luna さん プロフィール

  •  
lunaさん: オランダ田舎暮らし
ハンドル名luna さん
ブログタイトルオランダ田舎暮らし
ブログURLhttp://www.dutchluna.blogspot.nl/
サイト紹介文ガーデニングを中心にオランダ生活を綴っています。アンティーク&ブロカントのネットショップも始めました
自由文森を散策したり、自然の中をサイクリング、裏庭にやってくる野鳥の観察が好きです。アンティーク&ブロカントのネットショップも始めました。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供188回 / 365日(平均3.6回/週) - 参加 2012/06/10 15:13

luna さんのブログ記事

  • フランスアンティーク  19世紀 吹きガラスの薬品瓶
  • 今日は19世紀フランスの薬品瓶を紹介します。吹きガラスですので口部分や底の厚みが一定したものではなく手作りの温かみを感じて頂けると思います。また、小さな気泡や、とろ〜んとしたガラスの質感に趣きがあります。吹き終わってガラスを切る部分(底)が荒いほど古いガラスと言われておりこの保存瓶はその切込みの荒い1800年代後半時代のもの。古いガラスの質感を十分お愉しみ頂けると思います。この19世紀吹きガラスの薬品瓶を [続きを読む]
  • ベルギーアンティーク ガラスのクロッシュ 受け皿付き
  • 今日はガラスのクロッシュを紹介します。ケーキやチーズなどを入れるためのベル型のカバーと受け皿です。シンプルなカットが施されたもので中に入っているものが比較的良く見えるものです。テーブルで使用しないときでもお気に入りのものを中に飾るなど飾っておくだけでも素敵なガラスのクロッシュです。このガラスのクロッシュ 受け皿付きを古道具Lelietje van dalenへ更新しました。https://furudougu.blogspot.nl/2017/07/blog- [続きを読む]
  • フランスアンティーク 19世紀 吹きガラスの花瓶 
  • 今日は吹きガラスの花瓶を紹介します。フォルムが大変美しい吹きガラスの花瓶です。吹きガラスの波紋や気泡がありとろりとしたアンティークのガラスがお好きな方ならおススメの花瓶になります。この吹きガラスの花瓶 をAntiques Lis de la vallée へ更新しました。https://antiques-suzuran.blogspot.nl/2017/07/blog-post_17.html詳細は ↑ ショップリンクからどうぞ。・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・   ブログ [続きを読む]
  • フランスアンティーク パリ ショコラティエの木箱
  • 今日は古い木箱を紹介します。古い木箱は以前から大好きでショップオープン当初から時々紹介しておりますが今も変わらず私の大好きな古道具です。1883年創業、パリ Salavinのチョコレートの木箱です。シンプルながら美しい字体がアクセントとなっているお洒落な木箱です。メルスリーグッズの収納に使われていたようで手書きのラベルが貼られています。中敷きの紙が一枚入っていたのですがその下から小さなオマケも入っていたので [続きを読む]
  • アンティーク レトロなお花模様 ティン缶のバスケット
  • 今日はお花模様のティン缶を紹介します。以前バスケット柄のティン缶を紹介したことがあるのですが同じものの柄違いです。レトロなお花模様と色使いがたまらなく愛らしい。^^昔の子供用のサンドイッチボックスなのだそう。女の子がこれを提げて学校に行く姿を思い浮かべました。バスケット柄のティン缶も一緒にならんでいたのですがコンディションがイマイチでこちらの方が断然可愛かったのでこれだけ買い付けました。偶々傍にい [続きを読む]
  • オランダアンティーク マーストリヒト窯 Petrus Regout 深皿
  • 今日はマーストリヒト窯の深皿を紹介します。1827年創業 オランダマーストリヒト窯の老舗Petrus Regout の深皿です。以前、底に台のないつるりとしたものを紹介しましたが今回は同じシリーズの年代違いになります。お色はアイボリーと白の中間のような色合いです。どんなお料理も受け止めてくれるシンプルな無地のお皿はやはり使いやすいでしょうか。パスタやカレー、煮込み料理など色々と使える深皿です。この マーストリヒト窯 [続きを読む]
