pray for your spirit さん プロフィール

  •  
pray for your spiritさん: スピリチュアルな世界
ハンドル名pray for your spirit さん
ブログタイトルスピリチュアルな世界
ブログURLhttp://blogs.yahoo.co.jp/prayforyourspirit
サイト紹介文このブログではスピリチュアルな世界について私の感性の趣くままに書いております。
自由文スピリチュアルな世界が身近なものとしてご理解いただけるように心がけております。
このブログが少しでも皆様のお役に立てれば幸いです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供88回 / 365日(平均1.7回/週) - 参加 2012/07/04 10:15

pray for your spirit さんのブログ記事

  • 人に伝えたい事
  • 人に何かを伝えたいと思っても、なかなか上手く伝わらない時がありますよね。皆さんも一度は経験されたこともあるのではないでしょうか?人間同士、お互いに見えていながら、言葉で伝えていても難しい時があるのですから、見えない世界にいる霊たちにとっては、人間に何かを伝えようとすることは大変な事かもしれません。中には、霊感が有り、霊に対して普通の人間と同じように会話できる人もいますが、そうでない人にとっては分か [続きを読む]
  • 病気で生きるのが辛い
  • 病気を患うと誰もが生きるのが辛いと思うことがありますよね。ましてや人間として生きて行くことが辛いと思う方もおります。その多くは、自分の生い立ちや生き方がうまく行かないと悩んでばかりで、人間的に不幸なのは他人の所為で上手くいかないのだと、遂には人の所為にしては、自らの責任を果たそうとしない人もいます。しかし、世の中はそんなに甘くはありません。この世の中は色々な人がいて住み難く、特に大人になるほど責任 [続きを読む]
  • 人は死んだらどうなるのか?
  • 人は死んだらどうなるのか?と誰もが一度は考えたことがあるのかもしれません。私のブログでも過去に何度か書かせていただいたテーマですが、生きている私達にとっては、未経験の謎ですね。死んだらそれまでで、無になってしまうと言う方もいれば、魂だけの存在になると思う方もいるかもしれません。よく、臨死体験をされた方の話が、メディアなどでも見ることがありますが、その内容を見ると様々であり、必ずしも皆が全く同じでは [続きを読む]
  • 6年目を迎えて
  • 東日本大震災の発生から今日で6年目を迎えました。未だ行方が分からない方も多くおられます。亡くなられました多くの御霊が安らかでありますように。                             合掌 [続きを読む]
  • セミナーについて
  • セミナーについてご報告致します。私共では、毎月第三土曜日に2時間程度のセミナーを開催しております。集まる方は、今のところ5人程度と少ないのですが、スピリチュアルなセミナーですので、少人数の方が個々人のニーズにある程度は答えられます。逆に大人数ですと目が届き難くなりますので、お客様の満足感が半減してしまいます。セミナーでお話をしている時でも、お一人お一人に意識を向けながら話すことができますので、それ [続きを読む]
  • 声が聞こえる
  • 霊障がある人の中には、声が聞こえるという現象があります。これは、日本ばかりの事ではなく、海外などでも同じ現象があることが分かっています。インターネットなどで調べれば分かることですが、いずれにしても低級霊(悪霊)の影響によるものです。ではどのような事を言われるか?なのですが、聞いている本人に対して否定的でネガティブなことを言ってくる場合が多いようです。例えば、「お前はダメな人間だ」とか、「そんな事を [続きを読む]
  • 親子の縁
  • 親は子供を選べず、子供も親を選べません。頭では分かってはいても、それでも時には、子は親を恨み、親は子供を疎ましく思うこともあるのは、人間の業かもしれません。よく、こんな親の元に生まれてきて損をしたとか、生んでくれと頼んだ憶えはないという事を言ってしまうこともあるかもしれませんが、それでも親子の縁の元にこの世に生を受けてきたのは間違いありません。他人と比較しても何かが変わるわけでもありませんし、何故 [続きを読む]
