あいのすけ さん プロフィール

  •  
あいのすけさん: 猫と旅と花々
ハンドル名あいのすけ さん
ブログタイトル猫と旅と花々
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/ekohands
サイト紹介文オカメインコ・ロシアンブルー・スコティッシュフォールド、四季の花々に癒されている毎日の紹介。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供319回 / 365日(平均6.1回/週) - 参加 2012/06/15 13:08

あいのすけ さんのブログ記事

  • ようやく、切ってくれました!
  • 隣接している保育園のジャングルのような樹木をようやく切ってくれました。植樹した時には小さかった樹木も何年も過ぎるととてつもなく大きな木に。広ーい園庭ならともかく育ちの良い樹木だと大きくなりすぎて手入れが大変です。予算の関係かどうかはわかりませんが、あまり手入れしないので、大量の枯れ葉や虫などが我が家に落ちてきてお掃除が大変な上に、雨どいを痛めてしまうので、正直なところ、園長先生に言おうか迷っていた [続きを読む]
  • 今朝は邪魔する者が違った!
  • 新聞を読んでいると、必ずやってきて、邪魔をするのは1号だったが、今朝は、この子でした。どうしてでしょうねぇ?新聞を広げてよみたいのですが・・・!人気ブログランキングにほんブログ村 [続きを読む]
  • 実母の病院付き添い!
  • 実家の母の病院の付き添い!実家の母も義母も同じ今年八十八歳になるので一人暮らしはそろそろきつくなるかな?っと思っていますが、なかなかサービス付き高齢者住宅にいくのも決断着かず、悩むところです。まあ、できることだけ親孝行すればいいか?相変わらず、大病院は混んでいる。こんなに病人がいると思うと、元気でいることの有り難さがわかります。 [続きを読む]
  • 八十八歳、おめでとう!
  • 今日はお姑さんの八十八歳のお誕生日。プレゼントを何にしようか悩みました。いつもならお洋服にしているのですが、認知症になると、新しいお洋服は自分の物と認識せず、私のではないとホームのヘルパーさんたちに迷惑をかけてしまうんです。それなので、馴染んだお洋服のほうが古くても安心するみたいです。悩んだ末に、ネットで購入これにしました。黄色のチャンチャンコをきた熊さんと石けんで作られたお花。ホームはどうしても [続きを読む]
  • 僕はどこだっ?
  • 暇なポポはかくれんぼをしようとしています。ポポ:ここに隠れようかな?ポポ:一号、二号、僕はどこだ?一号、二号:すぐわかるし・・・しっぽが見えてるよ!ポポ:のりの悪い猫たち! ご飯食べよっと!!!人気ブログランキングにほんブログ村 [続きを読む]
  • 今年は一輪かあ?
  • サボテンの花が咲いてくれたのは嬉しいのだけれど、今のところ一輪だけ。つぼみもあまりないので期待できません。何が悪かったのかなあ?太陽が足りなかったのかな?一号・二号・・・・エッ?まだ寒いんじゃない? オイルヒーターの前においておけばいいのに!人気ブログランキングにほんブログ村 [続きを読む]
  • 朝日をあびて!
  • おはようございます。お天気に恵まれた朝です。朝日をあびて、1号もポポも気持ちよさそうにしています。忙しくなる土曜日、今日も一日頑張りましょう! [続きを読む]
  • 旅…おまけ2
  • バルセロナにてのお食事。かの有名なパエリアでーす!!日本人向けのご飯の炊きあがりで、味付けもちょうどよくできていました。以前にアンダルシアで食べた時にはご飯の芯がかなり残っていて 本場ものと言われましたが、硬すぎてあまりおいしいとは思えませんでした。今回のレストランのパエリアはグッド!でも、これにもオチがあるんです。私、ムール貝のアレルギー、ぜんぜん食べていません。主人だけの評価です。プリンだけい [続きを読む]
  • 旅のおまけ!
  • おまけは?これ!各国でゲットしたポケモンたち。アラブ首長国連邦、イタリア、フランス、スペインです。でも、その国だけのポケモンには出会えませんでした。主人にアホやと言われました(笑)お疲れさま!!!人気ブログランキングにほんブログ村 [続きを読む]
  • 旅(7)・・・カルカッソンヌ
  • 二重の城壁に守られた中世の歴史薫る街。スペインとフランス南部の国境付近にあるカルカッソンヌ。周囲は広々としたブドウ畑があり、のどかなフランスの風景です。紀元前3世紀に砦が造られ、その後ローマ人が城塞都市を建設しました。13世紀にフランスにルイ9世が二重に城塞を張り巡らせ、難攻不落の城といわれました。しかし17世紀にスペインとの平和条約が結ばれると無用の長物となり、荒廃。19世紀に復元され総延長3k [続きを読む]
  • 旅(6)・・・ポンデュ・ガール(ローマの水道橋)
  • ガルトン川に架かる水道橋。古代ローマ時代、紀元前19年頃にアウグストウス帝の腹心アグリッパの命令で架けられ、ユゼスからニームへ水を運ぶための水路の途中にあります。三層のアーケードは上に行くほど幅が狭くなって、全体の高さはガルトン川の最低水位から49mです。紀元前にこの様な水道橋が作られたとは、古代ローマはすごいと絶賛するばかり、遠い将来に素晴らしいと絶賛するような建築物が今の日本にあるのだろうか? [続きを読む]
  • 旅(5)・・・アヴィニョン歴史地区
  • アビニョンの市街地にあるこじんまりとしたホテル。お食事もまあまあでした。「世界遺産 アビニョン歴史地区」14世紀、城塞様式の威厳のある宮殿でヨーロッパにおける最大のゴシック宮殿。バスで城塞の回りをめぐると結構な時間がかかるほど城壁が長い。城壁の中には教皇宮殿や大司教座の建物群が歴史を感じさせながら、現在の人々の生活に上手に密着しています。カフェテリアあり、土産店あり、スーパーあり、役所ありでなんで [続きを読む]