kinokazu さん プロフィール

  •  
kinokazuさん: 塚原二子塚ブログ
ハンドル名kinokazu さん
ブログタイトル塚原二子塚ブログ
ブログURLhttp://ameblo.jp/kinokazu2563/
サイト紹介文塚原二子塚を後世に引き継ぎたい、地域の活性化に活用したいと思っています。
自由文塚原二子塚は、長野県飯田市桐林(竜丘地区)、国道151号線の沿線にあります。美しい姿をした古墳で、飯田市の史跡に指定されており、全長72mと大きく、500年頃造られたということです。この古墳を後世に引き継ぎたい、地域の活性化に活用したいと思っています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供217回 / 365日(平均4.2回/週) - 参加 2012/06/24 11:02

kinokazu さんのブログ記事

  • 島津亜矢研究147 今晩の歌い方は好かん
  • SONGSで、亜矢さんは「地上の星」を歌った。この歌、私は亜矢さんには合わないと感じていたが、今晩は特に力みが目立って、あまり良いとは思わなかった。亜矢さんは繊細な描写の歌の方が合っているような気がする。今晩くらい、ドレスで登場しても良いと思う。 1回聞いたきりだが、新曲[心」も平凡で、心が動かない。 [続きを読む]
  • 久しぶりに古墳へ
  • 4時半に目が覚めてしまった。雨が上がっていたので、5時に塚原二子塚古墳へ行ってみた。 だいぶ雑草が伸びていたので、カタバミ畑の部分をビーバーした。雑草と一緒にカタバミの花も刈ってみたが、うまく咲いてくれるか楽しみである。 花もしっかり植わって、楽しみである。 夜、古墳の会の総会をした。公民館長は古墳の会の会長ということで、議長を務めた。参加者は25名と少なかったが、議事は順調に運んだ。2時間程度の散 [続きを読む]
  • 島津亜矢研究146 これはいい!
  • https://www.youtube.com/watch?v=ke43N31Ywp0&t=63s6月13日の名曲アルバムで亜矢さん「夜が笑っている」を歌ったとかでユ―チューブで観た。 50年以上前の織井茂子さんのヒット曲だが、一応知っている。 とにかく、合唱とピアノがハイクオリティ。そこへ亜矢さんのやけくそな歌い方が抜群。表情も素晴らしい。 他の歌手の歌も聴いてみたが、段違い。亜矢さんはうまい。 [続きを読む]
  • 古墳まつり盛大に終わる
  • 今日は10回目の古墳まつり。昨晩は記念講演が開かれ、50名以上の人が集まった。 今朝は、午前6時塚原二子塚へ集合し、野焼きを始めた。午前9時から、まつり開始。古墳の頂上での鈴岡太鼓の演奏は素晴らしかった。 参加者は250名くらいか。勾玉つくり、火おこし体験、古代食コーナーと参加者は楽しんでいた模様。 11時半終了。方つけ終わって13時。くたびれた。 [続きを読む]
  • ヤギを飼ってみよう
  • 半年ほど前に「竜丘リバーサイド研究会」なるものが発足していた。天竜川河畔を活用して売り出そうというものだが、良い具体策が浮かばなかった。 当面、雑草の除草を兼てヤギをレンタルで飼ってみようという話になった。 現在、天竜川上流管理事務所に許可を求めているが、近所の農家でヤギをレンタルしているという話を聞き、見に行ってきた。 人懐っこくて黙々と草を食べていてかわいかった。 [続きを読む]
  • きれいになった
  • 昨日は午前7時から、地区の役員による塚原二子塚の一斉草刈り。40名も集まってくれたので、1時間足らずで終了。きれいになった。 終了後、現地で古墳の会の役員会を開催。 二子塚をメインに2時間の散歩コースを設定し、今後PRしていくことにした。基本的に説明員を付けることにして、説明員を養成することにした。 役員が終わったころ、バス2台が到着し、30人ほどの見学客が降りてきた。大変美しい古墳だとほめてもらった [続きを読む]
  • 島津亜矢研究143 涙の新日本の歌
