あたふた さん プロフィール

  •  
あたふたさん: はたして、グラフィックデザイナー
ハンドル名あたふた さん
ブログタイトルはたして、グラフィックデザイナー
ブログURLhttp://asiaasia331.seesaa.net/
サイト紹介文気ままに生きているように見えるオヤジ!!!
自由文グラフィックデザイナーになり、あっという間に40年。
上海8年、ホーチミン4年の暮らしから、2016年6月、12年ぶりに本帰国。日本の生活を満喫しています。
クルマと、バイクと、仕事それとカジノが好きな不良オヤジ!!!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供290回 / 365日(平均5.6回/週) - 参加 2012/06/21 07:30

あたふた さんのブログ記事

  • 日本の経済について……4《ベーシックインカム……4》
  • 私は日本を愛していますそんな中で、とても危惧していることがトランプ合衆国大統領と同じことで「日本に不法に入国して、暮らしてる奴が許せない」ということベーシックインカムの実施で私が最もメリットだと感じてることはこの不法入国者の一掃です不法入国者はベーシックインカムの対象にならないので給付金はもらえませんひたすら働くしかないんですそして、例えば50パーセントにでもなろうかという税金を、日本人のために納め [続きを読む]
  • 日本の経済について……3《ベーシックインカム……3》
  • ここで考えるのは世間にはいろいろな人がいるということ基本的に仕事はキライだという人もいるでしょうそういう人は、いっさい仕事をしなくでいいんです国から支給されるお金だけで何もしないで、生活をすればいいんですただ、ギャンブルや麻薬、酒に依存している人は入ったお金を、まず、依存しているものに使ってしまうでしょうねこれは、大きな問題でしょう?格差をなくするためというメリットのベーシックインカムが逆に、格差 [続きを読む]
  • 日本の経済について……2《ベーシックインカム……2》
  • ベーシックインカムには、メリットもデメリットもあります「経済活動の最終形は、ベーシックインカムだ」という考えに私が賛同する理由というのは先進国では、ゆくゆく教育費は無料年金や、医療保障などは厚くなっていくんではないか?と思いますこの方法というのは、言ってみれば自然に、ベーシックインカムに近づいていくということだと思います「え〜い、ベーシックインカムにしちまえ!!」ということになるんではないかな?と思 [続きを読む]
  • 日本の経済について……1《ベーシックインカム……1》
  • 最近、とても興味があることがありますベーシックインカムという経済の手法Wikipediaによるとベーシックインカム(basic income)とは「最低限所得保障の一種で、政府がすべての国民に対して最低限の生活を送るのに必要とされている額の現金を無条件で定期的に支給するという構想」ということですもちろん、ご存知の人も多いと思いますがスイスでは、昨年の6月にベーシックインカム導入を問う国民投票をして否決されたようですフィ [続きを読む]
  • スポーツジムのお話……9《横着な着替え》
  • スポーツジムには、相変わらずコツコツと通っていますしかし、寒いのがイヤですね着いて、着替えて、運動を始めてしまえば何てことないのですが出かけるまでが、億劫着いてから着替えるのが億劫私は、実はめんどくさがりよく言えば、合理的家で衣服の下に、トレーナーを着てジムにいきます上半身、下からTシャツ、コーデュロイのシャツ、ニットのカーデガン上着に、軽いコットンのブルゾンの4枚ロッカールームで上半身を脱ぐときT [続きを読む]
  • 日本の友だち……22《友だちの娘の旦那の、浮気……2》
  • 友だちの娘の旦那の浮気の話を聞いている時に当の娘さんから電話がありました娘さんから、お父さんへの相談です雇った弁護士さんがまずは、娘さんの旦那を奪った相手の女を訴えることから始めていて娘さんの旦那を奪った相手の女は「賠償金として、100万円なら現金で支払える」といってるけど「返事をどうしようか?」ということ友だち、答えてましたね「100万円を150万円にアップしてその50万円を、弁護士さんの手数料しとてあげ [続きを読む]
  • 日本の友だち……21《友だちの娘の旦那の、浮気……1》
  • ちょっと強烈な話し……私の大学のときの友だちのから怒って、LINEが来ました彼の、21歳の娘さんは結婚をしていてお腹に赤ちゃんがいます、第二子ですその旦那が女を作り、浮気そして、実家、つまり彼の家に娘さんが逃げ帰って来たというのです彼は「ゲス野郎!!」「生まれてきたことを、後悔させてやる」と息巻いていますそりゃそうです、気持ちはわかります何しろ、21歳の若さの娘さんです怒りまくる友だちの話を私でも、聞いてあ [続きを読む]
