kyoko さん プロフィール

  •  
kyokoさん: 武州日記
ハンドル名kyoko さん
ブログタイトル武州日記
ブログURLhttp://bushunikki.exblog.jp
サイト紹介文3年間のヨーロッパ赴任から帰ってきました。シンプルな生活めざして、出来ることは出来るだけ自分の手で。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供68回 / 365日(平均1.3回/週) - 参加 2012/06/19 14:25

kyoko さんのブログ記事

  • 夏のスワッグ
  • 今月の花レッスンの場に着いたら、ブーケかな?と思われる花材たち。でもこの暑さでは明日にはもうダメになってるなーと思ってたら、なんとドライのスワッグ作りでした。セミドライの花材と、生の花材を混ぜて風を含ませるように作りまする。最初に赤いセルリアが目に入ったので、それをメインにして、ラフィアも赤で。家ではキャビネットの上に飾りましたよ。いい感じでございます。 [続きを読む]
  • アオダモの木
  • すりこぎを、うちのアオダモの枝を使って作ったと母に報告したら、口に入れるものを作るんだから、大丈夫なの?ちゃんと調べなさい!とコメントが入り、検索しましたよ。アオダモが野球のバットの材料であることは知ってたけど、その折れたバットでお箸を作ってリサイクルしてる会社があるんですね。へーへーへー!って感じ。樹皮は漢方薬にもなってた。下痢止め、解熱剤として使用されているそーな。... [続きを読む]
  • ジェノヴェーゼ
  • 道の駅で山盛りのバジルを買ったので、居ても立ってもおられずジェノヴェーゼペーストを作ることに。バーミックスを持ち込んではいなかったので、あたり鉢でゴリゴリ。あたり鉢は山小屋にはなかったんだけど、ダンナが買えと言うので新たに購入。でもあの普通のあたり鉢、好きじゃないので、黒磯のショーゾー村の雑貨屋にてなんとか見つけましたよ。さすがに3年目ともなると、こっちで物を探すのにも慣れますな。... [続きを読む]
  • いろいろ作り変え
  • 去年買ったUNIQLOイネスのリネンのノースリーブワンピース。スレンダーな人が着れば綺麗なラインなんだろうけれど、私か着るともたもた。上着にカーディガン羽織ると妊婦?気に入らなくてバッサリ裾を切って膝丈にしたら、これがいい感じになりまして。私にとってミニマムなサマードレス風に蘇り至極満足。カーディガン羽織ってももたつかない。いい仕事した、と自画自賛しております。そしてその切... [続きを読む]
  • 夏のニット帽
  • コットン100%の糸二本どり、1段裏編み、1段ゴム編みの模様編み。ユザワヤで飾ってあるのが気に入って、編み図もらってきて編みました。レシピは80グラムだったけど、ちょっと後ろに余る感じの方が好みなので、100グラムくらい使用。これにまたもやユザワヤで売ってたビーズのモチーフをアップリケ。秋口にも使える感じの、デニムに合わせられるニット帽です。闘病中の母に。 [続きを読む]
  • 演出力
  • 今年と去年のこのLove on the floor の大きな差は、実に?橋大輔の扱い方だったと思います。彼は決して身体的には恵まれてるとはいえません。背も高くないし、手足も長くない。顔はノーメイクでも舞台映えするような濃い造作ですがね。男子シングルスケーターとしてひとりでリンクにいる分にはそこまで問題でもなかった身体的なことが、舞台で複数の人間と交わり、それがアジア人でない大... [続きを読む]
  • ヴィクトリアン時代のタイル
  • 那須のアンティークショップにて発見したタイル。100年以上前に作られたものです。どこに使われてたのかなあ。ロマンですな。数年後にリフォームする際に使おうと大事にとっておきます。というのも、我が家のソファは黄色と緑。それも黄色は革で艶あり、緑は布帛で艶無し。全く調和しません。これを力技で調和させてやる!と思ってるわけです。今のところ壁をグレイッシュにして、黄色と緑をアクセ... [続きを読む]
  • 山小屋台所今のところの最終形態
  • カビ発生してるかとビビりながら那須行きの週末。まだまだ気温が低いため全然カビの季節には到達してませんでした。夜は15度くらいだもんね。前回包丁スタンドを持って帰ったので、山のがなくなり、どうしようかと思案しましたが作ることに。見る人がみたら、怖いだとか、包丁をむき出しに、とか言いそうですが、意味わかんないなあ、とやりたいようにしました。外の屋根に使った木切れの残りをブライワック... [続きを読む]
  • Love on the floor 2017
  • 私にとって今年前半最大のイベントだった、渋谷ヒカリエの11階シアターオーブにて開催されたこのダンスショー。(千穐楽の記念撮影)日曜日に千穐楽を迎えたけれど、まだまだ私のTwitterのTLは真っ赤っかです。というのも、カーテンコールのみ写真撮影可、SNSで拡散してね、のPR手法を取ってるため、みんな写真撮りまくって、Twitterに上げまくってるからです。で、ダンサーの衣装が全て... [続きを読む]
  • 茶碗蒸し、もしくは蒸篭の重要性