  • 相談者への恐怖
  • 教祖や霊能者の中には、信者や相談者に対して脅しとも取れるような恐怖を与えて、自分の言う事を聞かせようとする者もいます。教祖や能力者の言うことに疑問を呈しても、それに対する納得する回答もなく、挙句の果てには自分の言うとおりにしないと災いが起きたり、不幸になるとと言うものです。こうなると、人を救うためにいるのか?人を不幸にするために存在しているのか?わからくなってしまいます。特に能力者の場合などに多い [続きを読む]
  • 宗教活動と出家
  • 最近、テレビなどでも報じられていましたが、女優が芸能活動を辞めて、某宗教団体で出家するという話題がありました。幼い頃から主教団体の信者であり、出家するにあたり、自分は洗脳はされていないという発言もあったようですが、宗教団体側からすれば、今回の発表は、宣伝効果があったと思われます。芸能人が宗教団体の信者となり、広告塔の役割を果たしているケースは昔からありました。日本は、信教の自由を憲法で保障されてい [続きを読む]
  • 何でも霊現象
  • 自分が霊障を受けていると思っている相談者に、それは間違いなく霊障と答えれば、やっぱりそうですかと納得し、除霊してくださいと依頼をされることになります。しかし、中には霊障だと思い込んでいるだけで、実際には霊的な影響や障害がない場合もあります。例えば、花粉症になったのは霊障なのではないか?とか、朝、出かける時に財布や定期を忘れたのも霊障ではないか?など、冷静に判断すれば失笑してしまいそうな事も霊障だと [続きを読む]
  • 見えないカーテン
  • セミナーなどでも霊界はどこにあるのか?という質問を受けることがあります。例えば、天国をイメージした時には、地上階より遥か高い空とか宇宙にあるのではないか?と思うかたもいるかもしれません。私も物理的には、どこにあるかと説明もできませんが、少なくても私たちが住んでいる世界とは次元の違う世界であると思います。あえて言えば、霊界と私達の世界との間には見えないカーテンがあるようなものです。現実世界に住む私達 [続きを読む]
  • 霊能者として生きるとは?
  • 霊能者として生きると言うことは、あらゆる面で霊と人間の間に立たされ苦労をさせられます。このような苦労は私だけではなく、本物の能力者を目指している人は、人間として同じような苦労がそれぞれに与えられているものです。人間として生きる限り、霊能者と言えども多かれ少なかれ修行を背負って苦労して生きているのです。人は、人間としての修行を終えて初めて霊界という所に移動して行くのですが、そこは人間社会での地位や名 [続きを読む]
  • 我が子に対する愛情
  • 最近、我が子に対しての虐待や放置、ノイローゼから来る殺人がマスコミで報道されたり、子供は子供同士でいじめから殺人事件を起こしたりと、世の中どうなってしまったのかと疑問に思うことが多過ぎます。世の中の理性が何処へ行ってしまったのか?と思わずにはいられません。近頃はゆとり教育という事なのか、他人への思いやりや愛情とか基本的なことを教えず、また教えるべき教育者も保護者やPTAが怖くてつい言いなりになってし [続きを読む]
  • 自殺未遂
  • 私達は人間の社会で自然(天界からの仕組み)に生かされています。またどんなに自然に抵抗しても生きることはできません。私達が人間として生まれることは大変なことです。生まれる場所も親も選べませんし、生涯幸せに暮らせる保証はありません。それ故に、人間の魂は生まれて来た時代や場所により大きな影響を受けます。現代でもそうですが、戦争や紛争の最中に生まれてしまい難民になってしまう人もいます。そう考えれば、日本人 [続きを読む]
  • 能力者を見る
  • 最近は、ネット上に自作自演の書き込みが溢れているのではないか?と思うような書き込みが多くなりました。書き込み全部が本当かどうか怪しい物ですが、皆様にはどれが本物かどうかを判断するのは難しいと思います。これは能力者でも見抜くことは困難です。何故なら、能力者自体をどこまでが本物に近いのかを誰が判断するのか?と言うことです。このことについては難しいところです。何故なら、信頼できる能力者でも、相談者との相 [続きを読む]
  • ラップ現象
