ヤギの杜のおばさん さん プロフィール

  •  
ヤギの杜のおばさんさん: みどりの風が吹く小菅沼・ヤギの杜
ハンドル名ヤギの杜のおばさん さん
ブログタイトルみどりの風が吹く小菅沼・ヤギの杜
ブログURLhttp://kosuganumayaginomori.blog.fc2.com/
サイト紹介文魚津市小菅沼でヤギと一緒に里山再生を試み活動している奮闘記。自然の中で日日是好日の出来事を紹介
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供40回 / 365日(平均0.8回/週) - 参加 2012/06/19 09:38

ヤギの杜のおばさん さんのブログ記事

  • 全国植樹祭とやま2017
  • 今日は、全国植樹祭が魚津市をメイン会場として開催されます。小菅沼ヤギの杜のメンバーは、植樹ボランティアや、エピローグに出演し、植樹祭に関わっています。2回のリハーサルを行い今日は、本番です。ヤギの杜のおばさんは、エピローグに出演しますが、今日は、楽しんできますね。 [続きを読む]
  • 恵みの雨が
  • 5月20日富山国際大学の学生さん達とコラボ里山ハーブ園の活動開始。25種類のハーブ200株あまりを、放棄地解消の棚田に定植しました。午後は、焼付団子作りを手伝ってもらいました。翌21日は、恒例の戦国のろし祭りで、すがま茶屋を、開店(一日だけの)。射水市の中野さんを講師に蕎麦打ち体験会。焼付団子に味噌だれをのせてたべます。翌々23日は、村木小学校5年生17名と稲作アート田の田植え作業。三つの行事の間 [続きを読む]
  • 野菜畑
  • 5月の連休も過ぎ、忙しい5月になりそうです。茄子、トマト、きゅうり、里芋、生姜、菊芋サツマイモ、インゲン豆、シカク豆、ピーマンたかの爪、春菊、落花生、ゴボウ、かぼちゃペポかぼちゃ、じゃがいも、レタス、などなど・・・。自給自足?の楽しみに没頭しています。種から苗からとそれぞれの方法で、野菜畑を満載していますよ。菜の花が咲き終わりこれからは、ハーブ園の下準備に取り掛かります。稲作アート田の田植えや、戦 [続きを読む]
  • 仲間入り
  • 黒部牧場から早春に生まれたヤギがやってきました。今日から、小菅沼のヤギと一緒に舌草刈を、手伝ってくれます。昨年は、生坂村からやってきたヤギ達を、亡くして悲しい思いをしました。忙しさにまぎれて、体調不良を見逃し可愛そうな事をしてしまいました。これからは、もっと気を付けて世話をしなくてはと思っています。 [続きを読む]
  • 菜の花
  • ようやく、菜の花が満開になりました。昨年、耕作放棄地を解消し、整地工事を終えた所に、種をまきました。菜の花が、ここにも田んぼがあるよ!!とPRしてくれてるようですね。青空の元では、黄色い菜の花が、一段と鮮やかに、里山の景観を潤しています。これから、段々畑として維持していきます。 [続きを読む]
  • 草むしり
  • 土日は、草むしりに没頭。らっきょう畑3枚、芍薬畑2枚、山海さんとカモシカさんの3人で、ひたすら草むしりです。草の中でぬくぬくとしていたらっきょう。さっぱりとした中、らっきょうの葉は、生きいきと陽を浴びています。が、急変する天候で、風邪をひかないように!??・・・ね。カモミールの畝の草むしりは、ヤギの杜のおばさんの担当です。落ちこぼれ種から芽を出しています。雑草と間違えないように、草を取り除き移植し [続きを読む]
  • 26枚の番号札
  • 原野化していた棚田を、復元して今年もコキアの灯りプロジェクトを開催します。寒暖の差が、あるものの春の陽気に誘われて土曜日は、ふれあい広場の片づけ作業を。花壇の花の植え替えや、草むしり、丸太の移動や、杉の落ち葉をかき集め等・・・こざっぱりしましたよ。日曜日は、あいにくの雨もようで、外仕事は中止。雨の止み間に、看板設置や野ばらの植付け等・・・空が少し明るくなってきたので、復元した棚田の番号札を、取付け [続きを読む]
