falconHY さん プロフィール

  •  
falconHYさん: やっさんの鳥撮りワールド
ハンドル名falconHY さん
ブログタイトルやっさんの鳥撮りワールド
ブログURLhttp://falconworld.blog.fc2.com/
サイト紹介文野鳥を中心に自然を相手に色々なものを撮影しております。猛禽類、フクロウ好き。特にハヤブサが大好き。
自由文写真撮影以外にデジタル画像処理についておいおい載せていきます
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供90回 / 365日(平均1.7回/週) - 参加 2012/07/04 07:18

falconHY さんのブログ記事

  • 彼岸花
  • ヒガンバナ暑い夏でしたが、いつのまにか季節は秋。朝晩、めっきり涼しくなり過ごしやすくなりました。近くの川土手に、もうヒガンバナが咲いています。今年はちょっと早いのかな?例年なら、五島列島福江島に出かけている頃ですが今年はパスです。その川土手には、白いヒガンバナが何か所かに見られます。なかなか見れない白花ヒガンバナですが、家からこんな近くに咲いているとは幸運です。背景を暗く落とすと花が浮かび上がりま [続きを読む]
  • 赤蕎麦のお花畑
  • 赤蕎麦の赤い花が満開でした昨年は行きそびれた赤蕎麦の撮影。今年は、ちょっと早めに満開と聞いて行ってみました。未だ暗い早朝に到着するも、すでに5台もの車が停車しておりカメラを構えている方もおられます。皆さん、朝焼けと赤蕎麦のコラボレーションを狙っての撮影です。カメラには、高価なハーフNDを付けて色づく夜明けを待ち構えておられます。しかし、この日の朝焼けは私を含め皆さんの期待には副ってくれませんでした。 [続きを読む]
  • ルリモンハナバチ
  • ハーブ(ローズマリー)の花で吸蜜するルリモンハナバチ久しぶりの更新です。今回の話題は昆虫です。8月、昨年撮影した青いハチ(ルリモンハナバチ)を、今年も今か今かと待ち構えていました。しかし、現地を訪れると斜面一面に咲いていたキバナコスモスは一輪もなく、斜面の土が堀返されていました。おそらくイノシシの仕業でしょう。これでは、ハチたちはやっては来ません。今年は撮影できないと諦めていた時でした。そこに、友 [続きを読む]
  • MIDIコントローラーでLightroomの操作
  • MIDIコントローラー”WORLDE_EasyControl_9”(注:スイッチはPhotoshopにて着色してあります)今回は、MIDIコントローラーの続編です。取り合えず3種類x9個のボリュームやスライダー、スイッチでLightroomの主要コマンドをアサインしたがやはり物足りない。このままだと、何のために安価な国産のKORG:KORG USB MIDIコントローラー NANO KONTROL2を購入せず、多くのスイッチがアサインできるこの製品を購入したのかわか [続きを読む]
  • BF-182LED化
  • 豆球から高輝度LEDに改造したBF-182ヘッドランプ昨日まで孫たちの声でにぎやかだった我が家が、急に静かになりました。やっと、”おじいちゃん”から解放です。工作意欲が湧いてきました。先日、部品が届いたLEDを使い待望のヘッドランプの改造作業に取り掛かりました。作業は豆球につながっている線をLEDにハンダ付けするだけの簡単な作業です。このLEDは公称3.2V駆動のLEDです。ヘッドランプには単三乾電池4本が入っていますが並 [続きを読む]
  • 中国郵便で送られて来た物は?
