弁護士菊地正登 さん プロフィール

  •  
弁護士菊地正登さん: 英文契約書・国際企業法務の弁護士
ハンドル名弁護士菊地正登 さん
ブログタイトル英文契約書・国際企業法務の弁護士
ブログURLhttp://www.mkikuchi-law.com/
サイト紹介文英文契約書(全国対応)・国際企業法務を扱う弁護士です。初回無料相談を実施しています。
自由文東京都港区赤坂の法律事務所(弁護士16名)に所属する弁護士菊地正登(10年目)です。約3年間の英国留学・英国法律事務所での勤務研修経験を活かし,企業向けにリーズナブルな価格設定で英文契約書の作成,海外展開サポート,無料法律相談を行っています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供25回 / 365日(平均0.5回/週) - 参加 2012/07/03 10:33

弁護士菊地正登 さんのブログ記事

  • Substantially(英文契約書用語の弁護士による解説)
  •  英文契約書を作成,審査,翻訳する際によく登場する英文契約書用語に,Substantiallyがあります。  これは,英文契約書で使用される場合,通常,「実質的に/大部分において」のような意味で使われます。  例えば,契約の一方の当事者に債務不履行があり,契約の目的を達成できない程度に至った場合に,はじめて解除ができるというように定めたい場合などにこのSubstantiallyという用語が登場することがあります。  建物 [続きを読む]
  • Material(英文契約書用語の弁護士による解説)
  •  英文契約書を翻訳,審査,レビューする際によく登場する英文契約書用語に,Materialがあります。  これは,英文契約書で使用される場合,通常,「重大な」という意味で使用されます。  このMaterialは,material breachという用語で使用されることが多いです。  Breachというのは,契約違反という意味でよく使用されます。例えば,If the Buyer commits a material breach of any of the provisions under thisAgreement. [続きを読む]
  • In form and substance satisfactory(英文契約書用語の弁護士に解説)
  •  英文契約書を翻訳,審査,レビューする際によく登場する英文契約書用語に,In form and substance satisfactoryがあります。  これは,英文契約書で使用される場合,通常,「満足する形式および内容により」という意味で使用されます。  具体的には,toの後に当事者を入れ,in form and substance satisfactory to the Purchaserなどとして使います。  例えば,買主が商品を外国から輸入する場合に,自国の輸入規制に対応 [続きを読む]
  • To the best of one's knowledge(英文契約書用語の弁護士による解説)
  •  英文契約書用語を審査,翻訳,チェックする際によく登場する英文契約書用語に,To the best of one's knowlegeがあります。  これは,英文契約書で使用される場合,通常,「…の知る限り」という意味で使用されます。  英文契約書でよく使用される条項に,Representation and Waranty(表明保証条項)があります。  この表明保証条項では,The Company is not in any violation of the Labor Law.(会社は労働法に [続きを読む]
  • Liability(英文契約書用語の弁護士による解説)
  •  英文契約書を審査,翻訳,レビューする際によく登場する英文契約書に,Liabilityがあります。  これは,英文契約書で使用される場合,通常,「債務」を意味します。  かなり広い概念として用いられるため,何らかの義務的な負担が広く含まれると解してよいでしょう。  金銭的な負債を表す場合,Indebtednessが使用されることがありますが,このIndebtednessよりはLiabilityの方が広い概念です。  Indeminification(補 [続きを読む]
  • Expense(英文契約書用語の弁護士による解説)
  •  英文契約書を,審査,翻訳,作成する際によく登場する英文契約書に,Expenseがあります。  これは,特に特殊な用語ではないため,英文契約書で使用される場合でも,通常,「費用」と和訳され理解されています。  このexpenseの重要性は使用される文脈にもよるのですが,補償条項・損害賠償条項に関して使用された場合は注意を要します。  よくEach party shall indemnify and hold harmless the other party from and aga [続きを読む]
  • In one's reasonable discretion(英文契約書用語の弁護士による解説)
  •  英文契約書を翻訳,審査,チェックする際によく登場する英文契約書用語に,In one's reasonable discretionがあります。  これは,英文契約書で使用される場合,通常,「…の合理的な判断・裁量により」という意味で使用されます。  類似の英文契約書用語に,In one's sole discretionがあります。こちらは,「…の単独の判断・裁量により」という意味です。  もうおわかりかと思いますが,後者は,契約の相 [続きを読む]