  • 日本の政治について……2《自衛隊の海外派遣》
  • 簡単な話し日本の自衛隊は、必要があり外国に行く場合、その行きたい国の了承がなければ行けないということですですから、北朝鮮に拉致されている人を救いにも行けない残念なことです休戦中の朝鮮半島5月の韓国大統領の選出選挙までに40パーセントの確率で、有事があるのではないか?という専門家の情報もありますもしも、そういうことがあった場合韓国に取り残された日本人の救出に韓国の了承がなけければ自衛隊は駆けつけること [続きを読む]
  • 日本のこと……130《海賊と呼ばれた男……2》
  • この映画を観に行く前に、娘に話すと「男たち、この映画を観たあと俄然、仕事をする気になるらしいよ」とのことそんなモンかと思いましたが経営者の私の感想としては……出光興産の創業者・出光佐三氏は事実は分かりませんが「絶対に、社員をクビにしない」私は、何人クビにしたんだろう……とココロが痛かったですまあそれはそれ!!日本の産業のひとつの歴史を作った人の会社に数年でも、関われたことをうれしく思えた映画でしたま [続きを読む]
  • 日本のこと……129《海賊と呼ばれた男……1》
  • 「海賊と呼ばれた男」の本はホーチミンで暮らしているときに、読みましたこれが映画化されたとき日本にいなくて、見逃してしまいました観るチャンスがあればな?と思っていたところ世田谷の小さな映画館で上映しているの見つけ早速、観に行きました小説が映画になったものはやはり、小説の方がいいですね?しかし、トムクランシーの小説に関しては映画の方が面白いように感じます個人的な意見です《笑》「海賊と呼ばれた男」の主人 [続きを読む]
  • オヤジと、ミニクーパーS……10《自分に警告》
  • クルマやバイクの運転は日常生活の中で、相当に他人を傷つけるというリスクを持った行動だと、日々から感じていますですから、自動車保険は、最大限入るというのが私の考え方です老齢ドライバーによる交通事故が多く伝えられていますが65歳になった私も以前のような冴えた運転はできていないな?と思います4〜5回ハンドルを握ると1回くらいは、自分の運転に対し、反省をします私より、5歳上の兄もたまにそんな話をしますいつも兄の [続きを読む]
  • 日本の友だち……20《右翼傾向の友だち……4》
  • 「右翼」という言葉には、正直「ドキっ!!」としますここは「保守」と言いましょうよ私がここ数年で「保守」となった理由……海外に12年住んでいくということは……1日24時間、また毎日毎日外の国で、日本人でない人に囲まれていますと当然「私は日本人だ」という意識が強くなりますよね?そういうことなんです外の国で、自分が日本人だというアイデンティティー(統一性)を持っていないと生活できない、ということなんです……外 [続きを読む]
  • 日本の友だち……19《右翼傾向の友だち……3》
  • タイ古式マッサージ師のWちゃんは右翼のお父さんと一緒に、右翼の団体のいくつかに参加しているということなんですがWちゃん本人は「私は右翼まで行かず、保守ですよ」と静かに笑っています私の周辺にギンギンな「右翼」はいませんね娘には、数年お世話になっている美容師がいるようで彼は「医大に入りたい!!」と美容師としての勤めをやめて独学をしているとのこと上半身タトゥーの美容師らしくて「夏には、ディズニーランドに行け [続きを読む]
  • 日本の友だち……18《右翼傾向の友だち……2》
  • もうずいぶん前の話になりますがタイ古式マッサージ師のWちゃんの右翼のお父さんが「右翼居酒屋」をしようかな?と話してるというのですそれを聞いていた私は「どんな居酒屋になるんじゃい?」と想像しただけで、ちょっと「ゾクっ」としたものです何に「ゾクっ」としたのかというと日本は自由な国ですから右翼居酒屋で右翼の人たち集まりが楽しくお酒をのんでいることはまったく構わないことなんですがちょっと怖いのはそこを「右 [続きを読む]
  • 日本の友だち……17《右翼傾向の友だち……1》
  • 前に登場したタイ古式マッサージ師のWちゃんの話彼女はめっぽうお酒が好きで会うとたいていお酒を交わします彼女のお父さんは「右翼」だというのです言い切るんです私の娘は、私のことを「右翼」といいますが私は断じて、右翼ではありません保守ですいままであった日本の文化や歴史を尊重して日本の利益や、安定を望んでいるんです話は違いますが最近「リベラル」という言葉がよく使われますが使われ方は、本来の意味と違う使われ [続きを読む]
  • 節約生活……16《ベトナムのコーヒー豆》
