kbros さん プロフィール

  •  
kbrosさん: www.k-bros.org
ハンドル名kbros さん
ブログタイトルwww.k-bros.org
ブログURLhttp://kbros.exblog.jp/
サイト紹介文For suspension junkies of MTB
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供376回 / 365日(平均7.2回/週) - 参加 2012/06/16 19:22

kbros さんのブログ記事

  • BOS IDYLLE XXIV
  • 何だよ、雨が遅れてるじゃん、という事で、ランチ後も山に行って来ました。閻魔蟋蟀さんが絶賛していたTOYOTA YarisのBOSサスペンション、オイラのV10にシンクロしたBOSは、もっとイイぜ!東京特許許可局、そんなもんあるわけないだろ! [続きを読む]
  • This morning in Tsukuba XXXXXIV
  • 始まりましたね、稲刈り。新米が楽しみです。ヘタリ始める4本目は、閻魔蟋蟀さんとお喋り上りだったので楽でした。入れ違いで、SPECIALIZEDからCOMMENCALに移籍した、OMR選手登場!台風過ぎたら、すぐに山に戻って来ますが、被害のない事を祈ります。 [続きを読む]
  • SPECIALIZED Stumpjumper FSR XXVIII
  • このバイクを貸したBMXerから、また貸して欲しいと・・・仲間といっしょにMTBを作り出したのでお手本にするとか・・・こんなバイクに、どんなノウハウが詰まっているのでしょうか?たまたまもらった同スペックのバイクと特にサスの動きが違うらしく、さらにはシングルクラウンとダブルクラウンの違いが気になるそうです。知ったかぶりするのも面倒だし、実際乗って試さず理屈だけこねる方向に行った方が楽しいよとアドバイスしたの [続きを読む]
  • prelude
  • 曇り空の隙間から覗けた夕焼け、空だけにカメラを向けたのは生まれた初めてだと思います。夕方は普通、一日のフィナーレを感じさせますが、夜から見ればプレリュード、1839年にショパン君が書いて、1963年にジェリー君がリリース、「こんばんは、油井正一です」のFM番組で初めて聞いた学生時代・・・今でも全てのアドリブフレーズまで口ずさめます。もちろん当時は、TDKのカセットテープでエアチェック、今ではタイヤのエアチェッ [続きを読む]
  • Instagramable II
  • この雲が高積雲という説明を受けるのが理系なら、ひつじ雲って教えてもらうのが文系、アート系?ちょっと生意気になって知識、そして自分を誇示したがると、相手かまわず、やたら専門用語を使い始めた若い頃の自分が微笑ましいなあ・・・サスペンション・・・バネと注射器の組み合わせ、ダウンヒルと音楽の融合・・・ただ音楽聴きながら自転車乗ってるだけ、ま、どうでもいいことですが、自分を納得させる事に奔走する日常は相変わ [続きを読む]
  • summertime
  • 私の道楽は自分で舵を切れるジェットコースター遊びですので、別に自転車でなくても良いのですが、いろいろ手を出した他のものより手軽だったという事でしょう。それでも上りは余計なもの、今e-MTBに夢を馳せているのもそれが理由なのですが・・・私のipodの中には、下り用と上り用の音楽が詰め込んであります。下り用は言うまでも無く必需品、下りの快感のブースト規格ですが、上りを楽にするのは今のところ、週末など間が良いと [続きを読む]
  • Specialized DEMO9 XII
  • メインピボットから約35cmのスイングアーム部、ちっちゃな三角の頂点からリアサスにシンプルに入力され、リアサスから開放されたロッカーアームは従来のものよりローウィルライクに長く平行度を増し、どんなシチュエーションでもリアサスと小さい三角を良く動かす剛性の確保まで面倒を見ているFSRリンク、リジットバイク並みの短いリアセンターでも暴れない、このバイクでしか味わえないカミソリコーナーリング・・・短命が宿命の [続きを読む]
  • Is this heaven ?
  • If you build it, he will come. という天の声、私にとっての it が、仲間や山などのあらゆる環境なら、he は、まさにこのバイクです。レイ・リオッタ演じるシューレス・ジョー、私の場合はTKI兄いでした。このバイクといっしょに山にいるだけで、Is this heaven ?もう多感な年齢ではないので、私の一生ではこの映画以上に涙を流す映画はあり得ないと言えるでしょう。そしてこれ以上のバイクもあり得ないでしょう。見たことがない [続きを読む]
  • Instagramable
  • 昨日、知り合いから私のバイクの写真はインスタ映えしますよと言われたのですが・・・新しいハエの一種でしょうか?この場所での写真がお気に入りとのこと、調子に乗ってさっそく・・・インスタグラムはスマホとe-MTBを手に入れてから挑戦しましょう。ウェットに弱いFOX40とDEMO6ですが、ドライになればこっちのもんだぜ!久しぶりのカミソリコーナーリングを堪能してきました。私の場合どういう訳かBoXXerに縁がなくBOSですが、皆 [続きを読む]
  • lubricating
  • 7月27日の記事のように軽量なものに対して臆病な私は、使用しているオイル量が少ないサスも心配が先になります。自社製でなく外注選択なんだから、だったら初めからそうすれば?と思うくらい、コーティングやシールやオイルをポンポン変更するメーカーもありますね。ま、少しは違うと思いますが、それで格段に性能が上がったかのように豪語されても・・・さらに極力フリクションを排し、それを安定維持させずに減衰量がどうのなん [続きを読む]
