雨好き さん プロフィール

  •  
雨好きさん: まさか日本でカルチャーショックを!
ハンドル名雨好き さん
ブログタイトルまさか日本でカルチャーショックを!
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/amezuk-mk
サイト紹介文旧タイトル:まさか私が日本語教師に!(NO.3) 05年晩秋〜14年夏まで中国広東省で日本語教師
自由文中華圏、外国語、日本語教育、その他教育、中国での生活、日本での生活、積極的思考、健康などなど自由に記しています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供257回 / 365日(平均4.9回/週) - 参加 2012/06/17 02:24

雨好き さんのブログ記事

  • 女性の度胸が羨ましい・・・
  • 中国にいる頃、それも最初に赴任した市に住んでいたときの話。2006年秋に日本一時帰国から広州白雲空港に戻った。そのときは関空から南方航空と日本航空のジョイント便を使ったのだが、白雲空港に着いたのはかなり夜遅くなってからであった。そこで(教師仲間に予約をしてもらっておいた)空港近くのホテルに一泊した。チェックインする時に「翌朝空港まで送ってもらう」約束をしておいた。それは空港バスで広州駅に向かうため。だ [続きを読む]
  • 内科の医師にアドバイスをいただいた
  • 先週金曜日の健康診断の結果はまだ届いていない。しかし倒れてからでは遅いので、早め早めに行動を開始したほうが良い。そう、血圧の話である。今朝一番で内科に行ってきた。4月から再就職するので、休みの日にしか行けなくなる。それに保険証の切り替えもあるので。病院で測定すると160-90であった。金曜の健康診断は2回ともかなり高かったのだが、その2時間前は151-110であり、予測どおり普段は150〜160なのだと思う。一昨年と昨 [続きを読む]
  • 城島さん、素敵だなぁ!
  • 本日は午後から中国語検定を受けた。帰りは健康のために地元の駅から歩いて帰って来た。遠回りして子供の頃に慣れ親しんだ河川沿いを遡っての帰宅。中国のような広い河川も好きなのだが、少々小さめの河川も好きである。潮の影響を受けない中流部の(河川堤防の中でのさらに底の部分の中で)蛇行したその様子を見てあれこれ感じたことがある。ひとつはマイ・リトル・ワールド。マカオが大好きであった理由のひとつが、狭い土地に中 [続きを読む]
  • 更なる健康生活を
  • 昨日健康診断であったのだが、血圧で最高記録が出た。その数時間前に測定したときは(高いものの)自分としては安心できる数値であったのに・・・。今年の2月末日の晩に恐怖を感じた。健康生活をしなければ…それ以来今まで以上に体に注意してきた。酒もあまり飲まずに、食生活も出来る限り考えて生活してきた。最低でも昨年の通勤で歩いていた歩数近くになるように歩いていた。血圧を下げるために枸杞にも手を出した。(確かに下 [続きを読む]
  • 常に脱出ルートを考えておく
  • 本日4月からの仕事場まで車で行ってみた。そして付近の道を覚えておいた。そこへは車だけでなく公共交通機関も利用するのだが、それらがストップした場合に備えてと、もちろん事務所から車で用事を足しに行くこともあるので。さらには何かの災害が発生したときの逃げ道の確保という意味もある。それだけで日中の大半を使っての本日、思い出したことがある。今まで何度か記しているのだが、新しい読者様もいらっしゃると思うのであ [続きを読む]
  • 平和はお互いを理解することから始まる
  • あまり上手く記せないのだが、どうしてもこれをあげておきたい。構成が甘すぎるし、話が繋がっていない部分もあるので、大きくツッコまれる危険性も高いのだが・・・。日本人の中国に対するイメージはあまり良くないかもしれない。だが中国人から見れば、日本人へのイメージは決して良くはない。日本という国を知らない方が多く、日本イコール攻撃の対象だと思っていたりする。日本語を勉強して日系企業で働いていても、突然何かの [続きを読む]
  • 正義を振りかざし過ぎると悪になる
  • 自分でいうのもなんだが、私はけっこう真面目である。法律や社会的なマナーは守らなければならないと思っている。もちろん私も人間であり、以前はシートベルトを忘れて何度か捕まっているし、シートベルトで動揺して一時停止違反の切符を切られたこともある。それより若い頃にはけっこう派手なケンカもしている。さらには知らず知らずのうちに犯してしまった罪も当然ある。とはいえ日本語教師よりも長い経歴の仕事、それも管理業務 [続きを読む]
