前田貴久 さん プロフィール

  •  
前田貴久さん: 性感マッサージ師 前田貴久のブログ
ハンドル名前田貴久 さん
ブログタイトル性感マッサージ師 前田貴久のブログ
ブログURLhttps://blogs.yahoo.co.jp/takahisa6699
サイト紹介文女性専門性感マッサージ師が体験を通して感じる夫婦間の問題を日記にしています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供205回 / 365日(平均3.9回/週) - 参加 2012/06/12 10:43

前田貴久 さんのブログ記事

  • 恋は理性の外
  • 瀬戸内寂聴が30年以上続けている京都での法話の会で、不倫した議員の話に触れ、「人を好きになることは理性の外」、「(運命的な出会いが)何もなくって死ぬ人は、ちょっと可愛そうな気がするわね」と仰ったという記事を読みました。寂聴さんの本なども読んだことがなく、あまりよく知らないのですが、たまにニュースなどで、彼女の言葉を聞くと、情や愛について寛容で、とても情熱的だ人だなといつも感じます。出家している身で [続きを読む]
  • 愛について
  • もしかすると以前にも同じタイトルで記事を書いたかも知れませんが、たぶん内容は違うのでお許しください。僕は、愛について語ることなど出来ないということを最初に断っておいて、この記事を書きたいと思うのですが、結論をいうと愛に正解などないということを言いたいわけです。今回、ここでとりあげている愛というのは、家族愛や動物愛、博愛などといったものではなく、シンプルに男女間の愛です。男女に限定すると支障があるか [続きを読む]
  • いったのはどっちが先?!
  • リピーターさんと話をしているのときに、彼女が突然、いくということを始めて体験したのはいつなんでしょうねというような疑問を投げかけてきました。単純に挿入するだけでなく、以前物議をかもし出したフェラとクンニのような、人間ならではの行動を初めてしたことも話題となったのです。本能として交尾というのは、人類が出現したときからあったでしょうけれど、それ以外のキスやペッティングなどといったものは、たぶん人類登場 [続きを読む]
  • キューブラー・ロスの死の受容過程
  • ライフ・オブ・デビッド・ゲイルという映画を観ました。死刑制度に反対する大学教授が、レイプ殺人の罪で死刑判決を受け、執行まで4日しかない状況から始まる映画です。雑誌の記者に独占インタビューを高額で受けさせるというところから話が始まるのですが、話を聞くうちに冤罪ではないかという疑念が記者に湧いてきます。デビッド・ゲイルという人が死刑判決を受けた罪人なのですが、その人の話の中に死刑制度に反対する団体の同 [続きを読む]
  • アデライン、100年目の恋
  • 愛する人が亡くなることに遭遇することほど、辛いものは無いと思います。この映画は、ある事故が原因で、年をとらなくなった女性の話です。好きな人が出来ても、自分の正体を打ち明けることが出来ず、最終的には相手に黙って消息を絶つということをするしかありませんでした。自分の奥さんがいつまでも若々しいなら、男性にとって理想だと思うのですが、当事者にとっては、そんな風に考えることが出来ないようです。映画のほうはい [続きを読む]
  • 後味
  • 僕に対して恋愛の相談をしてくださる女性の9割は既婚女性になりますが、そのうちのほとんどが出会いがあっても、相手に対しての不満を抱えているといった相談になります。今日、そんなことを話している中で、面白い表現だなと思ったのが、「後味」でした。彼女の場合は、既婚者であるパートナーに嫁自慢をされたり、セフレとしか見ていないといった言動を取られたりすることがよくあるようで、別れた後はいつも虚しさだけが残って [続きを読む]
  • 後味
  • 僕に対して恋愛の相談をしてくださる女性の9割は既婚女性になりますが、そのうちのほとんどが出会いがあっても、相手に対しての不満を抱えているといった相談になります。今日、そんなことを話している中で、面白い表現だなと思ったのが、「後味」でした。彼女の場合は、既婚者であるパートナーに嫁自慢をされたり、セフレとしか見ていないといった言動を取られたりすることがよくあるようで、別れた後はいつも虚しさだけが残って [続きを読む]
  • ティファニーで朝食を
