railway さん プロフィール

  •  
railwayさん: 母を語る/終末期医療と東洋医学
ハンドル名railway さん
ブログタイトル母を語る/終末期医療と東洋医学
ブログURLhttp://blog.ap.teacup.com/939393/
サイト紹介文母の介護、デイサービス、介護保険、終末期医療、鍼灸治療、見取りなどのブログです。
自由文私の母の晩年の介護の様子、食道がんの放射線化学療法、終末期医療、介護保険によるデイサービス、鍼灸治療などについて、記憶に留めておくためのメモ書きです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供17回 / 365日(平均0.3回/週) - 参加 2012/06/18 18:03

railway さんのブログ記事

  • その52/左真紀一座
  • (その52)左真紀一座 きょう父が入所している老健へボランテイア芸能一座「あすなろ会/左真紀一座」がやってきました。結成50周年を迎えたそうです。いろんな出し物があるようですが、演奏や演舞の間、父はペットボトルで作られたマラカスをシャカシャカ鳴らしながら聞き入っていました。相変わらず目を閉じていることが多いのですが、チャンと聞いていたようです。[画像] しゃかしゃかがお気に入りです。[画像]  目を瞑っ [続きを読む]
  • その51/幼稚園生と散髪
  • (その51)幼稚園生と散髪 きょうは父がいる老健に近くの幼稚園生が訪問し、お遊戯などをして見せてくれました。以前ならもっと積極的に子供と関わっていたものですが、きょうは終始表情が硬かったですねえ。 昼食後は久々に散髪をしました。昼食後だったので眠気に耐えられず、目を瞑ってしまいました。[画像] 園児達のお遊戯を見ています。[画像] 玉入れの最中です。以前なら一緒にやったことでしょう。[画像] 午後からは [続きを読む]
  • その50/よさこいソーランが来ました
  • (その50)よさこいソーランが来ました きょう父が入所している老健によさこいソーランのチーム利ゑ蔵がやってきました。少し暑いくらいの陽気でしたが、屋外の駐車場で公演が行なわれました。チーム利ゑ蔵は、千葉市で活動している子供から大人までのよさこいチームで、若者らしい躍動感あふれる踊りにお年寄りたちは大いに元気付けられたようでした。 父は目を瞑ったままでしたが。右手でリズムを取り、途中から貸してもらっ [続きを読む]
  • その49/新しい車イス
  • (その49)新しい車イス 父が使っている車椅子は老健から借りたものでしたが、このたび自前で車いすを購入しました。いままでの車いすと同車種で、KAWAMURA製です。座面や足乗せの高さを理学療法士の方に調整してもらって、先週から使い始めました。お尻や脚の当たるところに褥瘡ができないよう細心の注意を払っていますが、乗り心地はどうでしょうか。[画像] これが前面です。座面にはいままで使っていたクッションを [続きを読む]
  • その48/イモを食べる
  • (その48)イモを食べる 父の好物のひとつがイモです。サツマイモ、ジャガイモ、サトイモなど穀類が大好きなのです。したがって家で食事をする時には、いつも石焼き芋を用意しています。最近の父は目を瞑って食べることが多いので誤嚥しないように食べさせています。[画像] こんな顔をして必死で食べます。[画像] 一口大に切ってフォークで食べます。[画像] 一度に大量に口に入れないように気をつけます。[画像] 食べ終わる [続きを読む]
  • その47/植木の剪定
  • (その47)植木の剪定 我が家の庭木の手入れは父の仕事でした。父ができなくなってからは、私が自己流で切っていました。しかし、松の木や柚子などはちゃんとした職人さんにやってもらいたいものと思っていました。先日玄関のドアーホンが鳴り、見知らぬ人が立っていました。出てみるとお迎えさんに出入りしている庭師の植木職人でした。セールスなどは一切応じないスタンスですが、これ幸いとお願いしてみました。 数時間で終 [続きを読む]
  • その8/93歳の誕生日
  • (その8)93歳の誕生日 きょう3月1日は、母が生きていれば93歳の誕生日です。先日七回忌を済ませたばかりですが、きょうは週1回の鍼灸治療の日なので自宅に父が帰ってきます。ひな祭りを兼ねてお祝いしたいと思います 雛人形は福岡県大牟田市の四ツ山にあった「田中屋」という店で買ってきたものです。父が余った材木でひな壇を自作し、真っ赤な毛氈を敷くと立派なひな壇が出来上がりました。母は「灯りをつけましょボン [続きを読む]
  • その7/母の七回忌