  • 日本帰国の決意から3年、帰国して2年8か月
  • 秋分の日で祝日の月曜日となった本日。当然私も祝日モードで生活している。ただこの1年2か月の間土日祝休みを堪能してきたが、4月からはそうもいかなくなる。元々そういう業界にいたのではあるが、人間はいつしか楽なほうに慣れてしまうもの。そんな最後の正式な祝日休みを堪能しているさなか、本日は友人であり日本語教育の大先輩である年下の友人の誕生日であることを思い出し、仕事中であるとは思ったのだがWeChatでおめでと [続きを読む]
  • おっちゃんついに部分入れ歯・・・
  • 日本に帰国する3年も前の秋から虫歯に悩んだ。その夏に一時帰国していたのだが、まったく兆候はなかったのだが。「帰ったら治そう」と思い続け日本から持って来た鎮痛剤と村の薬局で買った正露丸でしのいだ。そのうちに大穴となったのだが、神経がなくなった(正露丸にやられた?)ようであり、虫歯としての痛みはなくなった。だが秋になると不衛生になるのか時折痛くなり、鎮痛剤のお世話になった。2014年夏に帰国。就職活動中は [続きを読む]
  • ええなぁ〜『べっぴんさん』は〜
  • 2014年の7月下旬の木曜日。夕方になって住んでいたアパートの大家さんにバスターミナル近くのホテルへ送ってもらった。中国最後のディナーは付近の西洋レストラン。その後ホテルで中国で最後の晩を過ごした。中国のテレビもしばらくはネットでしか見られなくなることでけっこう遅くまで起きていた。翌金曜日。ホテルの近くの朝の露店で中国最後の朝食を買い、ホテルの部屋で食べた。9時前にチェックアウトをし、10kgのショルダー [続きを読む]
  • 日本語通訳さんの日本出張
  • 1週間前のこと。中国広東省で日本語通訳をしている女性からWeChatでメッセージが入った。月曜日に仕事で上司と日本の某国際空港に降り立つということで、「困った時に助けていただくかもしれないので、よろしくお願いします」的なことが記されてあった。続けて往復のフライト情報も送られてきた。昨年4月もまったく日本語がわからない上司を連れてあちこち移動していた。初めての日本出張でありながら、1人で何でもこなすのは大 [続きを読む]
  • 負の色眼鏡の反省 と 就職活動の結末
  • おじさんの再再々就職。本日4月からの入社内定をいただいた。----------------------------------------------------------------------------------------------話は変わる・・・。日本に帰国して車を手に入れたとき、日曜の16時からのTOKYO FM系列のFMで『福山雅治のSUZUKI Talking F.M.』が続いていることを知り、とても嬉しかった。9年近く日本を離れていたのに、続いていたのだから。だが2015年12月から福山さんの番組は土 [続きを読む]
  • 昔の我が教案を発見…
  • この数日、日本語教育関係のもので、要らないものを処分していた。そのとき中国に渡る前の1年と少しの間ボランティアの日本語教師をしていたときの教案や教材を発見した。主に『みんなの日本語 初級』のクラス授業を担当させていただいたのだが、その教案がかなりマメであり、なおかつ簡略版まで作ってあった。おまけに自作のフラッシュカード類やレアリアなどもけっこう豊富に取り揃えてあった。(もちろんすべて個人のお金で揃え [続きを読む]
  • まずチャンスを掴むことから始まる
  • 先週の話。せっかく日本語学校でのお仕事をいただいたのに、辞退するしかないと思っていたときのことであった。中国の2つの日本語学校にて合計3年も教えることになった腐れ縁の青年が某SNSに記していた言葉が私の心に突き刺さった。その文章をそのままここに記すわけにはいかない。ただあえて複雑に言い換えれば「欲すること、望むことよりも、(自分の能力や立場、状況などすべてをふまえて)自分がどの道ならスムーズに進めるのか [続きを読む]
  • タイミングを間違えたら大変・・・
  • 縁とタイミングというものは誠に不思議である。帰国して約5週間後の2014年8月末も日本語教育や国際的要素が絡む仕事を諦めている。そのときも一番長い経歴の業界に戻る決意をしたのだが、私の身体の問題により9月初旬の面接である条件を出している。結局はそれがかなわず余計に体の機能を悪くしたのだが、それでもその会社に入ったおかげで昨年は国際的要素が絡む仕事をすることができたのであった。そして今回会社を辞めたのは [続きを読む]
  • 要らんものは処分でしょ!
