kyou nuinoyamasita さん プロフィール

  •  
kyou nuinoyamasitaさん: kyo_kinuiro
ハンドル名kyou nuinoyamasita さん
ブログタイトルkyo_kinuiro
ブログURLhttps://ameblo.jp/kyo-kinuiro
サイト紹介文京都嵐山の自宅工房にて京繍(きょうぬい)教室を開いています.日本刺繍はじめて見ませんか.
自由文京繍(きょうぬい)の伝統工芸士です.私達職人が使っています道具や針 絹糸で自分だけの一品を.お稽古日はお互いの都合でいかがでしょうか.小人数制です. 
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供49回 / 365日(平均0.9回/週) - 参加 2012/06/25 22:24

kyou nuinoyamasita さんのブログ記事

  • バッグの中から こんなお財布
  •    ようこそ;おこしやす 先日 やっと仕立てができてきました。今回も帯地に刺繍をです。わたくし 小物や帯などは少しでも丈夫にとよく撚糸で刺繍をいたします。絹糸の艶は少し落ちますが・・・ 今回 撚り糸でなく平糸のままでも刺繍をいたしました。やはり 絹糸の艶はとても綺麗ですね。ざらざらしている生地ですが遊び心いっぱいです。 ちなみにこちらのお財布 下向きに泳いでいますが 大切なものが逃げていかないそ [続きを読む]
  • 秋を感じて 山村御流いけ花展から
  • ようこそ;おこしやす一昨日 京都高島屋で開催されています 山村御流の生け花展に着物仲間と出かけました。着物のお仲間の お一人が毎年出展されています。 お友達とご一緒のところです。 凛とされています 着姿はとても素敵でした。 坪倉先生の主催されています着物仲間の方がたと ランチの後お邪魔してきました。朝夕 本当に涼しくなり秋の気配を感じるようになりました。会場のお花を見せていただき 初秋の着物の文様み [続きを読む]
  • モダンな着尺に刺繍を加えてバッグに
  • ようこそ;おこしやす 初めてお稽古にお越しになりました折に 持参されました。モダンな着物の端布です。バッグをに仕立てていただく事になりました。が せっかくなので少し刺繍をされてはと提案。  以前に一日体験をされたこともおありなので いきなり相良刺繍 に挑戦です。 刺繍は前側だけなのですが、立体的に見えますね。先日 バッグのお仕立てができてきました。お仕立ての方が マチにも文様をはめ込んでくださいまし [続きを読む]
  • この4月から刺繍を始められました
  •   ようこそ;おこしやす今年の4月からおけいこを始められました。一生懸命 コツコツと。お仕事から帰ったあとも 時間をつくっては刺繍台の前に座られているそうです。繍しかたの種類もほぼ終わり 今組みひもに挑戦中です。 糸のより方もはじめは 四苦八苦でしたがだいぶ慣れてこられました。少し安心して見られます。 刺繍台に張った状態ですので少し引っ張られていますが 伸子を張って仕上げますと落ち着きます。続き [続きを読む]
  • まずは 繍い方の種類から
  • ようこそ;おこしやす   お稽古を始められて丁度一年。  お仕事の傍ら 月に一度 同僚の方と二人でお越しです。 一日体験時の刺繍は ご自分でブックカバーに仕立てられました。その後 刺繍についての基本的な種類や繍い方などの練習から始められています。 駒使い ぬいきり 渡しぬい 相良ぬい 長相良ぬい 変わりぬい等々。繍い方の種類を覚えていただきたいと思っています。かわいい色使いでまとめられました。今  [続きを読む]
  • 楽しい名古屋帯です
  •    ようこそ;おこしやす 譲り受けました とても個性的な紬地の名古屋帯です。鯉や波しぶきの文様は絞りです。朱色の水面でしょうか 私の齢では無理でしょう。その部分に色をかけて頂けば締められるかな と思ったのですが。。。 思い切って刺繍でカバーすることにしました。お遊びついでに たまりに貯まった残糸を使うことに。細いのやら太いのやら色金等々 撚りア合わせて 太めの糸での刺繍です。 前側です お太鼓です [続きを読む]
  • 体験にお越しです
