殿下のブログ さん プロフィール

  •  
殿下のブログさん: 殿下のブログ
ハンドル名殿下のブログ さん
ブログタイトル殿下のブログ
ブログURLhttp://ameblo.jp/comachu-35/
サイト紹介文庭の椿やバラの花など毎日掲載しています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供447回 / 365日(平均8.6回/週) - 参加 2012/07/05 09:45

殿下のブログ さんのブログ記事

  • 不思議な桜「寒緋桜」
  • 狭山湖への道路の途中のハンバーガーショップ駐車時用に黒赤の花が咲いています。 枝にブロック状に釣鐘のように花が付けています。 何時も通るときに見ていましたが、昨年の暮れから咲いているようです。 今日、狭山湖の帰り道に立ち寄って、この花を見ることにしました。 花は進んでいて盛りを過ぎていましたが桜の花のようでした。 インターネットで調べたところ「寒緋桜」と判明しました。 近 [続きを読む]
  • 狭山湖の桜事情 1
  • 東京では先日桜の開花宣言がなされました。 近所の公園の桜も大分蕾を膨らませ来週には開花しそうです。 今朝、狭山湖の桜の開花を確認するため、広場の桜を見てきました。 先日枯れた枝を剪定された桜が二粒の花を開かせています。 今日も暖かい日なので先日の雨でたっぷり水分を補強された桜がようやく蕾を緩ませてきました。 今日の富士山はすっぽりと雲に覆われ姿が見ることが出来ません。 &nb [続きを読む]
  • 庭の椿 42 「孔雀椿」
  • この椿はユニークで花形や樹形が普通の椿とだいぶ異なります。 愛知県三河地方作出の椿です。 何ともユニークなのは名前の通り花が孔雀の尾に似ています。 このさばきは枝が細く花が釣り下がり咲いてくれます。 庭の椿は温室の西側に植えて30年以上なります。 花弁は紅の単色が主ですが白色の斑入りになる花も咲きます。   [続きを読む]
  • 大きな大きな白木蓮 2
  • 昨日は一日中の雨で植物にとって恵みの雨でした。 本日は陽ざしが明るく、温かくなりました。 すっきりとした青空なので一昨日の白木蓮を見に行きました。 朝の陽を受けている大木の木蓮の周りをぐるっと見てきました。 畑の片隅に菜の花が一株咲いていて眩しいほど輝いています。   [続きを読む]
  • 庭の椿 41 「南蛮紅」
  • この椿の大きさは花自体が目方も重く花色が深紅で花芯も盛り上がっています。 九州地方で生まれた椿で樹勢も強く、良く茂ります。 庭には30年以上前に植えたのですが4メートル近くの高さになっています。 とてもダイナミックな椿です。 &nbs [続きを読む]
  • 大きな大きな白木蓮
  • 庭のこぶしも花も大分咲き始めました。 この頃、近所の畑に大木の木蓮が咲いてくれます。 明日雨模様の予報なので様子を見に行ってきました。 花は大分開花しています。 この木蓮は幹回りが1メートル以上あり、木の丈が10メートル以上です。 この道を車で通ると畑に純白の花を付けた国連が目に入ります。 大きい木の南側の花が開く、北側の枝の花は蕾です。 明日はお天気が雨模様とのことです [続きを読む]
  • 庭の椿  40 「デービス」
  • 庭の椿で花が巨大輪の花を付けるものが数点あります。 前回紹介した「袖隠」や赤花の「大虹」や「中国椿」などを植えています。 この椿は三越の本店の屋上園芸店で入手したものです。 名札に世界一大きい椿と書いてありましたので珍しさのあまり購入しました。 巨大輪椿同様に枝が粗く、花は下向きに開花します。 上品な淡いピンクの花は近寄りがたい気高さが感じられます。 &nb [続きを読む]
  • 庭の椿 39 「袖隠」
  • 昭和初期に埼玉県で発表された品種で、外国ではロータスと呼ばれ人気品種です。 純白で抱え咲きの八重で極大輪で白色品種では最も大きい花を咲かせます。 枝がまばらで花は大きいので下向きに咲きがちです。 名前はあまりにも美しいので、袖に隠して盗み出したいという意味です。 [続きを読む]
  • 「姫こぶし」の花開く
  • 彼岸入りに入り、陽気も大分温かくなりました。 庭の姫こぶしも薄紫の花が咲き始めて来ました。 毎年、剪定てしてコンパクトにしているのですが枝を伸ばしてきて綿帽子がはじけて 花が開き少しずつ咲き始めました。 花が咲くと早速「メジロ」や「ヒヨドリ」らが花びらを啄みにやって来て傷つけられます。 もう花びらが鳥に食べられています   [続きを読む]
  • 垣根の「木瓜」(ボケ)
  • 垣根に木瓜を植えています。 花は朱色の単色で一面に咲いてきました。 木瓜には鋭い棘が付いていますので選定などで注意をしなければなりません。 花の咲き分ける「思いのまま」なら綺麗ですが単色です。 この種類はカリンのような実が付きます。 道路側からの花 [続きを読む]
  • 鉢植えの「クリスマスローズ」
  • 庭植えのほかに鉢植えが2種類あります。 品種のラベルに「オリエンタル赤色系」と白色の「ニゲル」と書いてあります。 最近では八重の花や花色も豊富にありますが 当方のものは何れも一重の花になります。 株も大きくなりましたので今年は植え替えをしたいと思います。 「ニゲル」のラベルが付いてい [続きを読む]