  • wet blanket
  • このバイクのリアサスは乗り出し当初からずっとÖhlinsですが、フロントは40、38、36、35パイの4種類のサスを試してきました。メーカーごとの特徴はあれど、それぞれリアサスとの相性、自分の好みにチューニングにして使ってきましたので不満はありませんでしたが、その先です。今更、奥が深いですねなどと抽象的な表現はしたくありませんが、ひとつだけ言えるのは、とにかく発想する限り、できる限り、いろいろやってみなければ [続きを読む]
  • BIG HIT and the trail and the music
  • このBIG HITが古いといっても、この曲ほどじゃありません。古いものでも良いものは良い、だけでなく、古いものでしか味わえないものもありますよね。これから冬にかけて超楽しみ〜〜〜https://www.youtube.com/watch?v=KJUe0FIItVI [続きを読む]
  • trail is magic
  • まだ自転車で山の中に入って来ることが、めずらしかった時代?おーい、あんちゃん、こんなとこさ自転車で来たんか?気さくな地元のおばあちゃんで良かった。今でも上りでヘロヘロの私に、まあ、お茶でも飲んでけ、というオヤジさんも。私の場合、ほんと運が良かったと感謝しています。対自然でも人間でも物でも、関わり方を間違えると辛いものがありますからね。こちらはSNK師匠がメンテ管理してくれているトレイル、私よりヘビー [続きを読む]
  • unforgettable
  • 年齢のせいか、独りでふらふら上っていると走馬灯のように思い浮かぶことがあります。勝手に第二の故郷だと思っているニューヨーク(Puerto Rico)のことは、毎日数時間聞いてる音楽で日常化していますが、最初ジェットストリームのMr.Lonelyと勘違いしたこの曲、突然、唄うベースライン(4:31〜)が頭をよぎりました。https://www.youtube.com/watch?v=_-AFEuF7jAc [続きを読む]
  • at the top of the mountain XVIII
  • 台風直撃だと波も最悪ですが、今回の台風はこの先の彼方にチンタラチンタラ、雨が上がったとたんに爽やかな風でアッという間にトレイルも乾き、最高のコンディションです。特に頂上での爽やかさは、天下一品!また加速セクションに倒木が一本、不思議な事に立っています。 [続きを読む]
  • pedaling
  • 新年度になって冷静に考えてみたら、e-MTBは私の貧相な脚力をブーストしてくれるとは言え、乗って上るんじゃないか!押して上って斜度だけで下る事しかできない私にとって、本当に楽できるんでしょうか?ロードもどきバイクに乗っても、すぐに降参してしまう私のお尻・・・という事で、マウンテンサーフィンとは別に、改めて自転車も趣味にしようと思います。 [続きを読む]
  • the end of August VI
  • 時間は淡々と流れているのに、切りが良い、一段落とか節目とか、過去を振り返ったり将来の夢を見たり・・・明日から9月、まだまだ暑くても、どこか夏の終わり、節目を私も感じるのでしょう。無能力の私は自ら何も生み出せませんでしたが、時代を共にできた事を幸運に思える素晴らしいバイク、そして音楽、初めてステージに立って何が何だかわからない一部の子供達もいるコーラスに支えられたスティービーの歌、そして4:01からのク [続きを読む]
  • the first descent in the morning
  • これまで私は、どれだけのクモの巣を破壊してきたのでしょうか。ひどいときは、体とバイクに数匹のクモさんまで連れてきてしまいます。ヒヤッホォォォウ!最高だぜぇぇぇぇ!!!・・・下り終えると優しく払って山に戻してはいるのですが、クモさんからしたらいい迷惑ですよね。 [続きを読む]
  • Cinelli, Colnago, De Rosa・・・
  • 私が自転車に興味を持ったのは、サスペンションの出現がきっかけでした。故にロードバイクの購入など考えもしていませんでしたが、一度は乗ってみるかという事で変な友人といっしょに変なバイクを購入、しかし世の中は広いものです。私など足元にも及ばない変なオジサンが、ロードバイクの話など興味のない私のところにやって来ては、Cinelli, Colnago, De Rosa・・・の連呼、このバイクも散々けなされてしまいました。もちろん変 [続きを読む]
  • a suspension for you
  • 8月23日の記事で、サドルの種類や高さですら制限のある選択しかできない事を愚痴らせてもらいましたが、ステムも同様なんです。短いステムが使えません。私の場合はトップキャップやインナーチューブの干渉でハンドルが高過ぎてしまいます。さらにヘッドチューブの長さも・・・このバイクのように短いものなら何とかライザーバーが使えていますが、メインはフラットバー、そして最もヘッドチューブの長いZerodeは、Answerのthe big [続きを読む]
  • at the usual time and the usual place II
  • 週末は山に来れば仲間が・・・今日は時間差で、あまりにも気持ち良い走りにイイ顔して帰ったTKI兄いと、マラソンの練習でヘタレたというSMD君、私もサンデーカデンツ?でした。40パイフロントサスにちっちゃなリア三角パキパキフレームのローダウンDEMO6、ドライになればこっちのもんだぜ!と言わんばかりに、下り出す前にチョイスしたのはチックコリアのGot a Match ?、めいっぱい音量を上げてGot a Match ?にマッチした下りで昇 [続きを読む]