  • アマゾンで部品を買ったら中国郵便でこんな袋に入って送られてきました。アマゾンでいろいろ物色していて、ちょっと工作がしたくなってきたので部品をオーダーしました。待つこと9日。中国から郵便でそのパーツが送られてきました。その部品は、高輝度LED2種類、そのレンズ。下の写真の物です。これだけオーダーしても¥620です。送料込みの値段ですよ。驚きの値段ですね。さて、何のためにこの部品をオーダーしたのかというと [続きを読む]
  • Lightroomコントローラー
  • WORLDE EasyControl 9スローな台風が過ぎ去り、またもや各地に被害が発生しました。被害にあわれた方々には、この場をお借りしてお見舞い申し上げます。鳥枯れの季節です。こんな時は情報収集と、ネット検索していたところちょっと気になるものを見つけました。それは、MIDIコントローラーを使いLightroomで直感的に現像パラメーターコントロールするといった記事でした。『MIDIコントローラーって何だ?』と思われるカラも多いと [続きを読む]
  • アオバト
  • 海水を飲むため海岸の枯れ木に集まるアオバト数年前、友人から聞いていましたが、なかなか行くことができなかったアオバト海岸。暑い中、意を決して行ってみました。アオバトは、海岸で海水を飲むことはよく知られています。それは、ミネラル分の補給と言われていますが、詳しいことはわかっていません。有名なところでは、神奈川県大磯町の照ヶ崎海岸です。私も転勤していた時には、何回か訪れて撮影したことがあります。アオバト [続きを読む]
  • ヒメボタル
  • 雑木林のお姫様たち8月に突入しました。これから半年、猛烈に暑い日が続きます。夏バテしないよう頑張りましょう。今回の話題は7月に撮影したヒメボタルです。ヒメボタルのシーズンはやはり一週間ぐらい遅かったですね。待ちわびた分、各地で一斉に爆発的に光だし、ピークを逃した場所も多かったです。ヒメボタルは、林一面の絨毯が綺麗ですが、僕的には”暗闇でひっそり光る小さな生き物”そんなイメージで、撮影し合成枚数も少な [続きを読む]
  • ドライブレコーダーが捉えた映像
  • 道路左側から小動物が現れる(動画からの切り出し画像)先月、我が愛車にドライブレコーダーなるものを装着した記事を載せました。そのドライブレコーダーが、夜間走行中に貴重な映像をゲットしてくれました。PM9:45頃、山道の県道を走っていると、道路左側から小動物が道路に出てきたのが見えました。その走り方から、すぐにノウサギと判りました。ノウサギに出会うのは3年ぶりです。夜間、山間の道路を走るといろいろな小動物 [続きを読む]
  • 夏の天の川
  • 立ち上がる天の川とゲンジボタル(30秒の一発撮り)この日は半ばあきらめていました。このまま寝るのももったいないと、夜遅く空を見上げると少し雲がありましたが天の川が見えます。夏鳥の繁殖も終盤に差しかかり、鳥のさえずりも少なくなりました。そんな中、キョッ、キョッ、キョッとヨタカが鳴きます。時折、あの懐かしいフクロウの鳴き声も聞こえました。天の川を撮影していると、湿原を飛ぶゲンギボタルの光が目見入りました [続きを読む]
  • ブナ林のコノハズク
  • コノハズク(赤色型)今年も、かわいいコノハズクに会いに行ってきました。現地は何と4番もの営巣が確認されており、確認されていない番もいつと思われるので、それはそれは凄い密度のコノハズクの森でした。アカショウビンもいいですが、新緑に包まれたブナ林で昼間に見える小型のフクロウもいいものです。一番だけでも、我がフィールドに来ていただけないものかと願うばかりです。そこでは、以前転勤していた関東の知人、埼玉県 [続きを読む]
  • アカショウビン
  • アカショウビン一年ぶりに隣県のアカショウビンを撮影してきました。今年は、いい場所に営巣したので平日でもすごいカメラマンの数です。皆さん、巣穴に飛び込むシーンや巣穴から離れるシーンで飛んでいるアカショウビンを撮ろうと、それはそれはすごいシャッター音が響き渡ります。アカショウビンが撮影できるとあって、全国各地から多くのカメラマンが来られます。いい撮影場所も、早朝から陣取って、同じカットばかりでよく飽き [続きを読む]
  • 湿原の妖精 ヒメシジミ
  • ヒメシジミ♀今日は気温も上がり暑い日でした。梅雨も明けた?いいや半梅雨らしいです。梅雨明けも時間の問題でしょう。前回に続き今回も蝶です。前回、ヒメシジミの紹介をしましたが、オス一頭だけでは物足りなく感じていました。そこで、数年前ヒメシジミを撮影した場所に行ってみました。いました、居ました。数頭のヒメシジミがあちらこちらに見られます。メスの姿もあります。ヒメシジミの恋の季節です。時期的には一週間程度 [続きを読む]
  • 森の妖精ゼフィルス
  • メタリック・ブルーグリーンが美しい蝶です今回は、蝶です。ゼフィルスと呼ばれている綺麗なミドリシジミです。この蝶の撮影は四年振りです。前回は無謀にも動画撮影しましたが、今回はおとなしくスチール撮影です。この日は晴れ間が出る。ミドリシジミが見れるのはこの日だ!しかし。目が覚めたのはAM7:00。これでは、支度しすぐに出ても9時過ぎになる。せっかくのお天気だっから行ってみることにした。現地に着くと、すでに [続きを読む]
  • ジュウイチの雛の変わった行動
  • 黄色い大きな口を開け仮親に餌をねだりますジュウイチは、その体系や顔立ちは何かに似ていると思いませんか?それは、ハイタカのような小型の鷹にそっくりな容姿をしているのです。飛んでいる姿もハイタカか?と、勘違いするぐらい似ています。英名も”Hodgson's Hawk Cuckoo”という名前になっています。その容姿から、外敵から狙られるのを防いでいると言われています。もう一つ、ジュウイチの雛は仮親のから、より多くのエサを [続きを読む]
  • ジュウイチへの給餌
  • 口を大きく開け餌をねだるジュウイチの雛島根県西部や広島県西部、福岡県、大分県と西日本各地の集中豪雨でたいへんな状況となっています。未だ、九州各地では予断を許さない状況ですが、被害にあわれた方々には心よりお見舞い申し上げます。まだまだ続くジュウイチの托卵。育ての親であるコルリ夫婦。自分より大きな雛に餌をやるときもたいへんです。巣の中では、雛はしゃがんで給餌してもらうため、コルリたちも雛の大きなくちば [続きを読む]
  • ジュウイチの親は?
