fuyu-Kids さん プロフィール

  •  
fuyu-Kidsさん: '絵本100冊'と'辞書引き'で育てる活き活きキッズ
ハンドル名fuyu-Kids さん
ブログタイトル'絵本100冊'と'辞書引き'で育てる活き活きキッズ
ブログURLhttps://fuyu-kids.jimdo.com/
サイト紹介文「できたっ!」の喜びを味わい成長する子ども達のブログ。計画力、多読、奈良など活き活きキッズの毎日です
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供75回 / 365日(平均1.4回/週) - 参加 2012/07/03 21:17

fuyu-Kids さんのブログ記事

  • English Village
  • 大阪にあるアメリカ キッザニアの英語版 エキスポシティにあるEnglish villageに行ってきました。 5名で募集したら、倍の申込みがあったので、中学生男子の回と小学生女子の回に分けて2回。 中学生男子ばかりの車内は、かさ高いけど、おとなしい男子達がイベントに参加してくれるっていうのが嬉しい。インストラクターのテンションの高さに圧倒されたようです。「テンシ [続きを読む]
  • また多読行きたい
  • 夏休み特別イベント第2弾は、「多読チャレンジ」 普段から多読をしている子も、初めての子も、夏休みに英語の本を読む時間です。広い部屋に変更するほど申込があって、多読への関心の高さを感じます。 みんなで読むと楽しい、カードゲームも楽しい、タブレットの本も楽しい、 それ以上に、 「英語の本が読めた!!!」っていう満足感が、子ども達には嬉しい [続きを読む]
  • 朝からおやつ
  • 通常レッスンはお休みして、特別イベントです。 (中高生は、積み重ねが必要なので、通常の形式での追加レッスンで頑張ってもらいます) 昨日と今日は、おやつを食べながら動画を見たりゲームを見たりするMovie day 動画を見て、「分かることも分からんとこもあった」 白熱したゲームに、「楽しかった」 朝から元気に溢れた子ども達。Thank you for joining. [続きを読む]
  • eブックが気になる
  • 高校生のAちゃんが、となりでeブックを読んでいる中学生のBちゃんの様子を見て Aちゃん「それって、どんなん?」 タブレットで簡単なレベルからアメリカの小学高学年までのレベルの本が読めること、ネイティブの英語が聞けること等を説明。 Aちゃん「どんな本が読めるん?」 1冊、サンプルで見せてみる。 Aちゃん「どうやって、するん?」 ひとりひとりの [続きを読む]
  • 英語ならってんのに
  • 多読の感想文を書く時に Aくん「英語で書かなあかん?」 fuyu 「1文は英語にしよう」 Aくん「えー」 それを聞いていた Bくん「おれ、ぜんぶ英語で書こう     なんで英語ならってんのに、英語で書かへんの?」 Aくん「やっぱ、おれも英語で書こう」 ( ´艸`)( ´艸`)( ´艸`) 大人がうるさく言わなくても、子ども [続きを読む]
  • 実感、じっかん
  • fuyu 「おー、良く書けてるね」 中学生のAちゃん 「うん、CDちゃんと聞いたら、すっと出来たわ」 英語を得意になるスタートは”聴く” CDを聞くって簡単なんだけど、続けるのは簡単じゃない。でも、続けると英語が聞ける、発音良く話せる、書けると一石三鳥の効果なんです。 それを少しずつ実感してくれるのが嬉しい! [続きを読む]
  • とにかく全力、とにかく元気
  • 小学校低学年がいるクラスは、とにかく元気です。 「It's summer. I see flowers. It's fall. I see leaves. (英語を言うというより叫んでる?!) It's winter. ウィンナー?アハハハハ(大爆笑) I see snowflakes. (大きな笑顔で叫び続けてます)」 fuyu-Kidsに初めてきた時、恥ずかしそうにうつむいていた子や一言も話さなかった子はどこへやら。 とにかく全 [続きを読む]
  • 他にいなくてもいいんじゃないかな