  • 庭のクリスマスローズ
  • 30年以上前に椿の「チューリップタイム」の隣にクリスマスローでの苗を植えました。 植えぱなしにしておりますが毎年花を付けます。 品種は一重のオリエンタル系で種がこぼれて周辺には子株が増えて 花もつけるようになりました。 一般的な品種ですが花を沢山付けてくれます。 夏の暑さに弱いので、椿の木の下に植えています。秋には日差しを受けて成長し、 根も元から花芽が出てきて晩秋から咲き [続きを読む]
  • 芽吹きを待つ木々
  • 狭山湖の桜もモミジも芽吹きの準備中です。 紅葉時の木々も少し葉を開く準備をしている様子です。 これから狭山湖の一年を観察していきたいと思います。 今月の末には桜の開花が楽しみです。 暖かな日差しを受けて春への助走の木々を案内します。 モミジの赤芽がこれから開きます。 桜も蕾を緩ませて [続きを読む]
  • 「馬酔木」の花開く
  • 狭山湖には野生の馬酔木が沢山生えています。 気候が上がると馬酔木の花も開花してきました。 庭にも狭山湖の周辺から採取したものを植えていましたが 父が牧草の山に行ったときに馬酔木をお箸の代わりに使用したところ 腹痛を起こしたとのことで少し毒があるとのことで庭のものは伐採しました。 「アセビ」の漢字は馬が酔う木となっているので薬用になるような成分があるのでしょうか? 白い花がベ [続きを読む]
  • 大きな木の山茱萸(サンシュユ)の花
  • 昨日、狭山湖の帰り道に黄色の花が咲いている気を見つけました。 切り花用でしょうか枝がまっすぐ伸びています。 車を止めて近くで見ると「山茱萸」(サンシュユ)です。 植物園などでは枝ぶりが選定されていますがびっしりと黄金の花を付けた 4メートルぐらいの木が4.5本あります。 「山茱萸」はミズキ科の植物で、別名が春黄金花」や「アキサンゴ」とも言います。 花の形は「山椒」と似ていますが [続きを読む]
  • 狭山湖の桜の蘇生
  • 今から40年以上前の狭山湖は桜の名勝でした。 春の桜の季節には周辺に2万5千本の桜の名勝で沿線には多くの方が楽しんでしました。 関東一の桜の名所も桜の木の老木と神戸震災の耐震工事により 堰堤の耐震補強により桜が伐採されたり等すっかり桜の花が衰退されました。 4月の桜の季節の週末には西所沢駅には泥酔した花見客が寝転んで いる人が多くみられました。 サラリーマン時代、この駅が下車な [続きを読む]
  • 3月の狭山湖の富士
  • 3月に入ってから初めて狭山湖へ富士山の様子を見に行ってきました。 快晴の温かい日差しを受けた富士はすっきりとした姿を見せてくれています。 狭山湖の湖面も明るく少し緩んだ感じがします。 前回からひと月ぐらい経っていますので広場も明るい日差しでいっぱいです。 富士も久しぶりの訪問に温かい笑顔で迎えてくれました。 &nbs [続きを読む]
  • 庭の椿  37 「絞笑顔」の無地花 
  • この椿は九州産の山茶花に分類されています。 花芸が見事で色々な花を楽しむことができます。 本来、桃紅に白斑の八重咲で、筒芯の美しい椿です。 庭にはこの椿から種がこぼれて生えた桃紅の無地花になります。 花色が何とも言えない美しさの椿です。 この花の木が親木になります [続きを読む]
  • 「福寿草」満開へ
  • 庭の福寿草も草丈が伸びて満開を迎えました。 一昨年、近くにミカンの木を植えたので日当たりが少なくなり 開花を心配していましたが無事開花してくれました。 黄色の花は形の良い葉に囲まれて咲いています。 花が終わると葉が広がり5月の下旬には枯れてしまいます。 [続きを読む]
  • 春になると咲く三椏
  • 近くの銀行へ所用で月に2度ほど出かけ駐車場に止めます。 何時ものことながら銀行の隣のお宅に見事な三椏があります。 暮の時から白い花房の蕾が鈴なりです。 温かくなり、花もぼちぼち咲き始めて来ました。 曇天の今日にカメラを持ち出し三椏の花を写真に収めてきました。 以前、庭にも紙の催し物がデパートで開催され、その時三椏の苗を庭に植えましたところ 生命力が旺盛のこの木が株立ちになり [続きを読む]
  • 庭の椿 36 「姫白雪」
  • 庭に白色の小輪椿は「白侘助」・「人丸」とこの椿ぐらいです。 この椿は新潟産でユキツバキ系でしょうか、純白の蓮華咲で沢山の花を付けます。 ごく小輪椿では「香り椿」と「変わり葉」とこの椿を同時に植えています。 可愛らしい椿で花は散り椿性になります。 [続きを読む]
  • 「黄梅」の花
  • 梅に似た花ですが花弁は6枚で高杯です。 中国北部原産で江戸時代に日本へ来たものです。 モクセイ科の落葉樹で立春ごろから咲きだし別名「ゲイシュンカ」と呼ばれています。 漢方薬で花が利尿剤にもなります。 「雲南黄梅」は八重の花で一回り大きい花になり「黄梅」より遅く咲きます。 樹形が柳のように垂れ下がり花をびっしりと付けます。 この花はお隣のお宅の垣根から垂れ下がって咲いています [続きを読む]