  • 昨晩の新日本の歌、いい内容でした。 亜矢さんの「黒い花びら」。さすがでしたが、私は亜矢さんには似合わない歌と感じました。 母の日特集は石澤アナの司会が抜群で、涙涙の歌唱の連続で、こちらもつられました。 「東京だよおっかさん」は前回より少しキーが高く、多少島倉さんを意識した歌唱で良かったと思います。 細川さんの「ああ上野駅」、あんなに号泣するとは思いませんでした。 続いて大江君までも涙を浮かべて母」を熱 [続きを読む]
  • 齢です
  • 今日は6年生の古墳めぐりの引率。8時から14時まで。歩いた距離は約10キロ。昨年もきつかった記憶があるが、今年は参った。6年生と一緒のスピードで歩くのはもう無理。帰宅後グッタリ。 [続きを読む]
  • 島津亜矢研究142 林部君抜群
  • 今日ののど自慢。70歳の女性が「感謝状」を歌った。丁寧な歌で好感は持てたが合格にはちょっという感じだった。が、鐘は三つ鳴ってよかった。このところ、ちょいちょい亜矢さんの歌が歌われるなって、成績も比較的良い。 ゲストの林部智史の「あいたい」を聞いたが、いい声で情感あふれるいい歌だった。 亜矢さんの歌でも感じるが、歌手の魅力は声の良さではないかと私は思う。 [続きを読む]
  • 孫達と古墳へ
  • 昨日、娘二組が到着し、合計8名。お昼に、塚原二子塚古墳へ弁当を持って行き、楽しいひと時を持った。 昼食後、古墳の頂上から紙飛行機を飛ばしてみた。風が強くて思うように飛ばなかったが、孫たちは満足した模様。 [続きを読む]
  • こんな奇特な人がいるんだ
  • 古墳の草刈りをお願いした中島さん。サラリーマンを退職後、暇しているという71歳のおじさん。 草刈りが楽しくてしょうがないらしい。 今朝6時半に古墳へ行ってみると、すでにビーバーを回していた。昨日もほぼ1日回していたらしい。 今日は8時半まで草刈りをしていて、いったん帰宅後、弁当を持って11時ころ古墳へ来たとのこと。 私が再び11時に古墳へ行くとすでにビーバーを回していた。 「いつまでやるんですか?」「 [続きを読む]
  • 今朝1時間
  • 昨日、中島さんは3時間もビーバーを回したらしい。今朝は用があるというので、私が古墳へ出かけた。1時間ほど草を刈ってきた。 このビーバー、小汚いけどよく動いてくれて助かる。ひもヘッドの部分も変えてから調子が良い。 草の刈った跡が広がってきた。 [続きを読む]
  • 後継者が出来た
  • 今まで古墳の草刈り、基本的に私がやっていたが、後期高齢になって体力的にも無理がきかないようになってきた。何とか協力してくれる人をと長年探していたが、「いいよ」と言ってくれる人が見つかった。 退職後家にいる67歳の中島さんというおじさん。昨夜電話した。「あすの7時に古墳へビーバーを持って様子を見に来てください」。 6時半に古墳へ行ってみると、すでに到着していていつでも刈れるようにように準備をして [続きを読む]
  • ビーバーが動いた
  • 半年ぶりにビーバーを動かせてみた。混合オイルも半分入れたままでいたので、作動しないと思っていた。  驚いたことに10回足らずの始動動作でエンジンがかかった。 ついうれしくなって、1時間ほど古墳の草を刈った。 5月11日に6年生の古墳見学遠足があるので、頂上付近の草を刈ってみた。 カタバミはほとんどの株は無事冬越し出来たようで、すでに花を付けている株も見受けられた。 (追伸)午後4時ころ [続きを読む]
  • 島津亜矢研究141 ピアニストもノリノリ
  • 今夜の歌コン、亜矢さんが出るとは知らなかったが、家内が「出ているよ」とういうのであわてて観たが歌が終わるところだった。 すぐに録画で確認してみた。歌は「明日に架ける橋」。初めて歌うとのことで、もちろん英語である。 歌う前に天童さんが目配せをして励ましているのが微笑ましかった。二人の信頼関係が垣間見えた。 歌は初めて聞いたけど、文句なし。うまいねー。今日注目したのが後半の高い音の出し方。 [続きを読む]
  • 島津亜矢研究140 選曲に存在の大きさ!