  • ある男性ですが、引っ越しで新居にすみ始めてしばらくした頃から、不思議な現象を経験するようになりました。この男性は一人暮らしで、普段は自分以外は誰もいないはずなのに隣の部屋から物音が聞こえたりしたのですが、初めはあまりきにしなかったのですが、それが頻繁に起きるようになったとの事です。また、テレビや照明などの電化製品が壊れたり、何かが割れるような高い音が頻繁に起きるようになりました。このような現象の場 [続きを読む]
  • 霊能者へ相談
  • 霊能者へ相談された時に、過去や前世からの因縁であるとか、こんな霊が憑いていて、こう言っているとか言われても、見えない人間にとっては実感が沸かないかもしれません。そうなると、自分が相談している霊能者を信じるか否かでその後の事が変わってきます。自分では分からないから、取り合えず信じてみようと思った時、誠実な能力者であれば問題はないかもしれませんが、全く能力も無いのに適当な事を言っている場合は、相談料だ [続きを読む]
  • ネットで誹謗中傷
  • 最近の傾向として、顔が見えないことを良いことに、ネットで好き勝手な事を事実のように書込む人がいます。このような事をしていると、何れ自分も色んな事を言われたりネットに書込まれてしまうようになります。このようなネットでの中傷を止めることは出来ませんが、霊能者の能力をネットの書き込みなどで判断して相談しようと守護霊が仕組んでいたとしても阻害されてしまう可能性もあります。しかしながら、ネットが普及している [続きを読む]
  • 良きことへの繋がり
  • 人は生きている間は、良いことも悪いことも経験します。人生、良いことだけで過ごせればいいのでしょうが、そうとも限りません。また、悪いことばかりの人生も辛いだけにすぎません。人は、前に向いて生きていかなければなりません。人の記憶は、良いことよりも悪いことに向きやすいのか、過去におきた悪いことをいつまでも思い出したりしてまう場合があります。良きことも悪いことも考えたり、思い出したりするのは自分自身です。 [続きを読む]
  • 新年
  • 明けましておめでとうございます。本年も不定期ではありますが、ブログを更新させていただきます。皆様にとって良き年となりますように。 [続きを読む]
  • ごあいさつ
  • 今年もブログを見て頂きましてありがとうございました。来年も皆様にとって良い年となりますようにお祈り申し上げます。 [続きを読む]
  • 霊が入り込む
  • 霊が人に憑依した時には、人の体に入り込むような状態になることがあります。霊的な存在は、肉体を持たないのですが、人に入り込むことによって、その存在を示すのですが、例えば、女性なのに男性でも抑えられない程の力を出してみたり、普段とは違う声や話し方などをして、およそ別人かと思われるような状態になります。そのような場合は、大抵が低級霊なのですが、疲れた側は、体ばかりか、意識まで邪魔されますので、本人も自分 [続きを読む]
  • 宗教の争い
  • キリストが誕生したのが、今から2千年前のことですが、いまでも世界中に多くのキリスト教信者の方がいます。聖地とされるエルサレムは、ユダヤ教やイスラム教にとっても聖地であります。過去には、聖地を巡る宗教間の争いがありましたが、現代でも宗教の名の元にテロが起きているのは嘆かわしいことです。特にテロリストたちは、宗教の教えを自分たちに都合の良い解釈をして、聖戦を掲げては世の中を混乱させているだけに過ぎませ [続きを読む]
  • 霊を信じない僧侶
  • 僧侶にもいろいろいますが、例えば僧侶になる為の学校を卒業したばかりの若い僧侶の中には、霊の存在を信じていないという人もいるようです。これは、僧侶というものを職業として捉え、あくまでも仕事としてお経を唱えているというものであり、それで霊を救えるかというと難しいと思います。毎日の日課としてお経をあげるのは、亡くなられた魂の供養のためであり、魂は目に見えない存在ですから、その存在を信じなくて何のための供 [続きを読む]
  • 生きる
  • 人はこの世に生を受けた以上は、生きていかなければなりません。それは、寿命が来るまでの定めのようなものです。人生は苦しい時も楽しい時もいろいろですが、それでも人としての生き方には変わりはありません。命は大切です。それ故に粗末に扱うことなく、有意義なものにしたいものです。最近は、「死」という言葉を簡単に使いすぎる傾向にあるのでしょうか?深い意味は無いにしても「死ぬ」とか「死にたい」など、ちょっとした事 [続きを読む]