しのぶもじずり さん プロフィール

  •  
しのぶもじずりさん: 物語とか雑文とか
ハンドル名しのぶもじずり さん
ブログタイトル物語とか雑文とか
ブログURLhttp://monogataritoka.blog.fc2.com/
サイト紹介文長編ファンタジー、気軽に読める掌編や短編、雑文を取り揃えてお待ちしてます。楽しんで下さいな♪
自由文長編完結作品 「赤瑪瑙奇譚」「くれないの影」
          「蜻蛉の願いはキンキラキン」「天州晴神霊記」
          「薬種狩り」 
           
短編 「クロウ日記」「香美位山」「泣きわめく子ども」
雑文 「犬派のねこまんま」「私の文章修業」その他、雑文もあります。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供50回 / 365日(平均1.0回/週) - 参加 2012/06/24 14:01

しのぶもじずり さんのブログ記事

  • 有名歌手の担任
  •  前の記事にたくさんのコメントをいただきました。 それで思い出したことがあります。 昔、横浜の中学校に、ハーフの少女がいました。 学校の成績は悪かったようです。 <彼女>は歌手になり、大ヒットしました。 <彼女>の担任をしたことがある教師は、 <彼女>が、いかに勉強のできないおバカな子だったかを、 面白おかしく生徒たちに話したらしいです。 以下は、当時テレビ局のディレクターだった人から聞きました。 [続きを読む]
  • ありがちなこと
  •  先日の朝のテレビ番組で、いじめの話題を取り上げていました。 そのとき、司会のイノッチが言いました。 「僕の友人に、先生にいじめられたと言ってる奴がいる」 うんうん、珍しくもないことです。 けっこう居ると思いますよ。 おそらく、教師は無自覚でしょうけどね。 学級と言う集団で、教師は、良くも悪くもヒエラルキーのトップです。 広い意味では、いじめのほとんどは、教師のせいと言えなくもないでしょう。 いじ [続きを読む]
  • 日本語脳
  •  先日、阿部首相とトランプ大統領の会談がありました。 その時、日本の記者向けなのでしょう。 ぶら下がり会見と言うのでしょうか、その状況がテレビに映りました。 記者の一人が「こっちを見てください」とでも言ったのでしょうか。 トランプ大統領が、彼は何を言ったんだ? と、 直接阿部首相に聞きました。 「Look at me]と阿部首相。 大統領は、握手したまま、じっと阿部首相を見つめました。 阿部首相は、あわてて [続きを読む]
  • 他人事ではないようですよ
  •  トランプ旋風 元気に吹き荒れているようですね。 ハリウッド映画みたいにゴージャスな展開です。 それはさておき、 先日、テレビで米国の不法移民に同情するトーンのレポートを見ましたが、 不法ですからねえ。良いんでしょうか。 日本も他人事ではないみたいですよ。 日本に入国して、行方不明になる外国人が増えてきているようです。 行方不明になった後、日本のどこかで暮らしているんでしょう。 そういう人たちを支 [続きを読む]
  • 消防団は見た
  •  今日の国会中継で、糸魚川の火事について質疑応答がありました。 自然災害に認定されただけあって、ただの火事ではなかったようです。 被災された方にお見舞い申し上げます。 火が飛んだと言う話は報道で聞きました。 でも、どんなことなのかが分かっていませんでした。 風に巻き上げられた炎が、まるで竜のように空を駆けたんだそうです。 消火に当たっていた消防団も、あんなのを見たのは初めてだと言ったそうです。 空 [続きを読む]
  • 全豪オープンテニス
  •  全豪オープンテニスのテレビ中継をやっていたので、 なんとなく見ていたら、 場内放送の声が聞こえました。 ニシコリ・ケイ と言っていました。 ほほう、ケイ・ニシコリ じゃないのね。 私はあんまりスポーツ中継を見る方じゃないので、知りませんでした。 近頃の国際試合では、 日本人をはじめ、東洋人の名前と苗字をひっくり返して言わないのかしら。 それとも、全豪オープンが珍しいのかしら。 オリンピックではど [続きを読む]