  • 昨日、竜丘公民館長の辞令を受けた。4年ぶりのいわくつきの復帰である。後期高齢者には厳しい2年間になるだろう。 私は歌が好きなんだろう。昨夜11時から午前2時まで2回も新・BS日本の歌の録画を観てしまった。番組の構成も楽しかった。 何より亜矢さんの歌が4曲も聴けて満足。 独断と偏見で気のついたのことを記してみる。 冒頭に全体で歌った「春一番」。亜矢さんのステップと体のこなしに注目。以 [続きを読む]
  • 久しぶりに古墳へ
  • だいぶ陽気がよくなってきて、雑草が目立つようになってきた。約1か月ぶりに古墳を見に行ってきた。 ヒメオドリコソウが繁茂していたが、全体的にはまだキレイ。 カタバミも例年になく元気に冬を越せた模様。彼岸花も繁殖してきた。 4月中旬から作業開始か。 [続きを読む]
  • 島津亜矢研究139 いい歌だ!
  • 今日ののど自慢。若い女性が「命のバトン」を歌った。少し控えめだが感じの良い歌唱で合格した。あらためていい歌だと思う。 NHKBS「昭和の歌人船村徹特集」で亜矢さんの歌を3曲聴けた。 初めて歌ったという「ごきげんさんよ達者かね」。さらっと歌っているが、実に上手い。 「ひばりの佐渡情話」。あまり技巧を凝らさず、情感あふれる、上品な歌唱でした。天童さんの「みだれ髪」。前回よりは良かったと思い [続きを読む]
  • ぶらきょろ隊発会式
  • 今朝は9時から竜丘小学校でぶらきょろ隊発会式。ぶらきょろ活動とは、小学生の下校時刻に合わせて、区内のお年寄りが散歩しながら児童の安全に寄与するという運動。 おととい、名簿を公民館から送ってもらったら出席者15名のみ。昨日一日かけて、知人に電話して、今日は30名を超える出席者で、恰好がついた。 新聞社も取材に来ていたから明日の新聞に掲載されると思う。 [続きを読む]
  • 島津亜矢研究138 満足
  • 今晩は歌三昧。 7時半からのど自慢チャンピオン大会を聴く。これは自分の耳試し。14人歌って、私は5人をピックアップした。 優勝は2番目に歌った大場君の「化粧」を予想した。これは文句なくうまかった。優秀賞は9番の安藤さん「あいたくていま」14番奥平君(高校生)の「やいよ」5人の内から3人が選ばれたという事。 つまり、何を自慢したいかと言うと、「俺の耳は確かだぞ」と言いたかった訳。この俺が [続きを読む]
  • 島津亜矢研究137 あか抜けている
  • 今晩のBS新日本の歌しっかり観ました。 亜矢さんの最初の歌は「お吉」久しぶりに聴いたけど、いい歌ですね。特にセリフが抜群。歌っている時もセリフを言っている時も表情がいい。実に自然体。 続いて「独楽」。亜矢さんらしく、力強い素晴らしい歌唱でした。 最後に水前寺さんの「いっぽんどっこの歌」。これも楽しかった。 いろいろの歌手が出てきたけど、亜矢さんの歌は「あか抜けている」「存在感が半端 [続きを読む]
  • 15円かい!
  • 人生の身支度を始めた。 30年ほど前、夢中になって集めた切手類をオークションで処分中。かなり高価なものでも、送料出品者持ち、最低値100円で出品している。切手はあまり人気がない。半分くらいは最低値で落札。82円の郵便料を払って、1件60円ほど手数料がかかるので実質赤字である。それでも懲りずにセッセと出品していたら、昨晩電話がかかってきた。私のやり方が気に入ったとかで、手持ちの郵趣品を全て譲って [続きを読む]
  • 島津亜矢研究136 よかった
  • 今晩、古館伊知郎ショウで亜矢さんが「川の流れのように」を歌った。 無地の赤紫の着物も似合って、素晴らしい歌唱でした。今日の歌を聴くと、紅白の時は明らかに伴奏が聞こえてなかったと思います。 天海祐希の涙が印象的でした。やっぱり、抜群にうまい。 来週の歌謡SHOU学校へも出演されるようで、いい方向に向かっています。 [続きを読む]