  •    ようこそ;おこしやす 体験にお越しになりました。ご自分で下絵を描きますとの事  生地の準備だけしておきました。あまりにも手際よく絵を描かれますのでおたづねしましたら 美術学校をご卒業との事。納得しました。刺繍は初めてですが織物の草稿など手掛けておられいました。とてもお若い方なのですが着物好き お出かけ時はきもの姿が多いです とおっしゃってです。着物ファンを又一人見つけました。 [続きを読む]
  • 彼女の二作目 半襟です
  • パソコンの調子が悪かったのですが、やっと昨日修理に来ていただきました。久しぶりにたまっていましたメールに目を通しました。連絡をいただいていました皆様申し訳ありませんでした。 久しぶりに自宅工房にお越しの生徒さんのお稽古の様子をご紹介いたします。 半襟に 蝙蝠桐の文様の刺繍です。柔らかい色使いで品よく仕上がりました。 今彼女は、帯にチャレンジ。 羽織だったそうですが橘の地紋を生かしての刺繍です。今年 [続きを読む]
  • 平型のお財布になります
  • ようこそ;おこしやす 平型のお財布を作るために こんなデザインの刺繍をしてみました。 お仕立てをしていただきますととてもかわいいこんな感じになります。手の平で包み込むことのできるお財布です。お財布としてはもちろん アクセサリーや小物入れるのにも。 もう少し数ができましたらお仕立て屋さんにもっていくつもりです。 日本刺繡の糸なら京都高台寺 二年坂の尚絢居℡ 075−551−2401ネット販売もしています [続きを読む]
  • ご自分で刺繍をされた帯を締めてのお稽古です
  • ようこそ:おこしやす 6月 単衣の時期にぴったりですね。桔梗の文様です 塩瀬染め帯に刺繍であしらいを。そして 帯どめは可愛いフクロウ。いつもステキな着こなしで お稽古されています。 このかたも 時折個性的な着姿でお稽古にお越しです。今日はトンボの刺繍帯を締めてこられました。梅雨入りしてからも良いお天気ですが とてもさわやかな感じです。 きものでお稽古にお越しの生徒さんが増えてきています [続きを読む]
  • ご自身 還暦のお祝いの作品
  • ようこそ;おこしやす 昨年から手掛けて今年のお正月に床の間にかけるべくお軸用色紙に表具 飾られる予定でおられましたが、ご都合でこの時期になられました。  鳥年の彼女の作品です。 「華甲」 かこうとは数え年61歳還暦を意味するとの事です。ご自分へのお祝い 思い入れもおありでしょうがこの文字を刺繍されました。華甲の文字の下には 桐のはの刺繍も施されています。 とても華やかな色使い [続きを読む]
  • 一枚のもめん 絞りの布地から
  •   ようこそ;おこしやす一枚の 長方形こたつカバーぐらいの木綿絞りの生地を見つけ購入いたしました。メッセ教室私を含め三人で 帯に仕立ててもらうことに 話がまとまりお仕立てが出来上がりました。お仕立てはいつもお願いをしています カクマさんで。見えない部分は紺色の別布です。絞りの生地は 京都絞り工芸館で見つけたものです。三人申し合わせて昨日 水曜日のお稽古に締めてきました。よく見ていただくといろいろ [続きを読む]
  • サボテンの花 とてもエレガントです
  •     ようこそ;おこしやす 先日サボテンのお花が咲きました と画像にupいたしましたがつぼみだったんです。今朝 お花を覗いてみましたらし白いものが。先程帰宅して 鉢を見ましたら ビックリです。 とてもエレガントで 凛とした気品があります。とても小さな植木鉢にひとかけささっていたのですが、ほ他のお花に水をあげるのと同じようにしていました。10年程前からです。 次は何年後に咲いてくれる [続きを読む]
  • 明日から開催去れます日本伝統工芸 近畿展
  •   ようこそ;おこしやす 自宅工房にお越しの生徒さんが 新人奨励賞 を受賞されました。 「 漂う ただよう 」 と名されました見事な日本刺繍の訪問着です。初めて近畿展に出展されました。 平成24年度には全国伝統的工芸品公募展において  日本伝統工芸士会会長賞及び新人賞の二賞をもらわれた 経歴の持ち主。コツコツと積み上げて 今に至っております。回りのみなさまに励まされながら そして次回 [続きを読む]
  • お土産に頂きました。宝塚歌劇場近くの最中です。