  • (その7)母の七回忌  きょう2月15日は母の7回忌です。お寺さんに来ていただいて、自宅で法要を行ないました。まず父を老健から家に連れて帰りスタンバイしましたが、午前中は眠くて仕方ないのか目をあけません。ご飯を食べさせても咀嚼を繰り返すばかりでした。いったんベッドに横にして休ませました。12時半に起こして車椅子へ移乗。 13時にお寺さんがお見えになると、どうしたことか愛想がよくなりました。読経の間 [続きを読む]
  • その46/2017年節分
  • (その46)2017年節分 昨日2月3日は節分でした。最近は恵方巻が流行っているようですが、父は知りません。その代わり鬼のお面を持っていってあげました。豆まき用のマメを買おうとしたら、老健のそばの店では売り切れていたので自転車で3分ほどのビッグAまで買いに行きました。そうしたらオマケに鬼のお面を頂いたのです。 最初このお面を見た父は破顔一笑。お面を顔の前に持ってゆきました。目の穴から見た景色がお気 [続きを読む]
  • その45/誕生会
  • (その45)1月の誕生会 昨日父が入所している老健で誕生会が行われました。1月生まれの方々のお祝いでした。3時のおやつの時間におこなわれ、お祝いに顔写真が貼られた色紙をいただきました。「ぜんざい食べたよ。おいしかったよ。」と言っていました。最近は甘いものに目がないので(あれだけ好きだった焼酎やビールには全く関心なし)、楽しいひとときを過ごせたのではないかと思います。 父は1月9日で、87歳になりま [続きを読む]
  • その43/87歳の誕生日
  • (その43)87歳の誕生日 昨日1月9日は、父の87歳の誕生日だった。昭和5年生まれである。「おめでとう」というと、「ありがとう」と返した。「いくつになったの?」と尋ねると、「27歳!」と答えた。 誕生日のプレゼントは厚手のスウエットである。ディズニーのミッキーマウスの柄が付いている。寒がりなので重宝することだろう。[画像] 笑ってというと、いつもこんな笑顔になる。肩掛けは母の生誕地・四国の多度津駅 [続きを読む]
  • その42/老健のお正月
  • (その42)老健のお正月 穏やかな正月である。元旦は昼食がおせち料理で美味しそうに食べていた。きょうはお正月だよというと、きょうは大晦日だと言い張る。でも満足する元旦だったと思う。[画像] これが介護食のおせちである。メインはお赤飯になっている。刻んであるので何が何だか想像できない。[画像] このところ調子がよく、自力で食べている。栗きんとんが甘いので大好物だ。[画像] 部屋に帰ると笑顔で会話ができた。 [続きを読む]
  • その41/年末の我が家2
  • (その41)年末の我が家 昨日は今年最後の鍼灸施術の日。冷え込んだ1日だったが事前に看護師さんから靴下を履かせてもらってスタンバイしていた。老健の玄関には門松が飾られ、送り出してくれた。3時間ほど滞在して老健へ戻った。鍼灸とともに、いい脳のリフレッシュになっているだろう。[画像] 老健の玄関に飾られた門松と一緒に記念撮影したが、風が強くて震え上がった。「写真なんかどうでもいい」というので車に乗り込ん [続きを読む]
  • その40/年末の我が家
  • (その40)年末の我が家 ちょっと間隔が開いてしまったが、父は元気である。老健から毎週1回自宅へ帰って鍼灸治療を受けており、帰ったついでに昼食やおやつも食べている。きょうは11時過ぎに自宅へ戻った。まずは、大好きな焼き芋を半分ほど食べる。そのまま出すと一度に口へ入れるので、小さく切ってフォークで食べるようにしている。焼き芋の次はバナナを1本ペロリと食べあげた。口の中をすすいで、ベッドに横になり鍼灸 [続きを読む]
  • その39/2016年老健の花火大会
  • (その39)2016年老健の花火大会 昨夜、父の老健で恒例の花火大会が開催されました。夕食が少し早く終わり、19時前にはスタートしました。数週間前から職員の方々が準備して下さった花火に入所者の皆さんが拍手をしていました。[画像] いつもなら寝てしまっている時間ですが、きょうは花火大会ということで元気で起きていました。[画像] いろんな花火が上がりましたが、いつものナイアガラが一番きれいでした。[画像] 花火が [続きを読む]
  • その38/2016年のお盆
  • (その38)2016年のお盆 今日からお盆です。午前中に老健へ行って父を連れて帰りました。お寺さんの到着が30分ほど早まり、10時前から読経が始まりました。その間父は目を閉じたり開けたり、時に右手を合わせたりと意識は覚醒していました。 お寺さんがお帰りになると、果物を食べました。久々にスイカを食べましたが、種は飲み込んでしまったようです。昼ごはんまで家にいて、15時前に老健に帰りました。 このところ昼 [続きを読む]
