迫恵駆緒 さん プロフィール

  •  
迫恵駆緒さん: カルチョの眼
ハンドル名迫恵駆緒 さん
ブログタイトルカルチョの眼
ブログURLhttp://calciotattica.blog.fc2.com/
サイト紹介文セリエファンの視点からカルチョ、フットボール、サッカーを分析します。 コメントお待ちしております。
自由文カルチョの国、イタリアに住むことが目標な人です。
カルチョ、サッカー、フットボールの様々な話題をカルチョファンの目線から分析します。
賛否両論あると思います。
コメントでお聞かせ下さい。
(ミラニスタなので、ミランに関する話題はちょっぴり辛口です。)
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供1回 / 365日(平均0.0回/週) - 参加 2012/06/14 22:40

迫恵駆緒 さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • [月刊コラム Vice Versa 第3回]"「沈黙の逆襲」〜「負けるが勝ち」と「急がば回れ」〜
  • [アドリアーノ・ガッリアーニの沈黙]2015年6月29日が30日に差し掛かった頃、イタリアのSky Sportはアドリアーノ・ガッリアーニとアンドレア・ベルトラッチのデート現場に迫った。ベルトラッチのミランの選手として初めての夕食会を終え、お開きになった頃のことである。いつもならこういう時、アドリアーノ・ガッリアーニは喜んで立ち止まり、満面の笑みで語り出す。もちろん、アンドレア・ベルトラッチはイタリア人であること、 [続きを読む]
  • [Live SMN & SCN]2015年6月27日 闇で動くアドリアーノ・ガッリアーニ、ミラン、次はカルロス・バッカへ。
  • 「信じたものだけ救われる。」アドリアーノ・ガッリアーニを一言で表現すればこうなるだろう。彼を信じてきた筆者にとっては、2日連続の喜びが与えられることになった。「ネリオ・ルーカスとの(遠からず、近からずの)適切な距離」を得ることに成功したACミランのアドリアーノ・ガッリアーニは、当初の派手な動きとは裏腹、今度は闇に隠れたかのように動き、さらには「節約」しながらも、適切に選手を獲得しようとしている。一方 [続きを読む]
  • [Live SMN & SCN]2015年6月24日 共同保有解消期限間近。国内の交渉の連続。
  • まずはじめに、昨日のCASでの放送にご来場下さった皆様に感謝致します。ナランハ氏によるバレンシアの話の中で、伝わったと期待したいことはまず、広い目で見ること。外を見ることで、中を知る。そのスタンスについて、実例を挙げながらお話できたと思います。バレンシアは特にピッチ上のサッカーの内容でもおもしろいチームです。ぜひ、来シーズンはバレンシアの試合もご覧下さい。2つ目に、バレンシアの側から見たミランは類似 [続きを読む]
  • [Live SMN & SCN]2015年6月23日 ASローマ、国内奔走が成果となる日。後を追うナポリ。
  • ASローマの6月は国内での動きにほとんどを費やした。国内で整理すべき問題が多かったからである。ローマにとって、この6月の最大の目標は2つあった。それはMFラジャ・ナインゴランの残る共同保有権の買い取り、そして、ローマプリマから武者修行を経てイタリア代表にまで上り詰めたMFアンドレア・ベルトラッチの共同保有権の買い戻し。ローマにとってはこの2つのオペレーションが「絶対」であり、至上命題であった。それぞれ、交 [続きを読む]
  • [Live SMN & SCN]2015年6月20日 モンテカルロのミランデルビーの勝敗とその裏側
  • ジェフレイ・コンドグビアを巡るミラノデルビー、通称「コンドダービー」の結果は既にここまでツイートをしてきました。しかし、その顛末を少々寝不足が過ぎる程度に追いかけた筆者からも、その裏側などをお話しつつ、様々な「誤解」を正していければと考える。さて、ジェフレイ・コンドグビアについては、筆者は昨日の記事の中でも、ミラン側のスタンスとしては比較的ニュートラルな立場を表明したつもりである。アドリアーノ・ [続きを読む]
  • [Live SMN & SCN]2015年6月17日 ミラノ勢のメルカート、カルロス・テヴェスはユーヴェに別れ&ボカ復帰を決断
  • まずはじめに、この場を借りて、筆者から端的に説明させて頂こう。アドリアーノ・ガッリアーニによるインテルのマルコ・ファッソーネGMへの電話の内容とされるものは真実である、と。ミランがジェフレイ・コンドグビアの獲得を考えているのは事実であり、これは彼の移籍の際に動いているドイエンスポーツとの関わり合いによるものでもある。次に、ジャンネッリ・インブラについては確かにジェフレイ・コンドグビアの獲得に失敗し [続きを読む]
  • 過去の記事 …