かっぽうぎ さん プロフィール

  •  
かっぽうぎさん: 50代の普段着物~母の着物から始まるハッピーライフ
ハンドル名かっぽうぎ さん
ブログタイトル50代の普段着物~母の着物から始まるハッピーライフ
ブログURLhttp://fufufu5963.blogspot.jp/
サイト紹介文着物は楽しくラクに着たい。和服の手直しやリメイクのこと、日舞やウクレレ活動のことなど書いてます。
自由文母が遺してくれた着物から、自分らしさを見つけました。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供152回 / 365日(平均2.9回/週) - 参加 2012/06/23 21:48

かっぽうぎ さんのブログ記事

  • 「大島紬」と言われた単衣着物に、リメイク半幅帯で
  • もう単衣でも十分な日差しの中、本日の稽古に行ってまいりました。ほんと暖かい日でした。艶のあるグレーが大好きです。光沢がエレガンスさをかもし出してるけれど、紬糸の節と絣柄が素朴でもあります。この着物、今日も「大島」だねと言われました。「そうなの?」と返事しておきましたが、どうなんでしょう。3年前に大島と言われた着物★「大島」と「大島紬」の違い でこのことを書きましたけれど・・この機会にスッキリした [続きを読む]
  • ウクレレと遊ぶ、楽しむ、はじける、恥をかく(2017、04、23)
  • ウクレレを初めて丁度1年、それまでは音楽的なこととは無縁?な私だった。人生どんな展開になるかホント分からないものだぁ。いまだに意外過ぎて自分でも不思議(^▽^;)日曜に、ちょっとした交流会で弾き語り披露。密か?に練習していた「うりずんの頃」と、私をウクレレに誘ってくれた師匠と一緒に、昭和のヒット曲「若いってすばらしい」を。おばさん二人が「若いってすばらしい」 笑 ジャカジャカシャカシャカ。。少々間違っ [続きを読む]
  • 袷を単衣に直した紬着物を着る★裾のまとわりつき★「じょんから女節」
  • 先日の、①袷から単衣に変える古い着物・・ ②袷着物から単衣着物に変更完了・・ この紬着物を着てみました。やはり単衣は軽くていいですね。こういうほっこり系の真綿紬は手触りが素朴。大島系のようにつるっとはしていないので、足さばきのよい(滑りの良い)素材の「裾除け」がけっこう大事です。・・というのは、今日踊りの稽古だったのですが、何も考えずいつものように裾除けを省略してのステテコのみの着付けです。ここが [続きを読む]
  • 赤い「洗える着物」補整で大きさをカバーする
  • 箪笥の引き出しを開けて目にした帯締めにハっとしました。昨日洗った帯締めのキレイさ!(^^)!一日経ってみると違いがよーく分かりましたね。色が鮮明になってました。このところずっと、着物は週1それも稽古の日だけ。という状態に・・なんだかなぁということで本日は雪と雨の予報で又「洗える着物」の出番。行きは雪がチラつき稽古中は晴れ!で帰りは雨と、これもまたなんだかなぁ です。この年齢でも着てしまうこの根性(笑)よ [続きを読む]
  • 帯締めを洗いたい★帯締め「セルフクリーニング」体験
  • よほどヘビーに使わない限りシミでも着けない限り、帯締めって、まず普通はそんなに洗うことってないですよね?でも、好きで合わせやすい帯締めはやはりなんとなぁく、クスんでくるもの。白っぽい色なら尚のこと手アカなどの汚れが気になってきます。特に中央の結び目を作り整える部分、そのあたりが一番手や指先を使うところだし一番目立つ部分なので。自分で帯締めを洗う、ベンジンでクリーニングかなり前にTV番組で見て、クス [続きを読む]
  • 中華ウクレレ★「ウスレレ」★デザインが可愛い「ウスレレ」のこと
  • 今日は、羨ましさの気持ちを満開に書いてみます。私がウクレレを始めるとき初めての1本に、コレ♪と見た目でいいなと思ったウクレレがこの黒いボディ。ソプラノという一般なサイズより更に「ウスレレ」といわれる超薄さ(普通のは厚み60?くらいで、これは42?うっす!)可愛いの♪はい、見てくれのみでの判断です。 <アマゾン広告>でも、他に必要な物・・チューナーや持ち運ぶとき用のケース、替えの弦その他を揃えるとそ [続きを読む]
  • ②袷着物から単衣着物に変更完了★愛着が湧く着物のお直し
  • 先日の、①袷から単衣に変える古い着物の裏地をすべて外す★洗い張りの・・の着物2枚を単衣に直しました。何年振りかの和裁もどき・・ほんと結構な大変さでした フー。。やはり衿付けがね、特に後ろ衿の首から肩にかかる線が難しいと思ってる。フラットに、ムリなく、でもしっかりと。曲がったりツッたりしないよう、少しでもズレてるとキチッと畳むことが出来ません。もちろん着た時にも衿元胸元が綺麗に納まりません。仕立て師 [続きを読む]
  • ひげ紬の特徴、道行コート★頂き物の洗える着物と踊り帯を合わせてみたら
  • 数年ぶりに着た紬の道行コート、紡いだ織地から紬糸が所々にピンピンと出ているのが特徴の「ひげ紬」です(紬糸を一部織り込まず表面に出し、まるで「髭」のような風合いに織ったもの)色は紫がかった臙脂色。コートでも、こういう「道行」よりは「道中着」の方がどちらかというと好きなので、ついつい着ないまま過ぎてしまいがちです。今日はたまたま思い出して袖を通しましたが、4月になると北海道でも日中の温かい日差しの中で [続きを読む]