  • To this end(英文契約書用語の弁護士による解説)
  •  英文契約書を審査,作成,翻訳する際によく登場する英文契約書用語に,To this endがあります。  これは,英文契約書で使用される場合,通常,「この目的を達成するために」という意味で使われます。  特段,重要性の高い用語ではないですが,英文契約書では,リサイタル条項(前文)を設けることが多く,ここで契約の目的が書かれることがあります。  英文契約書を締結するには,必ず締結する目的があるはずです。この目 [続きを読む]
  • 電話・メールでのお問い合わせはこちら
  •  電話・メールでもお問合せ頂けます。代表電話のため,キクチマサト宛であることをお伝え下さい。   電話でのお問合せはこちら 03-6453-6337弁護士菊地正登(キクチマサト)宛受付時間:9:00〜18:00(土日祝日は除く) メールでのお問合せはこちら kikuchi@mkikuchi-law.com   ※契約書を添付して頂ければ見積回答致します。受付時間:24時間 [続きを読む]
  • イギリス法(英国法)・EU法の解説
  •  下記のイギリス法・EU法などについて概説しています。参照されたい項目を して下さい。イギリスBribery Act 2010(賄賂防止法)EU General Data Protection Regulation(GDPR)(EU一般データ保護規則)イギリスCompanies Act 2006(会社法)EU競争法(EU機能条約)(Treaty on the Functioning of European Union)イギリスTUPE(Transfer of Undertakings (Protection of Employment))Distribution Agreementの終了に [続きを読む]
  • Product Liability(英文契約書用語の弁護士による解説)
  •  英文契約書を作成,翻訳,レビューする際によく登場する英文契約書用語に,Product Liabilityがあります。  これは,「製造物責任」を意味します。略してPL責任,PL法(製造物責任法)などといったりもします。  多くの先進国で,このProduct Liabilityについて,法令で定めています。  この製造物責任で特徴的なのは,多くの法律で,無過失責任・厳格責任(Strict Liability)とされている点です。  コモンローの下で [続きを読む]
  • ウィーン売買条約(CISG)について
  •    英文契約書を見ると,ウィーン売買条約についての条項が挿入されていることが多いと思います。  ウィーン売買条約の正式名称は,「国際物品売買契約に関する国連条約」というもので,英名は「United Nations Convention on Contracts for the International Sale of Goods」(CISG)といいます。  日本も加盟しています。これは,異なる国の間で,物品売買をする場合に用される条約です。したがって,サービスの提供につ [続きを読む]
  • お客様の声
  •  顧問会社などこれまでのご利用者から頂戴したお言葉の一部をご紹介しています。  基本的に,①「丁寧なサポート」と②「素早い対応」について喜んで頂くことが多いです。  お客様の声の一覧はこちらです。 当社には別に顧問弁護士がいるのですが,スピードが今ひとつで料金が高いため,この件で依頼するか迷っていました。そこで,試しにと言っては失礼ですが,菊地さんに一度お願いしてみました。今後も菊地さんにお願いし [続きを読む]
  • 顧問契約のサービス内容
  •  顧問契約のサービス内容について一部を表示した一覧表です。(金額は税抜き表記です。)記載のある業務は,月額顧問料にて対応させて頂きますので,別途料金がかかりません。  月の稼働目安時間,訴訟などの弁護士費用についての減額率など,その他の内容については,お気軽にお問合せ下さい。 ※顧問契約は迅速丁寧なサービスをお約束するものであるため,おのずと契約者数に限度があります。この点,ご了承下さい。契約状 [続きを読む]
  • Instruction(英文契約書用語の弁護士による解説)
  •  英文契約書を翻訳,作成,レビューする際によく登場する英文契約書用語に,Instructionがあります。  これは,英文契約書で使用される場合,通常,「指示」という意味で使用されます。  例えば,Distributor shall sell and distributor the Products in the Territory in accordance with instructions by Supplier. (販売店は,サプライヤーの指示に従って,本製品を本地域にて販売しなければならない。)などと使用され [続きを読む]
  • 事務所の様子
  •  事務所の中はこのような様子です。  エントランス風景です。落ち着いた雰囲気になっています。  会議室はこのような様子です。大きめの会議室がこちらです。小さめのものもございます。  皆様のお越しをお待ち申し上げております。      相談のご予約(初回は稟議不要とするため無料です。),お問合せ,見積依頼はこちらからお気軽にどうぞ。  原則として,当日,遅くとも1営業日(24時間以内)に折り返しご [続きを読む]
