ギター小僧 さん プロフィール

  •  
ギター小僧さん: 私が逢ったギターたち
ハンドル名ギター小僧 さん
ブログタイトル私が逢ったギターたち
ブログURLhttp://ameblo.jp/guitar-kozou
サイト紹介文昔、楽器屋でバイトをしていて巡り逢ったギターたちの紹介ブログです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供11回 / 365日(平均0.2回/週) - 参加 2012/06/15 10:21

ギター小僧 さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • キャッツ・アイ CE-400
  • 仕事が、落ち着いたので、ちょっと福岡へ里帰りしてきました。ついでに、30年ぶりぐらいに、いとこのお兄ちゃんの家へ。久々の再会・・・。そして、お兄ちゃんの、CE-400とも再会!「うわぁ〜、まだ持っつたと?懐かしかねぇ〜、          これで、よう練習ば、したたいねぇ!」九州弁での会話、一瞬、小学生当時の匂い・・・。そう、CE-400は、初めて弾いた?いや、私が、初めて持って音を出したギターな [続きを読む]
  • J-50 Deluxe
  • ギブソン J-50 1970年代トップ:スプルースサイド&バック:マホガニーネック:マホガニー3ピース指板&ブリッジ:ローズウッド70年代のJ-50は、それ以前のJ-50と比べると、かなり違いますよね。ラウンド・ショルダーだったボディシェイプが、スクエア・ショルダーに変更されたり、トップベリーブリッジから、ボトム・ベリーブリッジに・・・。ブレーシングも、ダブルXブレーシングになりました。このダブルXブ [続きを読む]
  • ジャガード F-150
  • 友人が、「俺のギターを、ブログに載せてくれ!」と言って、持ち込んできたギターです。ジャガード F-150 1970年代寺田楽器製のトリプル・オーのコピーモデルです。寺田楽器といえば、モーリス等のOEMで、有名(?)ですよね。さて、型番JF-150ということは、当時の価格は、15000円。この頃の型番は、価格とリンクしていて、分かりやすくていいですよね。トップ=スプルースサイド&バック=トーグ(フィ [続きを読む]
  • TUNE Zi
  • 正月以来のブログの更新です・・・。正月休み明けから、一日も休みが取れない・・・。まぁ、自営業なので、仕事が、ある間は、がんばらないと!!今回は、TUNE Zi シリーズです。スリムで、抱えやすいボディシェイプ、安定したサウンドが、好評だったベースです。ボディのウイング部には、マホガニーを使用。ハードメイプルのスルーネックで、指板は、エボニー(フレットレス仕様)でした。私は、ベースは上手では、ない [続きを読む]
  • D-28
  •      謹賀新年           今年もよろしくお願いします今年、最初の記事は、D-28を、年代別に並べてみました。まずは、30年代から・・・。 1934年製 #56***1934年、初の14フレットジョイントのD-28が、誕生しました。写真の28は、まさに、製造が開始された年の物です。トップ:アディロンダック・スプルースサイド&バック:ハカランダ(ブラジリアン・ローズ・ウッド)指板には、ダイヤモン [続きを読む]
  • テレキャスター
  • 師走ですよ!師走!!しかも半分過ぎちゃった!!忙しくて、ブログの更新も、間々なりませんが・・・。たぶん、今回が、今年最後の更新となりそうです。みなさん!「メリー・クリスマス&よいお年を!」ということで、今回は、フェンダー・テレキャスター 1967年製です。テレキャスターは、1949年にエスクワイヤーという名前で、発表されました。当時は、1ピックアップ・モデルと、2ピックアップ・モデルが存在。(私 [続きを読む]
  • ハスラー50TS
  • 今回は、久々の過去に乗っていたバイクの記事です。スズキ ハスラー50TSというバイクです。私にとって、2台目のバイクでした。空冷のハスラーは、エンジンを、回しすぎると熱ダレを起こしていましたが、この水冷のハスラーは、快調でした。水冷2サイクル、7.2馬力だったかな?1981年に空冷ハスラーの、生産がストップ、その後継として、水冷ハスラーが、誕生しました。このハスラー、50ccなのに、125cc並 [続きを読む]
  • アレンビック
  • ALEMBIC Distillate(ディスタレイト) 1981年製マイナーなギターですが、個性的な美しいギターでしょ〜?なんともいえないボディシェイプ。木目が美しいナチュラルフィニッシュ。おしゃれな形のブラス部品・・・。80年代当時、価格が70万円ぐらいだったと思います。(高校生だった頃に、楽器屋さんに飾ってあるのを見ました。)アレンビックは、ベースのほうが、メジャーかな・・・。アレンビックの [続きを読む]
