殿下のブログ さん プロフィール

  •  
殿下のブログさん: 殿下のブログ
ハンドル名殿下のブログ さん
ブログタイトル殿下のブログ
ブログURLhttps://ameblo.jp/comachu-35/
サイト紹介文庭の椿やバラの花など毎日掲載しています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供435回 / 365日(平均8.3回/週) - 参加 2012/07/05 09:45

殿下のブログ さんのブログ記事

  • 「白萩」の花
  • 萩の名前は草冠に秋という文字でまさしく秋を代表する花です。 侘び寂びを感じさせる和風の花になります。 お彼岸の時に満開になります。 高台のお宅に何本も白萩が垂れ下がって咲いています。 道路から見上げる花を望遠で撮影しました。 白萩は上品で涼やかに咲き誇っています。 赤い萩の花 ブログランキングに登録させていただいております。宜しくお願いします。にほんブログ村 [続きを読む]
  • 「ウキツリボク」(浮釣木)の花
  • 時々、垣根から釣り下がる赤い提灯の様な花を見かけます。 「ウキツリボク」(浮釣木)という花でブラジル原産の植物です。 別名に「チロリアンランプ・アブチロン」と言います。 名前の由来は花木の姿が魚釣りのウキに似ているから付けられました。 花言葉は「恋の病」・「さまざまな愛」・「憶測」となっています。 通り道で見かけたユニークな名を案内します。 ブログランキングに登録させていただいております。 [続きを読む]
  • 花形が端正な「ガウラ」
  • 小さめの花が蝶を舞い飛ぶような姿が美しいです。 別名が「山桃草」や「白蝶草」の名前を持つ花は風に揺ら揺ら揺れています。 北アメリカのテキサス・ルイジアナ原産で明治の中頃、日本に来ました。 名前の由来はギリシャ語のガウロス(華麗な、堂々として)に因みます。 ピンクの花は「あかね」の名前が付いています。 茎が細いので少しの風でも蝶が飛んでいるように揺れます。 奥に白色の花もあります ブログランキン [続きを読む]
  • 「紫苑」(しおん)という花
  • 「紫苑」という花がありますが古式ゆかしい名前でさぞかし愛くるしいイメージを想像します。 薄紫の花が一面に咲く姿は名前とは異なるところがあるように気がします。 何故ならばこの花はとても大きく人間の身長ぐらいあります。 花は「都忘れ」や「孔雀草」のような花形ですが草丈がダイナミックな大きさです。 とても古い植物で平安時代の「今昔物語」にも出てき、多くの人が俳句に詠まれています。 漢方薬の咳止めにも利用され [続きを読む]
  • 咲き続ける西洋松葉牡丹「ポーチュラカ」
  • 真っ赤なの花「ポーチュラカ」が満開で咲き続けています。 緋色・朱色・黄色・白色の花色ですが真っ赤な単色がプランターにびっしり咲いています。 近づくと目がチカチカするほどの強烈な色彩です。 別名に 「花滑りひめ」 というそうです。 秋が来たのを忘れたのでしょうか、まだ、まだ元気に頑張って咲き誇っています。 ブログランキングに登録させていただいております。宜しくお願いします。にほんブログ村 [続きを読む]
  • いつも気になる青紫の花「ツリマツリ」
  • 何時もの通り道に木になる花があります。 「ツリマツリ」という淡い青紫の花弁が5枚の花です。 別名が「プルンバーゴ」といい南アフリカ原産の花で青紫の花は 名前が「オーリキュラータ」と言います。 玄関先のプランターに吊り下げて植えられており見事な大株で花が沢山付いています。 いつも気になるこの花を案内します。 ブログランキングに登録させていただいております。宜しくお願いします。にほんブログ村 [続きを読む]
  • お彼岸入りの花「曼殊沙華」