  • 1月末に、ベトナム・ホーチミンから買って来たコーヒー7キロ買って来たんですがそれを楽しみにしていた知人もおりはっきりとはしませんが1キロくらいは、お土産とかいってあげたと思います残りが6キロとして2ヶ月経って、使用量4キロわずか残りは、2キロとなってしまいましたせこく計算してみますと一日に60グラム消費していることになります確かに……です一回20グラム使用して一日3杯一回30グラム使用して一日2杯、こんなもので [続きを読む]
  • 日本の政治について……1(通貨スワップ協議)
  • 今週火曜日のニュースで韓国の日本大使が、ふたたび韓国へ出向くとのことそれはそうだと思います今の朝鮮半島の政情は、不安の一途ですからね危機的状況ですよね実は、ここ一週間中断していた、韓国との通貨スワップ協議はどうなったんだろう?とインターネットで調べていましたどう探しても、それについての最新ニュースはありませんでしたニュースがないということは「協議は中断したまま」だとは思っていました……で日本大使の [続きを読む]
  • 日本の新生活……15《分からない、FaceBookの仕組み》
  • 1年くらい前からスマホに入っている、あるアプリケーションを使うためにやむなくFaceBookを始めましたこのFaceBookの仕組みが私は理解できずなんだか、怖いな〜と思い続けていますホーチミンにいるときに始めたせいなのか「知り合いかも……」という箇所の70パーセントがベトナム人なんですしかも、ほとんどが知らない人……それは、特に問題はありません私は、FaceBookの仕組みが怖いため普段は、二人の知り合いのメッセージに対 [続きを読む]
  • 節約生活……15《中央区敬老入浴証……2》
  • 最近、銭湯は進化しているということでいろいろなオプションがあるのかな?と思い小銭を1,000円持って行きましたが見事に、なにもなかったです、残念使ったお金は、100円ぽっきり考えてみれば、はっきりとはしませんがこの銭湯、新しいオフィスビルに立て替えて15年くらい経つんじゃないでしょうか?なので、設備は最新というワケではありませんアパート部屋を出て、部屋に戻るまで23分何とも、元がとれてるんでしょぅか?熱いお湯 [続きを読む]
  • 節約生活……14《中央区敬老入浴証……1》
  • 今週末に、65歳の誕生日を迎えて……本人はさほど意識していなくても65際はひとつの節目?役所はいろいろと気にしててくれるんですね役所からいろいろな広報が届きます先週届いたのは、中央区敬老入浴証引換券ですこの証明書を持って行くと中央区の主立った銭湯の料金が100円になるというのです私が住んでいるアパートのすぐ裏歩いて2〜3分のところに入船湯という銭湯があります銭湯があることは、何十年も前から知ってましたが行 [続きを読む]
  • そもそも、オヤジ……110《誕生記念日、おめでとう》
  • 今日は、私の誕生記念日65歳になりました3月31日、いわゆる年度末ビミョーな日ですよね《笑》中学や、高校の解き、春休みの最中で友だちに会いにくかったことを思い出しますもっと言えば、体育の時間、同級生が跳び箱を超えて行くなか、私は飛べませんでしたみんなより、体力が劣っていたんです《笑》年金給付開始30年前事務所用に買った、マンションのローンの終了みなし退職65歳という、近年にない節目の歳を感じていますブログ [続きを読む]
  • 日本のこと……128《さくらの語源》
  • ラジオを聞いていて植物学者が、桜についてのうんちくを話していましたすると、アナウンサーの女性が「さくらという響きがとても好きなんですけどどうして、さくらという言葉ができたんですか?」という質問さすか、学者です、答えましたよ私も、興味がありました農作の神様名前が「さ」といいその「さ」の神が、春になったら山から下りて来るそして、里に落ち着く……落ち着く、つまり「座る」「座る」ことを「くら」というらしい [続きを読む]
  • 日本の友だち……14《魚の産地》
  • 遅い新年会で大学時代の仲間と伊豆に出かけた帰り……私は、伊豆に出かけたら、魚の干物を買って帰るのを楽しみにしています釣りが趣味で、魚を食べるのも大好きなHくんに「小田原で一番いい干物屋を教えて」といったところ「あるよあるよ」ということで、ナビにセット着いたその店は私もかつて何度か足を運んだことがある店でした平日にもかかわらず、店内はすごい人レジにも、行列Hくんいわく「魚を買うコツはな?」「パッケージ [続きを読む]
  • 日本の新生活……14《ギター、再開》
  • 突然に、ギターを買いました昔は、フォークギターと言ってたんですが今は、アコースティックギターというんですね10年くらいギターを手にしていませんでしたが2月に集まった、新年会を兼ねた同窓会にメンバーのひとりにギターを持って来るようにお願いしたんです「オレがクルマで送迎するから……」と無理をいいましたそこで、久々に弾いたのが、きっかけです……ホーチミンに住んでいるときも、実は「ギターがほしいな?」と何度 [続きを読む]