのままでは終わらせず、新しい店の開拓やその店の旬の時期など使い分ける。ワタクシの財布事情では難しいですね。ですが、今迄あまり食べようと思わなかったコハダと穴子を食べたくなりました。 [続きを読む]
  • 八獄の界. 三津田信三
  • 死相学探偵 6今週末にバスに乗れば、黒術師のもとに連れて行く。黒捜課の刑事・曲矢が、黒術師がネット上の崇拝者たちを集めようとしていると俊一郎に知らせに来た。しかも、俊一郎に潜入しろと言う。仕方なく所定の場所に行き、バスに乗り込む俊一郎。だが、バスは黒術師の結果か事故の衝撃か、異空間に行ってしまう。黒術師との直接対決はないのですが迫って来てる感があります。予想以上に俊一郎に焦点が合っているので、次は [続きを読む]
  • シャーロックホームズの不均衡. 似鳥鶏
  • 雪の日は日常にさよなら/シャーロック・ホームズの産卵/世界は名探偵でできている/貴きものは頭部を狙う2年前に両親を殺害され、児童養護施設で育った直人と七海。18歳になり施設を出なければならない直人に、2人と養子縁組したいという人物が現れ、長野のペンションで会うことになった。だが翌朝、ペンションの従業員が殺害。それは彼らが国際的な争奪戦に巻き込まれる罠だった。SDQUS:非定型条件下における方策発見 [続きを読む]
  • 封じられた街. 沢村鐵
  •  m2&o=9&a=4591125866" width="1" height="1" border="0" alt="" style="border:non
    e !important; margin:0px !important;" />落葉のオルフィスム/北風のポリフォニー/薄氷のディープ
    シャドウ/私はいかにして『封じられた街』を書いたのか史恵が住むの中西市では動物が立て続
    けに殺されていた。その死骸は落葉で覆われ、その落葉で作られる模様は毎回違う。史恵が修平
    ・衛と暴いた犯人は、もののべ様に命じられたと言う。そし [続きを読む]
  • 怪しい店. 有栖川有栖
  • 古物の魔/燈火堂の奇禍/ショーウィンドウを砕く/潮騒理髪店/怪しい店被害者は自宅で「聴き屋」を営んでいた。悩みを抱えた客の話に耳を傾け、心を軽くすることが仕事だった。秘密を聞き過ぎたのか、他の理由なのか。火村は有栖川を伴い、捜査に立ち合う。(怪しい店、より)「聴き屋」は、確かに秘密を握れそうですね。その秘密が危険すぎたのか、加害者を追い詰め過ぎたのか。どちらもアリなので最後まで引っ張ります。本書は [続きを読む]
  • そのときまでの守護神. 日野草
  • 造形作家TOKIWA。篠原は高校生の頃に彼女に出会い、後にマネージャーとなった。そのTOKIWAが死去。彼女の遺作が、遺体と共に火葬にされてしまう。国立西洋美術館の 《地獄の門》で水曜日11時に依頼すると、依頼人が持つに相応しいと判断した場合に美術品を盗んでくれる?泥棒の守護神?が現れる。篠原はTOKIWAの遺作を手にするため、 《地獄の門》の前に立つ。読みながら「山猫」シリーズが頭に浮かびましたが [続きを読む]
  • うわさの神仏 其の三. 加門七海
  • 江戸TOKYO陰陽風景ぜひ行ってみましょう/行ってみます?/行きたいなら止めません前二作は紀行本的でしたが、これはまさにガイドブックです。見開きで都内の路線地図が付いていますし、それぞれの頁には最寄駅からの地図もあります。前二作とカブる場所もありますが、ネタと切り口を変えているそうです。さあ、本書を持って神社仏閣の偏った旅に出ましょう。シリーズ情報: 日本闇世界めぐり. あやかし紀行.  [続きを読む]
  • 問題物件. 大倉崇裕
  • 居座られた部屋/借りると必ず死ぬ部屋/ゴミだらけの部屋/騒がしい部屋/誰もいない部屋若宮恵美子は大島不動産販売に入職、業務は難病と闘う先代の遺児・雅弘の世話も含めた会社との連絡員だった。だが、雅弘の失脚を狙う先代の弟である現社長は物件絡みのクレーム処理係に恵美子を異動させ、その上司に雅弘を据えることによって失脚を目論む。雅弘を守るため、問題物件に向かう恵美子。そこに現れたのは、犬頭光太郎と名乗る探 [続きを読む]
  • 死神もたまには間違えるものです. 榎田ユウリ
  • 高梨広は執着無しに生きていた。ある日、広の乗った路線バスが急停止する。広は額を強打するも大事には至らず、他の乗客も同様だった。だが、余見透と名乗る死神が現れて、広や集められた乗客も既に死んでいると軽く言う。期限付きの時を過ごす面々。だが、広は一向に生への執着が芽生えないのだった。突然の死を受け入れられない面々に心に、全く頓着せずに仕事を進める死神。いっそ清々しい程です。自分もいつかは死が訪れると頭 [続きを読む]
