かっぽうぎ さん プロフィール

  •  
かっぽうぎさん: 50代主婦の普段着物ハッピーライフ
ハンドル名かっぽうぎ さん
ブログタイトル50代主婦の普段着物ハッピーライフ
ブログURLhttp://fufufu5963.blogspot.jp/
サイト紹介文母が遺した古い着物を活かしたい・・50代主婦のふだん着物や趣味のブログです
自由文何を着てもパッとしない!と思っていたある日のこと、もしやと「箪笥の着物」に気が向いて、そォっと肩に羽織ってみると何だか妙にしっくり・・それは後に形見となった大切な母の着物でした。 着物のある生活は私の心に潤いを与えてくれます。着物っていいですねぇ♪
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供141回 / 365日(平均2.7回/週) - 参加 2012/06/23 21:48

かっぽうぎ さんのブログ記事

  • 歌いたいけど歌えない・・曲のキー移調「カポタスト」を買ってみたら 
  • ウクレレ専用の「カポタスト」を買ってみました。これを、ネックに カポッ と たすと 、(コードを挟む)「このキーじゃ高くて声が出ない歌えない・・」ってことがなくなるんですよね。私、声低いし。使ってみたら、アラなんてラクに歌えるんでしょ・・と素朴な喜び。それまでは、自分のキーに合わせてウクレレのコードをいちいち変えていたのが、これでその手間も省けるというわけで。MORRIS CA900 ウクレレ用 イーグルカポこ [続きを読む]
  • 娘時代の袋帯にハサミを入れて・・
  • 38年前に着た振袖と袋帯(小物は別)私よりも小柄な娘には裄も袖丈も長過ぎて着れませんでした(結局は一式レンタル)振袖はそのうち踊り用か飾り用にするつもりです。今回は、この袋帯(全部が柄ではない六通柄)を踊り用にするべく鋏を入れました。このまま切るだけで半幅帯と角帯の2本取れます。柄には赤い花・・そこは女性っぽいですが踊り用なので男性用の角帯としても全く大丈夫です。逆にこれくらい派手な方が舞台で映え [続きを読む]
  • 紬の着物に市松柄の手作り帯、渋いコ―デ
  • 一昨日出来上がった二部式の3way名古屋帯を、実際どんな具合かなとトルソーに着つけてみました。合わせた着物は、たまたま出してあった紬、茶系です。春の陽気のせいか、この組み合わせ(着物や帯締め)はもう暑苦しい感じがします。まず半幅帯で、貝ノ口系の「やの字」結びを。そして「角だし」風に。これは、半幅帯を文庫結びにしたうえで「お太鼓」部分をかぶせているだけです。いい姿、私の好みです??(横っちょに見える黄 [続きを読む]
  • 「龍」の訪問着
  • 「龍の訪問着」って・・ いったいどんな?って思いましたか?私は「龍」が大好きなんですけどもね、雲を割り天に昇り舞う黄金の龍のイメージがいつも頭上にある。そうそう「龍」「竜」といえば、個人的にこんなイメージが浮かんだりもする(笑)緋牡丹博徒 お竜参上 [ 藤純子 ]でも、これとは全然関係はなくてですね、今回、その大好きな「龍」柄の着物が私のもとへ来てくれて、とーっても嬉しいっ!てだけの話なのですけども。「 [続きを読む]
  • ④二部式の3way名古屋帯を作る(1)リバーシブルの「お太鼓」を作る
  • 解いた帯の中身=帯芯じゃなくて帯だった★真綿紬の「無地帯を洗う」③ の続きです。思いつく前には帯芯を購入しようかとも考えていました。それもカラーの帯芯で。カラー帯芯なら裏地を付けることもなくリバーシブルで使えるかもと思ったからです。但しその場合は市松柄の帯巾(八寸帯でもない紬の七寸?帯 ①・・)に合わせると細くなるでしょうけども。ちなみにこんな便利な帯芯があるんですね!(楽天ジャンプ)袋帯・名古屋 [続きを読む]
