シーケ さん プロフィール

  •  
シーケさん: リョウセンノキヲク
ハンドル名シーケ さん
ブログタイトルリョウセンノキヲク
ブログURLhttp://ryousen.main.jp/
サイト紹介文山で体験した事、山で見た景色や自然、山へ想いなどを書いた登山日記です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供21回 / 365日(平均0.4回/週) - 参加 2012/06/10 08:01

シーケ さんのブログ記事

  • 新しい登山の相棒、スズキ・イグニス!
  • 公開日-2017.3.272016年10月に転職してから5ヶ月経過。仕事はある程度なれて来たし、仕事量もそんなに多くないから比較的楽なんだけど、相変わらず人間関係が煩わしい。一癖も二癖もある人が多いし、なにより同じチームを組んでいる班長とのコミュニケーションがうまくいかなくて精神がちょっとやられそう。慣れない3交代勤務、おまけに休日出勤も頻繁にあって、毎日家と会社を往復という単調な生活で鬱状態になってしまった。だ [続きを読む]
  • 住み慣れた街、熊谷を離れる
  • 2016.10.23新しい職場で働き始めてから2周間経過。不安だった人間関係も少しずつ構築出来てほんの少しだけ気分が楽になった。でも仕事にはなかなか慣れず、出勤前はどうしても心が憂鬱になる。こんな時は山に行って思い切りはじけたいけど、週末はやらなきゃいけないことが沢山あるからちょっと無理。土曜日は、部屋に残ってた荷物を取りに熊谷へ行ってきた。前の部屋はまだ借りたままになっていて、退去日は今月の29日だ。部屋 [続きを読む]
  • 新天地への旅立ちは前途多難
  • 2016.10.16川越駅の改札を抜けて東口を出ると、ビルや商業施設が建ち並ぶ駅前の風景がぱっと広がった。川越へ来て最初に感じた印象は『随分活気があるなぁ。』平日休日、時間を問わず駅周辺を中心に人の往来が多いし、観光客も結構居るから賑やかで街全体が元気だ。寂れて閑散としてる熊谷とは大違い。これから、この川越が僕の新しい生活の場となるのだ。駅郊外の間取り2Kの安マンションを借り、近くに住む知人に引っ越しを手伝 [続きを読む]
  • 道を尋ねられたら
  • 2016.10.7駅から自宅へ歩いて帰る途中、前からノロノロ走ってくる車が僕の方へ寄って来てきました。助手席の窓が開いて、中から1人の女性が熊谷駅までの道を教えて欲しいと訪ねて来たのです。話す言葉は片言で、明らかに外国人で見た感じは中国系。何故か僕も片言の日本語で『とりあえず この道をまっすぐ行く 熊谷駅』と伝えてこれで解決。かと思いきや『わたし、ここへ行きたい。』と、中国語で書かれた紙切れを渡してきまし [続きを読む]
  • 秋の長雨後・・・初秋の香り漂う奥武蔵の丸山へ
  • 朝起きて窓のカーテンを開けると青空が広がってる!!何十日振りに仰いだ青空は巻雲をたなびかせて台風一過のような秋らしい感じでした。そういえば7月下旬以降山にも行ってないし、久しぶりに登山してみようか。近場で何処かいい山は無いか地図を眺めていると目についたのが秩父山地・埼玉県横瀬町にそびえる丸山(960m)。秩父の山は色々歩いたけどこの山はまだ登った事が無いからここへ登ってみよう。今回は芦ヶ久保駅から国道 [続きを読む]
  • ヒガンバナに染まる初秋の鹿島古墳群(埼玉県深谷市)
  • 訪れた日-2016.9.24最後に青空を見たのは一体何時だろう・・・って思うくらい9月に入って埼玉はずっと曇りと雨。だから当然山にも旅にも行けず。そしてこの週末もまた雨。でも午前中は降ってなかったから比較的近所にある深谷市の鹿島古墳群へふらりと行ってみることにしました。※『鹿島古墳群』についての詳細は下記を 埼玉県深谷市・鹿島古墳群は春色に染まっていた鹿島古墳群地図トイレ・駐車場あります。草地の中はヤ [続きを読む]