  •     ようこそ;おこしやす 昨日宝塚歌劇を見に行かれました方からのお土産です。あんこたっぷりの最中。大きさも 二口でくちに入ります。皮もしっかりしているのでとても食べやすいのです。やはり 宝ジェンヌの発想かも。女性が 品よく食べられますよう 工夫がされているように思いました。 形も宝づくし でした。甘い物に目のない私 夕食前に二つよばれてしまいました。ほっとしますね。おいしかった [続きを読む]
  • 自作の帯を締めてのお稽古です
  •       ようこそ;おこしやす メッセの京繍教室 春コースは昨日 一昨日で 6回のうち2回を終えました。毎回 お稽古に着物でお越しの生徒さんも数人がおられます。今回お二人が自分で刺繍をされました帯を締めておいででした。 隠れ笠に紐の文様の染めの羽尺 からこんなにステキな名古屋帯に。組紐の刺繍です。糸をより合わせグラデーションを シンプルな図案ですが絹糸の組み合わせの 妙 とでも言いましょ [続きを読む]
  • 咲きました
  • ようこそ;おこしやす この4月から5月にかけてお花がたくさん咲きました。どれも思い入れのある花ばかりです。 こちらのシンビジュウム?は10年以上も前 に仕事で賞をいただきました折生徒さんからいただいたもの。ずうっと咲かずじまい。 お手入れもしないで鉢いっぱいに根がいっぱいでした。ちょうど1年ほど前株分けを 三つに分け、植えなおしました。二鉢につぼみが膨らんだ [続きを読む]
  • 温かみのある日本刺繍の糸です
  • ようこそ;おこしやす 日本刺繍の糸なら尚絢居でどうぞ。詳しくはこちらのHPを覗いて見てください。色数は3000色になります。かまいと12本取り むっくりとして温かみがあり絹糸の艶が見事な刺繍糸です。こちらは、ネット販売です。実物の色目は 京都東山区高台寺(清水寺付近)二寧坂ギャラリーに展示してあります。良かったら見に行ってみては・・・?http://www.shokeikyo.shop/ [続きを読む]
  • カエルのポシェット
  •      ようこそ;おこしやす わたくしは着物でお仕事をしているとき メガネ」や筆記用具 メモ用紙等々を入れておくためにポシェットをポケット代わりに ぶら下げています。 特にめっせでの刺繍教室では欠かせないものなのです。今までのものがもうぼろぼろ。4月26日から始まります春の講習会にと いそいでお仕立てをしていただきました。このポシェットは三代目になりました。 思い切って遊び心いっ [続きを読む]
  • 羽尺の反物から 名古屋帯に
  • ようこそ;おこしやす 最近の傾向として の羽織やコートの丈は少しながめです。羽織やコートといえども着尺分の長さが必要との事です。 おあづかりいたしています小紋柄の昔の羽尺の反物を 名古屋帯二本に変身させることにいたしました。 お仕立てはまだですが、刺繍を加えて素敵になりました。 いかがでしょうか。私のもったいない精神が むくむくです。もう一本はどんな感じに仕上げようか [続きを読む]
  • タッサーシルクに木版更紗 刺繍 です
  •      ようこそ;おこしやす 今回のご紹介も 木版更紗作家 景山雅史さんの作品に楽しい刺繍です。   A 4サイズが入ります書類を入れて持ち歩くのにも便利です。  ファイルそのままでは ?の時に私がほしいと思っていたサイズです。 後ろ側は別布です。  同じくタッサーシルク 木版刺繍更紗にです。ポーチ二題です   図案や文様の複製は厳禁です。 [続きを読む]
  • 絹糸 で色 遊びです
  • ようこそ;おこしやすこんな楽しい 刺繍はいかがでしょうか。いづれも木版更紗の作家 景山雅史さんの更紗文様に油絵タッチ風の刺繍です。麻の布地のごわごわ感 太めに糸をより合わせ 私の感性で色糸遊びです。  図案や文様の複製は固くお断りいたします。 [続きを読む]
  • めっせ教室生徒さんの作品展から
  •    ようこそ;おこしやすまたまた少し間が空いてしまいましたが めっせ教室生徒さんの作品のご紹介です。 とても猫好きの彼女の作品です。桜の花の小紋を 地紋お越しです。と いっても 変わり繍いの技法を交えての刺繍です。ていねいな刺繍で 色使いなどからも彼女のお人柄がにじみ出ています。特に 八掛は別染めで 猫に桜の花びらと こだわりの着物です。 次にご紹介の作品は ステキな地紋のある白 [続きを読む]