  • Certify(英文契約書用語の弁護士による解説)
  •  英文契約書を翻訳,レビュー,作成する際によく登場する英文契約書用語に,Certifyがあります。  これは,通常,「証明する」という意味で使用されます。  英文契約書というより,何らかの証明書で使用されることが多いです。  例えば,I hereby certify that...などとして,that以下の内容を保証するというような内容で登場することがあります。  何らかの文書が真正なものであることを証明したり,翻訳が正しいことを [続きを読む]
  • General Data Protection Regulation(一般データ保護規則)
  •  General Data Protection Regulation(GDPR)(一般データ保護規則)とは,EU(欧州連合)が定めた規則です。  GDPRは,2018年5月25日から適用される予定となっています。GDPRは,日本の個人情報保護法に類似する法律ですが,いわゆる域外適用といって,EU圏内の企業等だけではなく,一定の要件を充たすと日本にある日本法人等にも適用されます。  米国のAntitrust Lawの類,欧州のCempetition Law(競争法)の類,米国のF [続きを読む]
  • In consideration of...(英文契約書用語の弁護士による解説)
  •  英文契約書を翻訳,レビュー,作成する際によく登場する英文契約書用語に,In consideration of...があります。  これは,英文契約書で使用される場合,通常,「…を約因として」という意味で使用されます。  なぜこのような表現が登場するのかというと,英文契約書は多くの場合,英米法(コモンロー)を基礎にして作成されているからです。  コモンローでは,このようなconsideration(約因)というものがないと, [続きを読む]
  • In writing(英文契約書用語の弁護士による解説)
  •  英文契約書を翻訳,作成,レビューする際によく登場する英文契約書用語に,In writingがあります。  これは英文契約書で使用される場合,通常,「書面により」という意味で使用されます。  英文契約書では,契約解除(Termination)や,契約の更新(Renewal),請求(Claim)など多くの場面で,当事者が相手方に対して通知をすることになっています。  その際,In writingという用語を挿入しないと,原則として,書面によ [続きを読む]
  • Secrecy(英文契約書用語の弁護士による解説)
  •  英文契約書を翻訳,レビュー,作成する際に登場する英文契約書用語に,Secrecyがあります。  これは,英文契約書で使用される場合,通常,「守秘義務」という意味で使用されることが多いです。  守秘義務条項のタイトルとしては,Confidentialityの方がよく使用されると思いますが,Secrecyもたまに見かけます。  取引,特に国際取引・クロスボーダー取引では,企業のノウハウ,機密情報をいかに守るかは非常に重要な問題 [続きを読む]
  • Specifications(英文契約書用語の弁護士による解説)
  •  英文契約書を作成,修正,チェックする際によく登場する英文契約書用語に,Specificationsがあります。  これは,英文契約書で使用される場合,通常,「仕様」という意味で使用されます。  例えば,「The Seller warrants that the Products conform to the specifications provided by the Seller to the Buyer.(売主は,本製品が,売主が買主に提供した仕様に合致することを保証する。)」 などとして使用されます。   [続きを読む]
  • 取扱業務の一覧
  •  英文契約書・企業の海外展開支援など,弁護士菊地正登が提供するサービスの一覧です。  で詳細ページにジャンプします。  初回面談 英文契約書作成・修正・翻訳 国際取引・海外進出支援 正式に依頼するかどうか面談の上,ご判断下さい。面談後,見積もりをしています。稟議を省略できるよう,企業のご相談は初めてのご面談に限り無料とさせて頂いております。 英文契約書のチェック,修正,作成業務を提供して [続きを読む]
  • 英文契約書サービスの料金・費用
  •  弁護士による英文契約書の翻訳(和訳・英訳),作成,チェック業務の料金について掲載しています。もちろん,日本語の契約書も取り扱っていますので,お問い合わせ下さい。  国際業務を取り扱う弁護士に英文契約書のチェック・作成を依頼する場合,タイムチャージ(弁護士が英文契約書の検討・修正に費やした時間に弁護士費用の単価を乗じて算出する制度)が一般的です。  しかし,タイムチ [続きを読む]
  • 英文契約書サービスの4つの特徴
  •  英文契約書の作成,チェック,修正,翻訳や企業の海外展開などのご相談業務にあたる際に,お約束している点は以下のとおりです。  豊富な実績と専門性         英文契約書・国際法務に関し,正確で高い品質のサービスを提供するには,①リスクの内容・程度,②そのリスクの除去・軽減方法,③問題の解決手段などに専門的な法的知識と経験が備わっている必要があります。 & [続きを読む]