  • 【谷川連峰】白毛門&笠ヶ岳&朝日岳で見た花・高山植物(6月)
  • 6月の谷川連峰は花の宝庫!沢沿いや樹林帯、稜線と場所を問わず色とりどりの花々と出会うことが出来ました。登山した日-2016.6.17エゾアジサイ渓流沿いの湿った斜面で良く見かけました。ブルーの花が綺麗だけどアジサイなので地面の酸性度などによって花の色が変わるそうです。ギンリョウソウいわゆる腐生植物で別名ユウレイタケ。マイヅルソウ標高の高い樹林帯の日陰で良く見かけ、時に登山道脇を埋め尽くすくらい密生しているこ [続きを読む]
  • 6月の谷川連峰・白毛門&笠ヶ岳&朝日岳〜馬蹄形半分縦走(2)
  • 登山した日-2016.6.17白毛門から朝日岳白毛門から笠ヶ岳間はササ原と灌木が広がるので、本来は快適な稜線満歩が出来るんだけど、悪天候だとただ霧の中を歩いてるだけですごくツマラナイ。笠ヶ岳に到着したけどやっぱりガス。風も強くて寒いから長居はせずに次なるピーク、朝日岳へ向かうことに。笠ヶ岳を離れてから間もなく、前方に何か見えてきました!それは笠ヶ岳避難小屋でした。ドラム缶を半分に割って埋めたような簡素な小屋 [続きを読む]
  • 6月の谷川連峰・白毛門&笠ヶ岳&朝日岳〜馬蹄形半分縦走(1)
  • 6月第二週に続いて第三週の週末も晴れの予報。天気もよさそうだから谷川連峰の馬蹄形コースを歩いてみようか。馬蹄形とは登山起点の土合から白毛門〜朝日岳〜清水峠〜武能岳〜茂倉岳〜谷川岳をぐるっとなぞると馬の蹄のように見えるから名付けられた登山コースで、幾つもの峰々を踏破する体力を要する長大なコースにも関わらず、日帰りで歩く猛者も居るみたい。でも、そんな体力の無い僕は白毛門〜朝日岳〜清水峠まで歩いてここか [続きを読む]
  • 乾徳山で見た花・高山植物(7月下旬)
  • 梅雨が明けると乾徳山は一層緑が濃くなります。7月末の最も暑い時期に登ってみると沢山の花々と出会えました。登山した日-2016.7.30マルバダケブキこの時期の乾徳山を代表するのがマルバダケブキというキクの仲間。国師ヶ原や扇平で簡単に見ることが出来ます。乾徳山一帯はシカの食害で多くの草花が数を減らしている中で、このマルバダケブキは沢山群落を作っていてどうやらシカはこのマルバダケブキを食べないようです。毒を持っ [続きを読む]
  • 奥秩父・盛夏の乾徳山へ
  • 7月末。一年で最も暑い時期に奥秩父の乾徳山(2031m)を歩いてみました。登山した日-2016.7.30夏真っ盛りの乾徳山乾徳山の登山拠点、山梨県山梨市の徳和集落へ朝の7時に到着すると、辺りの森はエゾゼミの大合唱に包まれていて、ジーンと耳をつんざく音が鼓膜に響くから頭がクラクラしそう。肌に感じる空気はムッとした感触で、空を見上げると真っ青で緑濃い山々が広がる景色!あぁ〜っ、夏だ。夏山の雰囲気だ!そしてこれからこの [続きを読む]
  • 奥秩父・金峰山で見た花と高山植物(6月)
  • 今回金峰山を登った2016年は暖冬小雪で、しかもずっと高温傾向だったから例年より花の咲くのが早い感じです。登山した日-2016.6.11レンゲツツジ大柄で鮮やかなオレンジ色〜朱色の花を付けるツツジで、初夏の高原の主役的存在です。シラカバ林の中に咲いていることも多くてその景色を見れば誰もがメルヘンチックな感覚に包まれる事でしょう!アズマシャクナゲ今回の登山で最もよく見た花の一つで、大日小屋付近では群落になっていて [続きを読む]
