ひばごん さん プロフィール

  •  
ひばごんさん: ひばごんのブログ
ハンドル名ひばごん さん
ブログタイトルひばごんのブログ
ブログURLhttp://ameblo.jp/hsh-253/
サイト紹介文宝石がちりばめられた洞窟、床には透明の水が流れる夢にみた礼拝堂。そこにいく道を探しています。  
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供18回 / 365日(平均0.3回/週) - 参加 2012/06/13 23:16

ひばごん さんのブログ記事

  • 恩讐を愛せますか?
  • 百人一首 77番歌です。 恋歌ともいわれてますが、「今は、対立して、会う事は難しいが、これから未来、あるいは、来世では仲良く暮らしたいものだ。」という思いを、弟の後白河上皇に伝える歌ともいわれてます。後白河上皇とは、複雑な兄弟関係の崇徳上皇。父、鳥羽上皇との確執もありました。保元の乱に敗れ、流された讃岐での幽閉中の歌ともいわれてます。 しかし、結局、崇徳上皇の思いは届かず、悲惨な結末になりました。 [続きを読む]
  • ブログ村から卒業します。
  • 五年間 お世話になりました。 統一家の問題、UCの問題は 「和をもって尊しとなす」という事に、解決の一端を担えると思って、シリーズで徒然にブログでUPしてきました。しかし、40回も超えて、そろそろ、潮時を感じておりました。 このブログ村も、魑魅魍魎がうごめいて、全く、様変わりしてしまいました。 限界を感じております。 あくまで、個人的意見を好き勝手に記事にしてきました。それでも、様々なコメントも頂き、感 [続きを読む]
  • 和をもって尊しとなす(41) 文顕進様と楠木正行
  • 足利尊氏の巻き返しにより、窮地に追い込まれる後醍醐天皇。何とか形成打開を図ろうと天皇に進言する正成。進言は却下され、数万人の足利軍との戦いに赴く数百人の楠木軍。 帝を守るためとはいえ、明らかに負け戦。死戦は明らか。父の覚悟と共に死を決意する、若干13歳息子 正行(まさつら)。 決戦を前に、正成は正行を呼び、「お前は母の待つ故郷に帰れ。」と告げる。 「父上、この正行も父上と共に死にとうございます。母も私 [続きを読む]
  • 和をもって尊しとなす(40) 楠木正成
  • 皇居前 楠木正成像。 恥ずかしながら、この年になるまで、皇居前に楠木正成像があることを知らなかった。 それどころか、楠木正成の名前こそ、耳にしたことはあったが、どの様な人物であったか、よく知らなかった。 恥ずかしい話である。 真の愛とか、忠孝とか、叫びながら、その程度の知識しかない、中身のない自分に本当に情けなくなる。 お父様が湊川神社のある兵庫に来られた時、楠木正成の話をされたと、ある先輩家庭から耳 [続きを読む]
  • 和をもって尊しとなす(38) 神意は難解なり
  • 写真を整理してたら、お父様のお写真が出てきました。 何を書かれてるのかな?いや、お祈り?あれ、お食事かも? 真実はわからないのですが、一枚の写真からいろいろな事を思いめぐらすことはできます。たぶん、聖和された2012年の写真ですよね。車椅子で、学校に視察に行かれてたのを思い出します。お父様の心中は、この時、どのような思いだったのでしょう。 真実は、時に、明かされなくてもいいこともあるのかもしれません。 し [続きを読む]
  • 無念なり 願いかなわぬ 聖和式(私感) 
  • 神山先生の追悼は今回で終わりにします。 最高の供養は神山先生の思いを受け継いで、行動を起こしていく事だと思っています。 聖和式、結局、神山先生の願いはかなわず、それぞれの思惑の中で行われたようです。私は、関連記事を読ませて頂き、そう、感じました。私個人的には。 賛美の感想のブログ記事を目にして、我、心中、穏やかでなく、「そりゃ、ちがうでしょう。それでは、お父様の聖和式と同じ過ちを繰り返 [続きを読む]
  • 神山先生(1942年〜2016年)聖和式 日本時間12月17日午前零時から
  • 神山先生(1942年〜2016年)の聖和式が日本時間12月17日午前零時から行われます。 神山先生といえば、やはり、こちらでしょう。 こちらも貴重だと思います。 神山先生の聖和で、お父様が残そうとされた世界が、また、失われるようで、とても残念です。 神山先生と共に、お父様まで、また、遠くなるようで、とても哀しいです。 神様とお父様と共に歩まれた人生だったと思います。全て。 いろいろと言う人もいるでしょう。そりゃそう [続きを読む]
  • カミヤマノタケルノミコト 昇天