  • 霊感検定 心霊アイドルの憂鬱. 織守きょうや
  • 駆け出しのアイドル・こずえの写真には心霊写真が多く、一部で心霊アイドルなどと言われていた。心霊ロケの後からの体調不良や現象に悩まされていたこずえは夏目に相談をする。ストーカーの不審死も判明し、再開された危険な心霊ロケ。心霊現象研究会のメンバーは、こずえのためロケ地に同行する。こずえを悩ませているものは霊なのか人間なのか。本作は、夏目の万能感が際立ちます。前作でも感じましたが夏目が登場すると全て持っ [続きを読む]
  • うわさの神仏 其の二. 加門七海
  • あやかし紀行第二弾はあやかし紀行、著者が聖地を旅した記録です。東北から沖縄まで。別の言い方ですとイタコからユタまで。行くだけではなく話も聞いているので奥の深さを感じます。本書をガイドブックにして頂けると嬉しいとありますが、日程のハードさはハンパないです。真似出来ないかも......出来ません。シリーズ情報: 日本闇世界めぐり. あやかし紀行.  [続きを読む]
  • ヤタガラス. 豊田巧
  • 戦場を飛ぶ八咫烏/聖女カタリナ/闇に哭く鴉/桶狭間の二人鉄砲が南蛮から伝わって二十年弱。人を打つには二十五間(約50メートル)まで近づかないと当たるものではなかった。だが、凄腕の鉄砲上手・八咫烏は百?先からでも、人を打ち抜くことが出来る。孫十三は鉄砲職人・四朗と出会い、高額で八咫烏の仕事を請け負っていた。全ては姉の語る理想の世をつくるために。姉の理想郷のために高額で人を撃つ。因果な話です。結末は幸 [続きを読む]
  • うわさの神仏. 加門七海
  • 日本闇世界めぐりなんと未読でした。「うわさの人物」を読んでいたので、勘違いだったのですね。さて、こちらは第一部うわさの神仏と第二部うわさの現場に分かれております。氏の心を掻き立てた神仏や取材で訪れた現場など、愛溢れる怒涛のプレゼン。そして最後に天社土御門神道本庁を持ってくる......一度行ってみたいですw [続きを読む]
  • クランⅣ. 沢村鐵
  • 警視庁機動分析課・上郷奈津実の執心警察閥に君臨する神を追って商業施設に入った晴山たち。だが、神は消え、クランの面々の身元も特定された。暴くのが先か倒されるのが先か、事態は次なる局面に。そこへ、またもや渋谷に、渋谷のスクランブル交差点に多くの人数が扇動される情報が入り、晴山たちはそれぞれ動き出す。翻弄される側から反撃する側へ。クランに参加したばかりの晴山や岩沢にはわからないことも多いですが(読者も勿 [続きを読む]
  • 荻原博子のハッピー老後. 荻原博子
  • 貯金ゼロでも大丈夫!今すぐ始める!「隠れ貧困」8大防衛術/投資、貯蓄、賢い消費の仕方/働き方を考え、住まい、医療費について知る/介護の負担を減らし、介護要らずの自分になる/老後が心配になり読んでみました。具体的な貯蓄の仕方や介護に必要な金額など勉強になります。妄想で不安を膨らませるより勉強すべきですね。 [続きを読む]
  • 猫怪々. 加門七海
  • マンションを購入、引っ越しから半年後。筆者は一匹の仔猫に出会う。しかし、出会った仔猫は病気を抱えているに加え、ナニか憑いている?ワタクシからしてみれば行動基準にない献身ぶりですが、あとがきには「猫に取り憑かれた猫好きならば、当たり前にやることをこなしただけ」「標準的な猫好きが標準的に猫に尽くした記録」だそうです。 [続きを読む]
  • 心に雹の降りしきる. 香納諒一
  • 七年前に一人娘が行方不明になり、三年前には妻に死に別れた男、井狩。県警の刑事・都筑は、この七年娘が生きていると思い続けている井狩宅を訪ねた。雇った興信所の梅崎が、娘の遺留品を見付けたと言うのだ。だが、数日後、梅崎は死体で発見される。梅崎は何を追い、死に至ったのか。七年経っても娘の生存を信じる井狩。それに付き合うことに怒りすら覚えている都筑。懸賞金を狙う梅崎。三人がどう絡んでいくかと思いきや、梅崎は [続きを読む]
  • 霊感検定. 織守きょうや
  • 大阪から転校してきた藤本は、生活のためにラブホテルでアルバイトをしている。アルバイトの帰りに霊体験をした藤本は、不思議な少女に助けられる。転校初日、クラスにその少女を見た藤本だったが、少女の幼馴染である伐に「憑いている」と心霊現象研究会に連れて行かれる。受けさせられた霊感検定は三級だった。思いの外青春でした。九条高校司書の馬渡が主宰の心霊現象研究会。藤本は「憑いてる」と連れて行かれ、そのまま蟻地獄 [続きを読む]