  • 私がジュウイチの育て親の”コルリ”です先日、ジュウイチの雛の巣立ちを記事にしました。ジュウイチは、カッコウの仲間です。カッコウの仲間というと”托卵にて子孫の残す”と、ちょっと変わった繁殖行動をしています。托卵とは、自分では子育てをせず、違う種の鳥に自分が産んだ雛を育ててもらいます。何故、そのような習性になったかは定かではありませんが、古来より絶滅せずに今に生き残っているということは、この”托卵”と [続きを読む]
  • ジュウイチの巣立ち
  • はじめまして、僕は”ジュウイチ”といいますこの日の広島は、昨夜から降り続く雨で各地に大雨洪水警報が発令されていました。AM3:15、そんな中現地に向かう一人の馬鹿なカメラマン。それは私のことです。家を出て、峠越えの坂道を走っていてそれはそれは恐怖を感じる運転でした。さすがに車の往来は少ないですが、凄い雨で前も見えずやっとセンターラインが見える程度。これではスピードを出せません。現地に近づくにつれ、雨は弱 [続きを読む]
  • フィールドで見つけた季節もの
  • ササユリ我がフィールドではあちらこちらにササユリが咲いています。葉や茎が笹に似ているためこのような名前が付けられました。花は真っ白ではなく淡いピンク色で中には濃いピンクの花や黄色い花もあるそうです。例年ならこの梅雨の時期、雨の中の撮影ですが今年は雨が少なくいろいろな被写体を見つけることができます。今年は雨が少なく、困っているのは農家の方々だけではなく、動物界でもこのモリアオガエルもそうでしょう。最 [続きを読む]
  • カメラが一台増えました!
  • トランセンドのDrivePro220と、言ってもデジタル一眼のカメラではありません。それは、”ドライブレコーダー”と装置で自動的に走行中の映像を記録するカメラの話です先日、高速道路走行中のバスに車が飛んできた事故がありました。その事故を克明に記録していたのがドライブレコーダーでした。以前から、そのドライブレコーダーを車に付けたいと思っていました。そのドライブレコーダーが付いていたとしても、事故は防げません [続きを読む]
  • コルリ
  • コルリ♂山に入るとあの独特な『チッ、チッ、チッ、チッ、チンチチュルル〜』と特徴のある小鳥のさえずりが聞こえます。これがコルリのさえずりです。この時期、繁殖で子育てに励んでいるためあまりさえずりは聞こえなくなりました。関東に転勤していた時、このコルリ撮影に富士山麓によく訪れました。そこは、コルリの宝庫。まだ暗い午前3時過ぎから午前7時半ぐらいまで結構さえずりが聞こえました。しかし、人間は明るくなって行 [続きを読む]
  • 蛇の池のスイレン
  • 瀬戸内海国立公園極楽寺山ないにある蛇の池この日は近場のスイレンの花を撮影しに行きました。そこは、家からも近く極楽寺山キャンプ場にある”蛇の池”です。ちょうど、『睡蓮祭り』の真っ最中で、平日なのに多くの方が来られてました。池には、大きな錦鯉やフナ、クサガメ、それに大きくなったミドリガメ(ミシシッピアカミミガメ)が、スイレンの間を優雅に泳いでいます。毎回変わり映えしない写真で申し訳ありません。この日の [続きを読む]
  • ヒメシジミ
  • ヒメシジミ今回は蝶です。ここ、西中国山地ではヒメシジミが生息します。本州では山地高原に生息し、西日本ではこの中国山地でしか見られません。開発に伴い、数を減らしているシジミチョウです。翅をたたむと、一円玉にすっぽり入る大きさです。この日の撮影地では、オス一頭しか見つけることができませんでした。このヒメシジミ、その大きさから飛ぶとすぐに見失います。遠くには行かず、すぐ近くに舞い降り止まります。ファイン [続きを読む]
  • トキソウ(朱鷺草)
  • トキソウ梅雨というのに、雨が降らないですね。湿度も低く、カラッとしたお天気で気持ちがいいのですが気温が低く日本の気候とは思えません。山の鳥は、繁殖に入った様で静まり返っていました。今回は、時期的に咲いているだろうとトキソウが咲くところに行ってきました。このトキソウ、花が鳥のトキの色に似ているところから名前がつけられたそうです。ラン科の山野草で、翼を広げたように花を広げる姿はまさに鳥のようです。クマ [続きを読む]