  • 遂に、この日を迎えることになりました。 四月にお別れした時、自分自身の中では、既に、心情は整理してたはずでしたが、、。やはり、こうして、天に召されたお姿を拝見させて頂くと、胸が締め付けられる思いです。いろんな複雑な思いで心がかき乱されます。 お父様の御聖和。あの時と同じ思いです。 無念な思いは、やはり、おありだったと思います。 4月、自らが、日本各地を回り、兄弟姉妹にお父様の思いを伝えようと決心された [続きを読む]
  • 和をもって尊しとなす(37) 神山先生
  • 4月に入院され、半年が過ぎました。どうされて、おられるだろうかと思いを馳せておりました。告知内容からして、かなり、厳しい生活をされておられると思います。気力は充実されておられるでしょうが、かなり、しんどい日々を過ごされておられるのではないでしょうか? 今日のcocoaさんのブログに奇しくも、神山先生の近況の記事がありました。神山会長の近況 胸が張り裂けそうです。 神山先生の思いを食口の皆様に伝えることが一 [続きを読む]
  • 和をもって尊しとなす(36) 八田與一
  • 昨日、11月3日は文化の日。実は、戦前は明治天皇のご生誕日で、「明治節」としての祝日だったそうです。恥ずかしいことに、知りませんでした。GHQによってなされた政策とはいえ、見事に洗脳されてしまった事に対し、残念で仕方ありません。 失った過去を反省し、近現代史を調べていたら、「八田與一」氏の動画に出会いました。以下に貼付します。 少し前に、「八田與一」氏の話は読んだことがありましたが、改めて、確認できま [続きを読む]
  • 和をもって尊しとなす(35) まず、お前がおちつけ!
  • 安倍首相がシンゴジラの話を引用されて挨拶されてます。 シンゴジラ、面白かったですね。各場面がとても、印象的でしたし、非常事態における国家、組織、各役割を担う個人のあり方、行動において、とても、興味深かったです。 全く、予期せぬ出来事が起きた場合、まずは、情報収集。マニュアルなど何の役にも立ちません。事実を冷静に、主管を入れず、分析しないといけないですよね。そこには、肩書など何の役にも立ちま [続きを読む]
  • 和をもって尊しとなす(34) 神山夫人
  • 昨年、名古屋で神山先生が行ってくださったお父様の御聖和三周忌の時の写真からです。 早いもので、一年が過ぎ去ってしまいました。 お母様はどんどん哀しみの闇に入り込んでいかれている思いがしております。先日、お見かけした写真の表情が、とても、切なく、哀しく感じるのは私だけでしょうか。 ”SAVE” と言われておりますが、出来るのでしょうか? 闇はとても深く、手を差し伸べても届くのでしょう [続きを読む]
  • 和をもって尊しとなす(33)お母様とR4氏
  • 清平からのニュースレターからです。何故か、清平からは今も届きます。ほとんど、開きませんが、今回は何気に開いたら、お母様の写真が。 少し、やつれておられませんか? 私もお母様の講話文を目にしました。そこから、少し、引用です。 「皆さんはね、幸せな人達なんですよ。何で幸せですか。それはね 一人娘の私に出会ったからよ。 長い間、信仰した先輩はお父様に情がいくでしよう。6000年サタンと関係ない立場 [続きを読む]
  • ”「失われた世代」のために”(cocoaさんのブログより)
  • リプログ機能を使ってみました。cocoaさん すみません。テストも兼ねて、コメントこちらから入れさせてもらってます。 cocoaさんの言われる通りです。同感です。結局、我々、一世の自己満足信仰観で「失われた世代」にしてしまいました。特に、我々世代は、二世が成人になり、問題が表面化した事で、やっと、気づかされました。悔やみきれない現実を突きつけられてます。 軌道修正の為には、大きな痛みが生じるでしょう [続きを読む]
  • 和をもって尊しとなす(32)「君の名は。」
  • 岐阜飛騨では聖地巡礼も始まって、多くの人が訪れているとは。「君の名は。」恐るべし。関心はあったのだが、「シン・ゴジラ」を見に行って、今年の夏は満足していた。映画に出てくる高校は広島の某高校がモデルになっている事を同級生から聞き、関心は高まっていた。昨日、静岡の知人が映画鑑賞の感想記事を書いていた。その記事を読んで、更に気持ちが高まり、思わず、こちらにもシェア。 新海誠監督 素晴らしい。&n [続きを読む]
  • 和をもって尊しとなす(31) 井の中の蛙は蛙
  • どうしても、井戸の中からは出れないのですね。とても、高い、狭い井戸の中なんですが、その世界しか見たことがないから、それでも、そこが、楽園なんですね。 そういえば、地上の楽園が、そこにはあるといわれ、多くの人が海を渡っていきました。しかし、現実は、、、。 「カエルの楽園」是非とも、読んで頂きたい。 本屋では結構、売れているようですが、なかなか、話題になりません。 でも、読まれています [続きを読む]
