アントレ藤原 さん プロフィール

  •  
アントレ藤原さん: フランチャイズ起業ヒミツ塾
ハンドル名アントレ藤原 さん
ブログタイトルフランチャイズ起業ヒミツ塾
ブログURLhttp://ameblo.jp/fjwrkigyou/
サイト紹介文フランチャイズ起業の危うさについて語ります
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供236回 / 365日(平均4.5回/週) - 参加 2012/06/17 01:14

アントレ藤原 さんのブログ記事

  • 会社設立登記は自分で出来る 簡単ですよ
  • 起業するときに、個人事業主か、はたまた、法人を設立すべきか。よく悩むところです。規模が小さくて年商1000万に届かないなら、個人事業主で白色申告だと、かなり税金は安く出来る。でも業種によって、また対外的な信用を得たかったら、法人設立もまたよし。でも会社にすると、余計な経費は確実にかかります。いわゆる均等割が赤字でも7万円発生し、決算申告も税理士にたのむと20万から30万はとられちゃう。激安税理士で10万円な [続きを読む]
  • このブログで伝えたいこと
  • フランチャイズにおける真実。そして光と影。藤原自身が十数年間、三つのフランチャイズのオーナーとしての体験があったこと。また、コンサルタントとして、相当な数の中小企業社長、フランチャイズオーナーのご相談にのり続け、たくさんのフランチャイズの厳しい現実を目の当たりにしたこと。そこで見てきた、けっして表から見えないフランチャイズの真実。これらの情報を発信し続けること。 それによって、フランチャイズ [続きを読む]
  • フランチャイズ本部の指導通りにやると利益が出ないことがある
  • フランチャイズに加盟して、本部の指導通りに運営すれば、必ず利益が出るとか、うまくいくかというと、そうとも限らない。フランチャイズ本部のノウハウは、実はそれほど完成されたものでもない。また、杓子定規なところがありすぎて、かえってムダが多かったりする。だから、オーナーさんは、本部の指導に素直であることは悪いことではありませんが、本部のやり方に依存しすぎず、また鵜呑みにせずに自分の頭で考えたり工夫をし [続きを読む]
  • フランチャイズ本部はあなたの幸せなんか考えてません
  • フランチャイズ本部はなぜ、一生懸命 加盟店を集めるか。自分達が儲かりたいから。本部を大きくしたいから。他人の金で事業を急いで拡大したいから。自分達がいい生活をしたいから。株主がいるから。それが100%。すくなくとも99%オーナーになる人の幸せなんか考えていません。表面的には「成功しますよ。ブルーオーシャンですよ。」とか美辞麗句を並べるけれど、ホンネは、開発担当者はサラリーマンとしての成績を上げたいから [続きを読む]
  • カネがないフランチャイズ本部と契約すると悲惨なことに
  • フランチャイズ本部といえども、所詮は中小企業。急成長しているとしても、たいして金はないし、人材もいない。意外に余裕はありません。だからこそ「人のふんどし」で相撲が取れるフランチャイズシステムを導入しているともいえます。カネがない本部とつきあってしまうと大変なことになるので、要注意。といっても、カネがあるかないか、はた目にはなかなかわからない。「うちのフランチャイズは素晴らしい。いまがチャンスです [続きを読む]
  • 串カツ田中の貫社長の考え方は立派
  • 串カツ田中の貫社長。「フランチャイズ加盟店は、外食企業に限る。外食ビジネスはQSCレベルが売上に直結する。オーナーが儲けに走ると収益に悪影響が出る。そういう外食のしんどさを理解している人にのみ加盟していただきたいんです。」と月刊食堂で述べておられます。「ウ〜ム、これは非常に正しい」と思った次第です。藤原 [続きを読む]
  • なかなか強烈なフランチャイズショーが開かれます
  • 近いうち、なかなか強烈なフランチャイズショーが開かれます。参加者は、いわば囲い込みされる感じ。出展するフランチャイズ本部も、なかなか強烈なところばかり。 いま、どこのフランチャイズ本部もオーナーさんの獲得に躍起になっている。オーナー不足は著しい。そんななかで、新手のタイプのオーナーさん確保大作戦という感じがいたします。藤原 [続きを読む]
  • これからさらに人手不足が加速する説と、未来は人が余ってくる説と
  • 今朝の日経。「営業短縮は小売に拡大」これが今朝の一面。ルミネが八割の店で閉店繰り上げとのこと。コンビニも三年以内には24時間営業の見直しが始まるでしょう。一方で、AIとロボット化で、人がどんどん余ってくるという説も巷に流れる。科学技術の進歩による省人化と、少子高齢化、生産年齢人口の減少と、どちらの力が強いのか綱引きのようです。業務内容によるのでしょうが、いまの目の前の労働力不足はものすごい状況。人手 [続きを読む]
  • 起業してつまずいた人を受け入れる中小企業とは
  • とある中小企業。この会社の社員さんは、かつて起業したけれど失敗してサラリーマンに戻った、そんな人が何人も働いている。 そこの社長さんが 「いちど起業するくらいエネルギーがある人のほうが頑張ってくれるから」そんな理由で、こけた人を温かく迎え入れる。いちどつまずいた人は、お金を稼ぐのがどんなに大変か身にしみてわかっている。そして、毎月決まった日に給料をいただけることが どんなにありがたいかよく [続きを読む]
  • ノウハウがないと感じるフランチャイズ本部とは
  • 加盟店オーナーさんが、「なんのノウハウもない」と嘆くことが多いのが、学習塾のフランチャイズ。全くノウハウがない、とは思いません。開業の時は、ずいぶんお世話になるはず。 しかし開業してまもなく、オーナーさんが頑張らないと全然ダメなんだ、と気づくケースが多い。スーパーバイザーからもあまり役立つ指導がなく、訪問指導もほとんどない、なんていうケースも非常に多くて、ロイヤリティを払っている意味を感じな [続きを読む]
  • 丼丸の平均月商はいかに
  • 丼丸チェーンにとても近いとある方が 話してくれました。「藤原さんさあ」「はい」「丼丸の平均月商って、わかりますか」「さあ〜」「あのね、ゴニョゴニョゴニョ・・・」「フーム、なるほど(^^;」そんなやり取りがありました。藤原 [続きを読む]
  • なにかよいフランチャイズないですか
  • なにか良いフランチャイズないですか?非常によく受ける質問がこれ。 しかし、フランチャイズ地獄、フランチャイズトラブルの経営上のご相談ばかり受けている事もあり、悪い事例、情報は山のようにありますが、儲かっている話とか良いフランチャイズの情報は全然ありません。 たしかに、例えば、ステーキのけんは、一時 すごい売上で、外食で事業展開する中堅オーナーさんがみんな憧れた。しかし、瞬く間に競争が激化 [続きを読む]