  • 奥秩父・金峰山〜シャクナゲの道を踏み越えて【後編】
  • 長かった樹林帯の登りもいよいよ終盤。その先には見晴らし最高の森林限界が待っています!果たして初夏の爽快な絶景に巡り会えるのでしょうか??登山した日-2016.6.11森林限界の砂払いの頭へ金峰山の主稜線に出ても依然として続く鬱蒼とした森と容赦の無いキツイ登り。先行していた登山者達はここでグッと速度が落ちて僕との距離が縮まり、追い越しざまに声をかけると汗水垂らして苦悶の表情を浮かべながら弱々しい声を返してきま [続きを読む]
  • 奥秩父・金峰山〜シャクナゲの道を踏み越えて【前編】
  • 6月のはじめに梅雨入りした関東甲信地方は毎日ぐずついた天気が続いていたけど、週末は高気圧が張り出して晴れそうな予感。この時期の山々はどんな景色なんだろう!と思って真っ先に頭の中に浮かんだ奥秩父の金峰山を登山してみる事にします。登山した日-2016.6.11梅雨の中休みの金峰山午前1時半に自宅の熊谷を出て、登山口あるの瑞牆(みずがき)山荘を目指して国道140号線をバイクで走り続け、午前5時半に瑞牆山荘奥の駐車 [続きを読む]
  • 奥秩父・熊倉山で見た花(5月下旬)
  • 熊倉山は森が主体でそれほど花が多い山じゃないけど、注意深く観察しながら歩いていくと結構咲いてます。登山した日-2016.5.21ガクウツギ登り序盤の木陰や沢筋でよく見かけ、純白の花だからとても良く目立つ存在です。でも咲き始めは緑色をしていてかなり地味。フタリシズカ穂のような白い花を2本付けて日陰の登山道脇に咲いていました。クワガタソウ今回の登山で最も沢山見かけた花で、登山道脇に時々群落を作っていました。ヒメ [続きを読む]
  • 奥秩父・熊倉山〜奥秩父の雰囲気を求めて
  • 登山した日-2016.5.21熊倉山は秩父市街地の南西部にそびえる標高1427mの山。昭文社発行の山と高原地図(エアリアマップ)で熊倉山を見てみると『奥秩父の雰囲気が味わえる』と書いてあります。『”奥秩父の雰囲気”とは苔むした岩が露出した深い原生林が何処までも続いていて、訪れる人も少ない静かな山・・・』と、そんなイメージを持っている僕はその雰囲気を味わいにこの山へ行ってみることにしました。久々の本格登山です!登 [続きを読む]
  • 隣人が孤独死(孤立死)するということ-2
  • 夜になって玄関をノックする音がしたので開けると警察の鑑識の人と、一般の方と思しき中年の男性と高齢の女性が立って居ました。中年の男性は僕と顔を合わせるなり『この度は本当に申し訳ございませんでした。』と深々と頭を下げてきて、突然の事に僕はびっくりするも、ご親族の方々であることに気がつきました。確かに異臭の漂う中で耐え難い生活して来て大変だったけど、おじいさんの異変にもう少し早く気づいてあげられたら・・ [続きを読む]
  • 隣人が孤独死(孤立死)するということ-1
  • 僕が住んでるのはごく普通の賃貸マンションで、住み始めてから6年程経ちます。僕がここへ越した時から隣に80歳くらいのおじいさんが一人で住んでいました。たまにすれ違う時に挨拶するくらいで、そもそもすれ違う事すら滅多にありません。集合住宅にありがちな『隣は何をする人ぞ』の言葉通り住人との交流は一切無いし、誰も郵便受けや玄関の表札に名前を掲げないので、何ていう人が住んでいるか判りません。だから僕は隣におじ [続きを読む]
  • 外秩父・鐘撞堂山〜陣見山〜羅漢山で春の里山散策①
  • 登山した日-2016.3.29埼玉県深谷市・寄居町の西部に広がる外秩父山塊の鐘撞堂山(かねつきどうやま:330m)・陣見山(531m)・羅漢山(210m)を春山ハイキング!里山の雰囲気いっぱい!鐘撞堂山へ深谷市にある『鐘撞堂山ふるさとの森』の駐車場へやってきました。バイクを降りて登山準備をしていると、駐車場前の東屋に犬を連れて座っている老人が、物珍しそうなな顔で僕をずっと凝視してきます。付近には散歩やジョギングをする明 [続きを読む]