  • 先日友の家で、別の友が作ってくれた茶碗蒸しが美味しくて、そういえば、私、帰国してから一度も作ってないなあと思い、朝から作成。ちなみに出汁は前の晩のレタス鍋のスープが残ってたのがもったいなかったので、それと卵液を混ぜて作ったので、色はイマイチ。でも温かい卵豆腐みたいで、それはそれでよかった。前の日から炊いて冷たくしたカブと、白ソーセージの朝ごはん。茶碗蒸しは元々息子がそんなに好きで... [続きを読む]
  • STING
  • 行ってきました初武道館。衰えない声帯、鍛えまくりな肉体、発光するようなカリスマ性。いやあ凄かったです。息子も連れてきて歌わすのはちと親バカですが、声がそっくりなのが驚きですよ。高音は流石に若者が伸びるけど、場を圧倒するパワーは父ちゃんには敵いません。よくあれだけ歌い続けられるわ。それもベース弾きながら。ベースのグルーブ感とヴォーカルを同時にって難しいと思うんだけどね。あれ... [続きを読む]
  • 衣類スチーマー
  • ダンナのクレジットカードのポイントはブラーバちゃんに化け、私のポイントはPanasonicの衣類スチーマーに。なんと計量カップ付で、ものすごく日本製ぽいですな。(うちにあまりない日本製の家電)私、あまり家電に興味がなく、どちらかといえば電気が止まっても普通に生活できる、が目標。地震でライフライン止まっても、しばらく大丈夫なようにね。なのでほとんど家電買いません。帰国時に冷蔵庫止... [続きを読む]
  • braava
  • ダンナのクレジットカードのポイントがいつの間にかたまっていたのでこれに変えてもらいました。ルンバじゃないよ、ブラーバだよ。床拭きロボットです。私ルンバには惹かれないんだけど、ブラーバは欲しかったの。だって、床をピカピカにしてくれるのよ!なんていいこ。いつかリフォームしたら買おうと思っとりましたが、思いがけなく手に入り歓喜。シュッシュッと水を吐きながらせっせと1時間以上働き... [続きを読む]
  • 氷艶 破沙羅
  • もう先週になってしまいましたが、歌舞伎とフィギュアスケートのコラボのショーに行ってきました。荒川静香演じる女神が作った世界に、歌舞伎の悪役、仁木弾正=市川染五郎と善の源頼朝=?橋大輔が現れ、勧善懲悪のチャンバラ大活劇を繰り広げる、と言うもの。楽公演のカーテンコールで市川染五郎が言ったように、まさしく新しいエンターテイメントの誕生でした。元々が染五郎さんの妄想『ディズニーオンアイスが... [続きを読む]
  • これは何でしょう?ancora
  • 朝仕事に行く前に佐川から到着。右横に写っているのはお箸置き。開けてみるとあら、遅れた母の日?お!柳刃でした!ムスコからの母の日&誕生日プレゼント。こないだ合羽橋で母子で欲しい欲しいと言っていた柳刃包丁。これでお刺身が切りやすくなったはず!(後は腕だな)ありがとう。ガンガン使います。 [続きを読む]
  • 薪割り初体験
  • 今年のGW山仕事としての最大のものは薪割りダンナのお取引先の方で【木こり】さんがおられ(本物)指南して下さるという事でお招きし、木も倒してもらいましたよ!おかげさまでムスコはすっかり割れるように。スパーンと割れるとすっごい気持ち良いらしい。もう買わないでいいかな😎 [続きを読む]
  • 新築祝い
  • 大学時代からの親友が家を持ったというので、ゾロゾロとお祝いに行って来ました。いろいろあった友なので、まずは心からよかったね、と。祝いは何が欲しいかと聞くと麻雀牌と。まあ、昔からそんなおなごでございましたよ。即席雀卓をしつらえて、4人でジャラジャラやってる姿を見てると、30年前に割烹着きてお下げ髪で、男達が同じように炬燵でジャラジャラやってるのを、後ろからじいっと見てたのを... [続きを読む]
  • 藤の花
  • 私5月生まれなもんで、1番好きな花が藤なんです。それも藤棚に綺麗に剪定されたのじゃなく、山に生えてる藤。他の樹木に絡みついて他力本願で生きてる藤。フランクフルトに住んでたとき、斜め向かいのおたくの外壁に藤が絡んでいて、見事な咲きっぷりで惚れ惚れしてました。山小屋を手に入れたとき、絶対に藤を植えようと思ってたんですが、なかなかないのね。今回ずっとさがしていたのが、やっと見つかり... [続きを読む]
  • 益子陶器市2017
  • 今年も行って来ましたー休日の合間だから空いてるかと思いきや、なかなかの人出。まずはいつもの丘の上に行って、ゆっくり吟味しましたよ。市場かごもゲット。中に風呂敷入れて使おうかと。母のリクエスト、ムスコのリクエスト、友の新居祝いを探し、気分はバイヤー。そして今年の我が家の戦利品はこのポットとカップ。全く別の作家さんのなんだが、お揃い感がありますね。カップは半端物でかつ... [続きを読む]
  • 手作りアンチョビ
  • 日本に帰ってきて2回目のアンチョビ出来。イワシを半年くらい塩蔵して発酵させて、オリーブオイルにつけて完成。紙テープを巻いて、芸大生のお嬢さんに描いてもらいましたよ。ケーキを焼くとどれだけ砂糖を使ってるのか突きつけられますが、アンチョビを作ると、どれだけ塩を使うのか突きつけられます。あれは塩、ですな。 [続きを読む]
  • 春のランチ
  • 友達の娘が私のお振袖を成人式に着てくれることになり、引き取りに来ました。とてもプロポーションの良い可愛らしいお嬢さんなんで、綺麗に来てくれること必至。楽しみです。彼女、一浪して希望大学に合格したので、軽くそのお祝いも兼ねてランチ。(ほんちゃんのお祝いは、もっと大勢で)キャベツのサラダとサーモンのサラダに、別友が持って来てくれた、成城石井のエビのカクテルと生ハムのアンティパスト。... [続きを読む]