  • 和をもって尊しとなす(30) 郭先生別府集会
  • 先日、郭先生をお迎えしての別府集会に夫婦で参加してきました。さすが、別府。良かったですね。温泉町ならではの風情がありました。広島から意外と近く、JRで二時間足らず。是非、また、行きたいですね。その時の様子はこちら。(15). "沈黙を破って"「全面的非難になぜ弁明されなかったのですか?」 実は、広島を襲ったゲリラ豪雨のため、職場が水浸し。不眠不況の作業を終えて、朝、新幹線に飛び乗って別府に。その疲れで、翌 [続きを読む]
  • 米本さんにお詫び申し上げます
  • いよいよ明日から 郭先生の日本巡回講演が始まります。まだまだ お席は十分ありますので、関心のお有りの方は参加申請お願いします。さて、この度は教会員よりも教会の事を憂い、貴重な情報を発信してくださっておられる米本さんが参加申請をしてくださいました。しかし、担当する私、ひばごんの未熟さゆえ、配慮にかける対応から、参加を見送られた事に対して、大変申し訳ないことをしてしまったとお詫び申し上げます。維新の名 [続きを読む]
  • 和をもって尊しとなす(29) 郭Gといわれて四年
  • (「明日を創る者の勇気」出版記念会(5.16)の写真です。)郭グループと呼ばれて四年が過ぎようとしてます。2012年6月3日 「神様の夢の実現」出版記念集会に参加が始まりだった。この年は年頭から、おかしな事があり、教会に対して疑問を持ち続けながら礼拝、壮年集会に参加していました。礼拝の時、いきなり、郭グループについての動画を見せられる。そして、署名の紙が配られる。動画の内容は、郭先生はサタ [続きを読む]
  • 和をもって尊しとなす(28) 対等
  • 「平等」と「対等」は違う。神様の下、みんなが、子供であり、兄弟姉妹である。みんな 同じ権利があり、平等だと言われるが、神様の下では、皆、対等な立場であり、権利だとか、秩序だとか、主張する必要など全く必要ないのではないでしょうか。もともと、神様の下では、どんな宝物より貴重な存在なのですから。「対等」なんです。だから、小さなことで、いがみ合ったり、批判したり、蹴落としたりする事などないのです。「対等 [続きを読む]
  • 和をもって尊しとなす(27) 悔い改めの時
  • 郭先生日本巡回講演のテーマの一つに、「私たち全てが悔い改める時」となっております。昨年だったか、ある婦人と「悔い改め」という事について、いろいろと意見を交わした時期がありました。漠然としすぎだし、抽象すぎるのですね。でも、何となくですが、「悔い改め」ないといけない事はわかります。背中の痒いところに手が届かない様なジレンマを感じてました。昨日の神山先生が配信してくださったみ言です。 「お父様の心情を [続きを読む]
  • 和をもって尊しとなす(26) 神山のおやじさん
  • この追慕式から、もうすぐ一年が過ぎようとしています。つまり、お父様がご聖和されて、四年の歳月が流れていきます。この追慕式は、神山流訓読礼拝でした。私はこの時、頂いたみ言に本当に救われました。そのみ言です。 神様の前に完全否定。このみ言を常に意識していました。そういう道を歩んでこられたのが、神山先生だし、郭先生ではなかったのではないでしょうか?でも、完全なる神人愛一体ではなかったと思いますよ。だって [続きを読む]
  • 郭錠煥先生日本巡回講演のご案内
  • 郭錠煥先生日本巡回講演が東京、愛知、広島、大阪で開催されることになりました。私、ひばごんは、広島講演会のお手伝いをさせて頂く事になりました。ご案内をこちらからもさせて頂きます。講演第一部 「私たち全てが悔い改める時」第二部 「神様の夢の相続者として」日程5月14日(土) 東京 13時半〜16時半5月15日(日) 愛知 13時半〜16時半5月16日(月) 広島 18時半〜21時半 5月17日(火) 大阪 18時半〜21時半    (東京、愛知 13時15 [続きを読む]
  • 和をもって尊しとなす(25) 神山のもとへ行け
  • 昨年、8月末、名古屋で「真のお父様聖和3周忌追慕式」に参加した。あれは、本当に良かった。会場設置の時から、涙があふれてた。共に、参加した兄弟姉妹が泣いていた。神山先生に、幕の青色はオーシャンブルーなんだ。お父様の好きな色なんだね。と、お話をして下さった時は、もうたまらなかった。その少し、前だったか、その後だったか、確かでないが、確かに聞いた。「神山のもとへ行け。」「神山はわかってない。」お父様の声 [続きを読む]