  • ティファニーで朝食をという映画のタイトルは、何度も聞いたことがあり、観たような気がしていていましたが、今回初めて観たということが判りました。オードリー・ヘップバーンといえば勝手にゴージャスなイメージを持っていて、金持ちが店に無理を言って宝石に囲まれながら朝食を食べるという映画だと思っていました。僕の想像とはまったく逆の話で、あまりお金を持っていない田舎娘の役でしたが、ゴージャスという言葉は、彼女の [続きを読む]
  • イーオのゴミ分別案内
  • 横浜市の資源循環局で実験的に設置されているイーオくんというAIにゴミの捨て方の質問が出来るみたいで、ゴミの項目に「旦那」と入れたときの回答が絶妙だということで話題になっているというニュースを見ました。さっそくそのサイトにお邪魔して、他のキーワードも試してみた結果の報告です。まずは、旦那本当に‼?「人間は判断力の欠如によって結婚し、忍耐力の欠如によって離婚し、記憶力の欠如によって再婚する」ってアルマン [続きを読む]
  • LAW & ORDER
  • SVUという性犯罪専門のスタッフで構成された警察組織が舞台で、直訳すると法と秩序ということになります。クンニとフェラの次なので、少し変な感じですが、セックスにしても犯罪にしても誰もが納得できる答えは無いということとして無理やりこじつけて記事にしようと思います。このアメリカのドラマでは、犯人を捕まえて、最後は裁判のシーンで終わることが多いのですが、遠山の金さんや大岡越前のように、見終わったときにスッキ [続きを読む]
  • フェラとクンニ
  • 先日、リピーターさんと話をしている中で、一般的なセックスにおいて、フェラチオとクンニリングスでは、どちらのほうが多いのかという話題になりました。女性は受け身なので、男性が女性に奉仕する時間のほうが長いはずだから、クンニをする時間のほうが長いというのが、リピーターのかたの意見でした。確かに断然受け身の人が多いと思われますが、セックスに満足されていない女性を多く見てきた僕の印象としては、圧倒的にフェラ [続きを読む]
  • 休日前のセックス
  • 夫婦のセックスは、休み前が多いようです。平日は、仕事が忙しくて、それどころではないというのが実状でしょう。共働きだったら尚更だと思いますが、次の日の仕事に差し障るような激しいセックスをしているかというと、そんな夫婦に限って、夫が射精して終わりといった、妻が大人のおもちゃか、公衆便所のような扱いを受けているような気がします。夫のほうは、それで満足かも知れませんが、妻は不満を抱えたまま過ごさなければい [続きを読む]
  • 自分主導になれない理由
  • 既婚女性が、夫以外の人との出会いを求め、その交際についての悩みをお聞きすることが続いています。その多くが、想いの差に悩んでいます。女性は、メンタルな部分を重視し、男性は性欲解消と割り切っていることで、常に女性側に不満が残ります。また、男性側の都合で、会うということも多いため、女性はいつも受け身になるようです。僕は、そういった悩みをお聞きしたときに、いつも自分が主導権を握るようにしてくださいと言って [続きを読む]
  • 嘘でも本当でもいい
  • 先日、1年ぶりに施術予約をされたかたの話です。彼女は今回で2度目の利用なのですが、離婚暦があり、妻子ある男性と交際をされています。遠距離恋愛のために、年に数えるほどしか会えないのですが、会うたびに彼が号泣するそうです。その泣き方があまりにすごいので、彼女としてはうれしいを通り越して、引き気味になっていたりもするのですが、それ以上に、本心から泣いているのか、演技しているのかが気になるようでした。僕は [続きを読む]
  • 名古屋に続いて東京に出張します!
  • こんにちは。急きょ、東京に行くことにしました。名古屋出張からそのまま東京に行きます。10月15日〜19日までの予定です。タイミングが合う方は、ぜひご利用ください。お問い合わせ・予約はメールにて受け付けております。takahisa69@gmail.com※gmailからのメールが届くように設定をお願いします。施術・コンサルティングは以下のとおりです。施術費用2時間12000円(延長30分3000円)ホテル代は別途必要です。 [続きを読む]
  • 名古屋でのお茶会
  • こんばんは。まだ少し先ですが、10月の名古屋出張の際にも、女性限定のお茶会を開催することにしました。今回は、女性が安心して利用できる性感マッサージ店や出張ホストなどの育成や情報の提供、女性からの相談や利用されたときのクレームなどを受け付けていらっっしゃった美咲さんというかたも参加されることとなりました。たくさんのセラピストさんを見てこられたかたですので、いろいろ参考になる意見が聞けることと思います [続きを読む]
  • ママと呼ばないで!