  • №4「きものエプロン」をしたところ、画像と感想
  • 今日着物を着たついでに、先日作った「きものエプロン」を着物に装着して確かめてみました。試作1の方 http://fufufu5963.blogspot.jp/2017/03/blog-post_6.htmlU字の衿ぐりと直角の差し込み部分衿に差し込むと、こんな風になります。別にV字じゃなくてもOKだし直角でOK。この方が生地も、芯のプラスチックも切り易くて縫いやすいですね。紐の長さは、こんなに長い必要はない。紐の位置ですが、差し込むのは帯でも帯締めでもどち [続きを読む]
  • 菊がびっしり「紬縮緬」の小紋に「作り帯」
  • 前回の稽古日に続いて(先週はB活動で稽古は休み)本日も紬縮緬を着て行きました。お召のようにシャリシャリっとした感じがいいものです。ロウケツ染の上から、菊の花をデフォルメ調にまた染めたもの?でしょうか。初めて見た時は「ひまわり」なのかと思いましたよ。色味が昔着物らしいイメージですよね。「紬縮緬」て、タレモノでもカタモノでもない中間的な素材。かといってお召ではない。という珍しい織物ですね。初めてこの着 [続きを読む]
  • 黄色の衣装、和装でウクレレ演奏(活動日2017,3,1)
  • 介護施設での「ひな祭り」イベントへのお手伝いは、無事楽しく終了。こちらは季節ごと年に4度お声を掛けて下さっています。私たちの「会」としては、その与えられた1時間の中で歌や舞踊、楽器演奏を披露すること。今回25名はいらっしゃったでしょうか。スタッフさん方も6名くらい、こちらはホールが割と広いので踊りやすかったです。今回は、退院したての「ウメ」さんとウクレレユニット?にて歌と演奏を。私は例によって舞踊 [続きを読む]
  • ③解いた帯の中身=帯芯じゃなくて帯だった★真綿紬の帯を洗う
  • 手作り帯に使う材料が決まる★再利用する帯芯と裏地にはコレ ② の続きです。絽の刺繍帯を解きました。おぉ〜〜!(^^)!中に見えたのは、いわゆる「帯芯」ではなくて、無地の「帯」生成り色で太い節の味わい深い「真綿紬の帯」でした。はは〜ん。。なるほど。だから触ると微妙に弾力を感じていたんだぁ・・と納得。前帯部分はこの帯を切らずに半幅に折って入っていました。前帯が分厚かったわけです。夏帯なのに妙にぶ厚いなと思っ [続きを読む]
  • ②手作り帯に使う材料が決まる★再利用する帯芯と裏地にはコレ
  • 八寸帯でもない紬の七寸?帯地、好きな市松柄の帯地を引き寄せた?★八寸帯について★市松柄に萌え、仕立てに迷う。この帯地をどんなふうに使い、どんな帯にしようかと、いろいろ思いを巡らせていました。裏地として好きな柄の木綿生地や帯芯など買おうか?出来れば今手元にあるものの中から活かせるものがないか?など。こういう時はしばらく放っておくに限るみたい。そしたらある時フッと思いついたりするから。(思いがけない形 [続きを読む]
  • 着物は着ることが手をかけること☆私的着物の収納
  • 天気の良い日は箪笥を開けて・・を以前は頻繁にしていたのですがここ最近はどういうわけか忘れていました。ずっしり重く感じた地味色の小紋「紬ちりめん」☆お直しの効果、意外な湿気 のおかげで思い出し、あれからこんな風に・・こちらの小さな箪笥や収納家具には、踊り用や普段用の着物や帯、小物類を収納しています。(礼装関係、羽織やコート類は別室の婚礼箪笥)全部の引き出しを少しづつ開けた状態にして、引き出しの中に空 [続きを読む]
  • ギターピック(フィンガーピックサムピック)を買ってみました