  • 新年度
  • 29年度が、始まりました。魚津市公房型提案事業に採択していただき今年も、里山を維持する活動をさらに充実したものにしたいと心新たにしています。1日、あいの風鉄道魚津駅から、電動自電車をレンタルして、小菅沼のコラボルームまでやってきてくれた二人の大学生を交えて、今年の活動に加わってもらえる事約束し、若い人のアイデアを取り入れる事になります。どんなみどりの風が吹くのか、楽しみです。2日春の共同作業を終え [続きを読む]
  • 3月末日
  • 29年も四分の一が過ぎようとしています。今日は、直売所にお米を出荷してきました。異動の時、新旧交代の時ですね。昨日と違って今日の空は、グレーの無彩色で覆われています。時間の感覚が、止まってしまったように、無彩色の空。常願寺川の堤防沿いの桜の木。花は、まだまだのようでした。満開の頃には又、出掛けてみます。 [続きを読む]
  • 耕起作業
  • トラクターで畑の耕起作業。土の中に春の風と日差しを取り込みそろそろ、野菜作りを開始。電気柵で囲まれた畑。今年は、全体を隈なくカモシカさんに起こしてもらいました。一番のりのじゃがいもを次回植えつけます。先週草むしりし、肥料をほどこしたニンニクは、勢いが出てきました。らっきょうは、覆いかぶさるように雑草が。根元に注意しながら草むしり。稲作アート田を見るとサルが沢山歩き回っています。うんーん!・・・と。 [続きを読む]
  • スズメ
  • スーパーの駐車場に設置してあるお米の精白所。30キロの玄米を精白するのに、いつも利用しています。前に利用した人が、少しこぼしたままになっているので、備え付けのホウキで外へはきだします。するとどこからともなく、スズメが寄ってきて米粒を、くわえだします。はじめは、1羽だけが次々とやってきます。5〜6羽になって、にぎやかに米粒を口にいれます。毎回毎回スズメがやってくるのを楽しみにして精米します。ところが [続きを読む]
  • ブロッコリーの葉っぱ
  • 土曜日、晴れ間に畑へ向かいました。日当たりの良い畑は、雪も解けて土が顔を出しています。ラッキョウやニンニクの葉は、地面にへばりついています。まだかまだかと暖かさを待ち望んでいるようです。フキノトウは、まだ顔を出していません。ブルーベリーの芽は、ちょっぴり膨らみかな・・・?昨年植えたゴジベリーの幼木は、下の方から小枝がたくさん出てきています。今年は、実をつけるかな・・・?昨年復元した棚田の場所にまい [続きを読む]
  • 甘酒
  • 麹の活用が、ブームですね。日本人に欠かせない食文化の源。味噌・醤油・酒・・。今は、甘酒が見直され食品売り場に並んでいますね。幼い時、母が魔法瓶に入れて作ってくれました。甘いお菓子がない頃は、湯呑茶碗に一杯の甘酒が、何よりでしたね。直売所に麹が売ってあったので、買い求め甘酒をつくりますね。今回は、古代米入りの甘酒にしてみます。古代米の色の甘酒がうまくできますように。 [続きを読む]
  • 粉挽き
  • 土日は、久し振りの良い天気です。焼付団子の材料となる米の製粉作業です。うるち米・もち米・古代米の三種類のお米を粉にしました。春にヨモギを摘み取り混ぜてお団子にします。暖かい春が待ち遠しいですね〜。 [続きを読む]
  • にんにくの皮むき
  • 昨年収穫したニンニク。春先の肥料が十分でなかったので、生育が悪く、とてもかわいい小さいニンニクにしかなりませんでした。ネットにいれて吊るしてあったニンニクを取り出し、夕食後は、小粒の球の皮むきを。老眼鏡をかけて薄皮を取り除きます。こつこつと一週間かけて、?き終わりました。おおきなボールにいっぱいのニンニク。三分一は梅酢に漬け、三分の一は、ゴマ入り甘味噌に漬け残りの三分の一は、どうしようか思案中です [続きを読む]
  • ブレンド
