闇鍋はにわ さん プロフィール

  •  
闇鍋はにわさん: Wisp-Blog
ハンドル名闇鍋はにわ さん
ブログタイトルWisp-Blog
ブログURLhttp://craft89.blog105.fc2.com/
サイト紹介文アニメ感想等を定例更新方式で書いています。眼鏡っ娘Love。
自由文期間中に視聴したアニメ等の感想をまとめて書いていきます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供528回 / 365日(平均10.1回/週) - 参加 2012/06/18 21:43

闇鍋はにわ さんのブログ記事

  • 褒められるよりも嬉しいこと/セイレン12話感想
  •  恋をすることの意味とは。>拍手返信:雪光さん>>こうして見ると今日子がスカートの上からパンツを履いているように見せていたことにもちゃんとした意味があるように思える不思議wいや、実際にあるのでしょう! 12話終わってみると実際、今日子自身の意識にもとても意味のあるシーンでしたねー。ホント、この作品どうやったらそんな発想が出るんだというシチュエーションに意味が重ねられているのが恐ろしい……そしてそれ故 [続きを読む]
  • 甘口でやんす/小林さんちのメイドラゴン11話感想
  •  生チョコと聞いただけで生唾を飲み込むエルマさんのチョロさがかわいくて仕方ない。これ薄い本なら(ry>拍手返信:雪光さん>>プラスに働くかマイナスに働くは分からないという観点に着目すると、特に小林さんの行動や言動にはそれがハッキリと表われていたのだなぁと。 演劇に参加できていたら絶対にこの内容を止めていたでしょうし、そういう意味でもプラスに働くかマイナスに働くかは分からないものですね。ツッコミに大声 [続きを読む]
  • 漫画感想「艦隊これくしょん ‐艦これ‐ 水雷戦隊クロニクル」3巻(完)
  •  生チョコと聞いただけで生唾を飲み込むエルマさんのチョロさがかわいくて仕方ない。これ薄い本なら(ry>拍手返信:雪光さん>>プラスに働くかマイナスに働くは分からないという観点に着目すると、特に小林さんの行動や言動にはそれがハッキリと表われていたのだなぁと。 演劇に参加できていたら絶対にこの内容を止めていたでしょうし、そういう意味でもプラスに働くかマイナスに働くかは分からないものですね。ツッコミに大声 [続きを読む]
  • 漫画感想「実は私は」22巻(完)
  •  生チョコと聞いただけで生唾を飲み込むエルマさんのチョロさがかわいくて仕方ない。これ薄い本なら(ry>拍手返信:雪光さん>>プラスに働くかマイナスに働くは分からないという観点に着目すると、特に小林さんの行動や言動にはそれがハッキリと表われていたのだなぁと。 演劇に参加できていたら絶対にこの内容を止めていたでしょうし、そういう意味でもプラスに働くかマイナスに働くかは分からないものですね。ツッコミに大声 [続きを読む]
  • あいまいみー3期11話感想
  • あいまいみー〜Surgical Friends〜 第11話「ルール」© ちょぼらうにょぽみ/竹書房・倉持南高校漫画研究部第三幕 all rights reserved. 声優の処女非処女から生と死にまで踏み込む感動巨編……的な。スキャンダルで集団処刑されるファンとか人間性をロストする麻衣やめぐみんとか色々死の淵に立たせておいてミィがそれを救う、というのは一貫性があって良かったと思う、題材が危険球過ぎるにも関わらず。というかこんな題材だから [続きを読む]
  • いつもそう教えてくれた/うらら迷路帖11話感想
  •  タイトルの台詞は本当はノノが涙でろれつの怪しかったものですが、さすがにそのままはちょっとということでw>拍手返信:雪光さん>>他の三人と異なり千矢だけが目に見える形でハッキリとした成長を見せなかったからこそのラストの引きというのは言われてみると確かに。 ツイッターの方の投稿も拝見しましたが、時江さんが言っていた母も娘も関係ない昇格試験において、千矢の母親や出生が関わるラストの引きも何とも象徴的なも [続きを読む]
  • イメージできる?/セイレン11話感想
  •  確かに元気にはなったがw>拍手返信:雪光さん>>オサガリで読み解く全体構造!特に今日子をクリスマスデートに誘った件を「オサガリ」と見るのが興味深いです。それに対する今日子の反応が好意よりも心根の優しさが先立つのも、今が変わりつつある過程にあるからなのですなぁ。 ありがとうございます。副題が片仮名になっているのはアマガミSSからですが、単一の解釈に限らず色々と当てはめられるようになっていて面白いです [続きを読む]
  • あいまいみー3期10話感想
  • あいまいみー〜Surgical Friends〜 第10話「バス」© ちょぼらうにょぽみ/竹書房・倉持南高校漫画研究部第三幕 all rights reserved. 動物恐るべしなテンションで通された第10話。以前の話で麻衣がボコられていたのでカッパにボコられ返す結果は予想できたが、惨状を感じさせる食べかけアップルパイに格ゲーでハメられているかのようなミィのボコられぶりに笑わずにはおられませんでした。その後も1話の続きに鳥痔郎に「イルカが [続きを読む]
  • 千矢が持ってて/うらら迷路帖10話感想
  • ニナ先生「そんなに破廉恥じゃないわよねえ」 その服の胸のあたりをつまんで離す動作、アウトだね!(白鳥哲の声で)>拍手返信:雪光さん>>心の部分と迷える彼女に選択の矢を与えるうららという繋げ方が素敵ですね〜。 ありがとうございます、紺の母が二番占、というのを技術以上に納得させてくれる回だったと思います。お題目で終わらないというのは正に貫禄だし、そこで温かさが主体になっているのは本作の世界観にも合致し [続きを読む]