  • 今日はお彼岸入りです。 この花が咲きだすと季節が秋モード入りを実感します。 「曼殊沙華」の名前を持つ花はかんざしの様でもあります。 沿線には彼岸花の名所で有名な「巾着田」というところがあります。 今日20日は天皇陛下がお越しになられるとの新聞報道がありました。 この近くには皇室ゆかりの「高麗神社」もあります。 巾着田の曼殊沙華には毎年ほど見に行っていますが今年はわかりません。 この花をあちこちで見られる [続きを読む]
  • メキシコの砂漠にあるような「サボテン」に花が咲く
  • よく西部劇などで見られる形の「サボテン」に花が付いています。 黄色の花がサボテンの丸い葉の先端に咲いています。 花の咲いて跡が沢山あります、身丈は1.5メートルぐらいです。 かぼちゃ畑の中に植えてあります。 ちょっと珍しい「サボテンの花」を案内したいと思います。 今まで花が沢山咲いた跡があります。 ブログランキングに登録させていただいております。宜しくお願いします。にほんブログ村 [続きを読む]
  • 久し振りの狭山湖の富士山
  • 台風一過、朝から快晴になりました。 我が家の庭も台風の被害もなくホッとしています。 今年の台風は雨台風で被害が多く、同じ地区が再々の被害で、お見舞い申し上げます。 近くの高台で富士山の姿を確認してから狭山湖に行きました。 自宅から約一里ほどの距離です。 これからは紅葉、初冠雪、着雪した富士などを見に何度も行く予定にしております。 久しぶりにすっきりした富士の姿を見ることが出来ました。 何時もの撮影場所に [続きを読む]
  • 「観賞用ナス」(花茄子)
  • 珍しい茄子の実を案内します。 「花茄子」という観賞用ナスで別名が「ソラヌム」と言います。 一見、ミニトマトのような感じですが良く見ると姫リンゴのようでもあります。 熱帯アメリカ原産で葉も茎も花も普通のナスにそっくりです。 花屋さんで「カナリアナス」というのが見かけますが こちらは別名「フォックスフェイス」(キツネの顔)で生け花などに利用されます。 何時もの通る道で見かけた不思議なナスの実です。 [続きを読む]
  • 秋を偲ぶ「吾亦紅」(ワレモコウ)
  • 畑の片隅にひっそりと秋の花「吾亦紅」が咲いています。 バラ科の植物で原産地が日本、中国、朝鮮半島、シベリアになります。 「吾亦紅」と言えば、『すぎもとまさと』さんの歌が思い浮かびます。 2007年にNHK紅白歌合戦に出場たのが58歳でした。 作詞、ちおき哲也さん・作曲、杉本真人さんの歌詞を紹介したいと思います。 2.3番は省略し1番と最後の3小節になります。 マッチが擦れば おろしがふいて線香がやけに [続きを読む]
  • この美しい花が咲く花木の名前を教えて下さい
  • 今日何時も通る道路でピンクの花の美しい木を見つけました。 早速車を止めてカメラに収めました。 門柱に植えられている美しい花の木は3メートル弱で花がびっしり付けています。 PCで色々と調べましたが名前が不明です。 何方かこの美しい花木の名前を教えてもらえないでしょうか。 今まで見たことのない花木ですが5年ぐらい前に「ブログ」で外国の並木道にあるような 記事を見たことがありましたがこの木なのかは解りません。 [続きを読む]
  • 初秋より色が進む「コラムサキ」
  • 少し秋めいてくると木々の葉も実も色付きが濃くなってきました。 公園の「コムラサキ」の実も緑色から薄紫色に進んできました。 小さい実が枝いっぱい、もこもこ付いています。 秋の訪れを告げる「コムラサキ」を紹介します。 ブログランキングに登録させていただいております。宜しくお願いします。にほんブログ村 [続きを読む]
  • 「野草の花シリーズ」 19  (イタドリ)