  • いろいろ既婚女性の話をお聞きしていると、セックスレスになる原因の一番は、子供が出来たことではないかと思います。本能的に出産したすぐ後では、体を守るのか、子供を守るためなのかは判りませんが、夫に対する性欲が無くなる人がほとんどのようです。中には妊娠が判った時点で、夫に対する性的な感情が失われる人もいます。今回施術を予約された女性は、年下の夫を持つかたで、付き合ってる間や子供が出来るまでは、彼女のこと [続きを読む]
  • 夫をたてる
  • 施術を希望されるかたの年齢層の一番は、40代後半から50代にかけてなのですが、当然そのかたのお子さんは、成人していることが多いです。大学生であったり、社会人でもあったりして、結婚話もよく聞くようになります。セックス以外に関しては夫婦仲が悪くないといったご夫婦もありますが、たいていは、離婚を考えたことがあるようです。一瞬だけ考えることもあれば、本気で考えたこともあるでしょうし、離婚向けて準備中のかた [続きを読む]
  • 恥ずかしくて、気持ちが悪くて、とても怪しい文章
  • 予約が減ってきているので、サイトの訪問客を増やそう初心に返って、いろいろと集客のための行動をし始めました。ブログやホームページが、検索されて表示されるために改善をすることが一番大切なのですが、それ以外に女性向けの性感マッサージを提供している人が、コメントを残す掲示板というものにこつこつ告知することも必要です。当時は、読まれた人が行動してもらえるようにと必死で考えていたはずなのですが、今読み返すと人 [続きを読む]
  • 膣トレ
  • 施術が終わって、話しているときに、その方の友人からメールが届きました。膣の中に道具を入れて、それにペットボトルをぶらさげている画像つきで。僕が世間の情報に疎いせいなのかも知れませんが、膣をトレーニングする道具は、結構いろいろあるということを教えていただき、少しびっくりしました。セックスの際に役立つこともあるかも知れませんが、それとは別に尿漏れや、その他、内臓が体外に出ることを抑える効果もあるようで [続きを読む]
  • 決定的な出来事のおかげで
  • 性感マッサージを利用されている既婚女性の中には、もしそれが夫にばれたとしても、全然構わないと思っていらっしゃるかたもいます。先日、5年以上も前から利用してくださっているかたと利用しようと思ったきっかけについて、あらためて話す機会がありました。再婚した相手とのセックスが次第に無くなっていく過程で、彼女なりに修復しようといろいろと試みたそうですが、最終的には夫の嫌そうな顔を見たときに、それまでの気持ち [続きを読む]
  • ラブ・アクチュアリー
  • 久しぶりに余計なことを考えずに楽しめる映画を観ました。ひと言で言えば愛の映画です。熱烈なラブストーリーではなく、夫婦、恋人、親子、友人など、さまざまな関係の中にある愛がテーマでした。前回の記事では、愛情というものについて否定的な書き方をしたような気がしますが、やっぱりかけがえのないものであり、理屈抜きに楽しい気持ちにさせてくれるものだということを再確認させていただきました。10代の頃、ディスコのチ [続きを読む]
  • 情と愛情
  • 先日のお茶会で話題になった情と愛情について。男性との関係において、女性は愛情を求める傾向が強いと思いますが、不倫相手には愛情がなく、情でつながっているという女性がいらっしゃいました。彼女自身は男性に対して愛情を持っていると思うのですが、男性の割り切った態度から、それを求めても仕方がないと半ば諦めている状況です。その話を聞いていた別の方が、情と愛情の違いは何かという質問をされ、情でつながっていること [続きを読む]
  • 初めてのお茶会
  • 昨日、女性限定のお茶会を初めて開催しました。5年前から知っているかたから、初めてお会いするかたまで、全員既婚者ということを除けば、いろんなタイプの女性が参加してくださったように思います。僕を含めて6名で、梅田のカフェでみっちり3時間過ごしました。僕はたまに相槌を打つ程度で、ほとんど聞き役に回っていたような気がします。同じ女性であっても、今回のように他の人と情報を交換することを敬遠される人もいるでし [続きを読む]
  • シンデレラ
  • どうせかぼちゃの馬車にガラスの靴で、最後はめでたしめでたしですやろ〜と思いつつ、評価が結構高かったので観ました。かぼちゃの馬車にガラスの靴にめでたいというのは間違いなかったのですが、僕の想像以上に感動させてもらいました。初めから終わりまであらすじが判っていても、演出や登場人物の細かい描写などによって、印象が大きく違うんだとあらためて気づきました。これはたぶん実生活、というか人生においても同じことが [続きを読む]