  • マーティン M-36
  • 今回は、M-36です。(1979年製)1978年頃、発売開始、現在では、注文生産になっているようです。OOO(トリプル・オゥ)より、ひとまわり大きい、OOOO(クアドラ・オゥ)という、ボディサイズです。(ドレッドとOOOの中間という感じかなぁ。)私は、言いにくいので、クアドラ・オゥと言わずに、普通にMサイズと呼んでいますが・・・。トップ:シトカ・スプルースサイド&バック:インディアン・ローズウッ [続きを読む]
  • GIBSON L-5
  • ギブソン L-5 1976年製1922年から発売されたれ、1951年にピックアップ付きとなりました。スーパー400同様、ギブソン・アーチトップギターのフラッグ・シップ・モデルです。トップ材は、単板のスプルースを削りだした、ソリッド・カーブド・スプルース。サイド&バックは、メイプルを、プレスした、合板のカーブド・メイプルです。ネックは、5 ピース・メイプル。指板は、エボニーで、マザー・オブ・パールの [続きを読む]
  • ルパン三世
  • 「俺の名はルパン三世・・・、かの名高き、怪盗ルパンの孫だ。世界中の警察が、俺にちまなこ・・・、ところが、これが捕まらないんだなぁ〜。まぁ、自分で言うのもなんだけど、狙った獲物は必ず奪う、神出鬼没の大泥棒、         それが、この俺・・・ルパン三世だ。」オープニングのアップテンポな洒落た音楽とともに、この台詞がながれていました。私は、山田康雄氏の、「今週は、どんな事件を、巻き起こしてやろうか [続きを読む]
  • トラビスビーン
  • ちょっとレアなベース・・・ Travis Beanトラビスビーンは、1970年代初めぐらいから、1970年代の中期ぐらいまでの僅かな期間、ギターとベースを製作していたメーカーです。特徴は、ネックがアルミ製ということでしょうか。サスティーンを、得るためらしいです。アルミ製ということは、ネックの反りなど、まったく無縁の調整いらず!!指板は、ローズウッド。ボディは、コアだったと思います。「お気に入りの、いいベース [続きを読む]
  • カールトンケース
  • 今回は、私のギターケースの紹介です。20年ぐらい前に、オーダーをして作ったカールトンケースです。それまでは、普通の2万円ぐらいのハードケースを使用していましたが、九州、四国、京都など、ギターを、輸送するのに、心もとないので、当時、思い切って買い換えました。 カナダ製で、値段は、8万円ぐらいだったかなぁ〜。よく憶えていません・・・。ただ、「普通にギターが、買えるじゃん!」と、思った記憶があります。 ラッ [続きを読む]
  • ダブ DOVE
  • ギブソン ダブ ナチュラルトップ 1990年代です。ダブは、1960年のハミングバード発売に続き、ギブソンのスクエアーショルダーの第二弾として、1962年から、ハミングバードの上級機種として発売されました。ただ、価格がハミングバードよりも高かったため、ハミングバードのほうが、圧倒的に、人気があったようです。トップ:スプルース単板サイド&バック:メープル単板どのポジションもムラの無く、クリアな音が出るのは、流 [続きを読む]
  • シティーハンター
  • 今年、生誕30周年ということで、今回は、私の一番好きな、コミック&アニメ、「シティーハンター」です。(作者:北条 司)以前、他のブログで書いていた記事を、再編集?してみました。コミックとしては、読みきりとして描かれた、「シティーハンター -XYZ-」「シティーハンター -ダブルエッジ-」をもとに、1985年〜1991年にかけて、少年ジャンプに連載されました。「キャッツ・アイ」につづく、北条 司氏の2作 [続きを読む]
  • リッケンバッカー360
  • 7月です。下半期、一発目は、リッケンバッカーです。リッケンバッカーは、ビートルズが、使用したことで、有名になった、ギターです・・・。(私が、思っているだけ?)そういえば、ザ・フーも、使用してましたね・・・。ビートルズのジョージ・ハリスンは、このモデルの12弦を、使用していました。(色はちがいますけど・・・。)360は、330の上位モデルで、指板には、バインディングが巻かれていました。ポジションマ [続きを読む]
  • ギルド F-20
  • ギルド F-20 1968年製です。ギルド社は、1952年創業で、F-20は、1956年からの製造です。トップ:スプルースサイド&バック:マホガニーネック:マホガニー指板・ブリッジ:ハカランダ(後にローズウッドに変更されるのですが、このF-20は、ローズウッドではなかったような・・・。)マーティンのO(シングル・オー)と、同じくらいのボディサイズで、テンションが柔らかく、サスティーンものびて、マホガ [続きを読む]
  • 過去の記事 …