こーさん さん プロフィール

  •  
こーさんさん: 柚子と八朔
ハンドル名こーさん さん
ブログタイトル柚子と八朔
ブログURLhttp://yuzusan.blog54.fc2.com/
サイト紹介文特に有益な情報はありません。 ふつーの日記です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供129回 / 365日(平均2.5回/週) - 参加 2012/07/06 09:33

こーさん さんのブログ記事

  • 『ようこそわが家へ』2017年 20冊目
  • 「下町ロケット」、「半沢直樹」なんかで有名な池井戸潤著書。 以前読んだ「民王」に続き2冊目かな。この人の著者は、展開が面白いからサクサク読めて好きだなー。電車の中で注意したことから始まるストーカーの話しと出向先の会社でのトラブルが同時進行するストーリー。月9でドラマ化もされているようです。ジャニーズやん。これは見るのやめとこうw [続きを読む]
  • 今年の目標に対する5月の実績。
  • 反省です。今年の目標。1?? 映画 60本以上(月5本以上)2?? 本 36冊以上(月3冊以上)3?? 減量6?以上(月500g以上)4?? 株で利益12万以上(月1万円以上)5?? 子供とタイマンで外で遊ぶ 12回以上(月1回以上)6?? ブログ更新 192回以上(月16回以上)1ヶ月あたりに対する結果。1?? ?5月実績1本2?? ??5月実績3冊3?? ? ヤバイよヤバイよ。4?? ??とりあえず1月からのトータルで復活した。5?? [続きを読む]
  • 『掏摸』2017年 18冊目
  • 中村文則さんを知るきっかけはPodcast。通勤途中に聞いていたPodcastに中村文則さんが出演されていて、海外で翻訳され出版されている日本人作家と紹介されてました。なかなか日本人作家の作品は海外では翻訳されていないらしく、村上春樹さんとかよしもとばななさんといったクラスぐらいなんだと。で、読んで見た感想。描写が細かくて、情景を想像しやすい。こんな所も海外で受ける理由なのかも。他の作品は読んだことがないけど、 [続きを読む]
  • 『会計士は見た!』2017年17冊目
  • 企業の決算書を読み解くことによって、内部が見えてくるという話。なるほど!なるほど!と合点が行く話ばかりで面白かった。特にSONYと大塚家具の章。SONYの収益はエレクトロニクスでは無く、金融がメインになっている。大塚家具の親子ゲンカ。悪者にされた創業者の父、勝久氏は従業員思いの社長だった。こんな事が決算書を見るだけで分かるんです。とりあえず貸借対照表ぐらい見れるようになりたいな俺。 [続きを読む]
  • 『モノを捨てよ世界へ出よう』2017年16冊目
  • Podcastで気になった高城剛さんの著書。日本だけに固執する事なく、海外へ目を向けよう。できれば最低1ヶ月。バカンスでなく、生活する。そうすれば人生観が変わるってな内容。いいなーと思うけど、家族とか仕事と考えると難しい物がある。でも、実際ノマドな生活をしている高城剛さんだから説得力があるんだな。巻末にオススメ海外スポットがある。親日家の多い台湾に行って見たい。最初のステップとして。 [続きを読む]
  • 今年の目標に対する4月の実績
  • 反省です。今年の目標。1?? 映画 60本以上(月5本以上)2?? 本 36冊以上(月3冊以上)3?? 減量6?以上(月500g以上)4?? 株で利益12万以上(月1万円以上)5?? 子供とタイマンで外で遊ぶ 12回以上(月1回以上)6?? ブログ更新 192回以上(月16回以上)1ヶ月あたりに対する結果。1?? ??4月実績5本2?? ??4月実績3冊3?? ?4月実績・・・・・言えない4?? ?4月実績・・・・・(とりあえずマイナ [続きを読む]
  • 音楽ストリーミングサービスのSpotifyが優秀です。
  • 前々から気になっていた音楽ストリーミングサービスのSpotify 。鳴り物入りで日本入りしたときは、確かメールを送って、返信が来たら使えるようになるとかいう設定。メール送っても一向に返信無くて、なんじゃこれ?って思い、無視してた。 久しぶりにアプリを再ダウンロードしたら、簡単に登録(メールアドレスが必要です)出来たのでいじくり回してたら、これがいい。amazonmusicで事足りるかなって思っていたら、楽 [続きを読む]
  • 通勤時間はPodcast。
  • 最近Podcastにハマっている。というか、通勤時間が片道約1時間あるので、暇なんだよね。車通勤なんで本を読むって訳にもいかない。そこでPodcast。その中で『キクマガ』ってのがあって、いろいろなジャンルの人にインタビューするってやつ。その中で高城剛さんにインタビューしてるのがあった。高城剛さんにといえば、沢尻エリカさんの元夫。ハイパーメディアクリエーターとかいう、なんか、胡散臭い印象でした。でも、インタビュ [続きを読む]