  • 年少さんAくんのお母さんが途方にくれた様子で 「上がってこようとしません。 3か月以上も経って、泣き続ける子っていますか?」 Aくん、お母さんと別れる時は毎回「ママ〜。ママがいい〜。かえりたい〜。」と涙です。fuyu-Kidsに行くというと泣きだしてしまうらしい( ;∀;)でも、帰ったらfuyu-Kids楽しかったと言って、本を広げたりCDを聞いたりしてくれているらしい\(^o^ [続きを読む]
  • 尊重して強みを活かす
  • AさんとTEDの"magical houses made of bamboo"を使って、Aさんと大人プライベートレッスン。 竹について新しい知識が増えて、新しい発見がいっぱいです。 その中に、こんなフレーズが 「 No two poles alike, no straight lines, no two-by-fours here. We ask the bamboo what it's good at, what it wants to become, and what it says is: respect it, design for its s [続きを読む]
  • いつから、どうやって
  • 今月の ”子育て支援センターとみお” での読み聞かせは番外編。 入試制度も変わってきて、情報も溢れる時代のお母さん・お父さんの焦りを少しでも解消できたらと、 「英語って、いつから、どうやって始めたらいいの」というタイトルでお話させていただきました。それぞれチャートにこたえて、自分の家族にとってのピッタリも探ってもらいました。 英語が得意になるために [続きを読む]
  • わたしのノート
  • 小5のAちゃんは毎週、自分のノートに英文を練習して見せてくれます。 ノートを用意して、とも ライティングの紙以外に練習してきてとも言っていなのに(;^ω^) やり方は3回書いて(input)から、1回チェック(output)と、伝えた方法でバッチリです。 「教えてもらったことは素直に受け入れる」+「自分で工夫をしてプラスαのことをやってみる」Aちゃんってスゴイ! [続きを読む]
  • テストにワクワク
  • 「今日は英検の問題するよ」と言うと 「ヤッター!!! ほんと?出来るん?」と5年生のAちゃん大喜び。 問題を解きながらニコニコ。こんな嬉しそうな表情でテスト問題を解く子、初めてです(;^ω^) Aちゃんが、こんなに嬉しそうにするには背景があります。「学校の友達が受けたらしいから」という理由もあって、英検にチャレンジしたいという小学生が増えてきました。晴 [続きを読む]
  • 動き出す
  • 多読クラスでは、学年が入り混じって、それぞれが自分のレベルに合った紙の本やタブレットのeブックを読みます。 ブツブツ言いながら、それぞれが読む”静”の時間に、クラス全体での”動”の時間と追加すると、急に子ども達が意欲的に動きだします。 「今日は、みんなの前でひとりずつ本を読もう」 Kids「えー、簡単なのでいい?」(えーと言いつつも前に出て読むことに抵抗はない様子 [続きを読む]
  • あっおぼえてる
  • 小学1年生のAちゃん、Helloと上がってきた手には 「My leg hurts.」 とつたない字で書いた紙。 学校でけがをしたんだそうです。お母さんかおばあちゃんに教えてもらって書いたんだろうね(^_-)-☆ 足をけがしたのに、なんだか誇らしげ(;^_^A 部屋に入るとフォルダを取り出し 「やってきた。 2枚ともやってきたよ。」 とライティングの紙を一番に見せてくれました。 [続きを読む]
  • 色々あっても貴重な一瞬
  • 「家では何もしゃべらないんで」 「家では何か気に入らないことがあるとナイフのように尖ってます」 「お母さんが何考えてるんかよく分からんわ」 小さい頃はニコニコで無邪気だった子ども達も、思春期になると反抗したり無口になったり、親としては悩ましいところです。きっと自分達の親も悩んでくれただろうけど、目の前の我が子となると色々ありますよね。 思春期の脳では人生最大ともい [続きを読む]
  • 大切な縁
  • ブログ更新をさぼっていた2週間、アメリカ・ユタ州から高校時代にステイさせてもらった家族と香港から翌年に同じ家にステイした友人が来日し、夢のような時間を過ごしていました。 大切な人達が、大切なfuyu-Kidsの子ども達との時間も作ってくれました。 幼児・小学生向けの2回のイベントでは、本を読んでもらったり、ゲームをしたり、歌を歌ったり。みんな緊張するかなと思ったら、知って [続きを読む]
