前田貴久 さん プロフィール

  •  
前田貴久さん: 性感マッサージ師 前田貴久のブログ
ハンドル名前田貴久 さん
ブログタイトル性感マッサージ師 前田貴久のブログ
ブログURLhttps://blogs.yahoo.co.jp/takahisa6699
サイト紹介文女性専門性感マッサージ師が体験を通して感じる夫婦間の問題を日記にしています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供195回 / 365日(平均3.7回/週) - 参加 2012/06/12 10:43

前田貴久 さんのブログ記事

  • 膣トレ
  • 施術が終わって、話しているときに、その方の友人からメールが届きました。膣の中に道具を入れて、それにペットボトルをぶらさげている画像つきで。僕が世間の情報に疎いせいなのかも知れませんが、膣をトレーニングする道具は、結構いろいろあるということを教えていただき、少しびっくりしました。セックスの際に役立つこともあるかも知れませんが、それとは別に尿漏れや、その他、内臓が体外に出ることを抑える効果もあるようで [続きを読む]
  • 決定的な出来事のおかげで
  • 性感マッサージを利用されている既婚女性の中には、もしそれが夫にばれたとしても、全然構わないと思っていらっしゃるかたもいます。先日、5年以上も前から利用してくださっているかたと利用しようと思ったきっかけについて、あらためて話す機会がありました。再婚した相手とのセックスが次第に無くなっていく過程で、彼女なりに修復しようといろいろと試みたそうですが、最終的には夫の嫌そうな顔を見たときに、それまでの気持ち [続きを読む]
  • ラブ・アクチュアリー
  • 久しぶりに余計なことを考えずに楽しめる映画を観ました。ひと言で言えば愛の映画です。熱烈なラブストーリーではなく、夫婦、恋人、親子、友人など、さまざまな関係の中にある愛がテーマでした。前回の記事では、愛情というものについて否定的な書き方をしたような気がしますが、やっぱりかけがえのないものであり、理屈抜きに楽しい気持ちにさせてくれるものだということを再確認させていただきました。10代の頃、ディスコのチ [続きを読む]
  • 情と愛情
  • 先日のお茶会で話題になった情と愛情について。男性との関係において、女性は愛情を求める傾向が強いと思いますが、不倫相手には愛情がなく、情でつながっているという女性がいらっしゃいました。彼女自身は男性に対して愛情を持っていると思うのですが、男性の割り切った態度から、それを求めても仕方がないと半ば諦めている状況です。その話を聞いていた別の方が、情と愛情の違いは何かという質問をされ、情でつながっていること [続きを読む]
  • 初めてのお茶会
  • 昨日、女性限定のお茶会を初めて開催しました。5年前から知っているかたから、初めてお会いするかたまで、全員既婚者ということを除けば、いろんなタイプの女性が参加してくださったように思います。僕を含めて6名で、梅田のカフェでみっちり3時間過ごしました。僕はたまに相槌を打つ程度で、ほとんど聞き役に回っていたような気がします。同じ女性であっても、今回のように他の人と情報を交換することを敬遠される人もいるでし [続きを読む]
  • シンデレラ
  • どうせかぼちゃの馬車にガラスの靴で、最後はめでたしめでたしですやろ〜と思いつつ、評価が結構高かったので観ました。かぼちゃの馬車にガラスの靴にめでたいというのは間違いなかったのですが、僕の想像以上に感動させてもらいました。初めから終わりまであらすじが判っていても、演出や登場人物の細かい描写などによって、印象が大きく違うんだとあらためて気づきました。これはたぶん実生活、というか人生においても同じことが [続きを読む]
  • 浮気消毒
  • 夫婦なのか、付き合っていただけなのかは、わかりませんが、40代の女性が、パートナーが浮気をしたということで、消毒液をかけ、それに引火し男性が全身火だるまとなって近くの店舗に逃げ込んだというニュースをみました。最初から火をつけてやろうと思っていたのか、供述どおり、男性がたばこに火をつけたために引火したのかは判りませんが、浮気をしたために体が汚れたために消毒しようと消毒液を用意したのは間違いないようで [続きを読む]
  • ponanza(ポナンザ)
  • ポナンザというのは、人工知能を持つ将棋ソフトです。佐藤天彦名人と今年の4月と5月に対局し、2連勝したことで、将棋においてはAIが人間を超えたという結論のようなものが出ました。今日、敗れた佐藤名人のコラムを読んだのですが、人間がAIに負けたとしても将棋の魅力がなくなる事は無く、コンピューターには作り出せない人間同士の熱戦と言うものが存在するということに僕も納得がいきました。よくよく考えてみれば、人間 [続きを読む]
  • 真面目と不真面目
  • 不倫を奨励しているわけではないですが、施術を受けに来られる既婚女性は、夫に性の対象としてみてもらっていないか、その逆である場合が多いので、目の前のパートナー以外を探すしか方法がありません。職場の同僚や知り合い、趣味のサークルやスポーツクラブなど、その気になって周りをみれば結構いるかも知れませんし、手っ取り早く出会い系のコンパやサイトなどを利用する方法もあります。ただ、一般の人が相手となると、発覚し [続きを読む]
  • 筆おろし
  • パン・うどん・パン・パン・ピザ・サンドウィッチ・パンと盆踊りのリズムのような感じで、糖質生活を続けています。昨日はあまりに食べ過ぎたせいなのかは判りませんが、とにかく野菜が食べたいと思って、スーパー玉出に駆け込みました。体質がどんどん変わって、お腹が発酵した生地のようになり、このままだと団子になってしまうと焦りました。あらためてパン屋さんのすごさが判りました。現状報告はこの辺にして、今日は筆おろし [続きを読む]
  • 女性限定のお茶会をします!