  • ベビー、キッズ向け楽器まで扱ってる楽器の森さんから届いたギターピック♪これ、先日の「ミンミン」という弦楽器・・これのために、初めて注文してみたもの。親指用2コと他の指用2コ。どれも指にフィットするサイズでした。男性にはキツそう、なるほど自分で調節するというのにはうなずけました。サムピック、親指用ので試し弾きしてみたら金属の方よりもセルロイド製の方が音が柔らかく響くのですね(付け心地は金属製の方がし [続きを読む]
  • 黄色い着物、衣装の袖付けを加工する★いつか誰かが着ていた着物に思う
  • 来週の訪問、活動の準備です。着物の加工をしました。女着物を、また男着物としての加工です。加工と言っても袖のみを男着物仕様としてちょっと手を加えるだけのこと。左が加工前で右が加工後。ただ、袖付け止まりを長くし、フリを閉じるだけです。舞台用の衣装、男の着物かと思いきや?★(2017/2/16と2017/1/10 活動日)と同じく着方も同じ要領です。全体はこんな感じの着物(衣装)で、元は女仕立てではありますが、これもやは [続きを読む]
  • ずっしり重く感じた地味色の小紋「紬縮緬」☆お直しの効果、意外な湿気
  • 風邪はすっかり良くなって(早!)無事稽古にも参加できました。でも皆さんの中ではマスク装着。人前においてはまだ安心できませんからね。マスクしながら踊るって、いい有酸素運動?でも息苦しくなって最後は鼻だけ出して踊りの練習してましたよ。箪笥を開けて取りあえず手にした本日の着物。今日は会場準備の当番だったのに午前中のんびりしていて気づけば時間が!選んでる場合じゃなく慌てて支度。バッと広げ肩に掛けようよした [続きを読む]
  • 舞台用の衣装、男の着物かと思いきや?★(活動日2017/2/16・2017/1/10 ))
  • タイトルに日付を入れてるのは、イベント活動の日付や着たものなどの覚書き用でもあります。年間通して同じ施設への訪問もあるので、衣装や曲がかぶらないようにね。本日のご奉仕舞踊、小イベントが無事終了♪今回はウクレレユニット(と言うと聞こえはいいが)を組んでるウメさんが参加できないのでウクレレ演奏はお休みに。今回は踊りのみにしたのでちょっと気も楽だったかなぁ。で、1月10日と今日着たこの舞台用の衣装ですが [続きを読む]
  • 前結びしやすい帯板「まわりっ子」
  • 前のページたまには柔らか着物、黒地の小紋★半幅帯にも帯締め「ヤの字」の続きです。前結びにべんりな帯板最近また使い始めたこの帯板が、前結び用「まわりっ子」という帯板です。前結び用といっても、前結び専用ということでもないのですが。(これを巻いたとこが前の記事改めてこれの便利さに気づいたわけでして。マジックテープで脱着。巻いたときこのテープ部分が完全に隠れればいいのですが胴の寸法によってこのマジックテー [続きを読む]
  • たまには柔らか着物、黒地の小紋★半幅帯にも帯締め「ヤの字」
  • 窓から射す日差しに目が眩む〜(=゚ω‘)ノ* お日様からエネルギーを頂きながら稽古に励む♪そんな楽しいひと時でしたン。踊りにはやっぱり柔らか着物です。紬系が好きな私ですがたまには着なくちゃね。ということでこの小紋。袖には「うそつき」が付いてます。「替え袖」「うそつき袖」「なんちゃって無双」を手作り ①替え袖、うそつき袖、なんちゃって襦袢袖を縫い付ける ②質の柔らかい帯というのと、「ヤの字」という結び方 [続きを読む]
  • 絣の紬、十日町★着物にも帽子
  • 水曜は稽古日、新たな曲に入りました。細川たかしさんの「佐渡の恋唄」です。曲の合間に「佐渡おけさ」の踊りが入る部分があって、単調なのだけど慣れない足の運びに意外と難しかった。姿よく決まらないんですよね・・「佐渡おけさ」の踊り手さんって、カッコいいんだなぁこれが。ハイ頑張ります。先日に続いて白っぽい着物。「最低でも年に1度は袖を通す」ということで、偏らないようせっせと着るようにしているのです。踊り関係 [続きを読む]