  • 布を食紅とお酢で染める
  • 踊りの小道具に、スカーフのような布を使うことがけっこうあります。それは、日本手ぬぐいのようなものに柄や染の入ったもの、縮緬の布や、時にはゴース(オーガンジーのような)やラメ入だったりと。今練習してる踊りに合わせて、ひとつ作って置こうと思いつき買い置きにあった粗い網目状の生地を長いストールのように切って染めてみました。もとは生成り色、これ何を作るつもりで買ったのか・・かれこれ10年以上も経過してます [続きを読む]
  • ①袷から単衣に変える古い着物の裏地をすべて外す★洗い張りのお店
  • 着物の胴裏が変色、黄変、染み の着物を完全に解いてしまうつもりでした。ですが、あれから踊りの先輩にこの話をしたところ、それはまだまだ勿体ないと言われまして・・。裏だけ外し単衣として、まずはしばらくの間着ていたらいいと。気が変わるのも早い私。確かにね。洗い張りしておいたって、その後の仕立ては多分しないままだろうなぁと思います。だったらね、形あるほうが着てあげられる。但し自分でするのは「紬」限定です。 [続きを読む]
  • 脳梗塞とウクレレ、舞姿、活動日(2017、3、24)
  • 今月は2度目の活動、昨日も楽しく無事終了。こちらもとても大きな病院で、その中のデイサービス施設で春の催しがありました。ホールが広く畳のステージも大きい!その楽屋裏のひとコマこれから始まります。今回は写真を撮ることが出来ました。一部ですが先生や先輩方を。他には独唱の男性。ステージではダンディに中折れ帽がお決まりです。この会の会長は舞も歌も凄いのに、ひたすら司会進行と音響に専念。↓足だけ・・で、この小 [続きを読む]
  • 着物の胴裏が変色、黄変、染み、カビ?
  • それがね、1年ぶりくらいでしょうか?昨日着るときに気が付いたこと・・それは胴裏の変色です。こんなに全体が変色してた?と驚きました。もともと古い着物で、白い胴裏はすでに薄いクリーム色。今は全体的に変色が広がって袖裏までもが黄変。まだらに薄茶っぽい部分もある。いづれこうなるかもと予想はしてたのですよね。よくまぁ放っていたものですね( 一一)もう、気が付いたら早いうちに胴裏を外してしまわないといけませんね [続きを読む]
  • 娘時代の袋帯にハサミを入れて・・
  • 38年前に着た振袖と袋帯(小物は別)私よりも小柄な娘には裄も袖丈も長過ぎて着れませんでした(結局は一式レンタル)振袖はそのうち踊り用か飾り用にするつもりです。今回は、この袋帯(全部が柄ではない六通柄)を踊り用にするべく鋏を入れました。このまま切るだけで半幅帯と角帯の2本取れます。柄には赤い花・・そこは女性っぽいですが踊り用なので男性用の角帯としても全く大丈夫です。逆にこれくらい派手な方が舞台で映え [続きを読む]
  • 紬の着物に市松柄の手作り帯、渋いコ―デ
  • 一昨日出来上がった二部式の3way名古屋帯を、実際どんな具合かなとトルソーに着つけてみました。合わせた着物は、たまたま出してあった紬、茶系です。春の陽気のせいか、この組み合わせ(着物や帯締め)はもう暑苦しい感じがします。まず半幅帯で、貝ノ口系の「やの字」結びを。そして「角だし」風に。これは、半幅帯を文庫結びにしたうえで「お太鼓」部分をかぶせているだけです。いい姿、私の好みです??(横っちょに見える黄 [続きを読む]
  • 「龍」の衣装、訪問着、着流し
  • 「龍の訪問着」って・・ いったいどんな?って思いましたか?私は「龍」が大好きなんですけどもね、雲を割り天に昇り舞う黄金の龍のイメージがいつも頭上にある。そうそう「龍」「竜」といえば、個人的にこんなイメージが浮かんだりもする(笑)緋牡丹博徒 お竜参上 [ 藤純子 ]でも、これとは全然関係はなくてですね、今回、その大好きな「龍」柄の着物が私のもとへ来てくれて、とーっても嬉しいっ!てだけの話なのですけども。「 [続きを読む]
  • ④二部式の3way名古屋帯を作る(1)リバーシブルの「お太鼓」を作る
  • 解いた帯の中身=帯芯じゃなくて帯だった★真綿紬の「無地帯を洗う」③ の続きです。思いつく前には帯芯を購入しようかとも考えていました。それもカラーの帯芯で。カラー帯芯なら裏地を付けることもなくリバーシブルで使えるかもと思ったからです。但しその場合は市松柄の帯巾(八寸帯でもない紬の七寸?帯 ①・・)に合わせると細くなるでしょうけども。ちなみにこんな便利な帯芯があるんですね!(楽天ジャンプ)袋帯・名古屋 [続きを読む]
  • №4「きものエプロン」をしたところ、画像と感想
  • 今日着物を着たついでに、先日作った「きものエプロン」を着物に装着して確かめてみました。試作1の方 http://fufufu5963.blogspot.jp/2017/03/blog-post_6.htmlU字の衿ぐりと直角の差し込み部分衿に差し込むと、こんな風になります。別にV字じゃなくてもOKだし直角でOK。この方が生地も、芯のプラスチックも切り易くて縫いやすいですね。紐の長さは、こんなに長い必要はない。紐の位置ですが、差し込むのは帯でも帯締めでもどち [続きを読む]