  • 伝えたい
  • What day is it today? レッスンの最初のカレンダチェックの時、年長さんAちゃんが 「five two three birthday」 Oh, May 23rd is your birthday!? 誕生日の後 「What was your birthday present?」と聞くと 「house」と答えてくれました。 りかちゃん人形の家かな?シルバニアかな? 知っている言葉を総動員して伝えようとするAちゃん。私達 [続きを読む]
  • 慣れるねん人生って
  • eブックの本が読めない( ;∀;)と苦戦している小3のAちゃんの横で、同じく小3のBくんが 「教えたろか おれ、こないだそれ読んだから」 読めるようにならないと諦めそうになるAちゃんの横で、Bくん 「あきらめたら終わり 慣れたら出来るから 読んで読んで読みまくったらいいねん 慣れるねん、人生って」 小学校3年生にして、人生を悟って [続きを読む]
  • かっこいいね
  • 年少さんAくんのお母さんに 「最初は抱っこで泣いてたけど 手をあげたり、英語を言うようになって 最後の書く時は自分で本を取りに行って椅子にも座ってましたよ」 とレッスンの様子を話していると Bちゃんのお母さんが、スゴイって顔で 「Aくん、かっこいいね」と言ってくれました。 我が子だけを見ているのではなくて、他の子の成長も一緒に喜んでく [続きを読む]
  • いい子だわー
  • 中間テスト前日、最後の問題をやり終えて帰り支度中のAくんが時計を見上げて 「あっ、こんな遅い時間まで ありがとうございます」 最後にこの問題もやってしまおうということになり、普段より大幅に延長しました。 疲れた、居残りさせられたって気分になるのが中高生なのに、ありがとうって言葉が出るなんて、いい子だわー。 ハードな運動部で頑張った後、汗だくで疲れてい [続きを読む]
  • #GreatfulForEveryMoment
  • 「テストって、なんであるんやろな」と中学生のAくん。 テスト前になると、必ずこのモードに入ります。Aくんに限らずテスト前の中高生は多かれ少なかれ、そう感じますよね。 自分だけが頭が悪いんじゃないか(;´Д`)、ヤル気がでないのは自分だけじゃないか(;´Д`)、もっと簡単な方法があるんじゃないか(;´Д`)、大人は楽そうでいいな(;´Д`) 分かる、その気持ち。 でも、み [続きを読む]
  • 溜まったら出てくる
  • 小学生達は、先生役になるのが大好きです。ひとりが前にでて指さして質問し、他のみんながYes, it is./No, it isn't.と答えます。 幼稚園から継続している子達はさすが! 「Is it a ball? Is it a chair? Is it an octopus? Is it a cake? Is it a table? ・・・」 stopの声をかけなければ、ずーっと質問するんじゃないかってくらい、単語を変えて次々と質問していきます。 [続きを読む]
  • おかえり
  • 「あれ、Aちゃん来れたの?」 修学旅行だから、間に合ったら来るけど多分休むといっていたAちゃんが"Hello"と入ってきました。 6時に帰ってきて、6:45からのレッスンに来てくれるなんて嬉しい!眠くないのと聞くと、座ったら寝そうと言っていましたが(;^ω^)わざわざ、お土産まで持ってきてくれて、ありがとう。 さて、中高生は中間テスト前。英語・数学のテスト勉強が自分で出来る子 [続きを読む]
  • BBQ
  • 日曜日は絶好の日和でBBQ。走り回る子ども達、美味しそうに食べる子ども達の笑顔は最高です。 そんな子ども達の姿を見る以上に楽しみにしているのは、普段なかなかゆっくり話すことのできない、お父さん&お母さんとの会話。 「英語の宿題は自分からするし、家でケースにしまいこまれていた国語辞書も引くようになったんです」 「小さい時からやってると、私と違って発音が違います」 [続きを読む]
  • 検索
  • 5月って英語でなんだっけと小3のAちゃんに 「Look up your dictionary.」と言うと 「辞書でケンサクしよ! あっ、検索って言っちゃった」 今どきの子ですね。 過去のブログ レッスン案内 お問合せ にほん [続きを読む]