  • ヴェニスの商人考
  •  「ヴェニスの商人」を読んだのは、学校の図書室でした。 戯曲ではなく、子ども向けの物語になっていました。 有名な作品ですから、だいたいの内容は知っていました。  アントニオという商人が、 友人の結婚資金をユダヤ人の高利貸しシャイロックから借りたが、 持ち船が難破して返却できなくなる。 借金の時に、公文書を作ってあったため裁判になる。 借金の形に、アントニオの肉を1ポンド。 アントニオの友人バサージ [続きを読む]
  • 本年もありがとうございました
  •  今年は丙申でした。 ひのえさる。火の兄(ひのえ)でさるです。 丙は、そのまんま火の性。 申(さる)は、金の性らしいです。 火は金を溶かすので、こういう関係を相克というらしいです。 要は、相性が悪い。 思い返せば、波乱の年でした。 丙は火の兄ですから、陰陽でいえば陽になる。 申は陰気の支配する年らしいです。 いろいろとしっちゃかめっちゃかな感じでしょうか。 来年は丁酉(ひのととり)。 火の弟 とり。  [続きを読む]
  • だれております
  •  まごうかたなく年末です。 例年であれば、 出来るかどうかはともかく、 年内に片付けておきたい事をリストアップしたり、 お正月の準備の計画を(出来るかどうかはともかく)たてたり、 一応やる気だけは出して、 あれこれと気ぜわしくしている頃なのですが、 今年はやる気が出ません。 平和な年越しを願うばかりです。 世界に平和を! 私にやる気を! [続きを読む]
  • 知的財産権の扱いが違うらしい
  •  TPPとRCEPも詳細は発表されていませんが、 噂を聞きました。 細かい条項は色々あるんでしょうが、何が違うのかというと、 知的財産権の扱いが大きく違うらしい。 TPPでは、著作権や発明の特許を70年保証しようというのに対して、 RCEPでは、5年にしようとしているらしい。 5年経ったらコピーしてOKとなったら、大手を振ってコピーが出来る。 5年で元が取れないと儲からないので、 超大作の映画とか、大金をつぎ込んだ [続きを読む]
  • TPPのもくろみ
  •  ずっと不思議だったのですよ。 YPPって何がしたいんだろ ってね。 すいません、政治経済とか良く分からない事が一杯です。 ですが、 今日の国会中継を見て、ちょとと分かったような気がしました。 気がしただけかもしれませんが。 オバマ大統領が、「中国に世界のルールを決めさせるわけにはいかない」 と言っているようです。 以前、訪中した米国のケリー国務長官に習近平主席が、 「太平洋は広いから、アメリカと中 [続きを読む]
  • 労働組合はなにしてるんだろ
  •  近頃のニュースでは、 過労死とか過労自殺とか違法残業とか言う言葉を耳にします。 明らかに労働基準法に違反している勤務状態なのに、 労働組合は無いのかしらんと思ってググってみたら、 電通にもちゃんと組合があるみたいです。 社員の肉体や精神の健康はどーでもいいのかしら。 近年は、春闘も名ばかりみたいだし、 なんにもしないなら、労働組合なんて意味ないじゃん。 勤務体勢の改善に立ち上がったらどうですか? [続きを読む]
  • 米大統領選で思った事
  •  米大統領選の開票が始まりました。 それ関連のTV番組などで、いろんな情報が入ってきた。 アメリカ合衆国のトップお金持ち1パーセントの収入だか資産だかが、 下の方90パーセントが同じらしい。 世界で上から62人のお金持ちと下の方36億人が同じらしい。 トランプさんがあれだけ暴言を吐きながら善戦しているのは、 その辺をつついているかららしい。  だけど、アメリカ合衆国だけで世界経済がどうにかなる気もし [続きを読む]
  • 名古屋の嫁入り道具
  •  前顔の記事「貯める人 使う人」で、 名古屋の嫁入り道具に反応したコメントをいただきました。 名古屋と言うと、戦国時代の三英雄の出身地が、みんなこの近辺。 信長(尾張) 秀吉(尾張) 家康(三河) 町のシンボルは名古屋城。 ということで、「武」のイメージが強い方が多いと思います。 でも、八代将軍吉宗の財政緊縮政策、享保の改革に反抗して、 勝手に規制緩和、祭りの奨励をして名古屋にバブルを起こした徳川 [続きを読む]