  • 日本語教師の多くはあれこれ教材・教具になるものや資料を溜め込むのではなかろうか。実は私もそのひとり・・・。3年前の春節休みの一時帰国のときに実家の私の荷物をまとめておいた。私がいなくても引っ越しできるように。それ以前に出国前にゴミ袋と段ボール箱で50以上のゴミ(?)を出しているし、帰国してからも実家の物置小屋と化していたこの部屋のさまざまなものを処分している。帰国して3年。諸事情によりいつでも引っ越 [続きを読む]
  • 東日本大震災から6年
  • 2008年5月12日の四川大震災。当時広東省に住んでいた私がテレビでその状況を見ているだけでとても悲しくなり、涙も出た。当然だと思う。中国という国に住み、そこで働かせていただき給料もいただいていたのであるから。そして2011年3月11日の東日本大震災。午後の正規授業中に学生から教えていただいたように記憶している。その年は正月早々嫌なことが発生し、少々頭もおかしくなっていた。それを振り切って授業をしていた私にと [続きを読む]
  • 日本語教育界のこれからを真剣に考えなければ
  • 昔の話。諦めたはずのことが1995年に再燃した。そしてそれは2002年1月頃まで引きずった。完全に吹っ切れたその3月から、やっと新しい道に進むための行動を開始することができた。「執着」から離れてやっと前に進むことができた。もっとも諸事情により正式な行動開始は翌年となったが。不思議なもので一度スパッと断ち切ることができると、人間は様々な行動を始めることができるようになる。そして以降は不思議とそれを思い出すよ [続きを読む]
  • 何かを捨てるとき
  • 今朝ある日本語学校に電話をして辞退させていただいた。お電話をいただいたときも、面接のときも、本日の辞退を伝えたときも、とても物腰の柔らかさを感じた。そんな学校経営者に貴重なお時間をいただいたことに感謝と申し訳なさの気持ちを抱いた。電話の後、鼻の奥がツンとした。そして少しだけ涙ぐんだ。やはり私は日本語教師という仕事が大好きだったのである。2014年の帰国後に教師を諦めるときもかなりの葛藤があった。そして [続きを読む]
  • 『ラストチャンス』はさようなら〜
  • 中国に赴任する前も、赴任してしばらくも、帰国をしたら初級を専門とし日本語学校に限らず、工場なども攻めてゆくつもりであった。もちろんそれが駄目なら大人しく元の世界に戻ろうと思っていた。初級専門が、初級もできる中・上級専門となったのはまた面白い話である。ただ中国での日本語教師が長すぎた。別に後悔はしていないのだが、おじさんとして帰国後の様々な再就職の機会を逃すことになった。そこにはもちろん日本語教師も [続きを読む]
  • ウラとオモテ
  • 「私は幸せだなぁ」と思う。日本でも中国でも普通は経験したくてもできない様々な経験をさせていただいている。すべてのことは隣り合わせ。紙一重の世界。そして塞翁が馬。BGMはゆずの『表裏一体』どっちの結末願う? [続きを読む]
  • 明日への活力を与える夕陽
  • きれいな夕陽。もやもやしていた心が洗われる。昼過ぎまで降り続き午後も時々ぽつぽつしていた雨も、あと20分ぐらいで日が暮れようとする17時半頃にはすっかり晴れていた。朝陽を見るのが好きであるが、夕陽も明日への希望を与えてくれる。特に夢に向かって努力しているときや意気消沈したときなどに私を支えてくれる。さて現在無職であり、晩ごはんも19時台に食べることができる。さきほど食べながら某局のテレビで美空ひばりさん [続きを読む]
  • おいしい荒苦行・・・
  • 日曜日。朝はいつもより多い一品多い自作の中華。金曜晩から家に泊まっている甥が珍しく午前中に起きてきた。私は私で11時からの『べっぴんさん』1週間 が本日は深夜0時20分深夜0時10分にあることを知り意気消沈。こんなことなら昨日歯医者から戻ってすぐに今週の6話分をBSで見ればよかったのに・・・。ちなみに我が家の(妹夫妻がプレゼントしてくれた)新しいテレビは録画したくてもレコーダーと接続できない。私はそれがど [続きを読む]
  • 卒業証書の時期に卒業証書をやさがし
  • 先日大学の卒業証書を探した。この部屋は2014年春節の一時帰国のときに私がいなくても引っ越せるように、絶対に必要なものは収納BOXなどに入れてまとめてある。そういうわけで、時々探し物をするために(整理してある物を)引っ掻き回すことになる・・・。だいたい今まで大学の卒業証書が必要になったことなどなく、中国でのビザ取得や外国人就業証から外国人専家証への切り替え時などに卒業証明を使っていた。今まで日本で就職に [続きを読む]
  • フードコートで目があったおじさん同士
  • 3月初旬 金曜日 午前11時半前 あまり大規模ではないショッピングモールの空いているフードコート(?)釜揚げうどんの大盛りと奮発して鶏の天ぷらを食べる私が視線を感じて顔をあげると、ハンバーガーのセットを食べる(若い)おじさんと目が合った。服装とカバンから「私と同じで職探し中なのか、仕事を辞めて勉強中なのか」といった感じ。おそらく向こうもそのようなことを思っていたのかもしれない。なんとなく「俺ってひと [続きを読む]