なべやん さん プロフィール

  •  
なべやんさん: なべやんの公認会計士試験対策
ハンドル名なべやん さん
ブログタイトルなべやんの公認会計士試験対策
ブログURLhttp://nabeyan3002.blog.fc2.com/
サイト紹介文公認会計士試験対策です。勉強法ではなく、財務・管理・監査・企業法など短答、論文対策まとめです
自由文あくまで自分の勉強の為(理解の促進、説明能力の向上)にまとめてます。
補助的な目的として皆さんの理解の促進の役に立てば
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供5回 / 347日(平均0.1回/週) - 参加 2012/06/13 21:24

なべやん さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 上場1部と上場2部
  • 違いは?⇒認められるための審査の基準が違います。上場の流れとして、上場2部→上場1部の流れで申請します。いきなり1部でも行けます!上場の審査基準をいくつか記載すると、従業員数株式(数、価格)純資産などがあります。細かいことは各々で見ていただければ、、、では。 [続きを読む]
  • リース会計(IFRS)?
  • 今回は”リース会計を行う対象は?”について見ていきます。●対象は?⇒「経済的実体に基づいてリースの定義を満たしているもの」 に対してリース会計を適用する。※経済的実体:形式的(契約等)に考えるのではなく、企業活動や企業の目的に基づいて考えるもの。●リースの定義⇒貸手が1回又は一連の支払と引き換えに、合意された期間、資産の使用権を借手に移転する契約(IAS17.4)<注目は?>・日本→法的形式(契約の有無 [続きを読む]
  • 修正国際基準
  • 修正国際基準についてまとめます。キーワードは・修正国際基準・指定国際基準・ピュアIFRS・エンドースメント手続だと思います。一番重要なのは”エンドースメント手続”の考え方が大切と思っています。(指定国際基準)現在、IFRS任意適用会社は金融庁が指定している国際会計基準を利用している。金融庁が指定している会計基準のことを「指定会計基準」という。(修正国際基準)IASBが作成する国際会計基準(IFRS)とASBJによりエ [続きを読む]
  • IAS16-有形固定資産③
  • IFRS有形固定資産のポイント③について取得原価の算定に着目します。有形固定資産の取得原価は=購入価格+付随費用(仕入・保管等に関する費用、解体・除去等に関する費用)である。この点は日本基準もIFRSも変わりはない。少し細かいが、不動産取得税に関しての取得原価に含めるか否かが異なってくる。(日本)不動産取得税については会計上明文規定がない。税務上は取得原価に含めない(支出時に損金算入)とすることを容認する [続きを読む]
  • IAS16-有形固定資産②
  • IFRS固定資産のPOINT②に行きます。特定の研究開発目的にのみ使用される資産に関する取扱い、(日本)発生時(取得時)費用処理その要件は「特定」「汎用性なし」を満たしているもの。※汎用性がある場合は資産計上して償却していく事になる。(研究開発費等に係る会計基準注釈注1)(IFRS)有形固定資産の定義IAS16.6及び認識規準IAS16.7に従って判断する。つまり、日本基準のような「特定」「汎用性なし」というような用件はなく [続きを読む]
  • 過去の記事 …