  • フランスアンティーク 吹きガラスの花瓶(大)
  • 今日は吹きガラスの花瓶を紹介します。カットも装飾も施されていないとてもシンプルな花瓶です。大きなサイズのアンティークの花瓶は薬品瓶を花瓶として使われることが多いでしょうか。こちらはフォルムの美しい中々見つからないものです。ゆらゆら揺れるガラスの波や小さな気泡がちらほら。古いガラスの質感を十分にお愉しみ頂けると思います。お気付きのお客様もいらっしゃるかもしれませんが私はアンティークのガラスの虜。^^ [続きを読む]
  • アナベル
  • アナベルが咲きはじめました。今はまだライムグリーン。白くなるこのぐらいの色合いのアナベルが一番好きです。この家に引っ越してきたとき裏庭に一番に植えた花。タイルだった部分を剥がして3株植えました。今年は雨が少ないのでまだ支柱を立てていませんがそろそろ必要ですね。・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・   ブログランキングに参加しています。応援よろしくお願いします♪・・・・・・・・・・・・・・・・・ [続きを読む]
  • イギリスアンティーク リーズウェア
  • 去年初めて出逢って『理想のテーブルウェア』として紹介しました。シンプル且つエレガント。これまで出会ったどのシリーズよりも美しいと語りました。^^今でも同じ気持ちです。実際に手に取られないと分からないと思うのですが例えばサルグミンヌの花リムシリーズのものよりもずっとずっと素敵なのです。陶器の土の質も上等のものが使われているのがすぐに分かります。ツルツル、艶々なのです。お国はイギリス。リーズウェアと呼 [続きを読む]
  • 紫陽花
  • 裏庭の四季咲き紫陽花が咲きはじめました。普通の紫陽花より早く咲きますが花は小さめです(直径10?ぐらい)。オランダはアルカリ性の土なので花色はピンクになることが多いです。フロントガーデンにも紫陽花があるのですがこちらは5月の霜で新芽が痛み葉が茶色くなってしまいました。裏庭は小さく高い塀に囲まれているためか霜の被害はありませんでした。一輪だけ紫色で咲きました。・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・  [続きを読む]
  • 今年も初夏のブケ
  • 去年義母の誕生日に初夏のブケを贈りました。今年はどんな花があるかな、と思いながらいつものお花屋さんを覗くと綺麗なアリウムが♪今年も背の高いもの同士(アリウムとユリ)のブケになりました。これにもう少し何かをプラスした方が良いかと迷って店員さんに相談するとこの2種のみが良いとのこと。商売っ気のない店員さん(笑)のお蔭で今年はスタイリッシュな初夏のブケ。・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・  [続きを読む]
  • 藤の花が咲きました。この花が咲くと裏庭は一気に藤色に染まります。毎年3度花を咲かせる藤ですが一番花がやはり一番豪華。先日BBC(イギリスのテレビ局)の日本の桜の特集を見ました。国中が桜色に染まりその美しさを取り上げるだけではなく、熱狂的な桜好きの日本人の心境がイギリス人にとって興味深いようです。ガーデニングで有名なイギリスですが日本人がどうしてここまで桜を愛するのかが分からないよう。新聞やテレビのトッ [続きを読む]
  • フランスアンティーク ガラスドーム(小)
  • 今日は古いガラスドームを紹介します。大切な思い出の品を飾ったり何を飾っても絵になるシーン、時間が止まってしまったかのような空間ができあがります。ガラスドームは大小色々なサイズがありますがこのガラスドームは小さなサイズになります。この ガラスドーム(小)を古道具Lelietje van dalenへ更新しました。http://furudougu.blogspot.nl/2017/05/blog-post_17.html詳細は ↑ リンクを してください。・・・・・ [続きを読む]
  • ライラック
  • フロントガーデンのライラックが咲きました。ライラックは大きく育つ花木なので毎年剪定が必要なのですが強く剪定すると翌年花が咲かなくなるので強剪定する枝と弱剪定をする枝を半分ずつにして剪定をしています。自己流ですが、この方法で大きくなりすぎず且つ毎年花が楽しめています。庭仕事をしているといつも通りかかる上品なマダムが歩道間際に植えられているうちのライラックの香りを楽しまれているのを見かけました。花が咲 [続きを読む]