  • 突然ですが、7月3日(月)に大阪の梅田で、女性限定のお茶会をします。お茶やケーキなどを食べながら、2〜3時間程度、集まった人たちと歓談する会です。特にテーマなどは決めていませんので、興味のある方はご連絡ください。既婚・未婚は、問いませんが、20歳以上の女性に限定させていただきます。現在、3名の方から申し込みをいただいておりますので、残り2・3名で締め切らせていただきます。詳細は以下の通りです。日時 [続きを読む]
  • フランスパンを作ってみました!
  • 性感マッサージを開業してから5年を過ぎようとしていますが、本日2度目のすっぽかしに遭いました。なんばまで出向いていたので、以前から気になっていたペッパーランチさんへ。いきなりステーキは、何度か行ったことがあるのですが、違いを調査するべく訪問。時刻は午前11時です。お昼までまだ時間があるせいか、客は僕のほかに年配の男性がひとりいるだけでした。ドリンク券を持っているかと聞かれました。来店した人に無料券 [続きを読む]
  • 日帰り日記 和歌山大衆演劇編 平成29年6月15日
  • 年に1・2度利用してくださるリピーターさんが和歌山にいらっしゃいます。いつも片道2時間弱かけて、出張しているのですが、前回の出張の帰りに偶然芝居小屋を発見し、次の予約があれば是非観てみたいと思っていたのが、昨日実現しました。この日も快晴です。和歌山までは、谷町9丁目駅から地下鉄で天王寺まで行き、そこからJRとなります。施術の待ち合わせ場所にもなっている谷町9丁目の交差点。道路の先のほうにはあべのハル [続きを読む]
  • 前田教
  • 施術を受けに来られたかたの現況をお聞きしたり、悩みに対して相談されたときに僕なりの考えを言うことがあります。その意見によって、救われたという女性もいらっしゃるようで、彼女との間でいつの間にか前田教という言葉が出来ました。僕自身、無宗教なので、宗教を広めようとは思いませんが、肯定するにせよ、否定するにせよ、前田教という言葉を出せば話が早いなと思うことがあります。今日、施術をさせていただいたかたにも、 [続きを読む]
  • 演じている
  • 鈴木先生という映画を観ています。2時間強の映画ですが、30分を超えたところで一旦中断し、この記事を書こうと思いました。コミカルでシニカルな場面が結構あって、最後まで飽きずに観れる映画だと思います。「演じている」というタイトルにしたのは、中学の国語の教師である鈴木先生の受け持つクラスが、文化祭で演劇をすることが発端です。演劇を成功させようとする熱い生徒と、それほどやる気の無い他の生徒との意識のギャッ [続きを読む]
  • 恐れること
  • 先週は5日間予約が入らず、このまま廃業してしまうのではないかという不安を感じながら過ごしていました。この4年間で、4日以上空いたことがなく、雨を待つ野菜の気持ちと同じようなものを感じていたのですが、施術を受けに来られる女性が不安を抱えて相談されたときに、マイナスのことを考えても何もいいことがないとアドバイスしている自分を思い出したのです。相手を励ましているくせに自分も同じように見えない恐怖に押しつ [続きを読む]
  • 天罰
  • いい行いをしていない人を見ると、きっとバチがあたるという人が多いと思いますが、世の中は正しいと思われていることが、優遇されないように出来ているような気がします。たくさんの人から恨まれるようなことをして、財産を築く人など腐るほどいますし、そのほとんどがバツを受けることなく、幸せな人生を送るのです。天罰という言葉がありますが、それは架空のものではないでしょうか。ただ、もし天罰というものを強引にあると仮 [続きを読む]
  • 早く出て行ってもらって二人になりたい
  • 以前、僕が結婚していたころ、妻を起こさずに会社に行ったら、妻に怒られたというエピソードを書いたのですが、それに対するコメントでは、声をかけずに出て行った僕を批判する意見が多かったようです。やはり夫婦にはコミュニケーションが大切なんだなと思ったのですが、女性の中でも眠っているのを起こされるのは嫌だと思う人もいるみたいで、僕の行為はありがたいといった意見を聞きました。結局は、相手に対してどうすれば機嫌 [続きを読む]
  • ハゲ散らかさないように!