  • 埼玉県東秩父村大内沢・花桃の里は桃源郷だった②
  • 訪れた日-2016.3.31三叉路〜稲荷神社三叉路から稲荷神社方面へちょっと寄り道。この辺りも満開の花桃が見事でつい見入ってしまいます。満開の花桃。こんなに沢山の花桃に包まれたのは生まれて初めて!花桃をズームアップ!花びらは八重でまるでボタンの花みたい。稲荷神社へ到着。参拝してみよう。沢山並んだ鳥居をくぐっていくと・・・。稲荷神社本殿へ到着。さっき見た諏訪神社同様小さな神社だけど、狐の置物が沢山祀られていて [続きを読む]
  • 埼玉県東秩父村大内沢・花桃の里は桃源郷だった①
  • 訪れた日-2016.3.31埼玉県の西部に位置する東秩父村は、外秩父の山々に抱かれたのどかな山村。その一角にある大内沢という集落は春になると一面ハナモモの花で彩られて『桃源郷』の世界へと変貌します。一体どんな感じの桃源郷になるのか行ってみることにしました。埼玉県寄居町から県道294号線を南へ向けて走り、東秩父村へ入るとすぐに『花桃の里』の大きな案内柱が見えてきました。それにガードレールのあちこちに『花桃の里』 [続きを読む]
  • 埼玉県熊谷市・春を探しに荒川河川敷へ
  • 歩いた日-2016.3.18長かった冬も終わり待ちに待った春が到来!春の息吹を求めて山に行きたい所だけどスギの花粉症持ちなので、この時期は山はちょっとおあずけ。代わりに春を楽しめるところはないかな・・・?そうだ、いつもジョギングに使ってる埼玉県熊谷市の荒川河川敷で春探しをしてみよう。今回は熊谷桜堤を起点に、荒川北岸〜南岸をぐるりと歩いてみました。ノンストップで歩いておよそ1時間30分の道程です。熊谷桜堤〜荒川 [続きを読む]
  • 旅人の聖地・見近島キャンプ場(愛媛県今治市・しまなみ海道)
  • 訪れた日-2016.1.2しまなみ海道の大島と伯方島を結ぶ『伯方・大島大橋』。その間に見近島という小さな無人島があってここにキャンプ場があります。自転車でしまなみ海道を走っていた途中にあったのでどんな所なのか立ち寄ってみました。この見近島キャンプ場は、『歩行者・自転車・125cc以下の原付バイク』の人しか利用できないちょっと変わったキャンプ場。伯方・大島大橋には自動車専用道と、歩行者・自転車・125cc以下の原付バ [続きを読む]
  • 藤崎古墳へ行ってみた(愛媛県今治市吉海町)
  • 訪れた日-2016.1.2瀬戸内海に浮かぶ愛媛県今治市大島にある『藤崎古墳』は島内一の大きさを誇る古墳です。僕が小学生の頃、学校の歴史の授業でこの古墳を何度か訪れたけどそれっきり。久しぶりに地元へ帰ったから懐かしさを味わいに行ってみよう。藤崎古墳地図場所はこちら。駐車場は無いけど、近くの役場に車を停めることが出来ます。 藤崎古墳写真大島を貫く国道317号線。旧吉海町の中心街辺りの道路脇に『藤崎古墳』の看板があ [続きを読む]
  • ブログレイアウトを変更しました!
  • 2015-12-7実装ブログのレイアウトを変更しました。基本的な構造は前バージョンと変わりません。とりあえず新デザインのみを実装しただけで、細かい調整はこれから1つずつ直していく予定です。ブログの更新は引き続きお休み中です。ただいま諸事情でしばらく登山アウトドア活動を控えていて、ブログ日記も一時お休みさせていただいています。本格的な登山・ブログ再開は『2016年4月頃』を予定しています。少しの間更新は止まり気味 [続きを読む]