  • その37/散髪をしました
  • (その37)散髪をしました 猛暑の夏が続いています。5月に髪を切ってもらったママだったので、今日散髪をしました。すっきりして気持ちよくなったと思います。[画像] 散髪の間に手を出そうとするので引っ込めるのに苦労しました。どうやら鼻水が出そうになるので、手で拭こうとするからのようです。テイッシュをもってスタンバイしました。 [続きを読む]
  • その36/2016年の七夕
  • (その36)2016年の七夕 昨日は七夕。父が入っている老健でも七夕飾りが行われました。入所者の方が短冊に様々な願い事を書かれていました。「早く家に帰りたい」という文言は身につまされます。 そんな中で父はもう字を忘れてしまったのではないかと心配したのですが、自分の名前と「タナバタ」と書くことができました。右手だけしか動きませんが、立派なものです。父の名前が笹の葉にゆれていました。[画像] たなばた飾りの [続きを読む]
  • その35/カレンダー絵付け
  • (その35)カレンダーの絵付け 父が入所している老健では、月に1回カレンダー作りを行なっています。下絵の花柄に色エンピツを使って色付けしていくものです。出来上がったカレンダーは各人の部屋に貼ってあります。下絵どおりには描かれていませんが、何とか書き込んだ跡がうかがえました。[画像] 6月はスイレンのようです。介護士さんに手伝ってもらったのでしょう。 [続きを読む]
  • その34/老健の縁日
  • その34(老健の縁日) 昨日父が入所している老人保健施設で縁日が開かれました。日ごろ室内ばかりで生活している入所者にとって、施設の敷地内とはいえ屋外で縁日を楽しみました。このところ父は昼夜逆転現象で昼間は眠りがぶっていることが多かったのですが、きょうはワクワクしているようで、トコロテンやジュース、それとなんといっても久々にマクドナルドのハンバーガーを食べてご満悦だったようです。 急に夏の日差しが強 [続きを読む]
  • その33/散髪をしました
  •  この2月に散髪して以来のび放題だった父の髪の毛を切ってもらいました。老健に出張してきた理容師さんがてきぱきと切ってくださいました。父は終始目を閉じていました。最近昼夜逆転が起きて、昼間に寝てしまうのです。困ったものです。でも終わったら理容師さんにご愛想を言っていました。[画像] カバーから手を出そうとするので引っ込めるのに苦労しました。 [続きを読む]
  • (その6)92歳の誕生日とひな祭り
  • (その6)92歳の誕生日とひな祭り きょう3月1日は母が生きていれば92歳の誕生日です。父が入っている老健には90歳を超えた方は多々おられるので、元気でいてほしかったなと思います。 きょうは母が好きだった銚子丸のお寿司を買ってきてお祝いする予定です。毎年雛祭りのお祝いを兼ねてやっています。 このひな人形は、かつて福岡県大牟田市と熊本県荒尾市との県境、四ツ山にあった「田中屋」という店で妹のために父が [続きを読む]
  • その32/父の散髪
  • (その32)父の散髪 昨年秋に散髪して以来、床屋さんに行っていなかった父は、昨日老健に出張して下さる理容師さんに髪を切っていただきました。伸び放題だったのでさっぱりしました。カットの最中、カバーの中から手を出そうとするので、しまわせるのに苦労しました。理容師さんとの会話も楽しかったようです。[画像] 神妙な面持ちで散髪してもらいました。[画像] カットがすみました。これで頭をボリボリ搔くこともなくなる [続きを読む]
  • (その5)宝塚少女歌劇団26期生
  • (その5)宝塚少女歌劇団26期生 2013年に宝塚音楽学校創立100周年、翌年に宝塚歌劇100周年を迎えた宝塚歌劇団。100周年を記念して阪急コミュニケーションズから「宝塚歌劇100年史 虹の橋 渡り続けて(人物編)』(2014年4月)が刊行された。その中に母の記載があることに最近気が付いた。原典からではなく、ウイキベデイアからの孫引きになるがご容赦頂きたい。この本を購入しようと思ったのだが、すでに絶版になっており、定 [続きを読む]
  • その31/レンタルベッドを入れました
  • (その31)レンタルベッドを入れました いま週に1回父を自宅へ連れ帰り、鍼灸治療を受けさせています。その時に困っていることは、ベッドが低くて小さく、車椅子からベッドへ、反対にベッドから車椅子への移乗がとても困難なことです。介助者への負担が極めて大きいのです。一度は父をベッドから床の上に落としてしまい、そこから車椅子へ抱えあげるのに難渋しました。 介護保険を使えばベッドは月額500円程度で借りること [続きを読む]