  • このひと月で、僕の髪の毛が半分ぐらいになってしまいました。確定申告をしなければというストレスからなのか、それとも別の要因なのかは判りませんが、もう最終段階にきている状態です。ダイハード2から3にかけてのブルース・ウィルスぐらいかな。そろそろハゲ散らかさないように大幅なヘアスタイル変更をしなければいけない状況に追い込まれております。ひと月以上会っていない方は、その変貌振りにびっくりされるかも知れませ [続きを読む]
  • おかげさまで。。。
  • 明日の朝一で修正書類を持っていくということで、一応今年の確定申告が終わりそうです。みなさまの温かいコメントに励まされ、なんとか危機を脱出することが出来ると思います。本当にありがとうございました。確定申告をこんなに大げさにしているのは、たぶん日本中で僕ぐらいでしょうね。今年は会社も廃業して、いち個人事業主かサラリーマンか、フリーター的な感じで生きていこうかなとも考えてます。会社を売り買い出来ることは [続きを読む]
  • 瀬戸際
  • 会社の確定申告の締め切りは、決算月から2ヶ月になります。僕の会社は3月決算なので、5月末までに申告をしなければいけないのですが、5月29日現在で、まだ何もやっていません。まさしく瀬戸際の状態です。瀬戸際という言葉は知っていたのですが、タイトルに書いて変換すると見慣れない意外な感じになったので、あらためて意味を検索してみました。瀬戸というのは、狭門(せと)という意味で、両側の陸地が接近して、海が狭く [続きを読む]
  • 許しとは、心の部屋をひとつ空けること
  • 私の頭の中の消しゴムという韓国映画を観ました。いい映画だと話題になったのは知っていたのですが、観る機会がなく、昨日となりました。ストーリーよりも主役の二人が本当に愛し合っているカップルを演じきっているのに感心し、うらやましく思いました。この映画の中で、ヒロインのお父さんがいう言葉が妙に心に残ったので、紹介したいと思います。娘が会社の上司と不倫をし、傷ついたときに怒るのではなく、許したときにいう言葉 [続きを読む]
  • 39歳からの女性がもてる理由
  • そんなやつおらんやろ〜っと、漫才師のように何度も心の中で叫んでしまった映画です。一番知りたいもてる理由については、まったく説明していることなく、美人でスタイルのいいバツイチ子持ち女性が、ハワイで年下のハンサムに出会うという映画です。美人でスタイルがよかったら大丈夫ですよって感じかも知れません。同じような境遇の女性が観たら、どんな感想になるのかが、とても気になる映画でした。>>次回の出張は、10月に [続きを読む]
  • 貞操の誓い
  • 芸能人の挙式で、貞操の誓いをしたというニュースを見ました。白いユリの花言葉は純潔、ぼくは一生、あなたに貞操を守ることを誓うから、あなたもそうしてくれますか?わたしも必ず守りますといった誓いの言葉を交わしたそうです。日々、貞操観念と葛藤されている女性を見ている僕からすると、呆れることを通り過ぎて、気持ち悪くさえ思ってしまいます。僕の感覚がずれてしまっているのかも知れませんが、貞操の誓いに限らず、結婚 [続きを読む]
  • 情緒不安定
  • 最近、1年ぶりとか2年ぶりとかいった形で施術依頼を受けることが続いています。昨日のかたも1年以上前にさせていただいたのが最後で、本当に久しぶりですねという会話から始まりました。彼女には、成人している娘さんがいるのですが、彼女の彼氏が一人暮らしを始めたということで、最近はたまに泊まりに行くそうです。彼女自身はご主人とずっとセックスレスで、自分の娘が彼の家に泊まると聞くと、当然セックスもしているだろう [続きを読む]