  • イタドリの花を見つけました、狭山湖の土手に咲いています。 イタドリも花にいろいろの形があるらしい。 イタドリは故郷では山菜として塩漬けにして厚揚げと油炒めにして食します。 蓼の様な花です。 ちょっとユニークな板取の花を案内します。 色づいた桜の葉も散り始めました。 ブログランキングに登録させていただいております。宜しくお願いします。にほんブログ村 [続きを読む]
  • もう直ぐ収穫へ
  • 4日に紹介した栗もそろそろ収穫時期に近づきました。 今年は豊作のようで大きい実がたわわに生っていて割れ目から 大きい実が覗かれます。 新栗での栗ご飯を今年も炊いて秋の味覚を味わいたいと思います。 「仙人草」の垣根の栗の実の状態を案内します。 ブログランキングに登録させていただいております。宜しくお願いします。にほんブログ村 [続きを読む]
  • 「蓼食う虫も好き好き」と言いますが
  • 野原や畑の土手など生えている「蓼」(タデ)を紹介します。 「語源由来辞典」によれば「蓼食う虫も好き好き」の苦みのあるものを好んで食べる虫のことで、 出典は中国南宋時代の随筆集「鶴林玉露(かくりんぎょくろ)」にあります。 「氷蚕は寒さを知らず、火鼠は熱を知らず、蓼虫は苦さを知らず、 ウジ虫は臭さを知らず」と言われ、江戸時代の狂言台本「縄綯(なわない)」に 「たてくふ虫も好き好きと申すが・・・・・」とある。 蓼 [続きを読む]
  • 「秋明菊」の花  (ピンクの花 1)
  • 秋明菊の花が咲き始めました。 花色は白・ピンクなどで一重と八重があります。 中国原産で漢名は「秋牡丹」と言い、ピンクの花を「貴船菊」名づけられています。 庭の花はピンクの八重で「貴船菊」でしょうか、 どんどん地下茎で伸びていきます。 近くの道で見かけた秋明菊を案内します。 ブログランキングに登録させていただいております。宜しくお願いします。にほんブログ村 [続きを読む]
  • 花色が変化する「酔芙蓉」
  • 「酔芙蓉」の花は一日花で開花が進むに連れて花色が変化します。 朝早く純白の花が咲き、時間がたつにつれてピンク色が進みます。 大分花数が揃いましたので2時間おきに花色の変化を確かめました。 午前10時から撮影して6回ほど花を見てみました。 美しい八重の花の変化を紹介します。 10時の花は純白 12時の花うっうらとピンクが差しています 12時30分 14時40分、花色が進みました 16時3 [続きを読む]
  • 庭にも秋の気配が
  • 今日は秋晴れの良い天気になりました。 今年の天候は不順で寒くなったり、夏日になったりとして体が振り回されています。 ようやく庭の木々も少し色づき秋の気配が訪れています。 花水木の実の紅色が濃くなり葉も色づき始めました。 垣根のツタも赤い葉もチラホラ見えてきました。 アガパンサスも花もすっかり枯れて ブログランキングに登録させていただいております。宜しくお願いします。にほんブログ村 [続きを読む]
  • 「アンデスの乙女」咲きだす
  • 「アンデスの乙女」という名前の黄色の花が咲きだしました。 別名「カッシア」と言います。 「花センナ」によく似た花がありますが葉の違いで分類されています。 「アンデスの乙女」は葉っぱが細く尖がっています、 花センナは葉が丸ぽくなりますが、花は大変良く似ています。 「金糸梅」も黄色の花で似ていますがこちらは花が少し大きいようです。 近所に咲く「アンデスの乙女」の大木を見つけましたので案内します。 [続きを読む]
  • 色鮮やかな「百日草」
  • 八ヶ岳の麓「富士見高原」に百日草の花が見事に咲いている様子を ブログで紹介されています。 初夏にはスキー場のリフト沿いに百合の群生でも有名です。 北海道の美瑛の鶏頭畑の模様のように「百日草」を植えられている様子が見させてもらっています。 近くの畑にもいろいろの種類の花が見ることが出来ます。 「ジニア」とも言います、日本産は一重が多かったものですが最近は八重の花も原色の 花色が真夏の名残を伝えているよう [続きを読む]