  • 書類の整理が、一段落したので午後から、袋詰めの作業を。何を・・って  野草茶の詰め合わせです。柿の葉・ブルーベリーの葉・クロモジ紫蘇の茎・スギナ・花ゆずの皮の六種類です。春から秋にかけて収穫した葉や茎を乾燥させようやく、ブレンドして袋詰めです。ブレンドした野草茶を、ハーブサーバーに入れてお茶で一息ついて春を待ちます。今日は大寒まだまだ先ですね。 [続きを読む]
  • 側芽
  • 先日、雪がまだ積もっていない畑へ降りて冬の様子を、見てきました。らっきょうや、ニンニクの葉は、寒さに負けないように地面にへばりついています。地面の中では、子作り?(分球)の最中かな?・・・?!って想像しておもわづニッコリ収穫を終えたブロッコリー畑へ。側芽から育ったブロッコリーの蕾を摘みもぎたての新鮮な蕾のブロッコリーをサラダにして口の中へ冬の食卓に一皿加わりましたよ。ブロッコリーを [続きを読む]
  • 塩抜き
  • 早朝、お豆腐屋さんへ寄っておからをもらい、その足で小菅沼へ。おからでの塩抜きをするのに重石を取り除き中から塩漬けのきゅうりを取り出し別の容器におからを敷きながら段重ねをして重石を乗せ終了。程よく塩が抜けたら、粕に漬けますね。 [続きを読む]
  • 仕事始め
  • 今日から、ヤギの杜のおばさんの会社の仕事始めです。天気も程よく過ごしやすく体の動きも、程よく過ごしました。年末に足が痛くて片づけがままにならなかった作業場もきれいにさっぱりとしました。今日は、これから歯を治療しに行ってきます。終わってから筋力アップのトレーニングに行ってきます。健康を保つ事も仕事の一つですよね。 [続きを読む]
  • 美味
  • ゆっくりと過ごしたお正月。体を動かす事も少なく口に入れる事が多くその結果一段とふくよかになったよう今日からは、気持ちを入れ替え普段の生活に戻ろう・・・!!?。お粥の袋詰め、らっきょのシール貼り今年も小菅沼の特産品を詰め合わせよう!富山は海の幸・山の幸がとても美味しい!お昼にいただいた牡蠣のフルコース美味しかった!!まだまだ正月気分のようですね。 [続きを読む]
  • 64歳
  • ヤギの杜のおばさんは、今日64歳の誕生日。還暦をすぎてから、ついつい童心にかえった気持ちになる事が、多い。幼い時の思い出が、ついさっきの事のように・・。愛本の山々で遊んだ事、田んぼの畔で遊んだ事、小川の中で水遊びした事、などなど・・・。道端の草花を摘んで遊んだ事、野の草を相手に遊んだ・・。幼い時の感覚・感触が、よみがえって心が穏やかになります。小菅沼での活動は、10年目になります。今年は、64歳は [続きを読む]
  • 穏やかな正月
  • 穏やかな日差しの元旦ふくらぎの身・ごぼう・人参・こんにゃく・焼き豆腐の具材が入ったお雑煮を、いただきました。お餅は、白餅・きび餅・昆布餅・あられ(古代米入り)餅ゆず餅・草餅の6種類を入れたお雑煮です。健康で一年を過ごせるように [続きを読む]
  • あきらめないで
  • 申年の一年間でしたね。異常気象の中で、地震や災害に見舞われ作物は、その影響を受け平年の順調な生育が、ままならない事が、ありました。日本の四季の移り変わりの流れに、異変を感じます。今年は、「コキアの灯り」プロジェクトからたくさんの事を、学びました。一期一会、今年もたくさんの人との出会いがありました。ヤギの杜のおばさんは、順調に老化現象が進んでいます。忘れっぽくなり体力も衰えてきています。9年間土日に [続きを読む]
  • コキアの灯りプロジェクトを終えて
  • 去年の今頃、小菅沼の棚田の畦に少し植えていたコキア(ほうき草)を収穫して、ほうきを作っている時にこのコキアを耕作放棄地を解消した棚田の畦に植えたらきれいだろうと想像しました。ヤギの杜おばさんが、初めて訪れた時には、昔の棚田が原野化していました。少しずつ草刈りや開墾を続け昔の棚田の形が現れてきます。再び原野化しないように作物を栽培し、維持を図ってきました。地区の年寄りは、昔の苦労を話してくれます。今 [続きを読む]