  • 朝焼け
  •  今朝は、真っ赤な朝焼けでした。 近頃は、あんまり夕焼けを見た覚えもなく、 赤く染まった空に ちょっと驚きました。 そう、驚くほど広く 赤く 染まってました。  写真を撮ろうかとも思いましたが、 うん、赤いね。 というだけで面白味のない画面にしかならなそうなので、 止めました。 昔から、朝焼けは雨になる と言われますが、 今、立派に雨が降ってます。 [続きを読む]
  • 貯める人 使う人
  • 先日、テレビで、若い女性の間で貯金が流行っていると言っていた。政府は、内需拡大を願っているようだが、なかなか上手くはいかない。バブルの頃、なんでバブルだったかというと、みんながバンバンとお金を使ったからだろう。バブル期の若者は、お金を使いまくった。今は、貯めている。違いはなんだろう。考えてみた。収入の違いはあるだろうけど、それを使うか貯めるかは別の問題のように思う。大金持ちは別にしよう。何を考えて [続きを読む]
  • 地下室といえば
  •  昨日の記事を書いて思い出しました。 イタリアのローマに行った時、とあるレストランで昼食をとったのですが、 食事をした部屋が、むきだしの古びた岩壁の地下室でした。 大昔に拷問部屋だったらしいです。 さすがに拷問の道具はありませんでしたが、雰囲気はバリバリです。 おまかせで連れて行かれたので、名前はとんと覚えていませんが、 有名な店だったらしいです。 はじめに出てきたのが、鉄鍋のような容器に入ってい [続きを読む]
  • 日本の地下室ってどうなんだろう
  •  豊洲がすったもんだの騒ぎになっています。 安全性が確認できたら良いですね。 歴代のトップが、聞いてないよと言ってるらしい。 広報では、ばっちりと嘘を書いていた。 「報告、連絡、相談」が出来ていなかったのが、バレバレになりました。 話はすっかり変わりますが、 西洋の映画を見ていると、けっこう地下室が登場します。 ヨーロッパの町にあるような、 通る人の足下だけが見える 半地下は、面白そうです。 アメ [続きを読む]
  • パラリンピック
  •  開会式を見ちゃいました。 きれいでした。 特に、病気で両足の膝から下を失くした女性のダンスは 優雅で、 おお、麗しのサイボーグ! って感じでした。 実際に、義足の走り幅跳びの記録は、オリンピックの記録と変わりません。 そのうちに、ジェット噴射で空中格闘技戦とか出来るかも、 とか思っちゃいました。 「サイボーグ009」かよ、みたいな……。  [続きを読む]
  • オリンピックは良いねえ
  •  どの競技もすごいことになってます。 さすがにオリンピックです。 体操とか卓球なんか、 うそーっ、 CGじゃないの? 本当に生身の人間が動いてんの? と疑ってしまうくらいすんごいです。 どんくさい奴と自他ともに認識されている私からすると、 すでに人外の動きです。 近頃、おじさんたちの間で、 バク転を習うのが流行っているらしいです。 町なかの体操ジムに、夜な夜な仕事帰りのおじさんが集まって、 練習して [続きを読む]
  • 優生学
  •  相模原殺人事件の犯人の言い分は、 ヒトラーが引き合いに出されるけれど、 珍しいものではないと思う。 古い考え方だけどね。 昔、イギリスを訪れたとある人が書き残している。 イギリスの貴族と平民は、一目で見分けられる。 背が高く、体格がよく、見目麗しいのが貴族である。 背が低く、貧弱な体格をして、概ね不細工なのが平民だ。 背が高くて体格が良ければ、喧嘩に強いのだろう。 戦いに勝ち抜いて貴族になり、強 [続きを読む]
  • 男のスカート
  •  朝ドラ「とと姉ちゃん」で、 唐沢寿明がスカートをはいているのを見て、思い出した。 昔の記事だが、 唐沢演じる花山伊佐次のモデルになった人物、花森安治を取材した記事だ。 花森安治は「暮しの手帖」の名物編集長だった。 取材した筆者が訪れると、花森はスカートをはいていたという。 吃驚して理由を聞いてみたところ、 蒸れなくて良い。 ズボンと違って、大事なイチモツを右にするか左にするか気にしなくていい。  [続きを読む]